「日中書法の伝承」展に思う (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.23 投稿 142)

 

 

東京美術倶楽部(新橋)で開催の謙信書道界70周年祈念「日中書法の伝承」展を見る。
日中の名家の真蹟や拓本を集めた一大展覧会。これはスゴかった。
書の本質・奥義を見せつけられたようなた気がした。

 

中国の書は「ダイ・ハード」だ。見た目よりも中身で勝負!ってかんじ。
表面的なカッコよさよりも、本質的なものをワシづかみにして出してくる
ようなところがある。

日本では古くは漢字を「男手」と呼んだわけだが、まさに男的な世界。

それに対して日本の仮名は「女手」と呼ばれていただけあって、
どちらかといえば女性的・・・だから姿カタチも大事になるわけだ。
ときに化粧もすればダイエットもする。
もちろん中身に凛としたものがなければ、艶も出てこないわけだが・・・

 

そうした意味でいうと、日本の近現代の書は、中性的なところがあるように思う。
男性的な漢字の世界と女性的な仮名の世界のミックス・・・
別な言い方をすれば、中国文化と日本文化の融合・・・
これは一面的な見方だけど、なにかちょっと、そんな気がする。
特に現代は「男は男らしく、女は女らしく」といった価値観が薄らいで、
人間そのものも中性化してきているところがあるから、
書にも自然とそれが表れてくるのかもしれない。
もちろん中性的なものは、今に生まれたわけではないにしろ。

 

中国の古典書道の名品のスゴいところは、当代一流の腕を持った書家たちが、
表現テクニックの枝葉末節よりも、一つの世界観・宇宙観を表すことのほうに
重きを置き、生命力に溢れた大きな幹を、それぞれの作品を通して打ち立てていること。
またそこから、広大な宇宙と繋がるかのような気宇の大きさが感じられること。
 

そんな素晴らしい古典書道の展覧会を見て、あらためて思ったことは、
現代芸術としての書を志すなら、逆に古典を崇め奉って手習いに勤しんでいる
場合ではない、ということ。
古典はたしかに学ぶに尽きない宝の山・・・
けれども、そういった古典書道どっぷりの世界から、力を持った現代の書芸術作品が
生まれてくるとは到底思えない。
古い時代の書の名品をマネて書いて技を競い合うのは、絵画でいえば、みんなで
モナ・リサやピカソを描いて、誰が一番うまく描けるかを競い合うのと同じことだ。
もちろん、絵画でも構図や表現技術を学ぶための模写があるのと同様、
書も臨書を通じて筆法や書の本質を学ぶことはありだとしても、
それはあくまでも自身の修行のためだ。
いまの日本の書壇が「現代の書芸術」をうたいながら、芸術と呼ぶにはほど遠い
世界にあり続けるのも、そのあたりの認識が曖昧に過ぎるからではないだろうか。
 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

浅葉克己さんのトンパ文字色紙 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.13 投稿 141)

 

 

浅葉克己さんといえば、グラフィックデザイン、タイポグラフィー界の大御所。
中国の少数民俗が書く「トンパ文字」に注目し、広く世に知らしめた方でもあります。
 

もう8年も前になりますが、お世話になっている長岡市のデザイン会社、
ネオスさんでお目にかかりました。
サインをお願いしたら、色紙に気軽にトンパ文字を書いてくださいました。

さて、何と書いてあるでしょうか・・・?(答えは下に)

 

 

2008.3.13

 

 

 
はい、正解は「トンボ」です。
見たまんま、ですね・笑
 
「書画同源」といわれますが、まさにトンパ文字は書であり絵でもあります。
いま日本で使われている漢字はかなり抽象化されていますが、
トンパ文字は中国の少数民俗の中で、実用文字として、今なお日常生活の中で
使われているそうです。
絵文字だから分かりやすくていいけど、ちょっと書くのが大変かもしれませんね・笑

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書と現代アートのはざま~佐藤ムツ子展に想う (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.12 投稿 140)

 
 
2008.3.12-1
 
2008.3.12-2
 
2008.3.12-3

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

 

長岡市のギャラリー・mu-anで開催中の「佐藤ムツ子展」を見る。
初めて触れた、佐藤ムツ子ワールド。
溢れ出してやまないイメージと形状・・・
ハートを惹き付け包み込むかのような作品の数々・・・
平面(版画)・立体・インスタレーション・・・
一人の作家がここまで多彩な表現をしながら、どの作品一つとっても
高い芸術性が感じられる。これは驚きだ。
 

こうした現代アート作品に触れて思うのは、書が迂闊に現代アートの分野に
立ち入ろうとしても、ハジキ飛ばされるだろうということ。
ありきたりの書道作品ではつまらない。
かといって、下手に書にデザインや現代アートの要素を取り込もうとすると、
書芸術本来のパワーが弱まるところがある。
だが、書が伝統文化を超え、現代の芸術を標榜するのであれば、
そこに挑んでいかなくてはならない。
頭で考えるのではなく、魂そのものでぶつかっていく。
現代芸術としての書の新たな可能性は、その飽くなき挑戦の中からこそ
生まれてくるように思う。

 

 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 
 




 
 

ネージュくん with SOGENのぼり旗 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.11 投稿 139)

 

 

十日町市の松代で開かれたイベントで、雪の精・ネージュくんが大活躍!
写真が届いたので紹介させてもらいます。
ちなみにノボリ旗はSOGEN筆。
『冬将軍に負けるな! 松代城をのっとるぞ!!』と書かれています。
 

 

2008.3.11

 
 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 
 




 
 

☆SOGEN書芸イベント「絆」 (母校・十日町市立川西中学校編~2) (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.8 投稿 138)

 

 
『新潟日報』3.11 朝刊
 

2008.3.8-5
 

 

母校での書芸イベント報告のつづきです。
 
着物を着たモデルに書くパフォーマンスをSOGENが披露させていただいたあと、
生徒、保護者、教職員全員で、張り渡された長さ13Mの反物4反に
魂を込めて一文字を書く!というコラボレーションをやりました。
皆で思い入れのある一文字を筆で反物に書き入れることで、
互いの絆を象徴する記念となる作品が生まれました。
 

卒業に際し、皆で一緒に書いた思い出が、どこかで参加者ひとりひとりの心を支え、
実り多き人生へと繋がっていくよう願っています。

 
すばらしいイベントの場を与えてくださった母校の先生方、保護者、生徒の皆さんに
心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

 

2008.3.8-6

2008.3.8-7

2008.3.8-8

2008.3.8-9

2008.3.8-10

2008.3.8-11

2008.3.8-12

2008.3.8-13

2008.3.8-14

2008.3.8-15
 
 
 
《余談》
 

イベント終了後、保護者の皆さんと先生方による熱慰労会に参加させていただいたのですが、
いやあ、もう、スゴいのなんのって、皆さんの突き抜け加減と連帯感に大感激!!!
こんな保護者会があるうちは、日本も決して捨てたもんじゃないと思いました・笑
 

2008.3.8-16

 

 
講演・書芸パフォーマンス・書芸ワークショップ等のご依頼・お問い合わせは、

www.hiranosogen.com まで、お気軽にどうぞ。
 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 
 




 
 

☆SOGEN書芸イベント「絆」 (母校・十日町市立川西中学校編~1) (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.8 投稿 137)

 

 

3.8(土)

 

母校・十日町市立川西中学校で開かれた『卒業生を送る会』で、卒業生・保護者・教師職員
による書芸コラボイベントを開催いたしました。
テーマは「」。
さまざまな事件・事故が日々報道され、心がすさみがちな現代にあって、
この機会に子供たちに、親子、友人、地域社会との絆を、書を通じて体感してもらいたい
という主旨で行わせていただいたものです。

 

仕立てた着物に書く書芸パフォーマンス参加者全員による反物への染め書き
コラボレーション
とも、未だかつてない試みとなりました。

 

今回の書芸パフォーマンスのモデルになってくださったのは、母校のS先生。
学校の先生にモデルになっていただいたのも初めてのこと。
十日町織物組合青年部のご協力のもとにご用意いただいた、十日町特産のカスリの着物に、
心を込めて筆入れさせていただきました。

 

 

(つづく)
 

 

 

SOGENへの書道(書芸)パフォーマンスのご依頼 (パフォーマンス動画あり)
http://www.hiranosogen.com/performance/index.html
 
 
 
2008.3.8-1

2008.3.8-2

2008.3.8-3

2008.3.8-4

 

 

 

 

書芸家SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/Hirano

 
 




 
 

狼煙 (SOGEN blogバックナンバー/ 2008.3.4 投稿 136)

 
 
2008.3.4

 
「あれこれ表現の方法論があると,なんか表現力が

薄まる感じもする.手段も,会話/手紙/電話/FAX/

メールとなると気ぜわしいだけ,
昔のような,見えて聞こえる範囲の,叫び1発,ノロシ1本,

ぐらいの方が,コンセプチャルであり,かつ雄弁だ.」
 
先に紹介したSさんからいただいたメールの中の言葉だ。

 
 
なるほど・・・「のろし」ね~。
たしかに「のろし」は、よほどの時に上げるもの。
晩飯の仕度ができたぞ~って、母ちゃんが上げたりは

しないもんな・・・
辞書を引いたら「革命のノロシが上がる」とあった。
革命っていやあ、そりゃあやっぱり、よっぽどの時だ!笑
で、「のろし」は漢字で書くと「狼煙」。
狼の煙り!・・・なんかスゴイな。狼の遠ぼえから来てるのかな。
でも、なんだかイイね、狼の煙!

 

「書」は狼煙とはちがうけど、最も雄弁にして

インパクトあるコミュニケーション手段の一つだと思う。
言葉では表せない、心の深部、もっといえば

魂の有り様までも表れるところがあるから。

 
だからラブレターなんかもやっぱり直筆の手紙で

もらったほうがウレシイわけだ。
ん? いまはメール一本でOKだって?
狼煙一発までいかなくても、書で一発、『愛』とか書いて贈った

ほうが、もしかしたら想いがバッチリ伝わるかもね?!
 
 
 
 
書芸家 平野壮弦/ SOGEN
 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

捨てて生きる (SOGEN blogバックナンバー/2008.3.2 投稿 135)

 
 

2008.3.2
 

  コンピューターは足し算で生きるが

 

  人間は引き算で生きる

 

  捨てて生きるのが人間

 

  捨てることで

 

  人間の直感は研ぎすまされていく

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書芸家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen