書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『重力と人間』~ (2008.8.27 投稿 186)

 
書芸家書道家)SOGENの寝言
 

先日、北京オリンピックをテレビで見ながら、ふと思ったことがあった。
スポーツってのは種目にかぎらず、重力との闘いなんだと・・・
いかに速く走るか、いかに高く飛ぶか、いかに重いものを持ち上げるか・・・
もちろん敵は対戦相手にはちがいないけれど、競技者にとっての一番の敵は、
実は重力なんじゃないか。
球技だって、ある意味、重力との闘いなわけだ・・・
もし地球が無重力なら、今のような形のスポーツは生まれてなかったはず・・・
 
昔、ビートたけしが『死ぬための生き方』という著書の中で、
「重力に縛られていること自体が、人間にとっての一番の地獄かもしれない」
というようなことを書いていた。そのときは妙なことを言うもんだな、
くらいにしか思わなかったけれど、いま思えば、もしかしたらそれは、
この世界の核心をついた言葉だったのかもしれない。
やっぱ、たけし、天才だな!笑
 
でも、また思うわけです。
裏を返せば、重力があるおかげで、今の人間社会のさまざまな物事が
発展してきたわけでね・・・この世のさまざまな建築物や機械も、
もし重力がなかったら生まれていなかっただろうし、今のスポーツだって
なかったはず・・・そしてもしかしたら、人間の色々な思いや感情さえも、
重力があるせいで生まれているのかもしれない・・・
そんな風に考えると、重力はたしかに人間にとって「重にくけれ」だし、
ビートたけしの言うように一番の不幸の素なのかもしれないけれど、
そのおかげで生み出されているものが山のようにあることを思うと、
最大の不幸や辛苦は、裏を返せば、人間にとって最大の幸福に
つながるものなのかもしれません。
 
さまざまな障害があるからこそ、何とかそれを乗り越えようと奮闘する・・・
それは宇宙から見たら、ちっぽけな蟻のアガキのように見えるかもしれないけれど、
そのあがきの中からこそ、人としてのほんとうの美しさや輝きが
生まれてくるように思います。

 

 

 

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『NEOS-DESIGNブランドセミナー: 福田毅氏の講演を聴く』~ (2008.8.25 投稿 185)

 

 

第5回 NEOS-DESIGNブランドセミナー「デザインはブランドを強くする」に参加。
長岡造形大学教授・(株)カメレオン 代表取締役の福田毅さんの講演を聴く。
これはメッチャためになったなー、感動した!
 
福田毅(ふくだ・つよし)さんは1970年代から今日に至るまで、日本の広告界を
リードし続けているデザイナーであり、マルチ・プロデューサー。
国内外の大企業の広告を幅広く手がけているので、皆さんもどこかで
福田さんの仕事は目にしているはずだ。
 
下の写真は、カンヌ国際広告映画祭で優秀作品賞を受賞した、NTTの広告。
釣り上げたチョウザメを前にした老漁師・・・キャッチに「魚と話す日。」とある。
ポスターや新聞広告、CMにもなった作品なので、見覚えのある人もいるかもしれない。

 

2008.8.25-1

 

 

マークを作る、ポスターを作る、新聞広告を作る、テレビCMを作る・・・
そしてそのためには、デザイナーがいて、コピーライターがいて、カメラマンがいて、
映像作家がいて、イラストレーターがいて、書家がいて・・・
要はそれらをすべて活かしたうえで、まとめ上げるのが福田さんの仕事なわけで、
それってスゴいことだと思うわけよ。
 
講演の中で「世界目線」という言葉が何度も出てきたけど、福田さん自身が
そういう目を持っているからこそ出来ることなんだろうな。
これからの日本に必要なのは、それぞれの専門分野のプロはもちろんんこと、
世界的な視野に立って、総合的に物事をプロデュースしていける人なのかもしれない。
 
そんな福田さんに、広告デザインとアートについて問うたところ、
「アートでいったほうがいいよ。広告の世界は狭いから。」とひと言。
まあ、何となく分かる気も・・・
広告デザインの世界はまた奥が深いわけだけど、色んな制約がある中での仕事だからなぁ。
いや、自分は両刀でいきますよ、どっちも面白いから!

 
最後になりましたが、こんな素晴らしいセミナーを継続的に開いておられる
株式会社ネオスさん、心からリスペクトです・・・ありがとうございました!
 
 

※福田毅先生、ネオスの山本社長さんとともに
 

2008.8.25-2

 

 
 
【広告デザイン書道(書芸)】のページをアップいたしました。
広告デザイン書道(書芸)の効能について書いております。ぜひご覧ください。

 
http://www.hiranosogen.com/koukoku-design/index.html
 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『SOGENあそびま書芸教室・子どもたちの作品を展示中!』~ (2008.8.24 投稿 184)

 

 

2008.8.24-1

先日、十日町クロス10で開催した

SOGENあそびま書芸教室」で

子どもたちが書いた作品を、ただいま

クロス10・1階ロビーに展示中!

 

傑作の数々を、どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008.8.24-2

今日はまた、十日町市の千年の森ホールで

あそびま書芸塾」を開催!
楽しかったね♪

 

9月が、地元十日町で開かせていただく最後の

教室となりますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC(ご案内・年間カリキュラム)

http://www.hiranosogen.jp/arc

 

 

FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『ゆかたパーティーに参加/ 北青山』~ (2008.8.23 投稿 183)

 

 
今夜は北青山にあるインテリア・コーディネート会社、フォーワードスタイルさん
で開かれたゆかたパーティーに参加させていただきました。
 
女性社員の方が、SOGENオリジナル反物をお求めくださり、浴衣に仕立てたものを
お披露目くださるとのことで、たのしみにイカせていただいてきました。
う~ん、感動! やっぱ艶っぽかったなー!

 
ふだん、お互い真剣勝負でイイ仕事をさせていただいている方々と
オフで交流させていただけるのは、実に楽しいものです。
すてきな時間をコーディネートくださった南部社長さんはじめ
スタッフの方々に心から感謝です。ありがとうございました。

 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『☆子どもたちの書のパワー!』~ (2008.8.22 投稿 182)

 

 

先のクロス10でのイベントのご報告の続きです。
SOGENあそびま書芸教室」で子どもたちが書いた作品を紹介させてもらいます。
 
う~ん、生きてる!

この生々しい生命力と、囚われない自由な心こそが、アートの源だね☆!
 
 
中国明清時代の書の大家・傅山(ふざん)は言いました。
巧なるよりも拙なれ、媚なるよりも醜なれ」と。
あら、きれい、ステキ!なんてもんは、だいたいロクなもんじゃないわけです・笑
 
 
2008.8.22-19     2008.8.22-20

 
 
子どもたちの作品の続きは、どうぞこちらで・・・

 

SOGEN FACEBOOK SITE

https://www.facebook.com/sogen.hirano?ref=tn_tnmn#!/sogen.hirano/photos?collection_token=100001727741398%3A2305272732%3A69&set=a.507996839267903.1073741825.100001727741398&type=1

 

 

 
 
SOGEN書芸塾ARC(ご案内・年間カリキュラム)

http://www.hiranosogen.jp/arc

 

FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) / 書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『☆子どもは天才なのだ!』~ (2008.8.22 投稿 181)

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

あっという間にお盆も終わり、北京オリンピックも終わり、
夜にはだいぶ肌寒くなって、秋の気配がそこはかとなく感じられる今日です。
ちなみに北京オリンピックは、陰ながら応援していた女子レスリングの代表選手の皆さんが
全員メダルを獲得し、メダルの色にかかわらず素晴らしい笑顔を見せてくれました。

 
さて、お盆の14日、15日の2日間にわたり、十日町クロス10で開催させていただいた
クロス10開館25周年記念イベント「SOGENあそびま書芸教室」ですが、
おかげさまで盛会のうちに終えることができました。
参加してくださった親子の皆さんと関係スタッフの皆さんに厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 
2008.8.22-1

 
子どもは天才!

 

特に1才から5才くらいまでの子どもたちの書く作品がスゴかったです。
(1才児、来てくれたよ~! 0才児も!笑)
文字を書くとか書かないとか、そんなの関係ね~ってかんじで
あそびまくってくれた。もうね・・・ビンビン、カキまくってます・・・笑
アートの根源はテクニックではなく、生命力そのものにあるのだと、
あらためて感じました。

 

子どもたちの傑作写真をSOGEN ART FUN SITEに掲載しましたので、
ぜひご覧ください!

 

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498822596839803.1073741825.155694271152639&type=1
 

 
 

 
SOGEN書芸塾ARC(ご案内・年間カリキュラム)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)
https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) /書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー~『アートってなんだ?!』~ (2008.8.12 投稿 180)

 

 

アートってなんだ?!

芸術って何?!

これまで色々と語られてきたことだと思うんだけど、
いまだによくわからんところがある!
っつーことで、ちょこっとな思ったことを書かせてもらいます。

 

書の世界でも、明治15年に小山正太郎が『書ハ美術ナラズ』という論文を発表、
岡倉天心がこれに反論したことで、世にいう「書は美術ならず論争」が
起こりましたが、いまだ明確な結論が出ていない状況です。
書は美術なのか? 書は芸術なのか? それを語ると長くなるので、ここでは
現代の芸術全般について、少し考えてみたいと思います。

 

昔ある書友が「芸術とは究極の自己満足だと思う」と言うのを聞いたとき、
それも一理あるな・・・と思いました。
たしかに大衆に媚びていては、すぐれた芸術作品は生まれるわけもなく、
芸術家が生涯をかけて純粋に、命がけで求めた果てに、そういった作品は
生み出されるものだと思うからです。
けれども、もし作家にとって大満足できる作品が出来たとしても、
もしその作品が誰の目にも触れず、何の評価も受けずに終わったとしたら、
果たしてそれを芸術作品と呼べるのか?という問題があります。

 

欧米では、アートは売れてこそなんぼの世界で、作品が売れなければ、
アーティストとは呼ばれません。
売れないのなら、それは趣味といっしょ、ということになるからです。
だから欧米のアーティストたちは、いかに自分の作品が高く評価され、
いかに高い値で取り引きされるかに心を砕くことになります。
一方、日本の美術界では、作品は売れなくても、絵や書の先生ということで
通用するところがあり、自称芸術家という人たちが山のようにいます。
そのあたりを村上隆氏が『芸術起業論』で指摘しているわけです。
芸術=ビジネスとは思えないものの、いまの時代、「芸術は売れてこそなんぼ」
という考え方にも、また一理あるように思えるのです。

 

昔テレビで見た芸術番組で、マチスに扮した役者が悩むシーンが印象的でした。
「売れたいけど売れたくない・・・売れてしまったら俗物だ・・・でも売れたい!」
それは多くの現代アーティストたちにとっても共通した悩みなのかもしれません。

 

あ~、今日はちと、しちめんどくさい芸術論めいたことを書きかけたけど、結論は出ず・・・
ちゅうーか、論にもなってないやんけ!
こんなことを書き始めたらキリがないんで、また思いついたときにでも
ポチポチと書かせてもらいます。
ほな、また!
 
 
 
 

書芸家 SOGEN/平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) ・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blogバックナンバー~『日中文化交流誌』~ (2008.8.10 投稿 179)

書道教室主宰(東京)・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blog バックナンバー
~『日中文化交流誌』~

 

 

北京オリンピック、はじまったね。

 

開会式、スゴかったな・・・
中国も国の威信をかけてやってるって感じがビンビン伝わってきたよ。
CGによる映像はハリウッドからも招いて、映画のノウハウも取り入れたらしい・・・
こんど東京で開かれることになったら、どうなるんだろう。
そのときは日本も相当気合いを入れてかからないとってかんじだな。
まあ日本人はいざってときには意外と強いから、そうなったらそうなったで、
きっとスゴいことやっちゃうんだろうけど。

 

先日、日本中国文化協会が出している『日中文化交流』誌への寄稿を頼んでいただき、
ご恵送いただきましたので、紹介させていただきます。
まあ・・・日中友好ですから!

 
 

2008.8.10
 
 
 
 

書芸家 SOGEN/平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道教室主宰(東京) / 書道家・書芸家SOGEN blogバックナンバー〜『SOGEN書芸塾ARC・直伝クラス』~ (2008.8.8 投稿 178)

 

今日は東京の書道教室SOGEN書芸塾ARC」直伝クラスの日。

 

「SOGEN直伝クラス」は定員5名で、塾生にはプロの書芸家としての
レベルを目指し研鑽を積んでもらっている。
究極、書芸も含め、アートはすべからく教えられるよなものではく、
それぞれが自分の世界を拓いていくほかない。
「SOGEN直伝クラス」の塾生たちにも、
将来的にはそれぞれが自分の世界を拓き、作家として一人立ちして
いくことを目標に取組んでもらっている。

 

「SOGEN直伝クラス」の塾生たち一人ひとりに、
他者にはない感性や発想というものがある。
「そうきたか!」と驚かされることもしばしばだ。
ただ、それが、単なる思いつきや工夫でなく、書芸作品としての
クオリティーの高さや奥深さ、普遍性につながるものであってほしい。
ゴルフでいえば、たまたまマグレでホールインワンを達成できたとしても、
それだけではプロの仕事と呼ぶことはできない。
常にハイスコアーを維持することのできる技と感覚をそなえていてこそ
プロフェッショナルだ。
芸をそこまで極めていくためには、並み大抵の努力では及ばない。
SOGEN直伝クラスの塾生たちにはそう思って、
今後とも研鑽を積んでいってほしいと願っている。

 
 
※「SOGEN直伝クラス」は、「SOGENスペシャルクラス」と名をあらため、
2013年5月より、新講座がスタートの予定です。
 
 

SOGEN書芸塾ARCの概要を、以下のサイトでをご覧いただけます。
 
SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc
 

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo
 

 
 

書芸家 SOGEN/平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

ポケモン・マッキ~・松井冬子 (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.6 投稿 177)

 

 

今日はオレの唯一の夏休みデー・・・
いやぁ、実家でぐ~すか寝てました。

 

そして夜は長岡で映画観賞・・・
ぜったいに一人では見ない映画を観ました・・・「ポケモン」!
ポケモンの映画なのにポケモンあまり活躍せず、しぶい脇役を演じる。
ポケモンはいまや新幹線や飛行機の絵柄にもなてるんだから、スゲ~よな。
マンガのキャラクターの地位もここまで来たか、ってかんじ。
ポケモンのストーリーの中では、どんなに大爆発しても誰も死なない。
ポケモンが十万ボルトを出しても、人畜無害。
最後には悪役も助けてハッピーエンド・・・
ありえない話なわけだけど、なにやら殺伐とした世相の昨今だから、
せめて映画の中では・・・っつーとこがあるんだろうな。
ちなみに、オレの夢は「ロケットに書!」
とりあえずポケモンは抜かないとな!笑

 

話は変わるけど、CanCamの専属モデルに長岡出身の女の子がいる。
マッキ~こと、西山茉希ちゃん。
母校がウチのおかんといっしょ。
ポスト海老ちゃんと目されている人気モデル。
身長がオレと大して変わらないのに、体重が約半分ってのには驚いた・笑
彼女にSOGENファッションショーのモデルをやってほしいんだけどな。
マッキ~、どうっすかね?
可愛い洋服もいいけど、ここはひとつ、SOGENファッションでキメてもらいたいんだけど!

 

あと、日本画家の松井冬子さんに、ぜひSOGENオリジナル着物を着てほしいのだ。
彼女には間違いなく、よく似合うと思う。
っつーことで、松井冬子さん、ラブ! よろぴくおねがいします!

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen