世界で愛される日本酒!〜クイーン・エリザベス号御用達の銘酒『明石鯛』〜

 

 

世界で愛される日本酒、クイーン・エリザベス号御用達の
銘酒『明石鯛』
のご紹介をさせていただきます。

 
 
蔵元は兵庫県明石市にある明石酒類醸造さん。

全ての人に酒と笑いと幸せを」をモットーに、

日本国内のみならず、ヨーロッパを中心に世界各国で、

お酒の販売プロモーションに尽力されています。
 
江戸末期創業以来の伝統と革新の精神をもって、

世界に撃って出るチャレンジ精神には感服するばかり。
 
ホームページに載っていた、社長さんの

メタボだけどチャレンジャー!」のキャッチ
フレーズには、思わず笑ってしまいましたが・・・W

 

文化や制度、好みや趣向の異なる海外で勝負するのは、

ほんとうに並大抵のことではないはずで、

そのチャレンジ精神を見習わせていただきたいと思いました。

 
 
で、実際、お会いした社長さんはちっともメタボではなく、

実にダンディーな方でしたが、最近、ある方法で

スリムアップされたそうで、そこも見習いたいと!W

 

明石鯛は長年の尽力をもって、クイーン・エリザベス号

御用達の日本酒ともなっており、主にヨーロッパを中心に

販売されているとのことです。

 
 
先のブログでご紹介させていただいた、クイーン・

エリザベス号での『明石鯛』の鏡開きにおいて、

書芸アートパフォーマンス等のイベントを実現させて

いただくことができたのも、ラベルのリニューアルに伴い、

「明石鯛」の書を揮毫させていただいたご縁によるもので、

深く感謝しております。

 

 

『明石鯛』ミニ酒樽

 

『明石鯛』ボトル

 

 

 

 
 
ちなみにデザインはロンドンのデザイナーの方によるもので、

そのデザインと書へのこだわり様には驚くばかり!

書のディレクションも実にキビシく、コンマ数ミリ

レベルの線の太さの違いや、わずかな滲みまで指摘され、

ため息が出そうになりました(笑)。
 
が、最高のものをつくりタイ!という思いは同じ。

それによくよく考えてみると、自分の文字書をそこまで

穴の開くほど眺めて、あーだこーだと言ってくれる人など、

世界広しといえども他には居ない。これはもうほんとうに

有難いことだとW

 

もちろん筋違いなディレクションであれば、こちらも

率直な意見を述べさせてもらうところですが、そのイギリスの
デザイナーの方が、漢字の文字構造や書に精通している様子に
感心しました。

 
 
で、その結果がご覧のラベルデザインです。

和紙や印刷の色目にも徹底的なこだわりを見せ、

日本の印刷業者を泣かせたらしいのですが、

そこに応える力を持っているところがまた、

日本の職人ザワのスゴイところ。

 

 

最後に『明石鯛』のロゴ書についてひと言。

なんだ、これならもっと味のある書を書けるじゃないか、

と思われる方もおられるかもしれませんが、

これは様々なスタイルの書をプレゼンさせていただいた上で、

しぼりにしぼりつつ、さらにディレクションに

沿ったカタチで完成させたものであり、その点、

商品の特性やターゲットを最重視するデザイン書は、

一般の書道とは異なるという点にご注目いただけたら
と思います。

 

なお伝統書道では「明」はこのような崩し方をしないのですが、

鏡蓋のような丸みを持たせるために、あえてこのように

書いています。

 

 

 

そんなこだわりの中で、この『明石鯛』のラベルデザインは

生まれました。

海外でがんばっている明石鯛、ぜひ日本の名だたる銘酒

とともに、末長くご贔屓にしていただけましたら幸いです。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf