書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『迷ったときは魂に聴け!』 (2008.12.23投稿 223)

書芸家(書道家)SOGENの、書道にかける想い
 
 
『迷ったときは魂に聴け!』
 
 
人生に生きる意味などない、と先のブログに書いた。
「何てことを言うんだ?!」と思った人もいるだろう。
その真意を少し書かせてもらうことにする。

 

生きる意味など、最初からあるわけではない、もし、自分の人生に生きる意味が
あるとすれば、それは自分自身で求め、見い出していくもの・・・
それは頭で考え、頭の中だけで納得するようなものではなく、魂に落とし込み、
自分の身体の全細胞に染み込ませていくようなもの・・・

 

人は悩んだとき、頭で懸命に考える。それはさまざまな問題への解決策を人に与えてくれる。
けれども、人生の重大な選択の帰路に立たされたときに、頭でいくら考えても結論が
出せないことがある。そのときに思うのだ。
「魂に聴け!」と。
自分の魂は本当のところ、何を求めているのか?と。

 

就職、恋愛や結婚、果ては自分の生きる意味とは何か?といった悩みに至るまで、
人の悩みは尽きない。 誰かがその答えを一発で教えてくれたらどんなに有り難いことか!と思う。
だが、他人は決して答えを与えてはくれない。なぜならその答えは、誰もが客観的に眺められる
ような離れた場所にあるのではなく、自分自身の魂の奥底にあるからだ。
これは何か特別な宗教の話をしているわけではなく、宇宙の普遍的な真理についての話である。
宗教は信じなくても、人間の直感は信じられるという人は多いのではないかと思う。
もちろん、その直感は科学的には説明のできない不確かなものではあるし、的を大きく
はずすこともあるだろう。だが直感には、しばしば計算を超えたところで奇跡さえも
産み出す力がある。そして人間には誰しも、そういった直感が備わっている。
いくら頭で考えても結論が出せない人生の岐路に突き当たったとしたら、そのときは
自分の直感を通じて魂に聴いてみるといい。もし、その時すぐに答えが出なかったとしても、
心の鏡についた汚れを落としつつ懸命に求めていったなら、きっと魂は答えてくれるはずだ。
そしてその答えは魂の奥底に落とし込まれ、身体中の細胞の隅々まで行き渡り、
自分の中に眠るパワーを最大限に開いていってくれることになるだろう。
そうなったときに、その答えが自分にとっての正真正銘の答え~自分の生きる本当の意味、
ということになるんじゃないかと思う。

 

自分の生きる意味とは何か? それは人から教えてもらったり、頭の中だけで考えて
決めるようなものではなく、人生という旅路を歩みながら、魂に聴き、魂の奥底に
落とし込んでいくもの。 それが出来た人は強い。 頭で考えたことは折れやすいが、
魂に落とし込まれたことは、そう易々とは折られることはないのだから。

 

人生は選択の連続だ。
迷ったら心に問い、頭で考えよ。
そして人生の重大な岐路で迷ったときは、魂に聴け!
 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『道無き道をイケ!』 (2008.12.22 投稿 222)

書芸家(書道家)SOGENの、書道にかける想い
 

 

今の日本は、昔のように身分制度に縛られていた時代に比べたら遥かに自由な時代だと思う。
でも、自由とはいいようで、実は一番大変なことなんじゃはないかと思う。
たとえば、書を書くときに、何を書いても自由です、と言われるより、
お題があったほうが悩む必要もなく楽なわけで・・・
今の時代だって、もちろん生まれや環境の制約や影響は受けるから、まったく自由という
わけではないけれど、そういった意味では、昔より遥かに自由なはずだ。
ところが、自由とはいいようで、そこからまた深い人生の苦悩も生まれてくる。

 

自分は一体何者なのか?
自分はこの広い宇宙で、一体何のために生きているのか?

 

その答えを求めてさまざまな宗教や哲学もまた生まれたわけだけれども、いまだに
人類共通の答えを見い出せずにいる。
そんな中で、その答えをある一つの宗教や哲学を信奉することで解決しようとする人たちも
少なくない。それはそれで、その人の自由。信仰を貫き通す人生もまた尊いことだと思う。
だが一方で、もしそれが、魂に落とし込むこと無く他人からの受け売りで終わるなら、
ほんとうの意味で、自分自身の人生を生きたことにはならないのではないかと思う。
書の世界で言えば、ある古典や大家の書を信奉し追い求めた末に、自分の世界を創り出す
こと無く、そのコピーに終わってしまうのと同じだ。
大切なのは、自分の人生に生きる意味があるとすば、それを自分自身で見い出していくこと・・・
書でいえば、人マネではない、自分自身の表現世界を創り出していくこと・・・
その旅は、道無き道をいくが如し・・・地球の地場から離れて宇宙空間を浮遊するようなもので、
はなはだ心もとなく、時には孤独に苛まれることもあるだろうけれど、
ほんとうの光、自分が生きる真の意味との出会いは、それなくしては有り得ないのではないか
と思うのだ。

 

若者よ・・・道無き道をイケ!

 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『デザイン書(ロゴ書):鹿児島県産・黒豚ハムプリマハムギフト』 (2008.12.21 投稿 221)

書芸家(書道家)SOGENより、デザイン書道(ロゴ書)のご紹介

 

 

御歳暮に、ロゴを書かせていただいたプリマハムギフト『 鹿児島県産の黒豚ハム』をいただきました。
ゲキうま~~~! プリマハムさん、ありがとうございました!

 

デザイン書道

 

 

 

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『生きることの意味』 (2008.12.20 投稿 220)

書芸家(書道家)SOGENより、書道に寄せる想い
 
 
人はなぜ生きるのか。

 

「自分が生きる意味って何だろう?」と思ったたことのある人は少なくないはずだ。

 

でも、生きる意味なんて最初からあるわけじゃないんだ。

 

自分の生きる意味があるとしたら、それは自分自身で見い出すものであり、作るもの。

 

人から教えてもらうものじゃない。

 

人生とは、生きる意味を求め尋ねる旅なのだと思う。

 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『傷』 (2008.12.19 投稿 219)

書芸家(書道家)SOGENより、書道に寄せる想い
 
 

 
 
生まれたてのもの、新しいものは美しい
 
けれど、傷あるものはもっと美しい
 
人でもモノでも、傷あるものに惹かれるのはなぜだろう
 
年月を経て受けた傷の生々しさは、生の証であり、
 
抱きたくなるほどのエロスがそこにある
 
書で人を汚す・・・モノを汚す・・・
 
それは自分にとって、傷あるものを抱こうとする、
 
愛の表現なのかもしれない

 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『SOGEN書芸交流スクールARC「大作に挑戦!」』 (2008.12.18 投稿 218)

書芸家(書道家)SOGENより、書道スクールのご紹介
 
 
ご紹介が遅くなりましたが、11月に開催のSOGEN書芸交流スクールARCで
参加者の皆さんに大作に挑戦してもらいましたので、そのときの模様を
一部ですが紹介させてもらいます。
みんな、大きな紙面をものともせずに、オリジナリティーあふれる書表現を
していたのに感心!
大作は面白いにゃ! またやろうぜぃ!
 
書道パフォーマンス 書道パフォーマンス 書道パフォーマンス 書道パフォーマンス 書道パフォーマンス
 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー:『書道ゆかたファッション、高野千恵コンサート&繭の会創設10周年記念パーティー』 (2008.12.1 投稿 217)

書芸家(書道家)SOGENより、書道ゆかたファッションのご紹介
 
 

書道パフォーマンス

早いもんで師走だのし。

 

11月29日(土)

 

故郷・新潟県十日町市出身の歌姫・高野千恵さん

の東京初のソロコンサートにご招待いただき、参加。
高野千恵ちゃんとは今年の6月に開かれたイベントで

ご一緒させてもらっている。
(※写真はSOGEN遊染ゆかたを着た高野さん)

 

会場となった大井町きゅりあんには多くのファンが

詰めかけ、高野さんの歌声を堪能。
先月リリースしたファーストアルバム『たからもの』

の中からも数々の持ち歌を次々に熱唱してくれた。

 
今が旬です、高野千恵! 応援よろ!

ますますのご活躍を祈ります。

 

 

11月30日(日)

 

ラポート十日町で開かれた、十日町市の着物の会

「繭の会」の創設10周年記念パーティーに参加。
繭の会の美男美女連による着物ショーや白鳥軍団の舞(?)をはじめとした盛り沢山の

催し物を堪能させていただく。
十日町市で絶大な人気を誇るという白鳥軍団の舞ははじめて見せていただいたが、

そのハジケっぷりに大いに感心、感動・・・

十日町にもこれだけハジケられる人たちがいるんだねー・・・スバラシ~!

 
繭の会の代表・高橋幸子先生はじめ、皆さんの挨拶がまた、心のこもったもので素晴らしく、
十日町の文化度の高さにも驚かされた。
雪国の人たちは、たとえ口数は少なくても、その一言一言に真心が感じられる。
言葉にリアリティーがあり、信があるのだ・・・
雪に育まれた人たちの、雪国魂というものに触れさせてもらった思いだった。

 
自分自身も雪国生まれなわけですが、この雪国魂を忘れずに生きてイキたいものだと、
東京からパーティーに参加させていただき、あらためて思わせていただいた次第です。
幸先生、ありがとうございました。
幸先生と繭の会の、今後ますますのご発展を心よりお祈りいたします。
 
 
 
SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)