『バイオリニスト・喜多直毅先生ワークショップ/書の波・音の波 PRATⅢ』:2015. 5月SOGEN書芸塾ARC/アートクラス

 

東京・新宿で毎月第三土曜日に開催のSOGEN書芸塾ARC・5月のアートクラスでは

世界的バイオリニスト・喜多直毅先生をお招きし、音楽と書によるワークショップ

行いました。

 

書芸教室の講師が音楽家、というのも不思議に思う方もおられるでしょうが、

音楽と書は、表現方法こそ異なりますが、シンクロするところの多い芸術。

音の波を筆線のリズムに変換する、あるいは筆線のリスムを音の波に変換して

表すといった相互変換が可能な関係にあります。

 

そんなことから、一昨年、昨年と、アートクラスに世界的コントラバシストの

斎藤徹先生をお招きして素晴らしいワークを行っていただきました。

そして、今年はバイオリンです♪

 

事前に喜多先生から「ぼくが書を書くようにバイオリンを弾き、みなさんに

バイオリンを弾くように書を書いていただく、といった趣向はどうでしょう」

といったユニークなご提案をいただき、この日をワクワク楽しみにしていたのですが、

期待を遥かに上回る、実に素晴らしいワークとなりました。

 

というのも、な、なんと、喜多先生が用意してきてくださった安いバイオリン

(といっても10万円以上!)を、全員が弾かせていただき(みなさん、

バイオリンに触るのも弾くのも初体験!)、そのうえ、な、な、な、なんと、

喜多先生とマンツーマンで全員がセッションさせていただくという、

またとはない贅沢で貴重な体験をさせていただくことができたのです♪

 

東京、書道教室、書道塾、デザイン書道、習字
 
バイオリンの弦の持ち方や奏で方で書を書いてみたり、音楽のリズムで

呼吸しながら書いてみたりといったユニークなワークも行っていただき、

実に楽しいワークとなりました。
参加した方の中には、「ここ数十年で、今日が一番たのしかった!」と

言った方もおられたほどです。

 

年を重ねるごとに、この書と音楽によるワークは新たな局面を見せつつ

進化しているように思います。これもすべて、本書芸塾の主旨や想いを

感じ取ってくださり、このあそびに付き合ってくださる音楽家の先生方のおかげです。

 

喜多先生、すばらしいワークを、ほんとうにありがとうございました。
またよろしくお願いします!

 

東京、書道教室、書道塾、デザイン書道、習字

東京、書道教室、書道塾、デザイン書道、習字
 

FACEBOOK・ARCページには、喜多先生と塾生たちによるマンツーマンのセッションの模様を掲載しております。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1232894703404370.1073741914.199917180035466&type=1
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com
■アートクラスのご案内:http://sogen-arc.com/art/index.html
■お問い合わせ体験レッスンのお申し込み :http://www.hiranosogen.com/form/index.php
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー