書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 本を出版します。 (2005.5.31 投稿 016)

 

 

5月31日(月)

 

本の出版の打ち合わせのため、品川の天来書院比田井和子さんを訪ねる。

打ち合わせといっても、ほとんど、自分の思いを聞いてもらっただけなんだどね。
比田井さん、思いほのか感激してくれて・・・

で、内容は「平野壮弦のサクセス・ストーリー」といった感じにしたいと
言っていただいたんだけど、う~ん、まだちっともサクセスしていないんですけど?!

まあ、おそらく、半自伝的な感じで、コマーシャルベースの作品を紹介したり、
書芸術に対する考えをボチボチ語る、ってことになるんじゃないかと思います。

 

比田井さんは「私の30年の編集歴の中で、自分から、この人に本を書いて欲しいと強く
思った数少ない人です。」とまで言ってくださり、そんな奇特な方がおったんかいなって、
こっちが感激。しかも彼女は現代書道の父と称される比田井天来翁を祖父に、また20世紀を
代表する現代書の巨星・比田井南谷氏を父に持つ生っ粋の書家の家柄。

そんな方が、書壇からドロップアウトした一匹狼の自分に熱い期待をもってくださって。

でも比田井さん、オイラに目をつけたのはたぶん大当たりだね。見る目あると思うよ。

21世紀の書を変えるのは、SOGENをおいてほかにいないから。

威張って言ってるわけじゃない。それが自分の生きる意味であり、役目ってことなんだ。

 

南谷先生は生前「書は心を映し出す心線芸術である。」と言われたけど、達見だと思う。

でも自分はそれをもっと発展的に考てるところがあって、自分流に言えば、こうなるんだ。
「書は魂(SOUL)を表現する芸術であり、書芸術=ソウル・ドローイングである。」

南谷先生は時代の先を行き、孤高の芸術家としてその生涯を全うされたけれども、
いまようやく時代が比田井南谷に追いついたって感じなんじゃないかな。

その遺志をさらに発展させて広めていくのが自分の役目の一つだと思っている。

書芸教室も、デザイン書の仕事も、汚し屋パフォーマンスも、言ってみればすべて、
そのためなんだよね。

 

もう一つ、「書とはいかに美しくエロティックに汚すかの芸術である。」
ってのが 自分の考え。だから、なんでも汚すのさ。

相手が紙だろうが、物だろうが、人だろうが、ロボットだろうが、おかまいなしにね・・・
ときに阿修羅の如く激しく、ときに柔肌を撫でるが如く・・・(あ、ちょびエロ?^^)
だからオイラは「汚し屋・壮弦」なんだな。

なんだって汚しますよ、頼まれても頼まれなくてもね。
書をもって、あくまでも美しく・・・ね。

裸体に書くってのも、もちろんそう。そりゃあエロではあるけどね。
自分の場合はあくまで書が主体なんだな。

だから、裸体をエロく汚すこともあれば、壁面にイメージを書き込む
こともあれば、その対象はさまざま。

死ぬまで裸体だけでイって、伝説のエロ書家となる、ってのも、
悪くないかもしれないな・笑

 

それから将来、ジェット機ロケットに書かせてもらうつもり。
これは宣言します。ぜったい書きますんで。

で、世界一高い場所に書の作品を送った伝説の書家になります。

 
ってことで、ン? 長かったな。読んでくれてありがとう。

そんじゃ、また!

 

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 ロボットに書・・・?! (2005.5.28 投稿 015)

 

IMR 2005.5.285月27日(金)

 

横浜(新小杉)のIHI石川島播磨重工にて新作ロボット

の制作現場を見学。

工場の敷地が一つの街ほど・・・とてつもなく広いのに

ビックリ。
出入りについては機密保持のためチェックもきびしい。

なにせ工場の中に信号機がいくつもあって、10分以上歩いて
ようやく目指す部署に辿り着く。

大手広告代理店プランナーS氏とデザイナーM氏とともに中へ。
工場内も100M以上の直線が引けるほどの広さである。

ロボット開発の部署へと進む。

 

 

ロボットの名は「脚車輪型移動ロボットIMR」。

 

平地は車輪で素早く移動、階段は3足を使って昇ることができる。
デモンストレーションで動かしてくれた。

かわいい感じ・・・でも夜中に出会ったら恐いかも。
「このロボットは名古屋で開かれている愛・地球博に出展されるために

開発されたものだが、セキュリティー対策やサービスまで将来は
幅広く活用されることが夢」とは制作リーダーMさんのお話。

7人のプロジェクトチームを組んでやっていたが、みな若い技術者たち。
彼らは日本の工業技術の最先端をいく職人たちだ。
で、このロボットのロゴを頼んでいただき書くことに・・・。
ロボットのロゴに書は初めてらしい。

日本が世界に誇る工業技術の最先端としてのロボットのロゴを、
伝統をふまえた日本の書で表現することでパブリシティー効果を・・・

というのが担当プロヂューサーSさんの狙い。
「ロボットに書が書かれててもイいじゃないか!」

 

ってことで、引き受けさせていただく。

まず見ることのできないロボット制作の現場を見せてもらえたことは

興味深くもまたありがたかった。
ロゴのアップは来週月曜日と時間はあまりないが、
よいものを書きたいと思っている。

 

その後は中華街で制作スタッフの方々と懇親会。
普通ならまず接点がない技術者の方々と親しく交流ができて

とても楽しい一時を過ごさせていただいた。
「地球博の発表会では、ふつうにやってもツマラない。

制作リーダーの人が金粉かなんか塗って「実はボクもロボットです。」

とか言って、そこにSOGENさんが書を書く・・・くらいのパフォーマンスを
やったほうがいい。」などというデザイナーMさんのジョークも
みんなで大笑いして聞いてくれるような人たちだったのでホっとした。

 

 

それにしても、鉄腕アトムにはじまり、最近では映画『アイ・ロボット』

なども見ているせいか、ロボットってもっと簡単に動くもんだって気がして

いたのだが、最先端の技術をもっても、階段をころばずに登ること一つ
大変な技術と努力の結晶であることを知った。

ある技術研究者は、2050年のワールドカップは人間の最強チームと
ロボットチームが戦うまでになっているだろうと予測しているという。

ロボットと対戦なんかしたら痛そうだな・・・
う~ん、近未来にはもしかしたらアイ・ロボットに近い世界・・・

ロボットが人間の日常生活の中に普通にいる世界になっているかも。
みなさん、ど~します?

将来は嫁いらず、ダンナいらずになるかもですよ~ん。

 

 

※写真1・・・「脚車輪型移動ロボットIMR」

平地は素早く移動し階段も楽々踏破。人と同じくらい身長を伸ばす
ことも可能。頭からカメラがでて周囲を観察する。

 

SOGEN NEW WEBSITE: 『書による商品制作、共同開発のご提案』

http://www.hiranosogen.com/cooperation/index.html

 

 

以下、愛・地球博でのロボット展のご案内です。
会期は6.9~19 9時~21時

吉本興業が出展する漫才ロボットや、人口皮膚を使った人間そっくりの
ロボット、身につけるとパワーが何倍にも増大するロボットスーツなど

話題のロボット65体を一同に会し、終日デモンストレーションも行われる予定。
ロボット好きな方は必見です・・・!

見に行くのなら、夜のほうが空いてていいらしいですよ・・・

 

 

 

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 比田井南谷 (2005.5.25 投稿 014)

比田井南谷DVD.2005.5.25

天来書院・社長の比田井和子女史が「比田井南谷」のVTRを送って くださった。

先の日記にも書いたが、比田井和子女史のご祖父は、現代書道の父と 称される

大正昭和の巨星・比田井天来。 さらにご実父は、1959年にアメリカに渡り、

1960年代以降の欧米抽象絵画に、その書をもって多大な影響を与えた、

比田井南谷(ひだい・なんこく)。 まさに書の世界では血統書付きのお家柄である。

 

その比田井女史に本の執筆を依頼されたのことは、先のブログに書いた。

オイラのサクセスストーリーを本にしたいとの申し出に、 「まだちっとも

サクセスしてないですから」 と答えたのだが、是非にとのことだったので

お引き受けしたもの。

まあ、書道界とは無縁の所にいる自分なんぞに声をかけて いただいたのは

ありがたいこと・・・どうせ出すからには、書の専門家でない一般の人たちに

読んでもらっても 面白い本にしたいと思っている。 互いに多忙なため日が

取れずにいたが、5月31日にお目にかかって 打ち合わせの予定。

比田井南谷はその偉業のわりに正当な評価を受けていないというのが 率直な感想。

今日、南谷の活動と業績は再評価されるべき時代に入っていると 思っている。

 

今週金曜日はイージス艦なども建造しているIHI製のロボットを 横浜まで見学に行く。

ロボットのロゴを書で書いてほしいという依頼を受けて。 このロボットは

愛知万博で展示・紹介される予定。

ロボットに書が書かれてたってイイじゃないか・・・(C)岡本太郎

 

土曜日は比田井和子女史が一線の建築家たちを相手にレクチャーをされる そうなので、

見学させていただくことにした。 地元の市で建設中の新ホールの緞帳作品なども

仕上げなくてはならない。 今日、催促の電話が入った。 そろそろ仕事もエンジン

かけないと・・・ 牛もソロソロ歩き出します・・・。。。

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen


 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 愛のカケラ (2005.5.23 投稿 013)

 

 

 

求めることばかり多すぎた

 

満たされないのは 求めてばかりいたから・・・

 

与えよう 少しでも

 

愛のカケラを人に分かつと

 

自分の心のスキ間が少し埋まる

 

その積み重ねが

 

いつしか心の隙間を満たしていく

 

 

喪黒福造、およびじゃないね

 

あなたの心のスキ間を埋めるのは

 

他人ではなく あなた自身

 

 

 

 

 

書道家/書家 平野壮弦/ SOGEN

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 天野喜孝展 (2005.5.22 投稿 012)

 

 

天野喜孝 2005.5.22

天野喜孝氏作品

 

 

5月22日(日)

 

秋葉原・AKIBA PLACEにて、天野喜孝展を見る。

天野氏は若くしてアニメの世界で一家をなし、ファイナルファンタジー
・シリーズの原画制作者として脚光を浴び、その後渡米。

世界的に著名な数少ない日本人アーティストの一人となった。
氏の絵は繊細にして大胆・・・構図・線描・色彩とも、日本人にしか
描けぬだろうと思わせるほどの繊細さとオリジナリティーに富み、
世界的に認めらたアーティスト。

 

アニメからここまで来るかと、驚くばかりの多彩な表現・・・
それにしてもリトグラフでさえ高いものは300万・・・

どうやったらこんな微細な線が書けるのだろうかと驚くばかりの
線もあった。
書をやる人は絵も見た方がいい。

誘ってくれた友人に感謝である。

 

 

 

 

書道家/書家SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen
 
 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 福田祥洲先生・特別講義 / 5月書芸塾ARC (2005.5.21 投稿 011)

 

 

祥洲さんARC 2005.5.21

ARC会場風景/講義中の福田祥洲先生

 

 

5月SOGEN書芸塾ARCARC開催。
京都より福田祥洲先生に特別講師としておいでいただき、

多彩な墨表現を学ぼう」をテーマに、のご講義と実演をいただく。
祥洲先生は若くして中国の全国書道展でグランプリを受賞、

現在は多彩な墨表現と写真の融合的な作品で注目を集めておられ、
さらにはi-podのデザインワークにも関わられるなど、分野を超えた

活躍をされている。
「墨の魔術師」とも称される祥洲先生に、直に墨硯についてのお話を

うかがえ、実習させていただけたことは、生徒たちにとって大変よい
勉強になったのではないかと思う。

幻の名硯といわれる「中村硯」もご持参くださり、生徒たちが
試しずりまでさせていただけたのは幸い。

墨液が隆盛の現代だが、良質の硯・墨を用いてすった墨の美には
やはりかなわない。

慌ただしい生活の中で、精神的な意味合いも含めて、

墨をすって書くという心のゆとりをときに持ちたいものだと
あらためて思った。

 

終了後はお茶の水駅ちかくの居酒屋で懇親会。

出席者のほとんどが参加するという盛況ぶりで、おおいに盛り上がり、
祥洲先生と親しく歓談させていただけたことは何よりであった。

参加者からは「とても楽しく為になった。」との声が多く寄せられ、
また祥洲先生も「ほんとうに楽しかった、またぜひ来たい。」と

言ってくださったのが嬉しかった。

 

 

来月は世界的に活躍されている墨のアーティスト・綱島礼子さんに

特別講師としておいでいただく予定。また楽しみである。

 

 

 

-書道家/書家SOGEN WEB PAGE-

 

SOGEN書芸塾ARC(教室紹介動画あり): http://www.hiranosogen.jp/arc

 

FACEBOOK SOGEN書芸塾ARC(塾生の作品写真や活動の様子を紹介):

https://www.facebook.com/arctokyo

 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 書と自分 (2005.5.17 投稿 010)

 

 

商品ロゴ2点、速攻で仕上げて送る。
仕上がるときは一瞬、ギャラはそれなりに・・・
高い!って思う人もいるだろうが、
30年の修練の上の一瞬なのだ。

 

書をはじめて30年、この仕事をはじめて13年、筆1本で 億という金も稼いできた。
いまでは商品ロゴや広告デザインの書を書いたなら、誰にも負けぬ自信がある。

 

 

20代のころ、既成の書壇のあまりの保守性と伝統主義に違和感を感じ、
書を売って何が悪いと開き直った。
人に何かしらを伝え、お金を出して買ってもらってこそのアートだろうと。

そして30歳のとき、金なしコネなし、やる気だけ、ひとりで新たな 書の世界に挑んだ。
深夜の寝静まった商店街で、こんな書を書きますと手作りのDMを 置いて回った。
営業に行っても、誰があんたの書なんか買うものかと追い返された。
路上で書を売り、ヤーさんに追われたこともあった。
不安だらけの毎日だったが、不思議と「自分は必ず世界のSOGEになるのだ! 」という、

今から思えば根拠のない確信だけはあった。

『捨てる神あれば、拾う神あり・・・』
その後、自分の書を見込んで買ってくれる人も現れ、ボチボチ仕事も
頼んでもらえるようになり、いまに至っている。
これまで、ロゴ書の仕事以外にも、国内外での個展・パフォーマンス・講演と
さまざまなことをやってきた。

 

しかし・・・いまだ、まったくヤリきれていない自分がいる。
生来、牛歳生まれの無精者・・・ ほんとうに怠け放題、怠けてきた・・・

自分の最大パワーが10だとしたら、3割くらいしか出してこなかった。
あとの7割を遮っているのは、精神的な部分・・・

自分の中の断ち切れぬ弱さ・・・なのだ。

そいつを打ち破りたい・・・
それが出来なかったら、これから生きていく甲斐もない・・・

それがなんなのか・・・自分でもよくわかっていない。
だから求める・・・
自分に嫌気がさしても、 今まだ死ぬわけにはいかないのだ。
糞まみれになりながらでも、自分は求める。
何がそれなのか、一生かけて求めていく。

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen
 
 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 5.15(日) デザフェス21出展 (2005.5.16 投稿 009)

 

デザインフェスタ 2005.5.15

デザインフェスタ21、「和愛屋」出展メンバーと

 

 

5月15日(日)
SOGEN書芸塾ARCのメンバーで、デザインフェスタ21参加した。
店舗名=「和愛屋~わらぶや」。

和と愛をテーマに制作した手描きのオリジナルTシャツハガキ作品を展示即売。

 

みんなの協力のおかげで、お店もそれらしく出来上がり、11時開店。
しかし午前中はムサイ男5人で店番してたんで、人も寄りつかず・・・

怪しすぎますもん・・・しかもウチの男性メンバーたち。
ま、オイラが一番怪しいかもだが・・・

今日はひょっとして売り上げゼロかと危ぶんでいたのだが・・・
女性の参加メンバーたちが来てくれてからは、Tシャツも葉書も

飛ぶように(?)売れだし、教室の案内や小国和紙の栞なども
みんなで手分けして 配りまくってくれて・・・大変盛り上がった。

やっぱり女性のパワーにはかなわない。

ほんと、みんなよく頑張ってくれたと思う。

フェスタはレベルも高いから、いくら内容がよくても、ふつうに

Tシャツ売ってても目立たない。何か惹き付けるものが必要だ。
次回やるとしたら、オイラ、パフォーマンスします。

教室で出展するってことになると、エロ書家パワー大爆裂・・・
とはいかないまでも、何か面白いことをやるつもり。

フェスタは初参加だったが、レベルも高く面白いお店がたくさん
あって、こんどはゆっくり一日かけて見てみたいと思った。

 

その後はメンバーと「お疲れさん会」。
ほんとうにみんなよく頑張ってくれたので、旨い酒が飲めた。

今週の土曜日は教室(ARC)に、京都から福田祥洲さんに

おいでいただく予定。また旨い酒が飲めそうだ・・・

そして・・・いまは明かせないが、今週予定されている
究極のコラボ・・・

いったいどうなることか・・・。
期待と不安。
ま、ノリで行ってきます。

 

 

※葉書作品に使用した和紙葉書は、新潟県小国和紙生産組合の

今井さんの御厚情により御寄付いただいたもの。

日本酒「久保田」のラベルにも使用されている高級和紙である。

この場をお借りして、深謝申し上げます。

 

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 
 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 新潟県十日町市・成人式で講演、書道パフォーマンスを披露 (2005.5.13 投稿 008)

 

 

新潟県十日町市・成人式で講演、書道パフォーマンスを披露させていただきました。
新市として生まれ変わった、故郷・十日町市の初の成人式に呼んでいただき、光栄です。

 

講話後、和紙の着物姿の美人モデル3名にyogoshi-art performanceを行い、

「嫁に行く前に、オレが汚す!」の精神で?渾身のパフォーマンス披露、

会場はケイタイフラッシュの嵐となりました。

 

いまどきの男子は草食男とか絶食男子とか言われていますが、表に出していない

だけで、熱はあるはず。いい意味で欲を爆発させて、自分の人生を歩んでいって

ほしいと思います。

 

 

十日町新聞記事

十日町市成人式・十日町新聞記事 2005.5.13

 

■SOGENの書道(書芸)パフォーマンス

SOGENへの講演依頼や書道パフォーマンスについての詳細はこちらをご覧ください。

http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

〜書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 母校・十日町市立・川西中学校で講演・課外授業 ( 2005.5.13 投稿 007)

 

 

5月2日(月)、新潟の母校・川西中学校で、講演課外授業を行いました。

 

まさかこんな形で母校の門をくぐらせていただくことになるとは・・・

生徒たちの赤いジャージ姿も昔と変わらず、

なにかタイムスリップしたような不思議な気持ちでした。

まぁ、こちらはもう、いいオッサンですが・笑

大きな筆で書を書く書道パフォーマンスも披露。

子どもたちは、自由に、のびのびと、すばらしい書を書いてくれました。

母校の生徒、職員のみなさん、貴重な時間をありがとうございました。

 

地元の新聞に模様を掲載いただきましたので、どうぞご覧ください。

 

 

『十日町新聞』記事

川西中・十日町新聞記事 2005.5.13

 

 

『十日町タイムス』記事

 

川西中・十日町太タイムス記事 2005.5.13
 

 

 
■SOGENによる講演・レクチャーの詳細とご依頼
http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html
 
■SOGEN書道(書芸)パフォーマンス
http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 

 
書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen