書道家/書芸家SOGENブログ:上田まりえさん

ネットで元日本テレビアナウンサーでマルチタレントの上田まりえさんの記事に遭遇。

上田さんは昔、日本テレビの『おは4ニューズライブ』という早朝番組の

プロファイル〜プロの仕事術〜」というコーナーで取材いただき、お世話に

なった方。


とても気さくな中に、いくばくか危うさのようなものも秘めた不思議ちゃんで、

新宿の仕事場で書いてあそんでいってくれたことが懐かしく思い出される。


その後、色々あったようだが、フリーとなり、結婚もされ、新たな事業を起こして

活躍されている様子を見せてもらい、嬉しく思っている。

まだ33歳と若く、これからもまた色々とあるだろうけれど、書を書き合った縁、

陰ながら彼女の人生に幸多かれと願う。

上田さん、機会があったら、ぜひまた書を書いてあそびましょう♪``


上田まりえ 書道 アート書道 アート書道家 出演

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

雅子さま・新皇后陛下記念清酒「雪華光(せっかこう)大洋盛」

かつて『大洋盛』(日本酒代表銘柄)の書を揮毫させていただいた新潟県村上市の

大洋酒造さんが、皇太子妃雅子さま新皇后陛下になられるのを記念した清酒

雪華光(せっかこう)大洋盛」を19日より発売されるとのことで、

お慶び申し上げます。

大洋酒造さんのある新潟県村上市は、江戸時代に旧村上藩が治め、城下町として

栄えた土地柄で、雅子さまのご実家、小和田家のご先祖が旧村上藩士であった

ご縁から、このたびお祝いのお酒を発売されるご様子。

雅子さまのお印のハマナスの花酵母を使い、ほのかな香りと柔らかい甘みが特長、

1.8リットル入りと720ミリリットル入りがあり、数量限定販売とのこと。

よろしければ、ぜひ記念にお求めください。

ほのかな香りと柔らかい甘みが特長

(画像はネットよりお借り)

これまで酒どころ新潟のお酒はもとより、全国の日本酒代表銘柄の書を揮毫

させていただき、長年に渡りご愛用いただいていること、感謝にたえません。

また昨年はクィーン・エリザベス号御用達のお酒『明石鯛』の銘柄書も制作

させていただき、海外の方々にも書を目にする機会を与えていただいて

おりますこと、心より有難く思っております。

日本酒ロゴをはじめ、各種広告デザインの書においても、引き続き

良書をご提供させていただけるよう努めてまいりたいと存じますので、

今後とも変わらぬご支援ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


大洋酒造、新皇后を記念した清酒(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43678780S9A410C1L21000/

大洋酒造・公式サイト

http://www.taiyo-sake.co.jp

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf





 
 

SOGEN揮毫『明石鯛』日本酒ブランドデザイン、2018国際飲料アワード大賞受賞!!

 
 
SOGENが揮毫制作させていただき、ロンドンに拠点を置く

コンサルティング会社「コーワン」のプロジェクトチームが

制作した、兵庫県、明石種類醸造さんの『明石鯛』の

日本酒ブランドデザインが、先週、ドリンク・ジャパンで

開かれた2018 国際飲料アワードで大賞を受賞いたしました。

 

明石鯛さんとプロジェクトチームのみなさんに、

心より御祝いと御礼を申し上げます。

 

国際的なブランドデザインコンテストでの大賞受賞は、書が国内外を問わず、
ブランディングにおいて如何に力を発揮するかを示すものでもあり、

喜ばしいかぎりです。

書芸を世界へ!の夢が、また一つ、大きくひろがります♪!

 

 

 

🔴日本酒を現代風な解釈でリブランディング

 

https://www.campaignjapan.com/article/日本酒を現代風な解釈でリブランディング/445804

 

 

兵庫県の酒造メーカーである明石酒類醸造は先週、5種類の

清酒からなるブランド「明石鯛」のデザイン刷新を発表した。

携わったのは、ロンドンに拠点を置くコンサルティング会社

「コーワン」。プレミアム感や職人のこだわりを、

国内外の消費者に訴求することを目指したという。

 

デザインを担当したのはフランスのアーティスト、

オロール・ドゥ・ラ・モリヌリ氏で、書は平野壮弦氏

(書道家)によるもの。

(JAPAN日本 campaign WEBサイトより)

 

 

 

海外メディア

 

Sake brand Akashi-Tai gets new packaging and brand identity

 
https://www.foodbev.com/news/sake-brand-akashi-tai-gets-new-packaging-and-brand-identity/

 

 
Japanese sake brand Akashi-Tai has revealed a new brand identity
as it targets growth in Europe and North America.

The new design, which was created by Cowan London, aims to convey

the artisan nature of Akashi-Tai, which is brewed in small batches

using traditional methods, and positions the brand as a premium player.

Last week Cowan London won best new packaging design at the

International Beverage Awards held at Drink Japan.

The challenge was to design for two diverse markets with different

cultures, codes and customers, ensuring the brand remained credible

in Japan, whilst engaging new audiences in emerging western markets.

Cowan initially worked with the brand team at Akashi Sake Brewery

to help them define the proposition, brand essence and brand story,

to prepare for launch in the US and Germany.

Elizabeth Finn, managing director of Cowan London, said: “Creating

sake packaging was a true privilege. It’s very rare for a design agency

outside Japan to be given that honour, but with our team’s extensive

experience in alcohol branding, and our four offices in Asia, we were

ideally placed to help Akashi-Tai realise its vision of bringing sake

to the wider world. It was wonderful to see our work gain this

recognition at the International Beverage Awards.” 

 

 

Akashi-Tai sake reveals new brand identity and artisan design

 
http://www.transformmagazine.net/articles/2018/akashi-tai-sake-reveals-new-brand-identity-and-artisan-design/

 

 

 

Subtle rebranding suggests a way for sake brands to modernise

 
https://www.campaignasia.com/article/subtle-rebranding-suggests-a-way-for-sake-brands-to-modernise/445664

 

 

 

Winners in the International Beverage Awards announced

 
https://www.foodbev.com/news/winners-in-the-international-beverage-awards-announced/

 

 

 

SOGEN HIRANO  Official Website

http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

Sogen Calligraphy Art School(SOGEN書芸塾ARC)
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

『DIME』:サントリーホール30周年~音響デザイナー・小野朗氏が語る誕生秘話~

 

 

書芸塾ARC塾生で音響デザイナー小野朗さんが、トレンドマガジン『DIME』の
サントリーホール30周年記念特集ページで紹介されています。

 

小野さんは「世界の永田」と呼ばれる永田音響設計の取締役で、若き日に、カラヤン
「音の宝石箱」と絶賛したサントリーホールの音響設計を手がけられた方。

 

書芸塾でも2014年2月に、『音響と書』をテーマとした特別講義をしていただいてます。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.915281861832324.1073741869.199917180035466&type=3

 

その節、当時の苦労話も聴かせていただきましたが、世界最高峰といわれるサントリーホールが
いかにして生まれたのか、この記事を読むとあらためてよく分かります。

 

SUNTRY HALL,DIME,音響,書道教室

 

音と書は非常にシンクロするところがあることから、書芸塾では音と書をテーマとしたワークも
積極的に取り入れ、そこから立ち現われてくる新たな表現世界の可能性を探っています。
今年7月には、現在ヨーロッパで公演ツアー中のバイオリニストの喜多直毅さんから、
昨年に続き、『書の波・音の波』をテーマとしたスペシャルワークを行っていただく予定です。

 

さまざまなアートワークを通して芸術的感性を磨く、アートクラスのご案内
http://sogen-arc.com/art/index.html

 

 

-書芸術を通した解放と交感の場-

SOGEN 書芸塾 ARC

http://www.sogen-arc.com/

 

 

 

 




 
 

☆「混種現場-2013-」(台湾台北華山大草原)出演、『大演歌』の予告動画、you tubeで公開中!

 
大演歌先に題字を書かせていただいた、台湾国際音楽イベント「混種現場-2013-」に出演する
『大演歌』
の予告動画がyou tubeにアップされました。

 

動画では最初と最後の部分で、CG処理された「大演歌」
の筆書ロゴをご覧いただけます。
またインタビューを受け、ひと言ですが登場しています。

 
   
   

『大演歌』予告動画 on you tube

 
古今東西の音楽的融合、伝統戯曲と現代音楽の結合といったコンセプトには共感するところ多く、
題字の依頼をいただいたことは光栄でした。イベントのご成功とご発展を、心よりお祈りします。

 

SOGEN公式ホームページ
イベント・ディスプレー用の書http://www.hiranosogen.com/event/index.html
 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:王理恵さん〜Oh, wonderful!〜


以前、J-WAVE王理恵さんの番組で、コラボさせていただいたときの模様です。
理恵さんとは、十日町の地そば祭りや大地の芸術祭にご一緒したり、
銀座でおそばをご一緒させていただいたりしている仲。

とても純粋でまっすぐな人です。


「ふつうだったら書けなかったけど、SOGENさんの話を聴いたら、
かまえずに気軽に書いていいんだ、と思えて、書くことができました。」

と理恵さん。


「私がSOGENさんの書芸塾に行ってから、お父さんを連れてくる」と・・・

待ってますよ〜理恵さん!^ – ^

王理恵 J-WAVE ロハスサンデー 書道
王理恵 J-WAVE ロハスサンデー 書道

SOGEN was invited as the special guest to the J-WAVE program ‘LOHAS SUNDAY`, 
and made a collavorative calligraphy artwork with Ms. OH RIE, the host of the program, 
whose father is the world-famous homerun king, OH SADAHARU. 
We had a wonderful time and really enjoyed it.

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:日本テレビ「Oha4ニューズライブ」にSOGENが 出演‼️

12月21日(火)、日本テレビさんの早朝番組「Oha4ニューズライブ」に
SOGENが出演します。


プロファイル」という、第一線で活躍する各界のプロの仕事を紹介する特集番組

の中で、壮弦のアトリエでのインタビューや制作風景が紹介されるほか、神田の

OnE drop cafeを会場に行われた書芸ワークショップの模様なども紹介される予定です。


こちらの想いをくんでいただき、とてもよい取材をしていただきました。

早朝の4時からの番組で、今回取材いただいた特集の放映は
4時20分ころからになるそうですが、全国ネットですので、
よろしければぜひ早起きしてW、ご覧いただけたなら嬉しいです!

Oha4ニューズライブ
http://www.ntv.co.jp/oha4/caster/ueda.html

なお今回の特集は、元気美人キャスター、上田まりえさんが紹介してくれます。
アトリエやワークショップの現場でも、元気いっぱい書いてくれました。
上田さん、スタッフのみなさん、撮影にご協力くださった皆さん、
ありがとうございました! 番組、たのしみにしてます♪!

〜撮影風景から〜

日テレ おは4ニューズライブ 上田まりえ プロファイル 書道家 書家
日テレ おは4ニューズライブ 上田まりえ プロファイル 書道家 書家
日テレ おは4ニューズライブ 上田まりえ プロファイル 書道家 書家


 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:映画『書道ガールズ』試写会へ

書道パフォーマンス 映画 書道ガールズ 書道 書道教室 書家 書道家

今日はワーナー・ブラザーズ映画さんからのお招きで、5月15日公開予定の映画

書道ガールズ』試写会へと伺わせていただきました。
映画を見た感想、コメントをお願いしたいとのこと。

正式なコメントは、ワーナー・ブラザーズさんの公式サイトでご覧いただくとして、
以下、ざっくりとした感想です。

係の者から、ちまたでは書道ブームだと聞いております。
書道ガールズの映画化も、その一つの流れなのでしょう。
華やかなスポーツや音楽の世界などと比べると、地味だと思われている
「書道」が注目されるのは、喜ばしいことだと。
映画では、ただ立派な書を書く、というばかりでなく、
誰かを繋げ、誰かと繋がるために書を書くのだ、といった視点が
感じられたのが、とてもよかったと思います。
見どころは、書道パフォーマンス。
キャスト自ら一発勝負で挑んだだけあって、もっと遊んでもいいのに、と思う

ところもありましたが、生き生きとした、実に見ごたえのある内容でした。

書道パフォーマンスは邪道だという見方もありますが、
生き生きと楽しく書を書く、というのは、素晴らしいこと。
それは、書のみならず、あらゆる芸術・芸道に通ずるこころだと思います。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:プロフェッショナルへの道

プロブログを書かせてもらっいている進学ナビ会社から、『専門学校進学ガイド
という雑誌が届いた。進路・進学にのぞむ若者たちへのガイドブック。

プロフェッショナルへの道」と題した、第一線のプロへのアンケート記事には、
プロの書道家を目指す若者たちに向けたSOGENの回答ページもあり。
仕事姿はパンツ一丁!」という回答はしっかり削除されていた・・・笑
あまり目にする機会はないかもしれませんが、ご紹介まで。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL(代表:SOGEN)

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com

 




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:BSN新潟放送の報道番組に出演します。

昨日、BSN新潟放送さんから取材を受けました。
明日2月3日(水)午後6時から6時40分までの報道番組の中で、「故郷の力」と題して

放送される予定です。
取材はマル一日がかりで、東京の仕事場と屋外で行われましたが、番組自体は

5分程度とのことです。

今年は東京新潟県人会が100周年を迎えたということもあり、新潟出身者で国内外で
活躍している人たちの特集を組み、放映するとのことでした。

なんと俳優の渡辺謙さんも出演されるそうで、自分以外にもっと有名人が一杯おるやろー、

と思いましたが、せっかくいただいたお話なのでお受けしました。
今週、日替わりで、計4人の新潟県出身者が紹介されるそうです。

放映は新潟県内のみとなります。
新潟のみなさん、よかったら見てくださいねー``

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL(代表:SOGEN)

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com