ART ROOM SHOWL インスタ、スタートしました‼️

先般オープンのご案内をさせていただいたいたART ROOM SHOWLですが、

このたび公式インスタグラムがスタートいたしました。


SHOWL厳選のアート作品や活動の様子をご紹介してまいりますで、

よろしければ、フォローよろしくおねがいいたします。

https://www.instagram.com/artroomshowl/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

〜展覧会のご案内〜丹羽芝水-刻と書のカタチ-2019.7.13〜9.1 弥彦の丘美術館にて開催

故郷新潟の書家、刻字家、丹羽芝水氏より、個展のご案内をいただく。

丹羽芝水氏は、昔からそのご高名を伺いながらもお会いする機会なく、

今年の1月にギャラリーみつけで開催された刻字のグループ展で、

初めてお目もじさせていただいた書人。

刻字作品展『刻一刻』の模様

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=18082

今回、新潟の弥彦の丘美術館で開催される『刻と書のカタチ』は、

氏の半世紀に渡る書業(刻業)を結集した一大個展となる模様。

以下は案内チラシにあった氏の言葉より。

制作活動の中、私の姿勢や書に対する考えは、書道界の潮流に長年抵抗はしてみた

ものの、如何せん蟷螂(カマキリ)の斧的な小さな存在でしかありませんでした。

その時々に自問自答しながら「汨羅(べきら)の淵に身を投じた屈原の如く

素直で透明感のあることを求め、束縛の無い、特定の師も無い、自分の方向だけを

向いた書人がいてもよかろう」(中略)の妄想的半世紀を過ごす事となりました。

謙遜されてはいるが、言葉の端々にも氏の純直な書芸術への求道精神が感じられ、

共感するところ大であるとともに、かような書人の展覧会を見逃す手は無いと、

ご案内させていただく次第です。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf



 
 

ザイ・クーニン再び

 

 

斎藤徹さんと過ごす会で、思いもかけず、シンガポールのアーティスト、

ザイ・クーニンのアートパフォーマンスを久々に見る機会を得た。

 

飯を食べ散らかしながら練り歩くという、相変わらずわけの分からない

パフォーマンスであったがW、もはや彼の存在自体と一挙手一投足がアートであり、

その摩訶不思議な魅力にまたもや魅せられた。
小さな子どもが食いついて大喜びW
斎藤徹さんも、子どもは理屈ではなく、全身全霊で感じるのだと言って

おられたが、まさに・・・

 

 
ザイ・クーニン  アート シンガポール マレーシア 書 書道 書芸

 

 

ザイはマレーシャーマンの血を引く世界的なアーティストであり、その表現は、

平面、立体、インスタレーション、パフォーマンス、音楽と幅広い。というか、

彼の存在そのものが、もはやアートなのだ。

 

中に書のような表現もあるが、もちろんそれは書道ではない。表し伝えたい魂が

あり、その時に用いた表現が書的なものであったに過ぎない。
書芸術を志向する者にとっては、基本、用材は筆墨となるわけだが、ザイの芸術

に触れるにつけ、見せるのは書道の腕前などではなく、魂であり世界観なのだ

というところを忘れてはならないと。

 

そんなザイが、おまえのアートは好きだよ、と言ってくれる。
自分は不器用で表す術は書だけだけれど、それでも求めていったなら、ザイの言う

ように、暗闇の中に光を見出せるものと信じて、これからも進んでイキたいと。

 

 

歴史の「暗闇」に文化の「光」を見出す、ザイ・クーニンに聞く。
https://bijutsutecho.com/magazine/interview/341

 


ザイ・クーニンやスゥ・ドーホー、宇治野宗輝も。

次回の金沢21世紀美術館コレクション展は「アジアの風景」
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18725

 

 


ちなみにザイは、このたびの日本滞在中、宮城を訪れ、津波にまつわる

インスタレーションやアートパフォーマンスを行う模様。


REBORN ART FESTIVAL 2019
https://www.reborn-art-fes.jp/artist/zaikuning

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

 




 
 

『ART ROOM SHOWL』本日オープン

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

書芸アートに特化したアートギャラリー『ART ROOM SHOWL』が本日オープンいたしました。

微力ながら、今後とも書芸の精神と書芸アートの普及に努めてまいりたいと存じますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

FACEBOOK
https://www.facebook.com/artroomshowl/


令和元年7月1日

平野壮弦

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

ART SHODO FESTA 本日より、三鷹市芸術文化センターにて開催

現代アートとしての書芸術の世界を希求するアート書道祭『ART SHODO FESTA』が

本日より、三鷹市芸術文化センターを会場に開催されます。

自分は出展いたしませんが、SOGEN書芸塾の塾生作家、数名が出展予定です。
どうぞご高覧ください。

art shodo festa 書道 書道展 現代アート 三鷹市芸術文化センター

ART SHODO FESTA

会場:三鷹市芸術文化センター
会期:6月21日(金)〜6月23日(日)
6.21は14:00~22:00
6.22/6.23は10:00-18:00
入場料 600円(3日間フリーパス券)

詳細⇒https://www.facebook.com/artshodofesta/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf



 
 

ピクニック♪🍀🌈

今日はSOGEN書芸塾ARCの有志で、新宿御苑ピクニックをしてきてました。

なんと、ちょうど無料解放日でラッキーでした!

新宿御苑ではこれまで、野外教室を開いたり、フランス人留学生の若者たちと

書芸アートワークを行ったことがありますが、今回はただのピクニック♪

ただのピクニックなんて、書芸と関係ないのでは?

いいえ、大あり、なのです。

というのも、あそび心の中にこそ、書芸の本質があるからです。

書芸においては、書の作品をクソ真面目に書いているばかりでは大成を見ず、

人生における様々な経験や思索を通して熟成されていくもの。

かつて書芸塾に「アートクラス」を設け、現代美術家、画家、造形作家、デザイナー、

ダンサー、音楽家、写真家、映画監督といった異分野の錚々たる表現者の方々に

スペシャルワークを行っていただいたのも、そういった想いからで、

今それが、作品というカタチとなって、どんどん現れ始めています。

SOGEN書芸塾ARC-過去の開催クラス風景-

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

今日は少人数でしたが、新緑も芳しい野外で寛ぎつつ、皆でよもやま話に

花を咲かせ、実に有意義で楽しいひと時となりました。

ピクニック、たのしかったな〜❣️ さて、こんどは何してあそぼうっか?!😃

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

顔真卿展

はい、見て来ましたよ、顔真卿。顔面神経ではないですよ。がん・しんけい!

中国は唐代の政治家にして書家。

為政者であるとともに、王羲之の本格の書に学びながらも、書法を超えた

人間的な情感溢れる書を成して、書の革命者とも言われた書人。

書道のルネサンスを起こした人、ってかんじでしょうか。

今回はその顔真卿の直筆である「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」が、

台北の故宮博物院より初来日とのことで、行って来ました。

平日にも関わらず、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザや、国宝となっている

空海の風信帖を見た時以上のとんでもない混みようで、「はい、間を開けずに

お進みください!」との係員の誘導で、鑑賞時間はなんと5秒!

幅数十センチの書簡だからね。あっという間でしたよ。

にしても、なんでこんなに顔真卿が人気なのか・・・

老若男女を問わず、こんなに書道好きな人いたの?ってかんじW

顔真卿がこの様を見たら、なんと思うだろうか?

「たしかに書には自負するところがあるにしても、祭姪文稿なんて、

弔文の草稿だよ? 書き直そうか、とも思ったけど、草稿だから、

ま、いっか、と思って、間違ったとこは塗りつぶして、そのまま勢いで

書いたんだけど、まさか後世、この書を一目見たいと、

こんな行列が出来ることになるなんて、夢にも思わなんだわ。

いや、メッチャうれしいんだけど、人類、だいじょうぶなのか?

千数百年も経っても、あんまし進歩してないってこと?」

なんて思ったりしてW

で、なぜ顔真卿が、かくも人気なのか。

ほんとに王羲之を超えるほどのスゴい書家なのか。

祭姪文稿の書としての真価はどうなのか、って話ですが、

書くと長くなるので、SOGEN書芸塾ででも、折をみて・・・``

顔真卿-王羲之を超えた名筆- 奇跡の初来日。

「王羲之を超えた」とか、「奇跡の初来日」とか、キャッチが上手い!W

並ぶの嫌い! もう帰ろうかと思った・・・W

なんやわからんけど、これだけ撮影可W

石碑もデカいわけだけど、よくこんな巨大な拓本をとったもんだと。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

刻字作品展『刻一刻』

その昔、大変お世話になった恩人からのご案内で、ギャラリーみつけ

開催された刻字作品展刻一刻』を拝見。

15名、総作品数43点による本展は、書も彫りも、木の選択から装丁の仕方まで、

実に個性的で、それぞれの作品が、一作一面貌で生き生きと輝いており、

稀に見るたのしい展覧会でした。
ここまでくると、伝統的な刻字を超えたアートの域。

兼ねてよりご高名を伺っていた、代表の書家であり刻字家の丹羽芝水先生が、

「自分の言うことなんか聞きゃしない、みんな好き勝手にやって・・・」と

ボヤいて?おられましたが(笑)、そういった師の懐の深さが、このように

豊かで実り多き作品の創造へと繋がっているのだろうと拝察。

それにしても、新潟の書人は力がある。
故郷である雪国新潟の文化度の高さをあらためて感じさせられた展覧会

ともなりました。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf





 
 

吉田沙保里さん現役引退、おつかれさまでした‼️

女子レスリングでオリンピック3連覇を成し遂げ、国民栄誉賞をも受賞された

吉田沙保里さんが現役引退を決めました。

沙保里さんとは今から10年前にご縁をいただき、地元新潟県十日町市で

一緒に田植えをさせてもらった時のことが懐かしく思い出されます。

テレビでは大きく見えますが、ほんとに小柄で、よくあのように凄まじい

パワーが出るものだと・・・

十日町市での女子レスリング五輪メダリストのみなさんとの田植えの模様

写真左より、伊調千春さん、吉田沙保里さん、壮弦、伊調馨さん、浜口京子さん

私の書芸展の会場にも、浜口京子さんや伊調姉妹と連れ立って来てくれて、

みんなで一筆書いていってくれたこともありました。

このとき、みんな、何のためらいも無く書き出したのには感心。

おそらく普段、ファンからサインを請われて沢山書いているため、

書くことに慣れているのではないかと。

書に名前や日付まで入れるあたりを見ても、おそらくサインを書くような

感覚なのかもしれません。

で、書にも表れているように、浜口京子さんがほんとに素直でマジメなのに

対し、吉田沙保里さんは遊び心いっぱい❣️といった感じで・・・

(画像中央が沙保里さんの作ですが、本人曰く「イカ星人」だそうですW)

一緒に田植えをした時も、沙保里さんが泥に足を取られて転びそうになり、

「せ、先生、ちょっと腰を貸してください!」と叫んで私の腰につかまって

きたりと、ほんとうにオチャメで``

一方、京子さんのほうは、一緒に写真を撮ってほしいと言われて、

彼女のスマホで2ショット写真を撮ってもらったのですが、

「写真をブログに載せてもいいでしょうか?」とわざわざ断ってくれたりして、

自分のほうがよほど有名人なのに、なんと礼をわきまえた人なのだろうと。

いまの女子レスリング界の隆盛はもとより、このところ女子の格闘家が増えて

活躍しているのも、吉田沙保里さんはじめ女子レスリングのメダリストたちの

功績が大きいのではないかと思います。

沙保里さん、長きに渡る現役生活、ほんとうにおつかれさまでした。

第二の人生の門出にあたり、陰ながらますますのご多幸をお祈りいたします。

2019.1.9

壮弦 拝

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

『小千谷豪商の館 西脇邸』 紅葉ライトアップ庭園解放開のご案内🚨

 

 

表看板となるロゴ書を揮毫制作させていただいた

小千谷豪商の館 西脇邸』にて、この連休の3日間、

紅葉がライトアップされ、庭園が解放されます🌳

 

SOGEN揮毫の越後銘酒『苗場山』の無料試飲、販売も

行われるとのこと。
昨日は雨模様でしたが、今日は打って変わって良い日和と

なっているとのことで、紅葉も最高の見ごろとなっております🍁

 

庭園開放は明日まで。
お近くの方は、ぜひ出かけください‼️😊

 
 
-小千谷豪商の館 西脇邸 紅葉ライトアップ庭園解放開のご案内-

 
開放日時:11.23(祝)~11.25(日)10:00~19:00
★苗場山の無料試飲・販売も行います🍶
 

 
小千谷豪商の館 西脇邸:http://www.ojiya.com/nishiwaki/info/

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf