書道家/書芸家SOGENブログ:人の喜びの在処



体操の内村航平選手の話の続きです。


「未知の技、いままでやったことのない技に挑戦してできるようになることが、

何よりうれしいです。」
五輪後のインタビューに答えて、内村選手がそう語っていました。
この話を聞いたとき、人の喜びには二つあるのではないかと思いました。


一つは、これまで磨き続けてきた自らの技と感性で、イメージ通りの世界を再現する喜び。
(何度も練習してきた技を、本番で失敗せずにイメージ通りにクリアーする喜び)

もう一つは、未知の世界に挑み、何か新たなことを達成する喜び。
(いままで自分が一度もやったことがない新しい技に挑み、できるようになる喜び)



そしてその喜びは、あらゆるスポーツ、芸道、学問、ひいては人生そのものに

通じているように思うのです。
先人が築いてきた、すでにある術、よしとされる術を身に付けつつ、いままで

誰も成しえなかった新たな術に挑み、未知の領域を拓いていく。

そこに、人間としての生の喜びがあり、岡本太郎の言う所の「人生の歓喜」が

あるように思います。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com