書道家/書芸家SOGENブログ:米長邦雄さん逝く

日本将棋連盟会長の米長邦雄さんが18日に亡くなられた。69歳だった。

中原誠永世名人の好敵手として活躍、49歳史上最高齢で名人位を獲った。
将棋好きの自分は、子どもの頃、よく米長さんの本で勉強させてもらったものだ。
棋士としても達人だったが、タレント性に富み、世相を見通すそのユニークな

視点と人柄とが愛された。あの林葉直子のかつての師匠でもある。

「兄貴は頭がわるいから東大に行った。自分は頭がいいから将棋指しになった。」
「浮気の現場、たとえ一緒に寝ているところに踏み込まれても、やってません!と
言い通すのが男の礼儀。」

といった米長流の毒舌も、その洒脱な人柄とダンディーな風貌からか、やけに

爽やかに聞こえる、得な性分の人だった。

09年に前立腺がんを公表し、闘病を続けながらも、将棋の普及に尽力。
今年1月にはコンピュータ将棋「ボンクラーズ」と対戦、中盤のミスで敗れたが、
その様子は「ニコニコ生放送」で中継され、34万人が視聴した。

(IT Media JPニュースより)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1212/18/news089.html

米長邦雄 将棋 書道 書家 書道家
米長邦雄 将棋 書道 書家 書道家

あとで分かったことだが、ツイッターも12月5日まで毎日つづられていた。


・今日から師走。「しあわせっす」で締めくくりたいものです。(11.30)

・NHK紅白に美輪明宏が初出場。ヨイトマケの唄が久し振りに聴けそうで、

 今から楽しみです。 (11.26)

・羽生はすごい。スケートはハニュウ、将棋はハブ。二人とも魅力的だよね。 (11.25)

・11月22日はいい夫婦の日。妻にささやかな花束をプレゼントしました。

 ちょっと恥ずかしかった。 (11.22)

・「ぼく、おじいちゃんの肩もんであげて褒められた」

「ぼく、電車の中で女性の乳もんで叱られた」 (11.15)

米長さんの悲願は、将棋を剣道や柔道のように、学校の正式科目とすることだったという。
「教育では今必要なものがある。それは自ら考えること、自らの力で結論を出すことなどです。
この訓練には将棋がピッタリです。」と自らのホームページで熱く語っている。

自分も『書芸』をぜひ学校の正課にしてほしいと常日頃から思っているが、

ステージもステータスも違えども、同じ道を求めるバカ同士として、

米長邦雄さんのご訃報にふれ、深い哀悼の意を表します。


合掌。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com