イルカスイム・ツアープランナー・立川智子さんスペシャルワーク 『イルカと海と書』/2016 8.20/ SOGEN書芸塾ARC

 

 

8月のSOGEN書芸塾ARC、アートクラスでは、イルカスイムツアー・プランナー

立川智子さんにおいでいただき、『イルカと海と書』をテーマとしたトークショー

&アートワークを行っていただきました。

 

2016.8月講師 tachikawa tomoko-1立川さんは心理療法士、カラーセラピスト、企業コンサルタント等、

十種類以上の肩書をお持ちで、現在は国際心理療法開発研究所代表

として活動されています。

 

これまで34カ国を歴訪。世界中の海をめぐり、はじめてイルカと

意思疎通をしたその感動から、イルカと人をつなげば自然な癒しが起こり、

童心にかえりありのままの自分を思い出せることを確信

それを心理療法に取り入れ、2010年より毎年、イルカをもとめて

ハワイ、伊豆諸島・御蔵島、フロリダ、バハマなど、世界中で

イルカスイム・ツアーを企画開催されています。

 

また、ミクロネシア・チューク州ジープアイランドの環境大使を務められ、

インドネシア・バリ島の王族とも交流

をもたれているとのこと。

ヤフードームや東京ビッグサイトでも講演をされており、書芸塾とのご縁を

いただいたことに感謝です。

 

 

今回のアートワークでは、まず立川さんがこの夏、本書芸塾のために撮影されたという、

バハマでのイルカスイムの映像を鑑賞しながら、イルカの生態やイルカスイムツアー

に関するお話を伺ったのち、大きな紙を海に見立てて、イルカになって書く、

という前代未聞の書芸コラボワークを行いました。

これはイルカたちと一緒に、海、波、泡、光、陰、呼吸といったさまざまなものを

感じながら、海の中で戯れるような気持ちで書く、というもの。

 

結果、実に素晴しい、書を通したシンクロ世界が立ち現われました。

書芸塾ではこれまでもさまざまな形でコラボワークを行ってきましたが、

これは立川さんの人柄とトークによる感化なくしては現れ得なかったもの。

 

古典やお手本に習うことも大事ですが、書を表す上でもっとも大切なのは、

テクニックではなく、自分自身のいのちであり、また自分以外のいのちと

感応するこころなのだということをあらためて強く感じさせていただいた、

貴重な時間となりました。

 

立川さん、サイコーに楽しいイルカトークと素晴しいアートワークをありがとうございました!

さあ、次はイルカツアーだ♪!

 

 

以下、今回のワークの模様です。

下に動画もあります。サイコーにおもしろいですよ♪ ぜひ御覧ください!

 

 

まずは立川さんによる楽しいイルカトーク♪

イルカの生態やイルカツアーの模様を、美しい映像とともに紹介いただきました。

 

1

 

さあ、みんなでイルカになって泳ぎ書き♪!

 

2

 

裏からの眺めが、まるで海の中にいるみたい・・・

 

3

 

作品がちぎれてしまったので、みんなで山分け・・・w

 

4

 

立川先生、サイコーにたのしいアートワークをありがとうございました!

 

5

7

 

 

 

いのちを表し、感じ合い、つむぎ合う、書芸のこころ、まさにここにあり!

ぜひ動画で、みなさんのイルカぶりを御覧ください!

 

☆YouTube動画

立川智子さんスペシャルワーク IN SOGEN書芸塾ARC『イルカと海と書』2016.8.20

 


 

 

 

-書芸術を通した解放と交感の場-
SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】
http://sogen-arc.com/art/index.html

 

☆SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの書家の方まで、どなたでも楽しく幅広く
学んでいただける総合書芸アートスクールです。

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中!

どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。


SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

 
 
書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)