感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

デザイン書道のススメ③~プロフェッショナルへの道~

 

 

デザイン書道のプロフェッショナルという頂をめざす道には、主に書道から入るルートと、
デザインから入るルートとがあります。
書道家は書道の腕はあってもデザインのセンスに乏しい、逆にデザイナーはセンスはあっても
書で表現する技量に欠けているところがある。そこで、書の腕とデザインセンスを兼ね備えるべく
双方が研鑽を積みながら、プロのデザイン書道家を目指すことになるわけです。

 

デザイン書道という山にはどこから登ろうが自由だけれども、私自身は書道から入った身であり、
やはり若い頃に徹底的に書の鍛錬を積んだことが大きな力になっていることは間違いありません。

 
デザイン書道拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』(2006年・天来書院刊)では、
さまざまなデザイン書の実例を取り上げていますが、出版記念
パーティーでご挨拶いただいた天来書院社長の比田井和子氏が、
「SOGENさんは書道の出だからいい。」といったことをしきりに

強調されていたのも、書をよく知る者がデザイン書に関わっている

点を評価してくださったところがあったからではないかと思います。

 

アマゾン:『汚し屋壮弦・俺の書でイケ!』
http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 
一方、デザイナーやクリエーターといったデザインセンスに長けた人たちには、またその大きな
強みがあります。
このようにデザイン書道への登竜門はさまざまで、それぞれが長所を生かしつつ研鑽を積んで
いくことが求められます。
書の腕もセンスにも自信が無いなら、それはそれでかまいません。というか、ほとんどの人が、
最初から自信などあるはずがありませんし、むしろ何かの色に染まっていない分、デザイン書を
素直に受け入れることで、早期上達を期待できるところもあるのです。

 
教室のPRになりますが、そういった意味でも、10月から新たに開講する『デザイン書道・
実習講座(通年のレギュラー講座)』と『3ヶ月で学ぶデザイン書道講座』は、デザイン書道に
親しみたい、デザイン書の腕とセンスを磨きたいという想いをお持ちの方々にとって、必ずや
大きな励みとなり、また力となるものと確信しています。
興味のある方は、ぜひ、SOGEN書芸塾ARCの新生『デザイン講座』へご参加ください。

 

 

☆SOGEN書芸塾ARCの新メニュー
『デザイン書道・実習講座』『3ヶ月で学ぶデザイン書道講座』(2014.10月より開講)
~デザイン書のココロと技を伝える、SOGEN直接指導によるデザイン書道講座~
ご案内の詳細は、こちらの書芸塾ARCメニューより⇒http://www.sogen-arc.com

 

 

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.jp/ (art)
http://www.hiranosogen.com/ (design, lecture, art performance)
http://www.sogen-arc.com/ (calligraphy art school)

 

 




 
 

『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 ふたたび

 

今日はSOGEN書芸塾への都内からの参加申込みに加え、なんと山口県からも。
拙著汚し屋壮弦 俺の書でイケ!を読んでとても興味を持ってくださったそうで。

 

本著は若気のいたりで些か気張って書いているところもありますが、
自分でいま読んでも面白い本です・笑
書の本というより、どちらかというと、アートを中心としたノンフィクションと
思っていただいたほうがよろしいかと。

 
こんな言いたい放題の本を出版してくださった 天来書院 さんの太っ腹にあらためて
感謝申し上げます。

 

 

amazon: 『汚し屋壮弦 俺の書でイケ! 』 /天来書院刊
著書

 

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 

書芸家SOGEN/平野壮弦

http://www.hiranosogen.jp/アート)

 

http://www.hiranosogen.com/
(デザイン・パフォーマンス・ワークショップ・
レクチャー)

http://www.hiranosogen.jp/arc/index.html
(スクール)




 
 

書道教室主宰(東京) ・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blogバックナンバー~『日中文化交流誌』~ (2008.8.10 投稿 179)

書道教室主宰(東京)・書道家、デザイン書道家、書芸家SOGEN blog バックナンバー
~『日中文化交流誌』~

 

 

北京オリンピック、はじまったね。

 

開会式、スゴかったな・・・
中国も国の威信をかけてやってるって感じがビンビン伝わってきたよ。
CGによる映像はハリウッドからも招いて、映画のノウハウも取り入れたらしい・・・
こんど東京で開かれることになったら、どうなるんだろう。
そのときは日本も相当気合いを入れてかからないとってかんじだな。
まあ日本人はいざってときには意外と強いから、そうなったらそうなったで、
きっとスゴいことやっちゃうんだろうけど。

 

先日、日本中国文化協会が出している『日中文化交流』誌への寄稿を頼んでいただき、
ご恵送いただきましたので、紹介させていただきます。
まあ・・・日中友好ですから!

 
 

2008.8.10
 
 
 
 

書芸家 SOGEN/平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

☆プロブロ~プロのお仕事ブログ開始! (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2008.8.4 投稿 175)

 

 

「プロの立場から、いまの若者たちへ、生きたメッセージを送ってもらえないか」 という

株式会社・栄美通信社さんからのご依頼で、僭越ながら書かせていただくことに しました。
 
プロのお仕事ブログ」 、題して、書芸家・壮弦のつぶやき~『SOGENことなか!

http://problog.jp/blog/200-01/2011/01/post_200.html

 

自分なんかが若い人たちにエラそうに言えることは何もないんだけどね、

日常の仕事や、ふと思ったことなど、何でもいいので書いてもらえたら、

若者たちにとって何かしらイイ刺激になると思うので・・・って言っていただき、

気楽に書かせていただくことにしました。

このブログも、もちろん本音100%だけど、そっちのほうがもっと 本音で

ズバズバ書いてたりして・・・?笑

まあ、SOGENの裏ブログみたいなもの?

under21限定~大人は決して見ないでください・・・?!
 
 

●高校生のための進学情報サイト『エイビ進学ナビ』 http://www.eibi-navi.com/

 

 

 

 

書芸家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 




 
 

☆「週刊モバイルよむ!」PCサイト始動! (〜SOGEN blogバックナンバ〜 2007.3.15 投稿 077)

 

 

ケイタイで好評配信中の「週刊モバイルよむ!
パソコン版サイトが、このたび始動!
 
女優の宮崎あおいさん、役者の早乙女太一さん、
歌手の山崎ハコさん、船井総研会長・船井幸雄さんらとともに、
SOGENが毎週、辛辣な、もとい、真摯な愛のメッセージを送ってます・・・てへっ
 
トップページには両手に華、綺麗どころに囲まれた?SOGENの怪しい写真が・・・
いぁ・・・綺麗は綺麗ですから・・・笑
ぜひアクセスして読んでください!

 

 

☆週刊モバイルよむ!
http://www.mobileyomu.com/

 

 

 

 

書芸家  SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』絶好調! (書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 2006.6.20 投稿 055)

 
 
著書 2006.1.15

 
 
拙著『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』おかげさまで売れてます。

 
アマゾンによれば、天来書院から出版された200册近い
書籍の中で、わずか半年で売り上げベスト10に入っている模様。
ありがたいことです。

 

友人たちが、身近な人に紹介してくれたり、電車の中で本を読んで

アピールしてくれたり、海外まで取り寄せてくれたりと、
ほんと、みなさんのおかげです!

 

この本は、書をやっている方はもちろんのこと、書の専門外の

クリエーターの方々、一般の方々、そして中でも特に
若い世代の方たちに、ぜひ読んでいただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

 
 

☆紀伊国屋BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%89%98%82%B5%89%AE
 
☆アマゾン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887151810/qid=1150077944/sr=1-9/ref=sr_1_8_9/250-3734381-3590639

 
 

以下、新聞でご紹介いただいた書籍の記事です。

 
2006.6.20 書籍紹介 新美術新聞記事

     『新美術新聞』記事(06.2.21発行)

 
2006.6.20 書籍紹介 十日町新聞記事

     『十日町新聞』記事(06.1.30発行)

 

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen

 

 

 




 
 

『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』 (書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 2006.2.12 投稿 035)

 
 
著書 2006.1.15

 
 

1月に出版した拙著、『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』おかげさまで
売れ行き好調とのことで、ありがとうございます。

 
 
読者の皆さんから、さまざまな声を寄せていただいております。

 
「未来に続く本ですね。壮弦さんの活躍を心待ちにしています。

仙台のほうにも来てください。来る予定はないのですか?
ぜひ作品にお会いしたいです。ソウル・ドローイングに光あれ。」

 
「何度も読み、もう還暦に近い私に勇気と希望をもらいました。
私にも書芸術、志す道が出来た。自分の可能性を信じて行こうと。

先生が書いているように書芸術の道なき道に進もうと思います。
おばさんにも出来るぞ~を見せたいです。」

 
見ず知らずの方々が本を読んで、こんな風に感じてくださっていることを嬉しく思います。

 
 

人間が社会生活をうまく営んでいくためには、ルールや規範といったものが必要でしょう。

また上下関係や差別、偏見があるのも世の常です。
ですが、権威権力で人の心の自由を抑圧したり、人種や地位、貧富や家柄などにより
差別することは、人類が克服していくべき最も大きな課題の一つであると思います。

ましてや芸術は、魂の自由を求めるものであって、抑圧や差別の手段であっていい
はずがありません。
 
本著は人々へのメッセージであるとともに、自分自身への メッセージでもあります。
書に関係のある方にもない方にも広くお読みいただき、
ぜひ書芸術の面白さ、豊かさに触れてみていただけたなら幸いです。

 
 

☆『汚し屋・壮弦 俺の書でイケ!』(天来書院発行/定価1700円+税)
 
全国書店にて好評発売中! 異分野の方々、一般の方々にお読みいただいても、楽しんでいた
だける内容となっております。 ぜひ書店にてお買い求めの上、ご笑読ください。

 

オーダーは以下のamazonのサイトで承っております。

amazon:

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810

 

 

書道家/書家 SOGEN/ 平野壮弦
 

WEB:http://www.hiranosogen.com/
twitter:https://twitter.com/hiranosogen
facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen
 
 




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜  著書『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』出版 (2006.1.15 投稿 029)

 

 

著書 2006.1.15
1.15(日)

 

このたび、著書『汚し屋・壮弦 オレの書でイケ!』(天来書院・刊)が

出版される運びとなり、出版記念パーティーを渋谷の都会の森で開催しました。

 

最高の仲間と、最高の場で、最高の時間を過ごすことができました。
故郷・新潟からも何人もの友だちが駆けつけてくれました。

忙しい中、集ってくださった皆さんに、心から感謝申し上げます。

また、このような本を形にしてくださった、天来書院社長の比田井和子さんに、

あらためて深い感謝の意を表します。

その想いを胸に、また明日から、道無き道を歩んでいきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

☆『汚し屋・壮弦 俺の書でイケ!』(天来書院発行/定価1700円+税)

全国書店にて好評発売中!
異分野の方々、一般の方々にお読みいただいても、楽しんでいただける内容となっております。
ぜひ書店にてお買い求めの上、ご笑読ください。

 

オーダーは以下のamazonのサイトでも承っております。

 

amazon:

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9A%E3%81%97%E5%B1%8B%E3%83%BB%E5%A3%AE%E5%BC%A6-%E4%BF%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%82%A4%E3%82%B1-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E5%A3%AE%E5%BC%A6/dp/4887151810




 
 

書道家/書家SOGEN blogバックナンバ〜 本を出版します。 (2005.5.31 投稿 016)

 

 

5月31日(月)

 

本の出版の打ち合わせのため、品川の天来書院比田井和子さんを訪ねる。

打ち合わせといっても、ほとんど、自分の思いを聞いてもらっただけなんだどね。
比田井さん、思いほのか感激してくれて・・・

で、内容は「平野壮弦のサクセス・ストーリー」といった感じにしたいと
言っていただいたんだけど、う~ん、まだちっともサクセスしていないんですけど?!

まあ、おそらく、半自伝的な感じで、コマーシャルベースの作品を紹介したり、
書芸術に対する考えをボチボチ語る、ってことになるんじゃないかと思います。

 

比田井さんは「私の30年の編集歴の中で、自分から、この人に本を書いて欲しいと強く
思った数少ない人です。」とまで言ってくださり、そんな奇特な方がおったんかいなって、
こっちが感激。しかも彼女は現代書道の父と称される比田井天来翁を祖父に、また20世紀を
代表する現代書の巨星・比田井南谷氏を父に持つ生っ粋の書家の家柄。

そんな方が、書壇からドロップアウトした一匹狼の自分に熱い期待をもってくださって。

でも比田井さん、オイラに目をつけたのはたぶん大当たりだね。見る目あると思うよ。

21世紀の書を変えるのは、SOGENをおいてほかにいないから。

威張って言ってるわけじゃない。それが自分の生きる意味であり、役目ってことなんだ。

 

南谷先生は生前「書は心を映し出す心線芸術である。」と言われたけど、達見だと思う。

でも自分はそれをもっと発展的に考てるところがあって、自分流に言えば、こうなるんだ。
「書は魂(SOUL)を表現する芸術であり、書芸術=ソウル・ドローイングである。」

南谷先生は時代の先を行き、孤高の芸術家としてその生涯を全うされたけれども、
いまようやく時代が比田井南谷に追いついたって感じなんじゃないかな。

その遺志をさらに発展させて広めていくのが自分の役目の一つだと思っている。

書芸教室も、デザイン書の仕事も、汚し屋パフォーマンスも、言ってみればすべて、
そのためなんだよね。

 

もう一つ、「書とはいかに美しくエロティックに汚すかの芸術である。」
ってのが 自分の考え。だから、なんでも汚すのさ。

相手が紙だろうが、物だろうが、人だろうが、ロボットだろうが、おかまいなしにね・・・
ときに阿修羅の如く激しく、ときに柔肌を撫でるが如く・・・(あ、ちょびエロ?^^)
だからオイラは「汚し屋・壮弦」なんだな。

なんだって汚しますよ、頼まれても頼まれなくてもね。
書をもって、あくまでも美しく・・・ね。

裸体に書くってのも、もちろんそう。そりゃあエロではあるけどね。
自分の場合はあくまで書が主体なんだな。

だから、裸体をエロく汚すこともあれば、壁面にイメージを書き込む
こともあれば、その対象はさまざま。

死ぬまで裸体だけでイって、伝説のエロ書家となる、ってのも、
悪くないかもしれないな・笑

 

それから将来、ジェット機ロケットに書かせてもらうつもり。
これは宣言します。ぜったい書きますんで。

で、世界一高い場所に書の作品を送った伝説の書家になります。

 
ってことで、ン? 長かったな。読んでくれてありがとう。

そんじゃ、また!

 

 

 

 

書道家/書家 SOGEN / 平野壮弦

 

WEB:http://www.hiranosogen.com/

twitter:https://twitter.com/hiranosogen

facebook:http://www.facebook.com/HiranoSogen