音の正体~『ムゲン即興-融合-』に想う~

 

 

キミは音の正体を見たことがあるか?! なんちゃって・・・
 
腹鼓を打つくらいしか出来ない自分が音や音楽について語るのもなんですが(笑)、
ちょっと気づいたことがあったので書き留めておきます。

 

過日、SOGEN書芸塾ARCで特別講師をお願いしているダンサーの上村なおかさんが出演された
音楽とダンスによる舞台『ムゲン即興-融合-』について紹介させていただきました。
『ムゲン即興-融合-』は即興ピアノ演奏家・竹内史晴さん、ニューヨーク在住15年を経て、
スイスを拠点に活動する世界的ジャズフルーティスト・Yukariさん、パーカッショニスト・

松本ちはやさん、そしてダンサー・上村なおかさんの4名による舞台で、まさにタイトルに

違わぬ、夢幻にして無限に繋がる音とダンスによる融合舞台となりました。
まあ比べるのも何だけど、自分としては同じ2時間で、映画『シン・ゴジラ』より遥かに見ごたえ、
聴き応えがありましたよ♪

 

《 ムゲン即興 Vol.2-融合- 》舞台より(寺内史晴氏のFBページより転載)

 

mugen

 

舞台が始まるまで間があったので、最前席から、今まで見たことのない不思議な形をした
楽器たちを興味深く眺めていたのですが、眺めているだけで、楽器たちの奏でる無限の音が
聴こえてくるかのような感覚に・・・
楽器たちは音を内に秘めながら、自分が鳴らされる瞬間を時を止めて待っている。
ああ、楽器というのは生き物なんだな・・・自分が何者であるかを知っているのだと。

 

 

話は変わりますが、自分が一番好きな楽器は打楽器、継いで弦楽器です。
なぜ打楽器が一番好きなのか考えてみたのですが、それは打楽器が最も自然に近い音だから
なんじゃないかと。
楽器にかぎらず、モノとモノがぶつかり合えば、何だって音が出ますよね。
で、このぶつかり合う音ってーのが自然界に普通にあってよく耳にする、最も自然な音なんじゃないかと。
打楽器はそのモノがぶつかり合って生まれる自然音を源に発達した楽器。
対して弦楽器や管楽器は、人間が音を楽しむために生み出し進化発展させた道具のように思われるのです。

 

ちなみに自分は雨上がりの日など、傘でガードレールや電柱を叩きながら歩いたりすることがあるのですが、
それは叩く場所や加減で色んな音が出て楽しいからです。
そこで思ったことが・・・
楽器にかぎらず、この世界にあるモノはすべて音を持っているのだということ。
その音は叩かれたり何かとぶつかったりしなければ表には出てきませんが、
みな、内に無限の音を秘めているのだと。
人のカラダもそう。手を叩いたり、腹鼓を打ったりと・・・w

 

楽器の演奏は出来なくても、そんな風に音を楽しむことは誰にでも出来るし、
それこそが音を楽しむという意味での「音楽」のココロなんじゃないかと思うのです。

 
 
で、話が戻りますが、先に述べた「ムゲン即興」の舞台を鑑賞させてもらったことで、
萬人が「音を楽しむ」という本来の音楽の在り方に触れさせてもらえたような気がします。

 

また特に打楽器大好きの自分としては、音の冒険者・パーカッショニストの

松本ちはやさんの演奏にはシビレました。音の美魔女にして現代のシャーマン。
音楽なんて気難しい顔して聴くもんじゃない。みんなに楽しいものなんだ、ということを
伝えてもらったように思います。
 
 

音楽もまた、みんなのもの。
 
みんながムゲンの音を持っている。
 
地球という音の楽園をたのしもう♪

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

いのちのあそび場♪/2016.11.26 フリークラス塾生作品より

 

 
フリークラスは書を通したいのちのあそび場であり、自己の作品を芸術的に深化向上させていく
ためのアート空間です。

フリークラスのことを「なにも教えてもらわないんなら、家で書いてたって同じじゃないか」

と思っている人もいるようですが、とんでもない。自己を解放し、書芸術の真を求め
表していく上で、フリークラスは現在、最も得るところの多いクラスの一つとなっています。

 

フリークラスは書道の経験を問わず、どなたでも参加いただけますが、内容的にはSOGENが
芸術的に踏み込んだ批評と、個々の才能や志向に応じた個別指導を行っており、芸術家を志す人、
自己の表現世界を高め深めていきたい人にとっては最適のクラスです。

 

 

今回のフリークラスもまた実にオモシロかったです。

 
~本時の塾生作品から~

 

◆亀雲シリーズより

亀と書いて雲のイメージを表す・・・
流麗な筆線と余白が美しい

 

sm-312x555

 

 
♡点による抽象アート

細胞か、はたまた宇宙か・・・

ナチュラルな表現世界に思わず惹き込まれてゆく・・・

 

kh-0-555x555

kh-2-506x555 kh-1-555x490

 
 

♠筆線による抽象アート

どんどん広がり深まりゆく、凝縮と爆発による書の宇宙

 

sh-2-461x555 sh-4-555x555

 

sh-3-513x555

 

 

♥筆線アート

一本の線にすべてをこめて・・・

 

 

ty-555x418

 

 

♣塾生とSOGENによるコラボレーション作品

芸術はいのちのあそびだ♪!

 

ty-sgn-555x312

 

 

SOGEN書芸塾ARC・フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html
 

SOGEN書芸塾ARC ON FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

デザイン書道クラス STEP16:『年賀状の書』をテーマに/ 2016.11.26風景

 

 

~プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景~

全24ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、11月26日(土)開催クラスの模様です。

 

 

ステップ16ーマ:『年賀状の書』

【重点学習項目】:隷書の表現技法

開催日:2016.1126日(土)

 

まず古典の隷書を紹介解説、筆法をデモンストレーションした後、

「謹賀新年」の書を題材に実習。

 

1-555x312

 

次に全国郵便局・スーパー等に展開されたSOGEN年賀状の実例と、名家による

年賀状の実物を紹介解説後、酉年の年賀状の制作実習を行いました。

 

3-555x312

2-555x312

 

 

デザイン書道クラスでは、毎回、持参した作品についてもSOGENが講評、アドバイスを
行っております。
 
~本時の持参作品から~

 

♠魚屋さんの店舗ロゴ

絵文字がかわいらしい。
 
ny-1-555x312

 
 
♥墨earthシリーズより(小品)

反故紙を使用したインテリアアート

一つのテーマで作品をつくり続けることで、世界がまたさらに深まっていきます。

 

ny-2-555x312

 

 

-次回のデザイン書道クラス予告-
 
STEP17: 『クリスマスカード・タロットカードの書』 /12月11日(日)15:30-17:30

重点学習技法:甲骨文字を生かす

 

STEP18:『交通広告の書』 /12月24日(土)15:30-17:30

重点学習技法:仮名の表現技法

 

 

2016デザイン書道クラス年度カリキュラム:http://www.sogen-arc.com/img/design_curriculum2.pdf
 
デザイン書道クラスのご案内http://sogen-arc.com/design/index.html
 
デザイン書道クラス関連ブログ(これまでのクラスの内容・風景、次回のご案内等)

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=140

 

 

※書道の経験を問わず、デザイン書に興味をお持ちの方あれば、どなたでもご参加いただけます。
年度途中、いつからでもご参加いただけます。ただいま体験参加も受付中です!

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

☆FACEBOOKで塾生作品を紹介しております。ぜひご覧の上、いいね!&フォローを
どうぞよろしくおねがいします!

FACEBOOKページ:https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 




 
 

SOGEN書芸塾・塾生が本を出しました!『実装 ディープラーニング』 藤田一弥 著

 

 

SOGEN書芸塾の塾生が本を出しました!
といっても書の本ではありません。なんとコンピューター関係の専門書です。

 

実装 ディープラーニング
著者:藤田一弥高原 歩
監修:株式会社フォワードネットワーク

 

 

514giw6lvyl-_sx350_bo1204203200_1

藤田さんはフォワードネットワークというコンピュータ関連会社を経営し、

今回の著作は社員の方との共著だそうです。

 

株式会社フォワードネットワーク:http://www.fward.net/

 

ちなみに会社のロゴは藤田さん自身の筆書によるもの。
彼はビジネス書道クラスに通い、「金◯萬円」と書かせたら

右に出るものがいないと豪語してますw
まあそれは冗談ですが、書も上手いし、自分には

アートのセンスなど無いといいつつ、ビックリする

ような表現をしたりするパワーを秘めてます。

 

しかし、頭がいいとは思ってたけど、こんな専門書まで出すとは・・・
自分はコンピュータには疎く、さっぱりわかりませんが、タイトル通り、
現代のAI(人工知能)の最前線を語ったディープな内容のようです。

WEBデザイナーの方をはじめ、コンピュータ、AI関連に興味をお持ちの方は、ぜひご購読ください!

 

本はアマゾンで先行販売が始まっているそうです。

ご購入はこちらより

アマゾン:https://www.amazon.co.jp/dp/4274219992/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1480132855&sr=1-1

 

あ、書芸塾に通うと頭もよくなるかもね、なんちゃって・・・W

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

SOGEN書芸塾ARC~2016年12月開催クラスのご案内~

 

 

みなさん、こんにちは。SOGENです。

早くも年の瀬となってまいりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。 
 
11月のSOGEN書芸塾ARC・アートクラスでは、昨年に続きエナジー・コーディネーター村上洋司さんに
おいでいただき、『身体表現と書』』とテーマとしたアートワークショップを行っていただきました。
昨年はフォトグラファーでもある村上さんから『写真と書』をテーマとしたアートワークを
行っていただきましたが、今回は宮沢賢治の物語『水仙月の四日』を朗読する中で、
登場人物たちになって大きな布にみんなで書くことで、物語の世界を協働で作品化していくという、
前代未聞のアートワークとなりました。
 
10月の村上洋司さんによる講義&ワーク風景⇒http://www.hiranosogen.com/blog/?p=12866 

 

さて、12月のアートクラスでは、映画監督・大原とき緖さんにおいでいただき、
映画を書でEgaく☆』と題してスペシャルワークを行っていただきます。
映画と書の絡みもまた初の試み。どうなりますか、どうぞおたのしみに♪!
 
大原とき緖さんのプロフィールはこちらより
http://sogen-arc.com/teacher/index.html
 
 
レッスンクラスでは日本を代表する書家・現代美術家・山本尚志先生より、『古典に学ぶ』
~顔真卿の行書から盗む書空間について~
と題した特別講義ならびに臨書実習を行っていただきます。
古典について深く学ぶ、大変貴重な機会となりますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 
※本年4月よりスタートしたビジネス書道クラスは、事情により休止となっておりますのでご了承ください。
 

デザイン書道クラス、フリークラスは12月11日(日)と12月24日(土)の開催となりますので、
どうぞお間違えなく!

 
 

以下、12月の各クラスのご案内一覧となりますので、どうぞご参照の上、ご参加ください。
 
~2016.12月開催クラスのご案内~
 
デザイン書道クラス  ☆プロのデザイン書作家育成の場

 

STEP17: 『クリスマスカード・タロットカードの書』 /12月11日(日)15:30-17:30

重点学習技法:甲骨文字を生かす

 

STEP18:『交通広告の書』 /12月24日(土)15:30-17:30

重点学習技法:仮名の表現技法

 

プロのデザイン書作家への登竜門。
デザイン書の全領域を網羅したレクチャーと実践的な制作実習を通して、
デザイン書道、インテリアアート書道のスペシャリストを養成。

 

デザイン書道クラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/design/index.html
 

 

フリークラス ☆書を通した癒やしと解放のアート空間 -人気上昇中!-
 
12月11日(日) 18:00-20:00

12月24日(土) 18:00-20:00

 

内容:自由創作・個別指導・その他自由

 

興味あるテーマ・課題に自由に取り組む中で、書芸塾主幹のSOGENから、
適宜、個別指導が受けられる、書のアトリエ。
初心者からプロの作家を志す方まで、マイペースで取り組みたい方に最適!
 
フリークラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

 

 

レッスンクラス ☆書芸の基礎から発展までを、レクチャー、実習を通して履修

 

12月17日(土) 13:00-15:00
テーマ:書家・現代美術家・山本尚志先生特別講義『古典に学ぶ』
    ~顔真卿の行書から盗む書空間について~

 
日本を代表する書家・現代美術家の山本尚志先生より、古典について深く学ぶ貴重な機会となります。
山本尚志先生プロフィールはこちらより:http://sogen-arc.com/teacher/index.html

 
レッスンクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/lesson/index.html

 

 

アートクラス ☆特別講師によるアートワークを通した解放と交感の場

 

12月17日(土) 15:15-17:15
テーマ:映画監督・大原とき緖さんスペシャルワーク『映画を書でEgaく☆』

 
《主な内容》
短編映画を見たうえで、映画のタイトルや感じたことを書で表す。

 
参加費:6,000円(参加お申込みの上、当日、会場でお支払ください。)
 
特別講師によるさまざまなアートワーク体験を通して、あそび心と芸術的感性を養う、
アートクラスのご案内⇒ http://sogen-arc.com/art/index.html

 

ARC特別講師紹介:http://sogen-arc.com/teacher/index.html

 
 
 
会場は全クラスとも、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールとなります。
アクセス: http://sogen-arc.com/access/index.html

 
用具は全クラスとも、書芸用具一式をご持参ください。無いものはお貸し出しします。
体験参加の方は手ぶらでおいでいただいてもけっこうです。
 
 

☆過去の各クラス風景については、こちらを御覧ください。(※ビジネス書道クラスは現在休止中です。)
http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

 

◎各クラスとも体験参加可能。書道のレベルは問わず、どなたでもご参加いただけます。
また全クラスとも、年度途中、いつからでもご参加いただけます。

 
体験参加、フリー参加をご希望の方、レギュラー会員の方で 他のクラスへの参加も希望される方は、

準備の都合上、お早めにお申し込みください。
 

お申し込みはこちらより
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php

 

 

なお参加クラスを迷われている方は、以下のARC受講ガイダンスをご参照の上、
オフィスまでお気軽にお問合せ、お申込みください。

http://sogen-arc.com/tree/index.html

 

みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

エナジー・コーディネーター村上洋司さんスペシャルワーク『身体表現と書』/2016 11.19/ SOGEN書芸塾ARC・アートクラス

 

 

書芸術を通した解放と交感の場、SOGEN書芸塾ARC・アートクラス、2016年11月開催クラスの模様です。

 

11月のアートクラスでは昨年に続き、エナジー・コーディネーター村上洋司さんにおいでいただき、
身体表現と書』とテーマとしたアートワークショップを行っていただきました。

 

昨年はフォトグラファーでもある村上さんから『写真と書』をテーマとしたアートワークを

行っていただきましたが、今回は宮沢賢治の物語『水仙月の四日』を朗読する中で、

登場人物たちになって大きな布にみんなで書くことで、物語の世界を協働で作品化していく

という、前代未聞のアートワークとなりました。

 
 
1-555x312

 

村上さんが用意してくださった色々な打楽器を、物語に合わせて、交替で自由に演奏♪

言葉に加えて音との共鳴による表現世界も広がりました。

 

3-312x5554-555x421

 

5-555x312

 

布は長さ13M、反物と同じ長さです。

 

6-555x122

 
仕上がった作品を見て、「まさに宮沢賢治の物語の世界が書に置き換わったようだ」と村上さん。

書いた作品をみんなで持って、色んな風にうねらせてみると、瞬間瞬間に世界が変わる、といったオモシロさも・・・

 

7-555x312

 

最後に布の上に、村上さんが用意してくださった蝋燭を灯したら、なんとも言えぬ

不思議な世界が広がりました。

 

8-555x312

 

村上さん、摩訶不思議な楽しいワークショップをありがとうございました!

また次回もたのしみにしています♪!

 
-SOGEN追記-
「一つの物語を登場人物になって書で表す」というのは前代未聞の試みであり、
教室後の村上さんとの反省会の中で、さまざまな問題点も浮かび上がったが、
チャレンジしていくからこそ次がひらけていくわけで、今回のワークを踏み台として、
さらに有意義なワークに昇華させていけたらと願っている。
マルチ表現者の村上さんが、来年またどんなワークを用意してきてくれるのか、楽しみでならない。

 

 
SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】http://sogen-arc.com/art/index.html
 
☆SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの書家の方まで、どなたでも楽しく幅広く
学んでいただける総合書芸アートスクールです。

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中!

どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。

 
 

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

2016.11月レッスンクラス風景/『年賀状の書』をテーマに

 

 

~2016.11月レッスンクラス風景~

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の心と技を、実習を通して学ぶ、SOGEN書芸塾ARC
【レッスンクラス】、以下、11月のレッスンクラス風景と内容です。

 

11月のレッスンクラスでは、まず空海の『風信帖』の臨書実習を行ったのち、

SOGENソウル展の模様を画像とともに紹介、その後、本時のテーマである

年賀状の書』の制作実習を行いました。

 
■まずは空海『風信帖』の臨書から。
筆線の抑揚、気脈のつながりに留意しつつ、行書の筆法を臨書を通して感得してゆきます。

 

1-555x370

 

 

■SOGENソウル展の模様を紹介

 

以下のページに展覧会の模様をまとめましたので、ご参照ください。

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=519

 

 

■酉年の年賀状の制作実習風景

 

それぞれの心に浮かぶ鳥のイメージを自由に表していきます。

 

2-555x370 3-555x386

 

5-555x370 4-555x370

 

 

~塾生作品紹介~

 

デザイン性にすぐれた「鳥」の書        ひらがなで「とり」と書いて、尾長鶏!

 

nk-2-387x555

sh-379x555

 

 

左:電線に停まる鳥たちの姿が何か楽譜のよう♪  右:デザイン性にすぐれた、可愛らしい鳥

 

ha-555x325

 

まるで闘鶏のよう・・・!

 

ek-415x555

 

やわらかな羽毛のように、ふわりふわりといきたいな♪

 

om-1-555x384

 

 

ひらがなで「とり」と書いて鳥の絵!      「酉」と書いてハシビロコウの顔♪

 

kh-2-410x555 kh-1-402x555

 

 

SOGEN書芸塾では、それぞれの想いを大切にしながら、
古典書道、デザイン書、アートに至るまで、あらゆる書表現に
展開可能な『書芸』の心と技とを学んでまいります。

用具用材も筆墨紙にかぎらず、表現したいものに応じて自由にお使いいただけます。

 

1 (888x592) (234x156)10月より後期がスタートしています。

クラスは現在、『レッスンクラス』『アートクラス』

『デザイン書道クラス』『ビジネス書道クラス』

『フリークラス』があり、どのクラスも
書道の経験を問わず、どなたでも、いつからでも

ご参加いただけます。

 

 

SOGEN書芸塾ARChttp://www.sogen-arc.com/

☆以下のページより、これまでのクラスの風景画像や塾生作品、動画をご覧いただけます。

開催済みレポートhttp://sogen-arc.com/report/

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen(FACEBOOK)

 

 




 
 

孤独と生きる

 

 

ヒトは誰しも、誰かから認められたいという承認欲求とともに生きている。
 
恋愛も経済活動も、また芸術活動もそう。
 
だが100%自分のことを理解してくれるヒトなどいない。
 
ゆえにヒトはどこまでいっても孤独なのだろう。

 

それが他の動植物には見られないヒトの性。
 
ヒトはヒトとの関係性の中で人になり、人間になる。

 

 

%e7%94%b7%e5%a5%b3-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 




 
 

なんだキミは?! ~ヘビクイワシ IN 上野動物園~

 
 
上野動物園で衝撃的な鳥と出逢った。
 

ビックリして、「なんだキミは?!」と尋ねたら、振り向いて、
「そうです、ワタシがヘビクイワシです。」とW
 

名前は恐ろしげではあるけれど、ご覧の通りの美しい姿体。
鳥獣界のスーパーモデル?!   なんでそんなに美しいのよ?

 
 
ヘビクイワシ

1-%e3%81%b8%e3%81%b3%e3%81%8f%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%97-555

 

 

動物たちを見ていると、その生命体としての充足ぶりに、同じ生き物として、

「いや、もう参りました!」と思わず頭を下げたくなる。

もちろん、狭い檻籠に入れられて窮屈に感じてはいるのだろうが、

彼らは人間のように思い悩むこともなく、生命体として、

ただ己であることで充足している。

 

このヘビクイワシも含めて動物はみんな、鏡に映して自分の姿形を見たこともなく、
自分が美しいとか醜いなんて考えたこともないだろう。

とすると、美しいとか醜いとか思うのは、やはり個々の人間の主観であって、

だとすると、なぜこの地球上の自然や動植物が人間が美しいと感じるものに

満ち溢れているのか、不思議としか言いようがない。

 

アダムとイブの神話がもし教義をわかりやすく伝えるための逸話だったとしても、

知恵の毒リンゴを口にして以来、人間の堕落が始まったという話には頷けるところが

あるように思う。

人間は頭を使い、道具を発明することで文明を発展させてきたわけだが、

生命体としてはもっとも非力な生き物ということになるのではないか。
 

頭脳が発達すればするほど頭と身体とが切り離され、悩みもまた際限なく膨らんでいく。

悩みがあるから人間であり、文明の発達もあるのだろうが、

益々頭でっかちになってゆくかに見える人類は、一体どこに向かっているのか・・・

自然界の動植物の、その生命体としての潔い生き様に触れるにつけ、

深い感動を覚えるとともに、地球で一番エラそうにしている人間が一番ダメじゃん、

などと一人思い悩むのだ。にんげんだもの・・・

 

 

ハシビロコウ              クジャク

2-%e3%81%af%e3%81%97%e3%81%b3%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%86-555

3-%e3%81%8f%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8f-555

 

 
SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 

 




 
 

宇宙を瞬時に生み出す/2016.11.13 フリークラス塾生作品より

 

 

もう一つ、フリークラスの作品からご紹介します。
こちらの作品もまた、レッスンクラスとアートクラスにダブル参加している別の塾生の手になる作品です。
何か細胞のようにも、宇宙の星々のようにも見え、見ていると惹き込まれそうになりませんか?

 

だったら細胞や宇宙の写真を撮ったほうがより緻密な世界を映し出せるんじゃないか、

と思う人もいるでしょう。
現象を自らの美意識をもって瞬間に切り取る写真ももちろん素晴しい芸術作品と成り得ますが、
この、人が自らの手で心の内なる風景を瞬時に表していくこと、またそれを通して一つの宇宙を

瞬時に生み出していくところに、書芸の本質と醍醐味があるといえます。

 

13-430x555

 

それにしても、書道を長年やってきたわけではない人たちからこのような作品が生まれる様を

見るにつけ、書道の上手い下手に関係なく、萬人の中に芸術的才能が眠っていることに

あらためて気付かされる思いです。

書芸塾も、いま企画中のワークショップ『どこでも書芸』も、そうした人々の中に眠れる才能を

覚醒させるアシストをしていくことに主眼を置いたプロジェクトです。

どんなお宝に出会えるか・・・

みなさんと、みなさんから生まれる作品との出会いを、これからもたのしみにしています。

 

 

SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(SOGEN書芸塾ARC)