平野壮弦・書芸ワークショップin 長岡 / 2.2(土)開催!

 

長岡市のネオスさんでの書芸ワークショップ、いよいよ来週の土曜日に迫りました。
おかげさまで、満員御礼の模様です。

 

デザイン書ネオスさんについて

ネオスさんは、若き日に長岡で初めてデザイン書の仕事を頼んでくださった、大恩あるデザイン会社さんです。今回のワークショップでは、限られた時間ですが、コマーシャル・カリグラフィーから書芸アートまで幅広くレクチャーし、その後、自由創作、コラボ制作等をする予定です。きっと、楽しい時間になると思います。

また、もしかしたら久々に、『yogoshi-art performance 』もご覧いただけるかもしれません。

どうぞお楽しみに♪

 

 

■NEOS セミナーのご案内/「平野壮弦・書芸ワークショップ

http://www.neos-design.co.jp/seminar/workshop/2326.html

 

■SOGENの書道(書芸)パフォーマンス

SOGENへの講演依頼や書道パフォーマンスについての詳細はこちらをご覧ください。

http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

2月16日(土) SOGEN書芸塾ARCのご案内

 

 

-2月のSOGEN書芸塾ARCのご案内です。-
 
基礎クラスでは「インテリア書芸作品の創作」、創作クラスでは「仮名」をテーマに行います。
 

なお創作クラスは仮名作家:金子紀子さんによる特別講義となります。
仮名によるパフォーマンスあり!
仮名作品によく見られる『変体仮名』についても、講義実習いただく予定です。
タイヘンのヘンタイのハンタイなのだ!
ということで、ともにエロティックな変体仮名の世界にあそびましょう♪
 
 
●日時&テーマ

 
2月16日(土)

 
■基礎クラス (午後1時~3時)
テーマ:「書芸作品を生活空間に~インテリア書芸作品の創作」
※書芸テキストを持参
 
■創作クラス (午後3時~5時)
テーマ:仮名作家・金子紀子さんによる特別講座 『仮名に学ぶ』
※小筆持参  各自、6文字以上17文字以下の言葉または俳句を用意
 
●会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス
(JRお茶の水駅・聖橋口より徒歩約7分)

会場地図 http://www.ochasuku.ac.jp/school/access.html
※ロビーにご案内が出ています。

 

●用具:紙・大筆・小筆・墨液・墨を入れる容器・小皿・下敷き・文鎮・新聞紙
(筆以外の用具、絵具等、自由にお持ちください。)

 
※終了後は懇親会(自由参加、会費3,500円くらい)

 

2月の教室もまた、楽しい時間になりそうです!♪
 
 
 
-SOGEN WEB PAGE-

 
■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり):
http://www.hiranosogen.jp/arc
 
■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介):

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

マルハ『さんま蒲焼』

 

書道家

 

むかしロゴを書かせていただいた、マルハ『さんま蒲焼』がネットに載ってました。

もう15年以上、同じロゴ書を使っていただいている、ロングラン商品です。

マルハ『さんま蒲焼』は、ちょっと高めだけど、美味いです!

このさんまの蒲焼を使った料理レシピを載せている人なんかもいて・・・

料理の腕さえあれば、缶詰も立派な料理になるのですね。

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

子どもの眼

 

 

「素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。」ー岡本太郎

 

 

子どものころは、誰もが無垢な眼を持っている。
何事も当たり前とは思わずに、なんだろう? なぜだろう?と思う好奇心に

満ち溢れている。
それが大人になり、分別がつくようになるにつれて、物事を自分自身の眼で

見ようとはしなくなり、心の動きもまた鈍くなっていく。

つまり、感動が無くなっていく。

 

たとえば、初めてリンゴを見た子どもは、「この赤みがかった丸いものは、

いったい何なんだろう?」といったように、不思議に思って観察することだろう。
一方、大人は、「リンゴだ」で終わる。リンゴという言葉だけで用はこと足り、

満足してしまうからだ。
文字や言葉は一つの抽象である。抽象化することで簡素化され、便利になる。
と同時に、ときに私たちを物事の本質から遠ざけていく。
そしてそれは、私たちの中に本来あるはずの、自らの眼で物事を見るという力を

衰えさせていくことにもなる。

 

大人は忙しい。

この情報化社会の中で、リンゴ一つに心を留めているヒマなどないのだ。
だが、ときに子どものような眼と心で物事を見るという原点に立ち返ることで、
世界は広がり、より豊かなものになっていくのではないか。
書芸は、その人間本来の力を取り戻していくためのアートでもあるのだ。

 

 

書芸家  平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

2013・SOGEN書芸塾ARC、始動!

 

本年のSOGEN書芸塾ARCが始動しました。

 

昨年は十日町合宿イベント、日韓書芸交流ツアーと、
教室外での活動も大変充実したものとなりました。
今年は果たしてどんな旋風を巻き起こすのか、楽しみです。
もちろん、月一回の書芸塾ARCも、ますます充実した楽しい内容に

していきたいと思いますので、ご興味ある方は、ぜひご参加ください。

 

ただいまキャンペーン中につき、入会金無料!

体験参加も受け付け中です。

SOGEN書芸塾ARC紹介ページhttp://www.hiranosogen.jp/arc/

 

 

1月の教室では、まずは銘々が『今年の抱負』を、それぞれの想いを込めて揮毫。
「上昇」「忘却力」「脱」「創」「生」「子宝」「積重」「微責任」「炎」「熱」
「よく遊び よく学べ」といった文字や言葉が見られました。

 

小野2013抱負石見2013抱負

 

基礎クラスでは、ロゴ書と指文字に挑戦!
コツがいりますが、指で書くと、モダンで温かみのある文字が生まれます。
まとめに「書」の文字を自由創作しました。書は楽しいな♪

 

指文字1書5 木全

 

創作クラスでは『写真からのインスピレーションで書く』をテーマに行いました。
各自持ち寄った写真を交換し、その写真を元に自由創作。
感覚を磨くのに、とてもよい創作活動の時間となりました。

 

望月4永恭3

 

次のfacebookページで、みなさんの作品をご覧いただけます。
ユニークな作品の数々を、ぜひご覧ください。

SOGEN書芸塾ARC facebook page: https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

2013・SOGEN書芸塾ARC、本日より始動!

 

本日19日より、本年のSOGEN書芸塾ARCがスタートします。


基礎クラスのテーマは 「イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法」
創作クラスのテーマは「写真からのインスピレーションで書く」です。
終了後は新年会を開きます。
今年もまた、どんな出会いがあるのか楽しみです♪

 

書芸家平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

1月ARCのご案内


●日時&テーマ


1月19日(土)


基礎クラス (午後1時~3時)
テーマ: 「イメージ・コンセプトをとらえる~ロゴ書の発想と技法」


創作クラス (午後3時~5時)
テーマ: 「写真からのインスピレーションで書く」
※各自、表現のインスピレーションの元となる写真コピーを1枚持参


●会場:
お茶の水スクール・オブ・ビジネス(JRお茶の水駅・聖橋口より徒歩約7分)
会場地図 http://www.ochasuku.ac.jp/school/access.html

4階、もしくは5階の教室になります。1階ロビーで教室をご確認のうえ、おいでください。


●用具:いつも通り(筆以外の用具、絵具等、自由にお持ちください。)


※終了後は新年会となります。(会費約3500円)
ご都合のつく方は、ぜひご参加ください。

 

 




 
 

命の炎

 

人はみな、命の炎を燃やしながら生きている

燃え上がったり、くすぶったり

人生の中で、水を浴びせかけられるような目に会うこともあれば

薪をくべてくれるような人や出来事に出会うこともある

人はみな、水と薪の両方を等しく与えられながら生きている

 

くすぶるのが得意な人は、与えてもらう薪よりも、浴びせかけられる水に敏感だ

燃え上がるのが得意な人は、水より薪に敏感だーー水をかわして、薪を得る

 

水による抑制もときに必要だが、度を越すと命の炎は消え失せる

くすぶっているのは周りのせい?

それとも、自分のせい?

どちらでもない

ちょっと周りに目を向ければ、

そんなあなたに、一生懸命、薪をくべようとしている人がいる、自然がある、宇宙がある

この世界の悲しみから目を背けることなく、薪の恵みを素直に受け入れて希望に変えよう

共にこの宇宙で、命の炎を燃やして生きていくために

 

 

書芸家平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 




 
 



 
 

バランス

 

何事もバランスが大事だと言う。
食事も、運動も、そしてまた芸術においても、バランスが大事だと。
なるほど、その通りなのだろう。
だが、樹木の生い茂るのを見るとき、果たして樹木はバランスを考えて
枝葉を伸ばしているのだろうか、と思う。
それは自然界のバランス、考えずともバランスがとれるから、「自然」というのだろう。
ただ、枝葉の一つ一つは、全体のことを考えて伸びているわけではない。
一つ一つが命いっぱいに開いていく結果として、樹木全体の姿となるのだ。

 

書の作品をつくる際にも、バランスが大事だとされる。
一文字ずつのバランス・・・文字は建築のようなもので、バランスがくずれると、
建物がくずれるのと同じように、不安定となってくずれてしまう。
全体のバランス・・・紙面にどう納めるか。空間が生きるよう納めなくてはならない。
これを書道では象法(しょうほう)と言う。

 

書家はこのバランス感覚を身に着けていくことで、完璧で隙のない作品を作り上げる。
なのに、書家が書く書は、総じてつまらない。生命力が感じられない。
なぜなのか?
一つには、文字のバランスをとること、紙面に上手く納めることに気をとられ、
全体としての生命力が失われるから。
また一つには、書家の書く筆線が、自然から離れ、技巧に過ぎたものだから。

 

前衛書家の故・井上有一などは、その書家臭さをぶち壊すことで、
新たな書の世界を拓こうと試みた書人の一人である。
彼は言う、「お書家先生の顔に、墨をぶちまけてやれ!」と。

 

棟方志功など、どうだ。強度の近眼だったこともあり、版画を彫る様は、
顔を板に擦り付けんばかりに近づけて彫っている。
ほとんど全体など見ていない。いま彫っている、その一点にすべてを
刻み込んでいくかのような鬼気迫る彫りっぷりである。
書も、おそらく同じように書いていたに違いない。

 

井上有一や棟方志功の書を見るとき、枝葉の一つ一つが命をいっぱいに開き、
全体として樹木になったとのと似たものを感じる。
要は、全体を上手く卒なくまとめようとするのではなく、いまこの瞬間に集中していたら、
あとで見たら全体がそうなっていた、ということだ。

 

バランスなど気にする必要はない、バランスを考えるのはよくない、と言っているのではない。
「いま、ここ」に集中して生まれ出るモノには、計算を越えた自然なバランスが働き、
結果、全体としてバランスがとれる、ということだ。
そしてそれは、私たちの日々の生活や人生そのもにも言えるように思う。
バランスのいい健全な生活、バランスのいい計画的な人生を心がけるのもよいが、
いまこの瞬間に集中し楽しむことが、生命力を強くし、大樹のような人生を
送ることに繋がるのではないだろうか。

 

 

書芸家平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen