2019.8月 SOGEN書芸塾ARC風景

8月のSOGEN書芸塾ARC風景です。
「発散したい!」と言って来られた体験参加の方が、子供のように書きまくった末に、

ぜひ入会したいと。

こちらでは紹介させていただけませんが、とんでもないアートムービーを撮影して

見せてくれた人も。ヒントは泡と光。


書芸の極みは成すよりも成ることにあり、自然や偶然を取り入れることで、

意思や意図を超えて、未知なる世界が開かれていく可能性がさらに広がります。

筆で書き表すばかりでなく、映像やインスタレーションによる表現もあり。
ビデオアートが世界的にも人気となってきている今、新たな書芸ビデオアートの

出現もまた期待されます。

このように書芸塾は、個として自由に制作に没頭していただくアート空間である

とともに、他の人の作品やアイデアに触れる中で、刺激を与え合う場ともなって

います。

モノと同じく人も作品も、異質のもの同士が触れ合い、ぶつかり合うことで、

また新たな音色が生まれます。

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)