9月1日に想う

今朝見た夢
大勢の学生がバスに乗っている。すし詰めのバスの中で、エラそうに最前席に

陣取る教授。

と・・・チクリ大会が始まった。「コイツはこんなヘマをやらかしました〜!」

と、ある者がチクると、チクられた者は厳しく叱責され、罵倒されながら、

バスの一番後ろの席に追いやられる。

こんどは、「コイツは先生の研究機材を勝手に使いました〜!」という声が。

名指しされたのは外国人女性で、色白の美人さん。すると教授は、「まあ、

機材もたまに動かしたほうがいいから。今度から使うときは断りなさい」と。

いやいや、外国美人にはお目こぼしですかい!W

そんなバスに乗りながら、自分の立ち位置を考える。ここは教授に媚びて、

うまくこの集団に溶け込むか、はたまた教授に喧嘩を売るか・・・

自分ももういい歳だから、喧嘩売ってもいいかな、とか、喧嘩売るなら、

いちおう相手が目上だから、敬語を使ったほうがいいのかな、とか・・・W


で、結論は、「ああ、自分はこのバスにずっと乗ってはいられないな」と思い、

バスから飛び降りるという(笑)要は教授に喧嘩を売って済む話ではなく、

この媚び媚び思考の仲良し集団の中で、自分はとても生きられない、と思ったのだ。

明日9月1日は、子供の自殺が一番多い日だという。日本は飢え死にこそせずとも、

自殺率は世界トップで、けっしてハッピーな国となってはいない。もっとみんなが

楽に、ハッピーに生きられる国であってほしいと切に願う。

が、現実問題、まずは我が身を守ること。死んじまったらお終いなのだ。


学校にしろ会社にしろ、家族や周りの人たちのことを思うと、この敷かれたレール

からドロップアウトして悲しませたくはない。ダメなヤツとは思われたくない。

生活もかかっている。けれど、自分が死んじまったら元も子も無いのだ。

バスに乗り続けるもバスから降りるも、そこに正解はなく、自分がどちらを選か

の話だ。

いま乗っているバスの乗り心地がさほど悪くないという人、楽しいという人はよい。

が、なにも死ぬほど乗り心地の悪いバスに乗り続けて、墓場まで直行することもない。

長い人生、バスに乗りたかったら、また別のバスがあるのだから。

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)