☆震災復興支援イベント 「相撲と歌で書!」 開催 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.29 投稿 162)

 

 

2008.6.29-1 2008.6.29-2!

                                元大関・出島関と

 

 

2008.6.29-3 2008.6.29-7

              
             出島関、雅山関に相撲をとってもらい、子どもたちも大喜び!

 

 

2008.6.29-5 2008.6.29-6

              SOGEN書芸パフォーマンス~雪の精・ネージュくんを汚す!~

 

 

 

6.29(日)
 

十日町市・川西総合体育館で開かれた、第2回震災復興イベント「相撲と歌で書!」に出演。

 

ハッケよい!
第1部では、武蔵川部屋の出島関雅山関が地元の子供たちと相撲を取って、大いに会場を
わかせてくれました。
地車さんと双武蔵さんによるショッキリもメチャ面白くて、子供からお年寄りまで大喜び!

第2部ではSOGENが十日町市のマスコットキャラクター・ネージュくんと
コネージュくんのマントに作品を書くというパフォーマンスを披露。

第3部では、十日町市出身のシンガーソングライター・高野千恵ちゃんが持ち歌を熱唱!

 
雅山関出島関田口直人十日町市長・歌手の高野千恵ちゃん、そして司会のFMとおかまち
『ほっこりラジオ』の高野綾子アナが、SOGENオリジナルゆかたを着て出演してくれました。
感激っす!
 

あいにくの雨でしたが、おかげさまで大いに盛り上がりました。
開催に向けてご尽力くださった、主催者の長安寺ご住職・蔵品誠隆師、
ご協力いただきました地元の皆さん、お足下のよくない中、ご来場くださった
皆々様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

 

 

2008.6.29-8 2008.6.29-9 2008.6.29-10

   田口直人・十日町市長     歌姫・高野千恵さん  元ミス十日町・高野綾子アナ

 

 

2008.6.29-9 2008.6.29-10

               両手に花・・・          ネージュくんを囲んで
 

 
 

SOGENへの書道(書芸)パフォーマンスのご依頼 (パフォーマンス動画あり)
http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 

 




 
 

6月のSOGEN書芸塾/Tシャツ作品制作 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.21 投稿 161)

 

 
今日はSOGEN書芸塾ARCの日

 
テーマはTシャツ制作

みんな、イイ感じ!

Tシャツは面白いね。またやろう!

 

 

■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 

■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 

 

2008.6.21-12008.6.21-2

 

2008.6.21-32008.6.21-4

 

2008.6.21-52008.6.21-6

 

2008.6.21-72008.6.21-8

 

2008.6.21-92008.6.21-10

 

2008.6.21-112008.6.21-12

 
 




 
 

ネパールの瞳 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.6.20 投稿 160)

 

 
昨夜の麻布十番でのイベントで、一人のカメラマンの青年と出会った。
そのとき彼が、ネパールで撮ったという子どもたちの写真を見せてくれたのだが、
その瞳に心が動かされた。

 

2008.6.20

 
※この写真は北海道にお住いのワラワラさんの日記より転載させていただいたものです。
 ワラワラの西アフリカ・ガーナ・音楽日記:
 http://d.hatena.ne.jp/wara-wara/20070814
 
 

「ネパールは希有な国です。」と、カメラマンの彼は言う。
多くのネパールの人たちにとって、大切なものは何かといえば、 一番が神様、
二番が家族、お金や名誉は、そのずっと後にきます
。」
 
日本はどうだろう・・・ 以前、子どもたちに、将来なりたいものをインタビュー している
テレビ番組を見たことがあるが、そのとき半数の子どもたちが「お金持ち」と答えていた。
日本の子どもたちも、昔はもっと瞳にも輝きがあり、いのち一杯の笑顔を見せて
いたように思うが、いまの日本の子どもたちに、未来に向かって生き生きと描ける夢は
あるのだろうか。

 
彼はネパールから帰国するたびに妙な違和感を覚えるという。

ネパールでは、人と人とが何か穏やかな温かい空気で結ばれているのを感じるのにくらべ、
多くの日本人が孤独の中で、険しい表情で道を行き急いでいる気がすると。

 

彼のネパールで撮った写真を見、話を聴かせてもらいながら、 本当の意味での

人間の幸福と心の平安とは何なんだろうと考えさせられずにはいられなかった。
もし人間同士がもう少し穏やかに心通い合えるような世の中であれば、
この前、秋葉原で起こったような悲惨な事件も起らないのではないだろうか。
事件を起こした犯人は遺族からすれば憎んでも憎み切れない大悪人にちがいないが、
彼もまた、孤独の無間地獄に墜ちた、救われるべき人間なのではないか。

 

いま日本ではガソリンの値も上がり、生活も切り詰めなければならず、 自分のことで
精一杯といったかんじだけれど、自分の心の平安と幸福は、 自分以外の人々の心の平安と
幸福があってこそのものであり、芸術が求める先も、そこにあるように思うのだ。

 
 
 
 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen