マイペースで自由に取り組む書のアトリエ、『フリークラス』/ 2016.7.23風景

 

 

マイペースで自由に取り組める、癒やしと解放の書空間、フリークラス

7.23開催クラスの模様です。

 

ひたすら線を書く・・・

 
1 (555x317)

2 (555x326)3 (555x394)

 

連綿による文字書制作                                    宇宙空間のように・・・

 

4 (555x370)5 (555x417)

 

『花火』と書いて、クルッと180度回転させると、なんと打ち上げ花火に♪!

 

6-1 (414x555)6-2 (414x555)

 

 
-フリークラスの特徴-

 
フリークラスはご自身が興味あるテーマ・課題に自由に取り組めるうえ、主幹のSOGENから
マンツーマンで個別指導も受けられることから、初心の方からプロの書作家の方に至るまで、
書を真剣に学び深めていきたい方、マイペースで書に親しんでいきたいという方にとって、
最適のクラスとなっております。
またフリークラスでは、ご要望に応じて、大書制作や書道パフォーマンス体験等も出来ます。

 
※フリークラスは他クラス補習のための受け皿にもなっており、
ご都合により他クラスを休まれた場合は、フリークラスに振替参加いただけます。

 

 

フリークラスのご案内http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

※入塾、体験参加受付中!

 

 
-8月のフリークラス開催予告-

 
8月21日(日)18:00-20:00
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 

8月27日(土)18:00-20:00

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 

 
SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

-筆文字達人育成の場-ビジネス書道クラス・8の巻『暑中見舞いの書』をテーマに/ 2016.7.23風景

 

 
~筆文字達人育成の場、『ビジネス書道クラス』2016新規開講!~

 

ビジネス、日常に役立つ筆書を全24巻の実習を通して履修、筆文字達人の育成を図る
『ビジネス書道クラス』風景

 

 

8の巻テーマ:『暑中見舞いの書』
開催日:7月23日(土)

 
本時では、SOGENの参考作例をもとに、「暑中見舞い」を書く稽古を行いました。

ビジネス書道クラスでは、上手な読み易い書から、デザイン性、アート性の高い

筆文字表現まで幅広く実習し、筆文字達人の育成を図ります。

 

また、今に集中して書を書くことは、ストレス解消にも大変効果的です。
あなたも時に筆を手に、溜まりに溜まった日頃のストレスを発散してみませんか?!

 

 

2 (555x312)

 

 

短い時間でも、マンツーマン指導により、確実に上達!

 

1 (555x334) (2)

 

 
-8月のビジネス書道クラス開催予告-

 
8月21日(日)18:00-20:00
会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 

8月27日(土)18:00-20:00

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

 

 

ビジネス書道クラスのご案内:http://sogen-arc.com/business/index.html

※体験参加も受付中!

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

ピアノと書(歌詞)♪

 

 

デザイン書道クラスに、またまたユニークな参加者あり。
自分がピアノを弾いている様子を動画に撮って、そこに歌詞を筆で書いたものを添えて
WEBにアップしているという、20代の若者。

 

御本人の了解を得ましたので、紹介させてもらいます。

 

【高音質ジブリ】アシタカとサン 久石 譲 ピアノ Ashitaka And San【ピアノ】

 

 

ピアノも書も、本業とは別に楽しみでやってるそうで、自分の動画に載せる歌詞を

うまく書けるようになりたいのだと。
たしかに色んな書体がまざってておもしれーけど、もうちょっと色気がほしいかなw

でも、そういう具体的な目標を持って書をやる、ってのもいいじゃないか!

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

デザイン書道クラス案内http://sogen-arc.com/design/index.html

 

デザイン書道クラス関連ブログhttp://www.hiranosogen.com/blog/?cat=140

 

 

 




 
 

デザイン書道クラス STEP8:『店頭POPの書』をテーマに/ 2016.7.23風景

 

 

~プロのデザイン書道家への登竜門、『デザイン書道クラス』風景~

全24ステップでデザイン書道の全カテゴリーを大系づけて学び、実戦的な実習を通して
プロのデザイン書道家を養成する『デザイン書道クラス』、7月23日(土)開催クラスの模様です。

 

 

ステップ8テーマ:『店頭POPの書』

【重点学習項目】:絵文字の表現技法

開催日:2016.723日(土)

 

STEP8では、『店頭POPの書』をテーマに、POPとは何かに始まり、

その展開例を紹介解説後、実戦的なPOP広告の書の制作実習を行いました。
また「絵文字の表現技法」を重点学習事項とし、絵文字表現の発想法についても

レクチャー、創作実習を行いました。

 

 

●『海』『泳』の文字を題材とした絵文字の創作

うみ、SEAなど、ひらがなや英文字で表した方も。

並べて眺めてみると、さまざまな海の風景が出現!

 

11 (227x312)

 

 

●店頭POPの書制作の模様

今回はビール特集♪

そそるPOP文字を見ているだけで、ビールが飲みたくてたまらなくなりました♪

 

12 (555x312)

 

13 (555x339)

 

 

《本時の内容》
☆持参作品の講評

 

1.絵文字の表現技法の解説
①現代のワープロ絵文字・北京五輪ピクトグラム
②絵文字例(※字を書いて絵にする)
③「愛」の絵文字例

 

2.絵文字の創作実習
お題:「海」「泳」(※海に関する文字)

 

3.店頭ポップの書例解説
①POPとは
②さまざまな店頭ポップの書例
③SOGEN書例(花王・ドトール)
④絵と文字書作品例

 

4.店頭ポップの書の制作実習
課題1
「とりあえず冷やっこ」「まずは枝豆」を
ポップな親しみやすい書体で書く。

 

課題2
「ビール冷えてます。」を縦書きでオーソドックスな書体で、

「ビールが飲みたい!!」を縦書きでポップな親しみやすい書体で書く。

 

課題3
「生ビールにもこだわります。」を縦書きで、ヘタウマ文字で書く。

 

5.鑑賞会

※他の人たちの感性や表現力に学ぶ

 

 

☆デザイン書道クラスでは、毎回、持参した作品についてもSOGENが講評、

    アドバイスを行っております。

 

■本時の参加者持参作品より

 

『華』

1.

 

色彩を使った彩書も♪

2. 4. 3.

 

あそびこころ満載の『夏~なつ』♪    『夏空』

5.6.

 

打ち上げ花火♪!               デザイン文字

7.8.

 

英文字がまざるとまたオシャレ♪

9.

 
-おまけ♪-

前回のクラスで制作したデザインTシャツを着て来た人が!
しかもどこぞのブランドのように馴染んでいたので、言われるまで気づきませんでした。
世界に唯一無二のオリジナルTシャツです♪

 

15 (399x555)

14 (397x555)

 

-8月のデザイン書道クラス予告-

 

8.21(日)15:30-17:30
テーマ:WEBビジュアルの書
重点学習技法:英文字の表現技法

 

8.27(土)15:30-17:30
テーマ:テレビ番組・CMの書
重点学習技法:指文字の表現技法

 

デザイン書道クラスのご案内http://sogen-arc.com/design/index.html

※書道の経験を問わず、デザイン書に興味をお持ちの方あれば、どなたでもご参加いただけます。
年度途中、いつからでもご参加いただけます。ただいま体験参加も受付中です!

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

~書と音によるシンクロ世界~ヴァイオリニスト・喜多直毅さんによるアートワーク動画をアップしました♪!

 

 

世界的ヴァイオリニスト・喜多直毅さんによる、書芸塾アートクラスでのスペシャルワーク

の模様を動画にまとめました。 ※限定公開(5分)

 

書と音楽による精妙なるアートワークの模様をどうぞ御覧ください。

 

 

 

喜多さんはインプロの達人でもありますが、今回はバッハの『ジャコンヌ』よるアートワーク。

 

以前、音楽家の友人から、「クラッシック音楽と書はそぐわない」と言われたことがあります。
「クラッシック音楽の演奏家は、ひたすら自分の世界を求めて練習を重ね、本番ではいかに

完璧に弾き切るかしか頭にないから、書とは絡みようがないのだ」と。

 
そこで今回は、さてどうなることかと思いましたが、音の波と書の波のシンクロは、クラッシック

であっても可能なのだということを証明するかのような、実に貴重なワークとなりました。
まあそれも、喜多さんだから出来ることなのでしょう。
みんな、なんの躊躇いもなく平気で書いていたのにもビックリ・・・

 

いまほど喜多さんから、「こちらこそいろいろな気づきに満ちたひと時でした。」という

メッセージをいただきました。
書芸塾の特別講師の方々は、上から目目線でなく、そういう気持ちで引き受けてくださる方々

ばかりで、それはとても有難いことだと。

というか、そうと見込んだ方々にお願いしているわけですが(笑)

 

 

予告になりますが、8月のアートクラスはドルフィン・スイマーの方に、『イルカと海と書

をテーマとしたアートワークを行っていただく予定です。

 

って、なんじゃそりゃ~?!w
これまた、どうなることやら・・・
書芸塾はほんと、何でもあるな~笑

 

 

SOGEN書芸塾ARC:http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

教え子からの御中元に想う

 
 
御中元とまとHM

 

教え子、と言っても、20代のガッコのセンセー時代の教え子から、御中元が届いた。
みんなヤンチャだったが、中でも特に心を痛めた子の一人。
詳しくは書けないが、当時、その子も自分も針のムシロの上に居るような毎日で、

心が壊れるギリギリのところまで追いつめられていた。
が、いまは彼女も結婚もして、イキイキと元気に仕事をしていると知り、
まあほんとに、お互い死なずに生きててよかったと。

 

あれから30年・・・
30年も経ってから、会いたいと言ってきたり、贈物を届けてくれたりする
教え子がいるというのは嬉しいし、有難いことだと・・・

 
まあ自分にとって教師時代は思い出したくもない黒歴史みたいなものだけれど、
それでもいま、こうして笑って語れるようになったのは、自分がこの年まで生きたことと、
そういった教え子たちのおかげだろうと。
いやむしろ、そうしたヤンチャな教え子たちのおかげで、いまの自分の人生があるわけで(笑)
 
 
学校教師で色々思い悩んでいる人も少なくないと思うけど、
たとえやること為すこと上手くいかず、空回りのような日々があったとしても、あるいは
上から睨まれたり、生徒や保護者から頼りない先生だ、なんてと思われたとしたとしても、
それでもあなたが真っ直ぐに子どもたちと関わろうとし続けたなら、
子どもはきっとそれを何処かで感じているはず。
なので、どうぞ挫けず長生きしてください。
将来、大人になった教え子たちと、笑って語り合えるその日まで。

 
-追記-
肝心なことを書き忘れてました。
いまイジメにあったり、教師からパワハラを受けたり、何かしらの理由で学校に行くのが辛くて
苦しんでいる人、もう死んでしまいたい、なんて思っている人がいたら、決して人生を儚んで
早まるようなことはしないでください。
天気と同じで、晴れない嵐は無いのです。
生きてさえいれば、いつの日か必ず、過去を笑って振り返ることの出来る日が来るはずだから・・・

 
 

書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 

 




 
 

ヴァイオリニスト・喜多直毅さんスペシャルワーク 『書の波・音の波 PART Ⅳ』/2016 7 23/ SOGEN書芸塾ARC・アートクラス!

 

 

~書芸術を通した解放と交感の場・SOGEN書芸塾ARC、【アートクラス】風景~

 

7月のアートクラスでは昨年に続き、世界的ヴァイオリニスト、インプロの達人・喜多直毅さん
より、『書の波・音の波 PART Ⅳ』と題した、書と音楽によるスペシャルワークを
行っていただきました。
 
昨年は喜多さんの即興演奏とともにマンツーマンで書作をしたり、参加者全員がバイオリンを
弾かせていただいたりと、なんとも贅沢極まりないワークを行っていただきましたが、
今回はバッハの『ジャコンヌ』の演奏(1曲約15分)とともに、タイムライン的に横長の紙に
書を表していくという、書と音楽の関係性をまたさらに掘り下げたワークを行っていただきました。
以下に模様をアップしましたので、どうぞ御覧ください。
 
 
まずはじめに、喜多さんがバッハの『ジャコンヌ』の曲を通して演奏してくださいました。

思わぬプチコンサートに、参加者一同、感激&うっとり・・・
 
1 (370x555)

2 (370x555)

 

さあ、いよいよ、喜多さんの演奏で書制作のスタート!

みなさん、なんのためらいもなく書き始めたのにはビックリでした。

 

3 (555x370)

 

みんなが書いている中を縫い歩きながらの演奏。
さながら研ぎ澄まされた感覚同士が、瞬間瞬間に感応し合っているかのよう・・・

 

4 (555x312)

5 (555x312)

 

さすがはインプロの達人の喜多さん、クラッシックを弾きながらも、

書作の様子を肌で感じ取りつつ、音色を自在に変化(へんげ)させていきます。

 

6 (555x312)

7 (555x312)

8... (555x312)

9 (312x555)

 

音の波と書の波が、しだいにシンクロして融けてゆく・・・

 

10 (555x312)

 

通常の書作では生まれ得ないものを、喜多さんのバイオリンの音波が

引き出していきます。あ、これがほんとのバイオリズム?なんちゃって・・・w

 

11 (312x555)

12 (312x555)

 
 
以下、動画です!

喜多さんの見事な演奏と書とのシンクロを、どうぞ御視聴ください♪

書と音楽はとても近いものがあり、シンクロするところのある芸術であることを、

この動画から感じていただけるのではないかと思います。

 

 

喜多さん、贅沢極まりない、貴重なワークを、ありがとうございました!

またよろしくお願いします!

 

 

-書芸術を通した解放と交感の場-
SOGEN書芸塾ARC【アートクラス】
http://sogen-arc.com/art/index.html

 

☆SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの書家の方まで、どなたでも楽しく幅広く
学んでいただける総合書芸アートスクールです。

年度途中、いつからでもご参加いただけます。体験参加も受付中!

どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。


SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

2016.7月レッスンクラス風景/『英文字の基本から創作まで』をテーマに

 

 
~2016.7月レッスンクラス風景~

 

あらゆる書表現に展開可能な書芸の心と技を、実習を通して学ぶ、
SOGEN書芸塾ARC【レッスンクラス】

以下、7月のレッスンクラス風景と内容です。
 
7月のレッスンクラスでは、『英文字の基本から創作まで』をテーマに、

英文字表現の技法に関するレクチャー・デモンストレーションを行った後、
英語の名言を元にした漢字と英文字の融合作品の創作に挑みました。

 

また鄭文公下碑の古典臨書を通して、蔵鋒の筆法とゆったりと線を運ぶ運筆法を精習しました。

 

1 (370x555)5 (370x555)

 

2 (555x370)   3 (555x370)

 

 

オリジナリティーに富んだ漢字と英文字の融合作品ができました♪
なんという漢字と英文字を組み合わせたか、わかりますか?!
(答えは下に)
 

ha (555x391) ty (555x391)

 

 

tk (555x391) oy (555x391)

 

om (555x391) mi2 (555x391)

 

mi1 (555x391) kh2 (555x391)

 

kh1 (391x555)sh1 (391x555)

 

 

sh2 (555x391)

 

sh3 (555x391)        sh4 (555x391)

 
答え(上から)
Happy+楽 人生+My life
Love+道 Love+道
life+人生 幸+HAPPY(※横にするとHAPPYという英文字になる)
道+Love 過+journey

flower 人生+life
true love+茨(の道)
HAPPY+幸(※横にすると幸いという漢字が浮かび上がる)  想像力+imagination

 

 

《本時の内容》

 

1.古典にみる書法のデモンストレーション&解説
鄭道昭「鄭文公下碑」

 

2.古典臨書実習(個別指導)
鄭道昭「鄭文公下碑」

 

3.英文字表現の解説&デモンストレーション

 

・書芸テキスト解説
L9.英文字もエエもんだ
~英文字作品の創作~
 
・英文字表現の技法デモンストレーション

 

4.英文字表現の技法実習(個別指導)
テキストP34
※以前やったことがある人は創作作品を制作

 

5.漢字と英文字の融合表現の解説

 

・配布した英文字の名言を元にした作例を提示・解説

 

「雲」+light
「和」+smile
「創」+creat

 

7.発表鑑賞会(個別指導&全体指導)

 

※自分以外の人たちの持つ感性や表現力に学ぶ

 

 

 

4 (555x370)レッスンクラスのご案内 新年度最新版
http://sogen-arc.com/lesson/index.html
 
☆ SOGEN書芸塾ARC は、初心の方からプロの方まで、

どなたでも楽しく幅広く学んでいただける書芸アートの

総合スクールです。
学割、家族割・親子割・セット受講割等の

新サービスもご用意しております。

 
 
年度途中、いつからでもご参加いただけます。

体験参加も受付中! どうぞお気軽にお申込み、ご参加ください。
 
SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

 




 
 

SOGENオリジナル書芸アート表札

 
 
SOGENによるオリジナル書芸アート表札をご紹介させていただきます。
表札もオリジナルの書でイッていただくと、またちょっとステキかも♪!

 

 

萩野+タテ2 (338x555)

萩野+タテ4 (350x555)

百目鬼+正方3-2 (555x555)

武田+正方3 (555x555)

峯岸+ヨコ9 (555x426)

齋藤+ヨコ7 (555x426)

綾瀬+ヨコ2 (555x426)

伊集院+正方3 (555x555)

錦織+正方4 (555x555)

 

弘兼+ヨコ4 (555x426)

松原+ヨコ11 (555x426)

森谷+ヨコ12 (555x426)

 

オーダー・お問い合わせ:http://www.hiranosogen.com/form/index.php

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

菩薩

 

 

さっきの話の続きです。

 

書にしろ何にしろ、モノを見抜く目と心を持った人は、権威者ではなく、
仏教でいうところの菩薩のようなものだと。
菩薩とは、自らが悟りに近い域にありながらも、他の人たちを救うべく、

共に歩み導く修験者のこと。
 
生涯でそういう人に出会えた人は幸せとだ思う。
てか、求める者は救われる、ではないけれど、求めていきさえすれば、

人生できっと自分にとっての菩薩に巡り会えると思う。

 

自分もいままでどれだけ菩薩に救われてきたことか・・・
でも生き菩薩はずっとそばには居てくれない。あとは自分でイキなさいと、

トラの親が子をす突き放すかのように、あるいは鳥の雛が自ら巣立っていくかのように、

いずれ別れのときが来るのです。

 

 

人生は出会いと別れの連続だ。
別れても菩薩は我が心の中に・・・なーんてね。

 

 

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)