書芸と文房四宝

新年の幕開けに当たり、書道用具を色々と仕入れました。
昨年は書芸アート作品をいまいち集中してつくれなかったので、

今年はやったるで〜!と、自身を湧き立たせる意味もあり。

筆に関しては、何でも筆になるといいながらも、伝統的なお筆ちゃんも

ダイスキなので、いざ仕入れるとなるとこだわりますW

「書芸術の本質は技巧的な筆線や墨色の味わいにあらず、宇宙自然と

シンクロする中で瞬間に生ずる、唯一無二の生(き)の線にある」

というのが自分の考えであり、もって『書芸』と称していますが、

数千年の歴史の中で生み出されてきた文房四宝(筆・紙・墨・硯)は、

やはり優れもののお宝と言えるでしょう。

ちなみに自分が20代の時についた書の師匠は、1つ数百万もする筆や硯を

持っておられましたが、そんなものはとても買えないわけで、

手頃な値段で手に入る良質のものをそろえればよいでしょう。

何百人もの異性と付き合うわけにはいかないけれど、お筆ちゃんとは

何十本、何百本と付き合っても誰にも文句は言われないんでW、

まずは自分が良さそうだと思った筆を仕入れ、色々と試してみて、

自分と相性の合う筆を見つけてイクことだと思います。

ってことで、1月の書芸塾では、みんなに新たに仕入れた色んな筆の

試し書きもしてもらう予定です。

SOGEN公式HP
http://www.hiranosogen.com/

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf