ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

いま韓国では『ウララ・パ~ラ~♪!』という挨拶言葉が大流行!
・・・というのはウソで、これ、実はソウル展でお世話になった書芸家・呉旻俊さんの
5歳の次男Jくんが発明した造語です。
ソウル展の間、お母さんといっしょに何度も会場に来て、受付の手伝いをしてくれました。
受付でいっしょに絵を描いて遊んだのですが、ときに歌いながら、ときに踊りながら、

ときに机を太鼓のように叩いて鳴らしながら、楽しく描いていました。

 

これぞまさに全身芸術家だと!

 

自分がワクワク、ハッピーな気持ちで何かを表す。
それを見ている人もハッピーな気持ちになる。
そのハッピーな気持ちになった人を見て、自分ももっとハッピーになる。
まさにハッピーの連鎖循環♪!

 

ひとしきり絵を描き終わったあと、Jくんが『ウララ・パ~ラ~♪!』と言いながら、
お母さんとコブシをぶつけ合い、万歳しながら両手をヒラヒラと揺らしていたので、
それは何?と尋ねると、何か成功してハッピーな気持ちのときにこうするのだという・・・
そう、『ウララ・パ~ラ~♪!』はJくんオリジナルの言葉なのです。
ウララ・パ~ラ~♪!・・・たしかに言葉の響きだけでも、何だかとってもハッピーな感じが

しませんか? いやはや、天才だな。

 

で、思ったのです。
自分が今回のソウル展で表したかったのは、まさにこの『ウララ・パ~ラ~♪!』の世界なのだと。
自分にとって作品づくりは遊んでいるように見えて、実は産みの苦しみの連続なのですが、
自分もハッピー、それを見ている人もハッピー、そのハッピーな人を見る自分もまたもっと

ハッピーになるという、ハッピーの連鎖循環こそ、自分が書芸を通して味わい、また伝えていき

たい一番のことなのだということを、Jくんからあらためて教わった思いです。

 

で、なぜかJくんに好かれて「日本のおじいちゃん」と呼ばれ、うれしさ半分、ショック半分でしたが(笑)、

聞けばJくんは自分と同じ丑年生まれで4回りもちがう、ってことは50年近くちがうわけだから、

そりゃあ、おじいちゃんだわw

 

でも奥さんが「今日も日本のおじいちゃんに会いに行く?」と聞いたら、Jくんが、

「ママ、おじいちゃんって言っちゃダメだよ。センセイだよ。」と言ったという話を

奥さんから聞いて、やっぱおじいちゃんがいいと・笑

 

 

ちなみに呉さんの長男で小学1年生のSくんとも会ったのですが、日本語で1から10まで

数えて聞かせたら、なんと1回で覚えたのには驚きました。

兄ちゃんは頭脳明晰で弟は芸術家肌。

日本のおじいちゃんとして、孫の成長をたのしみにしつつw、呉さんファミリーの

末永い幸福を祈っています。

 

呉さん、展覧会の間は毎日遅くまで(朝早くまで?)付き合ってもらってありがとう!

忙しいと思うけど、これからはファミリーのためにもシンデレラ・ボーイ(12時前に帰宅W)

めざしてください``

 

それではみなさん、ごいっしょに、ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

jn-1-555

jn-2-555

jn-3-555

jn-4-555

jn-5-555

jn-6-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 

 

 




 
 

最後の晩餐 IN ソウル

 

ソウル滞在、最後の晩餐は、済州島(チェジュ島)の最高級黒豚の焼肉に舌鼓♪
 
みんなでしこたまご馳走になって、お代を払おうとしたところ、なんとお店の社長さんが、
「今日はセンセイからサインをいただいたので、みなさんの分も含めてお代はけっこうです」と。
おお、ついに金無しでメシが食える身分に???W

 
%ef%bd%93888x592

 

韓国の友人に「韓国の人たちはこんな美味いもんを食べてたら、パワーが出るわけだ。」

と言ったら、「いや、先生のために美味しいところを探して来ているんですよ。

ぼくらは普段は安いラーメンとか食べてます!」と。

いやはや、そうだったのか、それはほんとにありがとう!!!と言ったら、

「でも、先生のおかげで、ぼくたちも美味しいものが食べられますから!“」と。

 
ほんとうに毎日のように美味しい店へ案内してもらい、友人たちが
入れ替わり立ち替わり集まって歓迎の宴を開いてくれました。
感謝感激、チョンマル カムサムニダ!!!
日本に来たら、ぜひ美味いもん、しこたまご馳走させてもらいますぜ!
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

鮮烈なる壁面アートコラボ/パク・シヒョン(唄)・呉旻俊(書)・平野壮弦(書)

 
SOGENソウル展の立役者、書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)さんの仕事場にて。

個展のオープニング・パーティーで、見事な唄と踊りを披露してくださった、

韓国の歌姫、パク・シヒョンさんに、扇子への揮毫を所望され、一筆。

 

a-888x592
 

今回のソウルでの個展の成功は、ひとえに呉旻俊さんとご家族、韓国の仲間たちのおかげ。

個展の最終日、呉さんが自分の仕事場兼教室の白壁全面に何か書いて欲しいというので、

だったら一緒に書こうと♪
憧れの歌姫、パク・シヒョンさんに歌っていただきながら二人で白壁に戯れ書き。
ドッひゃーん!! 教室がまるでジャングルに・・・!W
生徒さんたちが来たらビックリ仰天してえまうんじゃないか?
呉さん、「朝起きたら知らないうちにこうなっていた」ってことにしょうと・笑

 

しかし、これ、マジヤバくね?
2000年後に古代人の壁画として発掘されるかもねw

 

1-888x592

3-888x592

6-500x888

 

呉旻俊さんは日本の大東文化大学・大学院に学び、帰国後は韓国の大學で教鞭をとる傍ら、

作家として精力的な活動を続けている韓国カリグラフィー界のホープ。

仕事場に図書館の書道コーナーの何倍もの蔵書が並んでいたのには驚いた。

書道を学問的にも技量的にも納め、達人の域にありながら、「百尺竿頭進一歩」

の言葉通り、書芸の真を極めようと、なおも一歩前へと歩み続けている。

自分が呉さんに教えたのは酒の飲み方くらいだが(笑)、なぜか恩師のように思ってくれて、

通訳をはじめ、さまざまな場面でいつも助けてもらっている。

今回、その呉さんと子どものような気持ちで一緒に大きな壁にラクガキできて、

ほんとうに楽しかったし、ここまで遊べるようになった呉さんの成長ぶりを見て、

心底うれしかった。
これからもっともっと、呉さんやみんなと、いのちの遊びをしてイキたい♪

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

韓国・大田(デジョン)大學でのSOGEN特別講義&席書揮毫風景/2016.10.31

 
 
ソウル個展の会期中、韓国・大田(デジョン)大學での特別講義のご依頼いただき、行ってきました。
対象は書道学部、建築学部、デザイン学部の計約100名の学生たちで、テーマは『人・都市・自然・宇宙』。

 

私のワケのわからないアートを見て憮然としていた書道学部の教授が、文字作品を見せたところ、

「なんだ、ちゃんとした書も書けるんじゃないか」てな感じでニッコリしたので可笑しかったです。

まあ人間、自分が分からない世界に対しては不安になり、分かる世界を見せられるとホッとする、

というところがあるのでしょう。

 

日本で大学での講義を頼まれたことはまだ一度もありませんが、韓国では一昨年も

圓光大學で講義を行わせていただくなど、大学からもよくお声がけをいただき、

ありがたいかぎりです。

私が喋っただけで感動して震えている女学生も居たりと・・・笑

これはひとえに、韓国を代表する書芸家の先生たちが、「SOGENセンセイは天才であり、

書芸界のピカソだ」といった風に若者たちに伝えてくれているおかげで、

「私たちが尊敬している先生が尊敬している先生」といった眼差しで接してくれるからに

ほかなりません。

 

特に書道学部の学生は、日本もそうですが、書道を仕事にするとしたら、学校の先生になる

くらいしか道がなく、将来に希望を持てずにいる者が少なくないのが実情。

そんな中で、書にはこんなにも可能性があるのだということを実例とともに伝えることで、

何かしら得るものがあればと願いつつ、お話させていただいています。

 

 

0-888x592

1-888x592

 

 

日本から一泊二日でソウル展を見に来てくれた書家・現代美術家の山本尚志さんのことも

紹介させていただきました。

 

2-888x592

 

記念揮毫を頼まれ、一筆。(作品は大學に寄贈)

 

4-888x592

6-592x888

9-592x888

 

いままで人前でパフォーマンスなどしたことはないという書道学部の70歳の大先生も

コラボレーションして書いてくださいました。

上から塗りつぶしてやろうかと思ったのですが、さすがにそこは・・・笑

こんど機会があったら、もっと学生たちと肌身で交感したいです。

貴重な機会を与えてくださった大田大學のみなさんに、心から感謝申し上げます。

またお会いしましょう!
 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~のご報告

 

 

ソウル、恩平文化芸術会館で10.26より11.2の会期で開催された『平野壮弦 書芸展~ソウル・

ドローイングズ2016 IN ソウル』、おかげさまで盛況のうちに閉幕いたしました。
本展の成功はひとえに、韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生とご家族、
関係各位、韓国の仲間たち、ご多忙の中ご来訪くださった方々のおかげです。
中には日本からも日帰りで見に来てくださった方もおられ、大感謝です。
厚く御礼申し上げます。

 

今回は10日間のソウル滞在となりましたが、インスピレーション受けまくりの濃厚な日々で、
書きたいことは山のようにありますが、紙面もかぎられていることから、
写真とともに概要をざっとご紹介させていただきます。

 

 

緑に囲まれたソウル市郊外の恩平文化芸術会館

 

1888x592   1-2

 

2-888x592 3-888x195

 

 

オープニングパーティーでは、韓国の伝統音楽家の方々の生演奏をバックに、

韓国の歌姫・パク・シヒョンさんが見事な唄と踊りを披露してくださいました。

SOGENも乱入し、踊りまくり・・・(画像はございませんw)

 

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3-2016-10-26

 

5-888x592

 

個展会場が鬼ごっこの場に・笑

作品たちも、子どもたちに遊んでもらって、きっと喜んでます♪

 

6-3-888x592  6-1-888x592

 

6-2-888x5927-888x592

 

 

本展の出品作品から抜粋してFACEBOOKページで紹介しております。

タイトルや解説も合わせて、どうぞご鑑賞ください。

https://www.facebook.com/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=1148250775230312

 

 

思えば韓国とのご縁は2002年の日韓FIFAワールドカップ公式ポスターならびに公式エンブレム

毛筆バージョンを手掛けさせていただいたことに始まります。

以来、韓国の若い書芸家の方々が、ぜひSOGENに会いたいと東京まで尋ねて来てくれるようになりました。

それを機に『韓中日2007書芸デザインワークショップ INソウル』や『2010仁川国際デザインフェア』

をはじめとした各種国際イベントにもお招きいただき、特別展示・アートパフォーマンス・講演等を

行わせていただき、交感の輪を拡げています。

 

韓国の仲間たちは「この時の出会いは、この時しかないから」と言って、

いつも忙しい中、集い歓迎してくれます。

お金や物も、交流するうえでは必要な媒体なのでしょうが、

それ以上の真心をもって、彼らはいつも付き合ってくれます。

そんな仲間たちを生涯で、しかも異国の地に持てたことは喜びに耐えません。

本展は、そんな交感の輪を広め深めていくことが自身の喜びであり、

また一つの使命なのだということをあらためて強く感じる機会となりました。

 

みなさん、ほんとうにありがとうございました! またお会いしましょう!

정말로 감사합니다~! 사랑해요~♡

 

 
2016.11.7

 
SOGEN

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

SOGEN個展のご案内:平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~

 

 

ちょっとは自分の展覧展の宣伝もしとかんと!

ということで、以下、SOGEN個展のご案内です。
 
 

s-010-%e3%83%aa%e3%83%88%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9-the-lit-godzilla-345x295mm平野壮弦 書芸展~ソウル・ドローイングズ2016 IN ソウル~
SOGEN Calligraphy Art Exhibition -Soul Drawings 2016 In Seoul-

 

開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水) 10:00-19:00

     ※10.30(日)休館
☆10.26(水) 18:30よりオープニングパーティー
 
会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

 

 

日本からご来訪の方々には、展覧会をご覧いただくほか、呉旻俊先生や生徒、

友人のみなさんと一緒に食事をしたり、書をいっしょに書 いたりといった

交流会にもご参加いただく予定です。
そのほか、観光、ショッピング等、自由です。

 

つきましては、会期中、ソウ ルまでおいでいただける方は、SOGENまで滞在日程を

お知らせください。
すでに数名の方から、イクよんと言っていただいていることから、ソウルで歓迎の準備もして
くれるようです ので、準備の関係上、10.20までをメドにご一報ねがいます。
もちろん、会期中ご都合に合わせて、いつおいでいただいてもけっこうです 。
SOGENは10日間ソウル滞在となりますので、けっこーあそばせてもらえるんじゃないかと。

 

格安ツアーもあるようです。
https://www.ab-road.net/a…/korea/seoul/tour/search/AC910189/

 

海外にいくと、いつも3日くらいでバテてしまうもんで、これから体力つけんと!

酒の肴(作品)には、なんだかわからない珍味を取り揃えてお待ちおしております♪

 

 

SOGEN
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

☆SOGEN・ソウル個展のご案内 /10.26-11.2

 

 

みなさん、こんにちは、SOGENです。
残暑厳しき折ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。

 

今秋、ソウルにてSOGEN個展を開催する運びとなりましたので、以下の通りご案内をさせていただきます。

 

●展覧会名:SOGEN・平野壮弦書芸展(仮題)

 

●開催日程:2016.10.26(水)~11.2(水)
※2016.10.29(土) 18:00よりレセプションパーティー

 

●会場:恩平文化芸術会館 (ソウル)

 

この展覧会の開催は、昨年8月に書芸塾のアートクラスでレクチャーをいただき、
西日暮里のひぐれギャラリーで共に『書芸交感展・葉月のっゆらぎ』でグループ展を開催した
韓国を代表する書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)先生のご尽力によるものです。
ここ数年、個展を開いておりませんでしたが、先生の作品を是非韓国の人たちに
生で見せていただきたい、という呉さんの熱い想いを受けて、重い腰をあげることにした次第です。

 

世界のSOGENの最新作を一同に会して生で御覧いただける絶好のチャンス!
てか、おいでいただける方は、まあSOGENの作品を肴に、ソウルで美味い酒を呑みましょう♪

 

なおSOGEN書芸塾では、これまで韓国書芸交感ツアーやソウルでのグループ展といった
交流イベントを行ってきましたが、今回は個展がメインであることから、
合宿ツアーではなく、来たい人には個別に来て見てもらうことにしました。
そこでレセプションパーティーに出てもらったり、呉先生や生徒さん、仲間の人たちとの
交流イベントに参加してもらったり、また観光やショッピングも愉しんでもらえたらと思います。
もちろんSOGENの作品も見てもらい、また現地で何か手伝ってもらえたなら有難いかぎりです。

 

また今回のソウルツアーは「個別に」と言いましたが、行きたい人たちで相談して
一緒に来てもらっても、もちろんOKです。
呉さんはじめ韓国の人たちとの、また熱く愉しい時間になると思いますので、
都合のつく人はぜひ参加してださい。OB,関係各位,一般の方の参加も大歓迎です。

 

ということで、この秋、ソウル行きたい!という方は、どうぞご一報ください。
またおよその滞在日程がわかれば、合わせてお知らせください。

 
みなさんとソウルでお会いできるのをたのしみにしています。

 

 

SOGEN

平野壮弦
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ
http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com (スクール/SOGEN書芸塾ARC)