感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

デザイン書道のススメ③~プロフェッショナルへの道~

 

 

デザイン書道のプロフェッショナルという頂をめざす道には、主に書道から入るルートと、
デザインから入るルートとがあります。
書道家は書道の腕はあってもデザインのセンスに乏しい、逆にデザイナーはセンスはあっても
書で表現する技量に欠けているところがある。そこで、書の腕とデザインセンスを兼ね備えるべく
双方が研鑽を積みながら、プロのデザイン書道家を目指すことになるわけです。

 

デザイン書道という山にはどこから登ろうが自由だけれども、私自身は書道から入った身であり、
やはり若い頃に徹底的に書の鍛錬を積んだことが大きな力になっていることは間違いありません。

 
デザイン書道拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』(2006年・天来書院刊)では、
さまざまなデザイン書の実例を取り上げていますが、出版記念
パーティーでご挨拶いただいた天来書院社長の比田井和子氏が、
「SOGENさんは書道の出だからいい。」といったことをしきりに

強調されていたのも、書をよく知る者がデザイン書に関わっている

点を評価してくださったところがあったからではないかと思います。

 

アマゾン:『汚し屋壮弦・俺の書でイケ!』
http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 
一方、デザイナーやクリエーターといったデザインセンスに長けた人たちには、またその大きな
強みがあります。
このようにデザイン書道への登竜門はさまざまで、それぞれが長所を生かしつつ研鑽を積んで
いくことが求められます。
書の腕もセンスにも自信が無いなら、それはそれでかまいません。というか、ほとんどの人が、
最初から自信などあるはずがありませんし、むしろ何かの色に染まっていない分、デザイン書を
素直に受け入れることで、早期上達を期待できるところもあるのです。

 
教室のPRになりますが、そういった意味でも、10月から新たに開講する『デザイン書道・
実習講座(通年のレギュラー講座)』と『3ヶ月で学ぶデザイン書道講座』は、デザイン書道に
親しみたい、デザイン書の腕とセンスを磨きたいという想いをお持ちの方々にとって、必ずや
大きな励みとなり、また力となるものと確信しています。
興味のある方は、ぜひ、SOGEN書芸塾ARCの新生『デザイン講座』へご参加ください。

 

 

☆SOGEN書芸塾ARCの新メニュー
『デザイン書道・実習講座』『3ヶ月で学ぶデザイン書道講座』(2014.10月より開講)
~デザイン書のココロと技を伝える、SOGEN直接指導によるデザイン書道講座~
ご案内の詳細は、こちらの書芸塾ARCメニューより⇒http://www.sogen-arc.com

 

 

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 ふたたび

 

今日はSOGEN書芸塾への都内からの参加申込みに加え、なんと山口県からも。
拙著汚し屋壮弦 俺の書でイケ!を読んでとても興味を持ってくださったそうで。

 

本著は若気のいたりで些か気張って書いているところもありますが、
自分でいま読んでも面白い本です・笑
書の本というより、どちらかというと、アートを中心としたノンフィクションと
思っていただいたほうがよろしいかと。

 
こんな言いたい放題の本を出版してくださった 天来書院 さんの太っ腹にあらためて
感謝申し上げます。

 

 

amazon: 『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 /天来書院刊
著書

 

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 

書芸家SOGEN/平野壮弦

http://www.hiranosogen.jp/アート)

 

http://www.hiranosogen.com/
(デザイン・パフォーマンス・ワークショップ・
レクチャー)

http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html
(スクール)




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:山崎豊子『 沈まぬ太陽 』

山崎豊子 沈まぬ太陽 書道家 書家 題字

山崎豊子の『沈まぬ太陽』、全5巻を友人からいただき、惹き込まれて一気に読む。
渡辺謙主演のテレビドラマはちらりと目にしたことはあるが、原作を読むのは初めて。
1985年、今から27年前に起きた、御巣鷹山、航空機事故を題材とした人間ドラマ。
よほど現場取材までして、くまなく調べ上げなければ、成し得ぬであろう精緻な描写に、
山崎豊子という作家の、人の心と人間社会への探求へと向かう執念を感じた。

あまりにも深く、重い、人間の心と社会の闇ーーー
一方で、真を求めてやまぬ、人間存在の放つ、かすかなにして強烈な光ーーー
その相克が、筆者一流の言葉で浮き彫りにされている。

搭乗員524名中、死者520名(+胎児1名)、救出者4名。
語り尽くせぬ話なれど、今はただ、この二度と再びあってはならぬ悲惨な事件

を語り継ぎ、亡くなられた方々の御霊の安らかならんことを、心中より祈るばかりである。


 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:芸術は自然科学である


芸術は自然科学である。もっといえば、数学であり、物理学であり、生物学であり、

医学であり、社会学でもあり、人間行動学でもある。つまり、すべてに通ずる

ものである、と思うのです。

何をおかしなことを言っているんだ、と思われるでしょうが、つまり、こういうことです。
たとえば、海辺の波を例にとりましょう。もしあらゆる波の動きを計算できるだけの

能力のあるスーパーコンピューターがあるとすれば、時々刻々と移り変わるすべての

波の動きを数式で表すことができるでしょう。ただ、現代にそこまでのコンピューターが

無いだけです。
とすれば、宇宙の全ての現象は数式化できる、ということになると思います。
ということは、人間も含めたあらゆる生命体の行動から生死に至るまで、数式で

表すことができるということになるのではないでしょうか。ただそんなことは、

どんなにコンピューターが発達したとしても出来るはずもなく、だから、すべては

神のみぞ知る、ということになるのだと思います。

人格を持った創造神がいるかどうかは別にして、宇宙のあらゆる事象は、この宇宙の

原理原則に基づいて動いています。そして、その原理・真理といったものを、数式により

解明しようとしているのが、数学や物理学といった学問なのだと思います。
が、芸術においては、その計算の追いつかない、遠くかつ複雑な世界を表現しようとしています。

たとえば、ある人が真っ白な紙に筆で何かを書くとき、何が表れてくるかを計算すること

など不可能です。
ですが、もし仮に、宇宙のすべての事象を計算する能力のあるコンピューターが存在する

としたら、それさえも計算できる、ということになるだろうと思います。

木本圭子さんという、数式が描き出す線によって作品を作り出すアーティストがいます。
彼女は2006年のメディアアート祭でグランプリを受賞していますが、その作品は

とても興味深いもので、数式から美の世界が生まれることを示しています。

木本圭子氏作品

木本圭子 アート イマジナリー・ナンバーズ 書道 アート書道

シンプル イズ ベスト」という言葉があります。
シンプルなものほど美しい」とも言います。

そのシンプルとはどういうことかといえば、本当に単純なのではなくて、
一見単純に見える、ということだと思います。
たとえば、打ち寄せる波や雨上がりの虹は、一見シンプルですが、実は計算もできない、

とほうもない複雑な動きで成り立っているはずです。

芸術作品にも同じことが言えるように思います。
ただ単純なだけなら、すぐに見飽きてしまいます。一見シンプルに見えながら、

波や風、樹木といった自然物と同じように、見るほどに見飽きない、計算の追いつかない

奥深いものを秘めた作品が、名品と言えるのではないでしょうか。


そういう意味でいうと、芸術にしろ何にしろ、人のマネをしてばかりいても、

深遠な世界は表れようがなく、自分のいのち、自分の呼吸から生まれ出たものにこそ、

より強い生命力、より深い芸術性が宿るのは、当然であると思うのです。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』 完成‼️

このたび、オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』が完成しました。
書芸の心と技を尽くした一冊。51の演習課題付き。中学生でも楽しめる内容となっています。


このテキストは、SOGEN書芸塾ARC塾生ならびに、今月からスタートする
書芸通信講座」の受講生に頒布の予定です。

書道 入門書 テキスト 書道教室 アート書道教室
書道 入門書 テキスト 書道教室 アート書道教室

「書芸通信講座」のご案内


書芸塾ARCに参加したいけれども、遠方だったり日程が合わなかったりで
参加できない、という方のために、今月より平野壮弦による「書芸通信講座」を
開講いたします。
ご希望の方は、どうぞこの機会にお申込みください。
ただいまキャンペーン中につき、入会金無料にてお受けしております。


なお、この通信講座をお申し込みの方には、オリジナル書芸テキスト
『そ~げんの楽々書芸入門』を進呈。
講座はこのテキストに沿っての演習が中心となります。


技を磨き、技を超え、どこまで自由にあそべるか。
あなたのチャレンジをお待ちしています。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:小山登美夫著『その絵、いくら?』~現代アートの相場がわかる本

寝付けずに本を読む。
小山登美夫・著『その絵、いくら?』(2008年・講談社)

小山さんは、奈良美智氏や村上隆氏を世に送り出したギャラリストとして著名。
「どうしてこの絵が1億円するのか?」
アートとお金の関係を、とても分かりやすく書いている。

2008年のオークションで、村上隆氏の『マイ・ロンサム・カウボウイ』が、
日本のアート作品としては史上最高値の16億円で落札された。
さすがに小山さんも、いくら何でも16億は高い、と思ったという。
ではなぜ、そこまでの値が付いたのか。
本来、お金には換算できないはずのアートの値段というものが、
一体どのようにして決まるのか。

そのあたりの仕組みが見えて、面白かった。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:プロフェッショナルへの道

プロブログを書かせてもらっいている進学ナビ会社から、『専門学校進学ガイド
という雑誌が届いた。進路・進学にのぞむ若者たちへのガイドブック。

プロフェッショナルへの道」と題した、第一線のプロへのアンケート記事には、
プロの書道家を目指す若者たちに向けたSOGENの回答ページもあり。
仕事姿はパンツ一丁!」という回答はしっかり削除されていた・・・笑
あまり目にする機会はないかもしれませんが、ご紹介まで。

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL(代表:SOGEN)

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com

 




 
 

書道教室主宰(東京) ・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blogバックナンバー~『日中文化交流誌』~ (2008.8.10 投稿 179)

書道教室主宰(東京)・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blog バックナンバー
~『日中文化交流誌』~

 

 

北京オリンピック、はじまったね。

 

開会式、スゴかったな・・・
中国も国の威信をかけてやってるって感じがビンビン伝わってきたよ。
CGによる映像はハリウッドからも招いて、映画のノウハウも取り入れたらしい・・・
こんど東京で開かれることになったら、どうなるんだろう。
そのときは日本も相当気合いを入れてかからないとってかんじだな。
まあ日本人はいざってときには意外と強いから、そうなったらそうなったで、
きっとスゴいことやっちゃうんだろうけど。

 

先日、日本中国文化協会が出している『日中文化交流』誌への寄稿を頼んでいただき、
ご恵送いただきましたので、紹介させていただきます。
まあ・・・日中友好ですから!

 
 

2008.8.10
 
 
 
 

書芸家 SOGEN/平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

☆プロブロ~プロのお仕事ブログ開始! (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.4 投稿 175)

 

 

「プロの立場から、いまの若者たちへ、生きたメッセージを送ってもらえないか」 という

株式会社・栄美通信社さんからのご依頼で、僭越ながら書かせていただくことに しました。
 
プロのお仕事ブログ」 、題して、書芸家・壮弦のつぶやき~『SOGENことなか!

http://problog.jp/blog/200-01/2011/01/post_200.html

 

自分なんかが若い人たちにエラそうに言えることは何もないんだけどね、

日常の仕事や、ふと思ったことなど、何でもいいので書いてもらえたら、

若者たちにとって何かしらイイ刺激になると思うので・・・って言っていただき、

気楽に書かせていただくことにしました。

このブログも、もちろん本音100%だけど、そっちのほうがもっと 本音で

ズバズバ書いてたりして・・・?笑

まあ、SOGENの裏ブログみたいなもの?

under21限定~大人は決して見ないでください・・・?!
 
 

●高校生のための進学情報サイト『エイビ進学ナビ』 http://www.eibi-navi.com/

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen