なぜ人は文字や言葉を書くのか?〜外道を征く〜

なぜ人は文字や言葉を書くのか?

歴史的に人が書く文字や言葉は、公的なものと私的なものとに大別される。

公的なものとは、歴史の記述、事務的な記録や通達といったものであり、

私的なものとは手紙、俳句、短歌、著述、論考、メモといったものだ。

そしてそのほとんどが、過去の事柄や思索の記録である。

もちろん、今の心情を表したり、未来につながってゆくものもあるわけだが、

あとで読めば、すべてが過去の出来事や思索の記録ということになる。

そして書かれた文字や言葉は、歴史的にも基本的に読みやすさが求められて

きたわけで、筆書そのものに人間性や芸術文化的な味わいやを求める書道は、

そこから派生し、歴史的に発展していったものであり、現代書道やデザイン書道

といったものも、その延長上にあると言えるだろう。

そして書芸術をベースとした現代アート作品に関して言えば、こうした書道史の

延長線上ではなく、別次元にあるというのが自分の考えである。

現代アートは世界観を表すものであり、書家の筆技筆法を見せるためのものではない。

ただ、その世界観を表すために、書芸術の持つ特異性を生かす、ということだ。

それもアーティストによって、汲み取り方や生かし方が違う。

ある人は文字や言葉を書くことに書道アートの本義を見い出し、またある人は

筆線の持つ力や間に着目し、またある人は墨の面白さに着目する。

そこに正解は無く、様々なアプローチがあってよい。

自分はこう思う、と互いに主張し合うのは大いにけっこう。

が、自分の考えこそ正しいという思い込みは、芸術を狭めてしまうことになるだろう。

それほど書芸術は幅広く、また奥深いものなのだと思う。

ちなみに自分は文字抽象にはこだわらない。

文字や言葉も書けば、筆線によるアートもつくる。すべてが『書芸』なのだ。

中でも文字や言葉によらない筆線アートが多いのは、そのほうが自分自身が楽で、

文字や言葉の意味や造形に制約されることなく自由に表現できるからだ。

ただ自由とは言え、何でもいいわけではなく、そこに芸術としての深浅の差が

生じる不思議に、いまなお苦しみ、またそれを楽しんでいる。

主宰するSOGEN書芸塾も何でもありだが、このところ塾生たちのつくる作品に

抽象表現が多く見受けられるようになってきているのも、そういった影響もある

のかもしれない。

道無き道を手探りで進むのは、心細かったり不安だったりするわけだけれど、

「これこそが正しい」と他人がつくった道をみんなでゾロゾロ行くのではなく、

一人一人が道を外れた芸術世界の冒険者であり開拓者たれと願う。

外道を、たのしもう♪

《追記》

「外道」というと、普通は人の道を外れた人や悪い行いを指すけれども、

ここで言う外道とはそうではなく、「これこそが正しい道である」と

指し示す人に何の疑いもなく付き従うのではなく、自分の道は自分で

拓いてイクのだということ。

時に大勢で同じ道を歩くのも、楽しければそれもまたいいけれど、

あくまでも主役は個としての自分なのだ、ということ。

~新規オープン~

ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf