「書に魂を込める」とは



「書に魂を込める」とか「魂のこもった書」などと言われることがあるが、
言葉が醸し出すタダのイメージではなく、その真意はどこにあるのか? 


昨日のSOGEN書芸塾ARCでは、「書に魂を込める」をテーマに、そもそも魂
とは何なのか?といったところからディスカッション、さらにデザインとアート
の違いについて考察。 
その後、書芸塾主幹のSOGENが作品を制作させていただいている世界的な
研磨機メーカー、マコー株式会社さんのモットー『磨創人(まそうじん)』を
題材とさせていただき、デザイン性の高いロゴマークと、魂のこもったアート
作品という2方向で作品を制作するという、極めて実戦的な実習を行った。




魂は誰も見たことが無く、曖昧模糊としている一方で、誰もがその存在を認める
ものであり、すばらしい芸術作品にはすべからく、魂がこもっていると言えるだろう。


魂とは何か・・・そこに正解はなく、それぞれの人たちが、生涯を通して、
自身の魂に問いかけつつ、探っていくものなのかもしれない。
本時の体験を踏まえて、今後とも、ビジュアル的に格好の良い書を書くことに
とどまらず、魂のこもった書を生み出すべく、書芸塾の塾生と共に精進してイキたい。


書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂
書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂

書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂



なお、拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』までお読みいただき、体験参加された
方から、次のようなメッセージをいただいたので、ご紹介させていただく。

初めて参加させていただきましたが、こられている皆様の雰囲気も良く、
平野さんの授業内容は、発想力を引き出し、個人個人の個性を尊重し合える
プロジェクト。楽しい授業でした。
これでなくてはいけない!がない、何でもあり、自由さ。正にアートな授業ですね!
そして、最後には、平野さんの《磨創人》素晴らしい書を見せていただき、感激‼️

ありがとうございました😊
また来月お目にかかるのを楽しみにしています。


こちらこそ、有難うございました。

いきなりディープなテーマで体験いただきましたが、たのしんでいただけたようで

何よりです。今後ともたのしみにしております。





〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜SOGEN書芸塾ARC


公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/