『ユーラシアンエコーズⅡ』と齋藤徹さんのこと

 
 

コントラバシスト・齋藤徹さんとの出会いは4年ほど前のこと。
そのインプロビゼーション(即興演奏)に衝撃を受け、買ったCDを擦り切れるほど聴いた。
そこには宇宙があり、太古からの生命の記憶があり、万物の生と死があり、嘆きと希望がある。

 

徹さんは自分の遥か先をゆく人ではあるが、底に流れる想いに共感するところ多く、
その後、音楽と書によるコラボレーションイベントやワークショップをともにさせていた
だいたり、SOGEN書芸塾ARCでも、音と書によるワークショップを開いていただいたりと、
ありがたいことに、折に触れてご一緒させていただいている。

 

世界を股にかける超一流の演奏家でありながら、徹さんは聴衆が10人の
小さなステージでも同じように心を尽くす。
何がそこまで駆り立てるのか、徹さんに伺ったことがある。
「死でしょう。」とひと言。ごく若い時分から常に「死」を意識しているのだという。
そこには、そのうち自分も死ぬんだから今をがんばろう、というだけのことではなく、
あらゆる生命の死を強く意識することで、逆に人間の尊厳やこの宇宙に生きることの
意味を問うといった姿勢が感じられる。

 

その徹さんが、いま、満を持して、『ユーラシアンエコーズⅡ』という一大イベントを
プロデュースしている。
日韓の一流の演奏家にヨーロッパの世界的ダンサーが加わり、壮大なユーラシアの命の潮流を
奏でることになる。

 

 

このイベントのDMに徹さんが次のようなコメントを寄せている。

 

21年前に開いた「ユーラシアン弦打エコーズ」は、「自分は何者なのだろう」という若い
問いを音楽で考えてみようという試行錯誤の末に辿り着いた一つの企画でした。
新しい情報を外に求めていくのではなく自分の中の記憶の層を探ろうと言うことでもありました。
もちろん解決したわけではありませんが、いくつか見えてきたものがありました。
伝統とは異端と異端が繋がったものであり、現代に直接繋がるものであること(中略)。
インプロビゼーションもその記憶に働きかける方法とも言えます。
「新しい」ことが大事なのではありません。(中略)
「今・ここ・私」をキッチリ刻印することで、「今でもなく・ここでもなく・私でもない」
へ至るという進展を夢見ています。

 

 

おそらく、生涯二度と生で視聴することのできないであろう一大コンサート。
四谷区民ホールにて、8月8日(木)午後7時開演。
残席、残りわずか。ぜひご予約をお奨めします。

 

『ユーラシアンエコーズⅡ』のご案内
http://travessiart.com/%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%80%e7%ac%ac%ef%bc%92%e7%ab%a0/

 

『ユーラシアンエコーズⅡ』紹介ダイジェスト動画 (こちら、ぜひご覧ください!)
http://www.youtube.com/watch?v=20FA3w28Ki4

 

チケット予約先:マルメロ 
電話:03ー5627-7583 fax:03-5627-7584 mail:marmeloyama@gmail.com
 
 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内http://sogen-arc.com/

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

日本の古い葉書、読めますか?

 

 

暮らしの手帳』の元副編集長の友人の方から、知り合いの中国人女性記者から
問い合わせがあり、なんでも、知人のフランス人教授から 「日本の古い葉書を
解読してほしい
」 と頼まれたが、草体のうえ脱字もあってまったく読めないので
解読してもらえないか、との依頼を受けました。
 
私などより、それに長けた書家や識者がもっとほかにいるだろうに、とは思いましたが、
頼まれるとイヤとは言えない性分なもので、できるかぎり解読させていただきました。

 

以下が件の葉書です。
読めますか?

 

古いハガキ1古いハガキ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当方の解読では不十分と思い、ネットで公開して解読者を募ってみてはと
提案させていただいたところ、それはグッドアイデア!とのことで、

公開して解読を募られたそうです。
そこで平家詞曲研究家で平家琵琶奏者の女性の方が、私の拙い解読をもとに、
さらに細かく見事に解読されました。

 

 

以下がその解読内容です。

 

牛込神楽町三丁目弐番地
諸橋吉之助様
御家内中様

 

本所相生町三丁目十八番地
(※「五」番地かもしれません)

 

拝啓陳、昨日、近火ノ砌、□□□
□□、難有、奉深謝候。右、御礼旁、参上
可致ノ趣、末々混雑中ニ付、不□□
□能兼、御礼申上候、書条認。以上
恐惶謹言
一月廿七日

 

 

意訳
拝啓、昨日は近火のみぎり、お見舞いを
下さり、ありがたく、深謝します。右、御礼かたがた、参上
致すべきところ、なにかと忙しいので、それもあたわず、、
御礼申し上げようと、書条(書状)をしたためました。以上。

 

 

これを受けた教授は、こんなに早く解読できるとは思っていなかったそうで、
「才は民間にあり!」と感激したとのことでした。
まことに、このような昔の難解な葉書を解読できる方が学者や書家以外にも
民間の中にいる日本の文化度は大変なものであると、あらためて思った次第です。

 
 
それにしても、この葉書の筆書の素晴らしいことといったら!
しかも書き手は幕末~明治を生き抜いた一角の人物であったに違いないものの、
書の専門家や学者ではない、市井の人。
いまどきこれほどの書き手は書家の中にもいないのでは?

 

昔の日本の文化度の高さと底力を見るような思いがしました。
縁あってこのような日本の昔の葉書と出会えたことに感謝です。

 

 
【追記】
その後、仮名作家で日本文学を研究しているSOGEN書芸塾スペシャルクラスの塾生より
以下のような指摘を受けました。
 

先生のブログに載っていた明治のはがきですが、解読とあるのですが、気になったところ
少々です。
 

  十八番地は 五番地だと思います。
  近火ノ砌□□□□□ → ハ□□知□云
  混雑中ニ → 不□□数候能兼 (多分□□には失礼を意味する言葉が入るのでは?)
 

ではないかとおもいました。ちゃんと調べたわけではないのですが(今度図書館で見てみます。)

 
もうひとつ、差し出がましいですが、
     末々 → 未タ(いまだ) ではないでしょうか。
(こちらは先に解読された方も同様に追記しておられます。)

 
ということで、また新たな情報が得られましたらお伝えしたいと思います。
 
 
 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

五十嵐晃画伯が登場!~8月10日(土)・SOGEN書芸塾ARC特別講義『人間を書く』

 
 
8月10日(土)SOGEN書芸塾ARC・アートクラスに五十嵐晃画伯が登場します!
 
特別講義のテーマは『人間を書く』。人体を書くのではなく、人間を書く!だそうです。
うわ~~、どうなるんでしょう? たのしみです♪!

 

gahaku1-1[1]01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十嵐晃事務所:http://www.igarashiakira.com/
 
 
以下、五十嵐画伯から、今回の主な内容です。

 

〈前半1時間〉
2~3人、3分間ずつぐらい動きのある着衣モデルになっていただき、
筆ペンでクロッキーをして貰います。
このとき、人数分こちらで人間を表現した作品(著名人の文章)を各自に用意します。
そのイメージを持ってクロッキーをしてもらいます。人体から探ってもらいます。
リアルに描く訳ではなく人間の体からライン(線の流れ)を探してもらいます。
目でもいいし指先でもいいし。仕上げは半切二分の一サイズで。

 

〈後半1時間〉
作品に仕上げます。絵と文字。
クロッキーを元に言葉と墨とで人間(男 女)を表現してもらいます。
ただ人体を書くのではなく人間を描いてください。

 

ということで、今回もまたまたワクワクの時間になりそうです。
どうぞおたのしみに♪!

 

アートクラス・年間カリキュラム・特別講師紹介:http://sogen-arc.com/art/index.html

 

 

なおレッスンクラスは『古典に学ぶ~古典を創作に生かす~』をテーマに実習の予定です。
書芸の発想法や表現技法を基本から学びたい方は、どうぞレッスンクラスも合わせて
受講ください。

レッスンクラス年間カリキュラム:http://www.sogen-arc.com/lesson/index.html

 
 
SOGEN書芸塾ARCのご案内http://sogen-arc.com/
 
ただいま入会金無料キャンペーン中! 体験参加受付中。
興味のある方は以下までお気軽にお問合せください。
お申込み・お問合せ先:”EXTENSION” <info@extensionjapan.com>

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen
 
 




 
 

7月のSOGENスペシャルクラス 『文字アート・抽象アート 』をテーマに

 

7月のSOGEN書芸塾ARC、スペシャルクラスでは、『文字アート・抽象アート』をテーマに、

文字作品から抽象アート作品まで幅広く制作実習しました。

 

少人数制のスペシャルクラスでは、まずはじめに持参した自由制作作品の批評会を行います。
文字、絵文字、デザイン書、英文字、抽象アートまで、さまざまな作品が出揃います。

 

ここは「あら、いいわねー」などと褒め合う場ではなく、お互いの成長のために、

感じたことを率直に述べ合う場。
なんでもありの書芸アートとはいえ、なんでもいいわけではなく、そこには芸術作品

としての深浅の差があります。

 

スペシャルクラスでは、SOGENによる講義、デモンストレーション、創作実習を通して
感性と技を磨いていく中で、書芸術の本質に迫り、個々の作品の芸術的価値を高めて
まいります。

 

Exif_JPEG_PICTURE今月は持参作品の批評後に、現代の書壇にみる

漢字・仮名・漢字仮名まじり文といった文字作品から

抽象作品までを解説。さらに、文字をもとにした

半抽象作品から、文字性からまったく離れた抽象表現まで、

抽象表現の発想法を、SOGENの実作を紹介しつつ伝えました。

 

漢字は、象形文字、指示文字、会意文字、形声文字とに
分類されますが、 文字作品、抽象作品のいずれの制作に
おいても、その文字の成り立ちを知っておくと表現力が
高まることから、そのあたりもまじえての講義、デモンストレーションとなりました。

 

また創作のテーマは「さんずいのある文字ならびに抽象アート」とし、
各自取り組みました。以下に作品を掲載しましたので、どうぞご覧ください。

 

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.754218031272042.1073741837.199917180035466&type=1

 

スペシャルクラス・日程・テーマ・参加費等
http://www.sogen-arc.com/special/index.html

 

 

SOGEN書芸塾ARCには3つのクラスがあります。

 
レッスンクラス:書芸の基礎から発展までを実習
アートクラス:自由創作と交流の場(特別講義多数)

スペシャルクラス:少人数制による特訓
 
 
SOGEN書芸塾ARCのご案内・年間カリキュラム等 http://hiranosogen.jp/arc/index.html
 
ただいま入会金無料キャンペーン中! 体験参加受付中。
興味のある方は以下までお気軽にお問合せください。
お申込み・お問合せ先⇒EXTENSION: info@extensionjapan.com

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

下山永恭さん特別講義 『書芸はロックンロール!~己の魂を表現~』/ 7月ARC・アートクラス

 
Exif_JPEG_PICTURE
 

7月のSOGEN書芸塾ARC・アートクラスは、ARC塾生でグラフィックデザイナーの
下山永恭さんによる特別講義。
題して『書芸はロックンロール!~己の魂を表現~』。

 
オリジナル筆で、オンリーワンの自分を表現しようという、非常にディープな
テーマでしたが、永恭先生の熱い想いを受けて、驚きの結果となりました。
みなさんの溢れんばかりのソウル!ソウル!ソウル!をどうぞご覧ください。

 

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.749793988381113.1073741836.199917180035466&type=1

 

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内・年間カリキュラム等 http://hiranosogen.jp/arc/index.html
 
書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen
 
 




 
 

『文字をデフォルメする~デザイン書の基本と応用~』/ 7月SOGEN書芸塾ARC・レッスンクラス

 
11117

 
7月のARC、レッスンクラスでは、『文字を
デフォルメする~デザイン書の基本と応用~

をテーマに実習しました。

 

デザイン性の高い、魅力ある書を書くうえで、
欠かせないデフォルメ。
ただ形を歪めて面白おかしくすればいいわけ
ではなく、そこには書の構造美と、表現の
もととなる想いやイメージが求められます。

 

今回は、まず基本点画のデフォルメを実習後、
銘々が学んだデフォルメを活かして、
想いのこもった文字作品を創作しました。

 

レッスンクラスでは主幹のSOGENが参考作品を披露し、要点をわかりやすく
丁寧に解説したうえで、デモンストレーションまで行います。

 
基礎から学びたい方にはレッスンクラスからの受講をお奨めします。

 

 

SOGEN書芸塾ARCのご案内・年間カリキュラム http://hiranosogen.jp/arc/index.html

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen




 
 

☆SOGEN書芸塾ARC(東京・お茶の水の書道教室)~新WEBサイト、オープン!~

 
arc-top[1]

 

SOGEN書芸塾ARC(東京・お茶の水の書道教室)の新WEBサイトがオープンしました!
 
http://www.sogen-arc.com/

 
クラス、年間カリキュラム、特別講師、会費等を分かりやすく紹介、
作品ギャラリーや参加者の声等の新着情報も満載で、広く楽しんでいただける
内容となっております。

 
さまざまな職種の人たちが集い、研鑽と交流を重ねる中で、
共に成長を続ける、書芸塾ARC。

興味のある方は、ぜひサイトをご覧のうえ、
お気軽にお問合せ、お申込みください。

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

☆7月20日(土)SOGEN書芸塾ARC~書芸はロックンロール!~

 

 
永恭講義DM
永恭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の書芸塾ARCは、待ってました!
アートクラスに、グラフィックデザイナー・下山永恭さん登場!
特別講義のテーマは 「書芸はロックンロール!~己の魂を表現~」

 

なんじゃ、そりゃー!
永恭先生曰く、「今回のアートクラスは、自分を見つめ直し、
ONLY ONEの自分という人間を形にする時間にしたい」とのこと。
こりゃまた、とてつもなくディーップでビッグなテーマ!
この問いかけから何が生まれてくるのか、たのしみです♪

 
レッスンクラスでは、『文字をデフォルメする~デザイン書
の基本と応用~
』をテーマに実習、
デザイン書の発想と技法を、SOGENが実演をまじえてレクチャーします。
 

両クラスとも、会場は通常通り、お茶の水スクール・オブ・ビジネス、
時間はレッスンクラスが午後1時より3時、アートクラスが午後3時15分より5時15分。
※終了後は、慰労会、兼懇親会となります。

 

 
っつーことで、4549!

 
SOGEN書芸塾ARCのご案内・年間カリキュラム http://hiranosogen.jp/arc/index.html
 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen