「みんなちがって、みんなバカ!」🤪〜ART SHODO TOKYO〜

 

 

作品をバカみたいに書いてたら、これまで以上に

自分の求めている書芸というものの今日的な意義と、

その世界がハッキリと見えてきたところがあり、

やっぱり作品はつくってみるもんだとW

 
 
今朝、芸術やデザインについて考えながら寝たところ、

妙な夢を見た。

お釈迦さまのような得体の知れない大きな存在が現れて、

お前は未来に行き過ぎてるから、現代に戻りなさい」とW
で、超光速で現代に引き戻された。
以前、超光速で宇宙の果てまで引き上げられる不思議な

浮揚感を、夢の中で何度か体験したことがあるのだが、

今回はその逆?で、現代に引き戻されるという夢。

 

自分の未来のビジョンも見せられた。
ショップギャラリーのようなところで公開でアートを

制作をしてて、なぜかSOGENブランドのじゅうたんが

山積みにされて売られていた。
将来、 SOGENは世界で人気のアーティストになって

いるようだW

 

 
まあ夢なのだが、そこで得た教訓は、
お前のアートは時代の遙か先をいくものかもしれないけれど、

現実と関わることもしていかないと食いっぱぐれるから、

もう少し今の時代と関わることも考えろ、ってこと

なのかもしれないと(笑)

 

芸術は人智の及ばぬ世界を直感で探り表すものだから、

万人から「あらステキ♪」などと褒めそやされるような

シロモノではない。
だから、自分の表現世界と現実とのギャップに絶望する

芸術家も。
こんなノー天気に見える自分でさえ、これまでの人生で、

どれほど絶望の淵を乗り越えてきたことか・・・
芸術家も霞を食べて生きているわけにはいかないのだ。

 

そんな中で、4月に開催される、山本尚志さんプロデュース

によるART SHODO TOKYOは、書芸術を志す者にとっての

希望の星であるとともに、書をベースとした芸術が世界に

撃って出るための、一つの大きなチャレンジなのだ。

 

 
ART SHODO TOKYOは、4月28日(土)から30日(月)

までの日程で、三鷹市芸術文化センターにて開催されます。
 
「みんなちがって、みんなバカ!」🤪

 
ぜひ、世界の最先端をいくバカモノたちによる、

書芸アートの共演を、その目で目撃ください。

 

 
・・・って、さいごは展覧会の宣伝かよW

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf