書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 吉鳥告春・・・ (2006.1.21 投稿 031)

 
 
1.21(土)本年初のSOGEN書芸塾ARCを開催。

 

会場は「都会の森ガーデン」(代田橋)。
大雪の中を大勢の仲間たちが来てくれた。
都会の森での初の教室。
これまでにも増して、素晴らしい教室、素晴らしい飲み会だった。
降り積もる雪のようにシンシンと
静かにその感動は深く胸に染み渡ったのだった。
教室の最中、雪につつまれた都会の森の庭木に、一羽の大きな白鷺が舞い降りた。

 

吉鳥告春(吉鳥、春を告げる)・・・

 

都会のど真ん中で見た、白き羽をまとった天からの使い・・・

そのあまりの美しさに、思わずハっと息を呑んだ。

その大きな白鷺は、

ほんのつかの間、立ち木にとまって羽を休めたのち、

また何処かへと飛び去っていった。

ARC終了後の飲み会で、都会の森の主、筒井はじめちゃんが、

仲間たちのために歌を1曲歌ってくれた。

心のこもった素敵な歌を、ありがとう。

 

 

韓国の留学生、オ・ミンジュン)さんが、今回のARCに参加してくれた。

日本の書壇の巨匠に優るともけっして劣らぬスバラシー感覚と

スゴ腕の持ち主であることを、彼にもらった作品集から知った。

帰宅後、彼から熱烈な感謝の電話もらった。

「今日は先生と皆さんにお会いできて、本当にウレシかったです!」と。

書という芸術を通じ、国境を越えて深いところで理解し合い、

交流できたことの喜びは、みな同じだったのではないだろうか。

呉さん、こちらこそありがとう。

 
ARCを通じての交流を重ねるごとに、メンバーの一人ひとりが、
かけがえのない大切な存在になっていく・・・

この世でこんなスバラシー仲間たちに出会わせてもらえたことを、
いま天に深く感謝する。

みんな、ほんとうにありがとう。

そして、これからもよろしく。

 

 

 

-書道家/書家 SOGEN WEB PAGE-

 

■SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり)
http://www.hiranosogen.jp/arc

 
■FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介)

https://www.facebook.com/arctokyo

 

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 韓国の友との濃い~夜! (2005.1.18 投稿 030)

 
 

朋遠方より来たる有り・・・

 
今夜は韓国の若者4人と飲み!
一人は筆書を活かしたデザイン会社の経営者であり
韓国一といわれる美術大学で教えているKimさん。
二年前にも一度訪ねて来てくれたことのある人。

一人はKさんの会社で働くグラフィック・デザイナーのJoeさん。(王貞治似)

一人は武蔵野美術大学の留学生で映像を学んでいるOhさん

もう一人は大東文化大学の留学生Oh Min Junさん
留学生の二人がかなり日本語を話せたので、通訳してくれて、
会話はなんとか通じたよ^^
 

来日の目的は一つはSOGENに会うこと、もう一つは論文を書くために
日本の書の現状を見聞するためだという・・・
日本に着いたその足で会いに来てくれたのだそうだ。
で・・・まずは居酒屋で飲む!
韓国と日本の書事情について、お互いに情報交換できたのはよかった。
Kimさん曰く「学生に紹介するときに、中国を代表する現代作家としては第一に
カン・タイクン、日本ではSOGEN先生を挙げさせていただいている・・・
韓国では、さまざまなメディアで取り上げられているSOGEN先生は有名人です。」
ひょえ~~、ホンマかいな?!
おっしゃ~、そんならまずは世界進出の足掛かりができた?!
こんど韓国に遊びにイかせてよ・・・って言ったら
「そんな光栄なことはありません!」と・・・
そんなら今年あたり、ソウルに飛んじゃうよん!
 
にしても、韓国の若者たち、マジメっす!
酒も日本人よりはるかにマナーよし・・・
注ぐも受けるも両手で、また注ぎ方が美しい。
感心しちまったよ。
 
サイン本をみんなにプレゼントしたら、思いのほか 感激してくれて、
韓国のデザイン誌でも紹介させてもらいたと言ってくれた。
で、おかえしにKimさんが作品葉書を20枚くらいプレゼントしてくれた。
批評してほしいって言うんで、作品がエロティックだと思うと言ったら、
ちょっとシュンとしたから、いやあエロティックは最高の褒め言葉だから・・・
って言っておいた。
 
 
御迷惑でなければ仕事場を見せてほしいって熱烈に頼み込まれ、
ほんとは断りたかったんだけど、タクシーに乗せて ウチまで連れてきた。
それからまた酒宴・・・濃い~男同士で 色々と語り合って、楽しかったよ。
「みんな先生ともっと話したがっているんですが、御迷惑 なんじゃないかと
心配してます。」って通訳のOhさんが言うもんだから、
「帰りたくなったら帰ればいいさ。別にいつまでいてもらったって
かまわないよ。」と言ったが、こちらが疲れてるのを見て取ったのか、
謝意を表しつつ 電車のあるうちに帰っていった。
韓国で何かおもしろいことを一緒にやろうよって話も出ているんで、
ぜひ近い将来、実現したいと思う。
 
 
 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 
WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜  著書『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』出版 (2006.1.15 投稿 029)

 

 

著書 2006.1.15
1.15(日)

 

このたび、著書『汚し屋・壮弦 オレの書でイケ!』(天来書院・刊)が

出版される運びとなり、出版記念パーティーを渋谷の都会の森で開催しました。

 

最高の仲間と、最高の場で、最高の時間を過ごすことができました。
故郷・新潟からも何人もの友だちが駆けつけてくれました。

忙しい中、集ってくださった皆さんに、心から感謝申し上げます。

また、このような本を形にしてくださった、天来書院社長の比田井和子さんに、

あらためて深い感謝の意を表します。

その想いを胸に、また明日から、道無き道を歩んでいきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

☆『汚し屋・壮弦 俺の書でイケ!』(天来書院発行/定価1700円+税)

全国書店にて好評発売中!
異分野の方々、一般の方々にお読みいただいても、楽しんでいただける内容となっております。
ぜひ書店にてお買い求めの上、ご笑読ください。

 

オーダーは以下のamazonのサイトでも承っております。

 

amazon:

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810