☆書芸塾 10.15(土)アートクラス・書家・山本尚志さん特別講義のご案内

 

 

おはようございます。SOGENです。

 

先にご案内の通り、今週土曜日、書芸塾アートクラスにて、書家・山本尚志さんに
特別講義&ワークを行っていただきます。

 

先に『成長する絵画展』という障ガイを持つ作家の方4名による展覧会のご案内をさせていただきましたが、
実際に会場で作品を観て、プリミティブなエネルギーを感じる一方、こうした作品をアート作品として
世の中に出し、広く見せていくことの難しさもまた感じました。

 

アートとは何なのか・・・

 

それは人それぞれ、感じ方にも考え方にも違いがあるわけですが、今回の山本さんの講義では、
書を日本・アジアの伝統芸能から世界の現代美術に押し上げていくには一体何が必要なのか、
そのあたりの突っこんだお話を伺える貴重な機会になるものと思います。
 

山本さんは書家を名乗っておられますが、書の世界に出自を持つ日本を代表する現代美術家であり、
芸術としての書を見る目を持った日本トップの論客でもあります。(現代美術関係誌にも執筆寄稿)
現代美術としての書に興味をお持ちの方、伝統を超えた芸術としての書世界を求めている方には
必見必聴の講座となります。このまたとないチャンスをどうぞお見逃しなく!

 

 

hisashi-yamamoto-mizuumi1

みずうみ/ Hisashi Yamamoto/ 2016
©Hisashi Yamamoto, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

 

 

10月15日(土) 15:15-17:15
 
加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール
http://sogen-arc.com/access/index.html

 

テーマ:書家・山本尚志さんスペシャルワーク『現代、未来の書を探る-書家が現代美術作家に
    なるということ-』

 

《主な内容》
・現代アートとしての作品の作り方
・現代アートと従来の前衛書との違いとは?
・そもそも書は現代アートになり得るか?
・美術コレクター、ギャラリストとの出会い
・現代美術作家としてのデビュー当時(昨年の初個展。ウナックトウキョウ)のこと
・2回目の企画個展(今年。ユミコチバアソシエイツ)で感じたこと
・作品を売るとは、どんなことなのか?プライマリーマーケットとセカンダリーマーケット
・私の今後の展開と、訪れるであろう、「現代アートを志向する書家の時代」の幕開けについて

 

どなたでもご参加いただけます。

 

参加費:6,000円/体験参加費(初参加の方)5,000円 (参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)

 

用具はいつも通り、書道用具一式をご用意ください。体験の方は手ぶらでもけっこうです。

 

終了後は山本先生を囲んでの懇親会となります。
お時間のある方は、そちらもぜひご遠慮無くご参加ください。初めての方も大歓迎です!

 

お申込み先は以下のお申込みフォームよりお願いします。
お申込みフォーム:http://www.sogen-arc.com/inquiry/index.php
 

 

SOGEN

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)