エナジー・コーディネーター村上洋司さんスペシャルワーク『身体表現と書』/2016 11.19/ SOGEN書芸塾ARC・アートクラス

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC・アートクラス、2016年11月開催クラスの模様です。

 

11月のアートクラスでは昨年に続き、エナジー・コーディネーター村上洋司さんにおいでいただき、
身体表現と書』とテーマとしたアートワークショップを行っていただきました。

 

昨年はフォトグラファーでもある村上さんから『写真と書』をテーマとしたアートワークを

行っていただきましたが、今回は宮沢賢治の物語『水仙月の四日』を朗読する中で、

登場人物たちになって大きな布にみんなで書くことで、物語の世界を協働で作品化していく

という、前代未聞のアートワークとなりました。

 
 
1-555x312

 

村上さんが用意してくださった色々な打楽器を、物語に合わせて、交替で自由に演奏♪

言葉に加えて音との共鳴による表現世界も広がりました。

 

3-312x5554-555x421

 

5-555x312

 

布は長さ13M、反物と同じ長さです。

 

6-555x122

 
仕上がった作品を見て、「まさに宮沢賢治の物語の世界が書に置き換わったようだ」と村上さん。

書いた作品をみんなで持って、色んな風にうねらせてみると、瞬間瞬間に世界が変わる、といったオモシロさも・・・

 

7-555x312

 

最後に布の上に、村上さんが用意してくださった蝋燭を灯したら、なんとも言えぬ

不思議な世界が広がりました。

 

8-555x312

 

村上さん、摩訶不思議な楽しいワークショップをありがとうございました!

また次回もたのしみにしています♪!

 
-SOGEN追記-
「一つの物語を登場人物になって書で表す」というのは前代未聞の試みであり、
教室後の村上さんとの反省会の中で、さまざまな問題点も浮かび上がったが、
チャレンジしていくからこそ次がひらけていくわけで、今回のワークを踏み台として、
さらに有意義なワークに昇華させていけたらと願っている。
マルチ表現者の村上さんが、来年またどんなワークを用意してきてくれるのか、楽しみでならない。

 

 
SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】http://sogen-arc.com/art/index.html
 
☆SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの書家の方まで、どなたでも楽しく幅広く
学んでいただける総合書芸アートスクールです。

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中!

どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。

 
 

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)