旧作に想う〜時とともに味わいを深めていくという鑑賞法〜

 
 


 
SOGEN artwork:Untitled/2010/380x1180mm

 
 
こちらは8年前の作品です。

書いた時には自分でも何だかかわからないような作品も、

時を経て眺めることで、客観的に見えてくるところがあり。

で、コレ、けっこうオモシロイなあと。

 

顔みたいに見えるとこや、建物みたいに見えるところ、

そのほかいろんなものに見えてくるところがあり、

そういった異質のものがゴチャ混ぜになって

一つの世界をつくっているところが。

具体的なモノを描き表すのではなく、心象風景を表すという

書芸の精神にも合致しているじゃんと。

 

当時どうにも遊べない自分がいて、苦しい中でもなんとか遊びたいと

あがいていたのですが、そこだけはよくがんばってたねとW、
ちょっと昔の自分を褒めてやりたい気にもなりました。
 
 

ということで、芸術作品というのは、見た瞬間に感じるばかりでなく、

時とともに味わいを深めていくという鑑賞の仕方があるのだということを、

自分の旧作を見て気づかされたところがあったので、シェアーさせてもらいました。

 
そういえば若い頃、あるアートコレクターの友人から
「芸術作品の真価に触れたいと思ったら所有することだ」
と言われたことがありましたが、それもまた、
そういうことなのだと思います。

 
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 
 




 
 

Queenクラスの書芸家

 

 

先日、ロンドン在住の友人の方から、
「やはりSogen先生の作品好きです。すごい、絶妙な筆の動きですね。
息子が筆を使って漢字を書くのにハマってます(まだお絵かきレベルですが)
ので、帰国した際には機会があれば是非Sogen塾に入塾させたいところです。」
とのメッセージをいただいた。

 
息子さんが描いたという絵を3年前に見せてもらい、スゴイなぁと思った、
その息子さんが、いま筆を持って漢字を書くのにハマってるっていうんだから、
うれしいかぎり。
もしかして将来、イギリスからQueenクラスの書芸家が生まれたりしてW😄

 
 
 
以下、3年前の投稿です、

 
 
こんばんは。世界のSOGENです。
「世界の」はキャッチフレーズなので、どうぞ気にされずに・笑

 
さて、今日はロンドンから遥々書をご所望くださった、
クライアントご夫妻と面会。
世界の芸術文化について語り合い、書芸体験もしていただき、
大変喜んでいただいた。
ビジネスとしての付き合いだけでなく、こうした人間同士の
相互交流を通して互いに成長していけるような仕事は、なおたのしい♪

 
ちなみにクレヨン画はご夫妻の2歳になるお子さんのラクガキだそうで・・・
この絵は私の先生だ!と言ったら、ビックリしてた。でもほんと。
 
お土産に、チャーチルも愛煙していたという葉巻を、世界一の老舗の
シガーショップから、わざわざ求めてきてくださった。感謝!!!

 

 

 

 

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

12月のSOGEN書芸塾ARC風景

 
 
〜12月のSOGEN書芸塾ARC風景から〜

 

レクチャー、デモンストレーション、作品講評等、濃厚な内容で、
写真を撮る間もなく、あっという間に終了。
忘年会も含めて大盛り上がりでした😁

 
寒いけど、熱い‼️W
いま、書芸塾では新たな書芸アートの芽がどんどん吹き出してます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

⭐️SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

◯お申し込み・お問い合わせ→office@hiranosogen.com

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

SOGEN揮毫『Sansho』店舗ブランドロゴのご紹介

 

 

ロンドンと藤とに良きご縁をいただき・・・ありがとうございます``

 

 

『Sansho』店舗ブランドロゴ
揮毫制作:SOGEN/平野壮弦

 

ロンドンを拠点とした和の美しい家庭用品のお店
sansho(三松)
https://sansho.com

 

 

sansho
-The Beauty in Imperfection
Hand-made Japanese Homewares-

 

Sansho means “the three pines” (三松), which represent the past,

present and future. Japanese artisans have always had to adapt

to changing times while being true to their tradition.

The three pines represent this delicate balance between

continuity and adaptability. Yanagi expressed it as “a tribute

to the past, an endorsement of the present and preparation

for the future”.
We are trying to offer an expanded future to all the people

we work with- we need to attract people back to the coutryside,

to support the remaining makers and to celebrate their philosophy.

(sansho official websiteより)

 

 

 

 

※画像はSansho facebook pageよりお借り。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 

 




 
 

⭐️12月のSOGEN書芸塾ARCのご案内

 
 
みなさん、こんにちは。
早くも師走となり、今年も残すところ1ヶ月足らずとなりました。
どうぞたのしい年末を過ごしてください。

 

 

以下、12月の書芸塾のご案内です。

 

日時:12月15日(土)/12月16(日)両日とも15:30-17:30
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール
テーマ:墨絵と書による書芸作品の制作

 

なお、12月15日(土)は教室後に忘年会をやります。

それでは12月の教室で``

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)