『坂井八空展』に若き日の師を偲ぶ

 

 
12月初旬、日本有数の豪雪地域にある実家(新潟県十日町市)の雪囲いに帰省した折、新潟市・
潟東歴史民俗資料館で開催中の『坂井八空展』に、若き日の書の師匠・故・坂井八空先生を尋ねた。
坂井八空(さかい・はっくう)先生は、自分が20歳から30歳までの10年間、師と仰ぎ多大なる
益を受けた大恩ある方。ちょうど先生が50歳代の油の乗った時期に多くの刺激と教えを受けたことで
今の自分があると、今も深く感謝している。

 
坂井先生は24歳という若さで日展に入選、また同年、日本の一大社中展「書壇院展」において、
最高賞である内閣総理大臣賞を受賞されている。
あらゆる書の古典に精通され、若くして書の天才と謳われながらもそこにとどまることを
良しとせず、書壇においては異端異才、生涯を賭けて純粋に書芸術の本質を求め続けた
芸術家である。

 
目の前でさまざまな詩文を、しかも活字を見ながら楷行草篆隷の五体に芸術的に
書き分け、どんな紙面にもピタリと納めるという凄技を見せていただいたことも。
魔術師のように筆を操り、思うがままの線を自在に書き表す腕に加え、墨色の活かし方に
おいても天下一品。それほどの腕を持つ書家が、果たして今の世にどれほどいるだろうか。

 
一方、さほどの書の才を持ちながら、思えば先生から作品を観ていただくにあたり
細かい書の指導を受けた記憶は無きに等しく、その作品に訴えてくるものがあるかどうかを
常に問われる中で、芸術的にモノを観る目を養い鍛えていただことが、まちがいなく
今に繋がっていると思う。
文字によらない筆線による抽象作品を初めて見ていただいたときも、「字を書こうが
書くまいが、いいものはいいんだ。」と推してくださるような、器の大きな方だった。
先生の奥様にも大変お世話になり感謝しているが、自分がちょうどご夫妻の娘さんと
同い年だったことから、子どものように思って可愛がってくださったところもあった
のかもしれない。
 
これは余談になるが、若き日にはドラムを叩き、晩年はスープラ(スポーツカー)に乗って、
「信号待ちしたときに一気に加速して出し抜くのがキモチいいんだよ♪」などという
ヤンチャな面も・・・W

 
 
さて、話を展覧会に戻すが、久方ぶりに恩師の作品群に触れ、在りし日の姿を懐かしく
偲ぶとともに、その境地の高さにあらためて尊敬の念を抱かずにはいられなかった。
そういえば坂井八空先生のご本名は「偲(つとむ)」であり、文字通り人を思いつつ、
世界の大空に向かって羽ばたく鳳のような存在であったと思う。
 
館内撮影禁止であったが、以下に思わず撮った写真をご紹介させていただく。
先生にお断りしたところ、「やあ、いいよ、撮って載っけてくれよ。」との天の声がしたもので・・・
ご親族、ご関係者の方、どうぞお許しください。
 

2-639x869

7-705x888

 

 

3-888x468

 

4-500x888

5-500x888

6-888x195

 
 

なお、これは拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』にも書いたことだが、30歳で書壇を離れ、
坂井先生の元も離れることになった際に、師は紙だの墨だのを山のように手土産に
持たせてくれながら、次のように言われた。
「自分も本当は一人でやりたかった。が、自分は大きな書壇に所属する道を選んだ。
しかし、キミはぜひがんばってくれ!」
そして別れ際にこう言われた。「これからは書を共に語り合う友として付き合おう!」
こんな師がほかにいるだろうか・・・若き日にこのような素晴しい師に巡り会えた自分は幸せ者である。

 
 
坂井先生、このたびはありがとうございました!
久しぶりにお目にかかれてうれしかったです。
今生では叶いませんが、またあの世でお酒と書の談義、ぜひご一緒させてください。
そのときを楽しみにしております。
 
 
2016.12.4
 
平野壮弦 拝
 

 
-追記-
 
展覧会場の2階が歴史民俗資料室となっており、合わせて観賞。
潟東には「鎧潟」という名の湖があって、その昔、漁に使った舟をはじめとした
さまざまな実物が展示されており、実に興味深いものだった。
こういうものを見ると、古来からの生活文化を脈々と受け継ぎながら、その地でたくましく
生きていた古人の姿が偲ばれる。
ちなみに坂井先生は『書道研究・鎧湖会』の看板を掲げられ、『鎧湖展』(坂井先生主催の社中展)を
何十年にも渡って開催し、後進を育てることにも力を注がれたが、おそらく「鎧湖」の名に
故郷への想いを込めてのことだったのだろう。
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/(デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)
 
 




 
 

なんだキミは?! ~ヘビクイワシ IN 上野動物園~

 
 
上野動物園で衝撃的な鳥と出逢った。
 

ビックリして、「なんだキミは?!」と尋ねたら、振り向いて、
「そうです、ワタシがヘビクイワシです。」とW
 

名前は恐ろしげではあるけれど、ご覧の通りの美しい姿体。
鳥獣界のスーパーモデル?!   なんでそんなに美しいのよ?

 
 
ヘビクイワシ

1-%e3%81%b8%e3%81%b3%e3%81%8f%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%97-555

 

 

動物たちを見ていると、その生命体としての充足ぶりに、同じ生き物として、

「いや、もう参りました!」と思わず頭を下げたくなる。

もちろん、狭い檻籠に入れられて窮屈に感じてはいるのだろうが、

彼らは人間のように思い悩むこともなく、生命体として、

ただ己であることで充足している。

 

このヘビクイワシも含めて動物はみんな、鏡に映して自分の姿形を見たこともなく、
自分が美しいとか醜いなんて考えたこともないだろう。

とすると、美しいとか醜いとか思うのは、やはり個々の人間の主観であって、

だとすると、なぜこの地球上の自然や動植物が人間が美しいと感じるものに

満ち溢れているのか、不思議としか言いようがない。

 

アダムとイブの神話がもし教義をわかりやすく伝えるための逸話だったとしても、

知恵の毒リンゴを口にして以来、人間の堕落が始まったという話には頷けるところが

あるように思う。

人間は頭を使い、道具を発明することで文明を発展させてきたわけだが、

生命体としてはもっとも非力な生き物ということになるのではないか。
 

頭脳が発達すればするほど頭と身体とが切り離され、悩みもまた際限なく膨らんでいく。

悩みがあるから人間であり、文明の発達もあるのだろうが、

益々頭でっかちになってゆくかに見える人類は、一体どこに向かっているのか・・・

自然界の動植物の、その生命体としての潔い生き様に触れるにつけ、

深い感動を覚えるとともに、地球で一番エラそうにしている人間が一番ダメじゃん、

などと一人思い悩むのだ。にんげんだもの・・・

 

 

ハシビロコウ              クジャク

2-%e3%81%af%e3%81%97%e3%81%b3%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%86-555

3-%e3%81%8f%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8f-555

 

 
SOGEN書芸塾主幹・書芸家SOGEN/平野壮弦公式サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://www.sogen-arc.com/(スクール)

 

 

 




 
 

ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

いま韓国では『ウララ・パ~ラ~♪!』という挨拶言葉が大流行!
・・・というのはウソで、これ、実はソウル展でお世話になった書芸家・呉旻俊さんの
5歳の次男Jくんが発明した造語です。
ソウル展の間、お母さんといっしょに何度も会場に来て、受付の手伝いをしてくれました。
受付でいっしょに絵を描いて遊んだのですが、ときに歌いながら、ときに踊りながら、

ときに机を太鼓のように叩いて鳴らしながら、楽しく描いていました。

 

これぞまさに全身芸術家だと!

 

自分がワクワク、ハッピーな気持ちで何かを表す。
それを見ている人もハッピーな気持ちになる。
そのハッピーな気持ちになった人を見て、自分ももっとハッピーになる。
まさにハッピーの連鎖循環♪!

 

ひとしきり絵を描き終わったあと、Jくんが『ウララ・パ~ラ~♪!』と言いながら、
お母さんとコブシをぶつけ合い、万歳しながら両手をヒラヒラと揺らしていたので、
それは何?と尋ねると、何か成功してハッピーな気持ちのときにこうするのだという・・・
そう、『ウララ・パ~ラ~♪!』はJくんオリジナルの言葉なのです。
ウララ・パ~ラ~♪!・・・たしかに言葉の響きだけでも、何だかとってもハッピーな感じが

しませんか? いやはや、天才だな。

 

で、思ったのです。
自分が今回のソウル展で表したかったのは、まさにこの『ウララ・パ~ラ~♪!』の世界なのだと。
自分にとって作品づくりは遊んでいるように見えて、実は産みの苦しみの連続なのですが、
自分もハッピー、それを見ている人もハッピー、そのハッピーな人を見る自分もまたもっと

ハッピーになるという、ハッピーの連鎖循環こそ、自分が書芸を通して味わい、また伝えていき

たい一番のことなのだということを、Jくんからあらためて教わった思いです。

 

で、なぜかJくんに好かれて「日本のおじいちゃん」と呼ばれ、うれしさ半分、ショック半分でしたが(笑)、

聞けばJくんは自分と同じ丑年生まれで4回りもちがう、ってことは50年近くちがうわけだから、

そりゃあ、おじいちゃんだわw

 

でも奥さんが「今日も日本のおじいちゃんに会いに行く?」と聞いたら、Jくんが、

「ママ、おじいちゃんって言っちゃダメだよ。センセイだよ。」と言ったという話を

奥さんから聞いて、やっぱおじいちゃんがいいと・笑

 

 

ちなみに呉さんの長男で小学1年生のSくんとも会ったのですが、日本語で1から10まで

数えて聞かせたら、なんと1回で覚えたのには驚きました。

兄ちゃんは頭脳明晰で弟は芸術家肌。

日本のおじいちゃんとして、孫の成長をたのしみにしつつw、呉さんファミリーの

末永い幸福を祈っています。

 

呉さん、展覧会の間は毎日遅くまで(朝早くまで?)付き合ってもらってありがとう!

忙しいと思うけど、これからはファミリーのためにもシンデレラ・ボーイ(12時前に帰宅W)

めざしてください``

 

それではみなさん、ごいっしょに、ウララ・パ~ラ~♪!

 

 

jn-1-555

jn-2-555

jn-3-555

jn-4-555

jn-5-555

jn-6-555

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 

 

 




 
 

最後の晩餐 IN ソウル

 

ソウル滞在、最後の晩餐は、済州島(チェジュ島)の最高級黒豚の焼肉に舌鼓♪
 
みんなでしこたまご馳走になって、お代を払おうとしたところ、なんとお店の社長さんが、
「今日はセンセイからサインをいただいたので、みなさんの分も含めてお代はけっこうです」と。
おお、ついに金無しでメシが食える身分に???W

 
%ef%bd%93888x592

 

韓国の友人に「韓国の人たちはこんな美味いもんを食べてたら、パワーが出るわけだ。」

と言ったら、「いや、先生のために美味しいところを探して来ているんですよ。

ぼくらは普段は安いラーメンとか食べてます!」と。

いやはや、そうだったのか、それはほんとにありがとう!!!と言ったら、

「でも、先生のおかげで、ぼくたちも美味しいものが食べられますから!“」と。

 
ほんとうに毎日のように美味しい店へ案内してもらい、友人たちが
入れ替わり立ち替わり集まって歓迎の宴を開いてくれました。
感謝感激、チョンマル カムサムニダ!!!
日本に来たら、ぜひ美味いもん、しこたまご馳走させてもらいますぜ!
 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

献花

 
 
昨日、献花させていただいてきました。

 
入居者の方たちはすでに転居されたようですが、通りがかった職員らしき方が
「ありがとうございます!」と声をかけてくださいました。

 

%e6%b4%a5%e4%b9%85%e4%ba%95%e3%82%84%e3%81%be%e3%82%86%e3%82%8a%e5%9c%921-2016-9-10

 

車で数分走ると、相模湖が現れました。
かつて東京オリンピックのボート競技も開かれた所です。
あのような凄惨な事件が起きたとはにわかに信じがたい、のどかで自然豊かな地域。

 

%e7%9b%b8%e6%a8%a1%e6%b9%962

 

一人の怪物の仕業で片付けていい事件ではないという意見もありますが、そこは強く同感。
これは萬人の心の奥に巣食う、この世界の多様性を認めずに排斥しようとする心が元凶となって
起こってしまった事件のように思われてなりません。
 

セキュリティーの強化や事件を未然に防ぐための対策はもちろん必要でしょうが、
大統領府でもなければ、今回の事件のように人がもし人を本気で殺そうと思ったなら
防ぎようがないことを思えば、根本的な解決の糸口はもっと前の、人々の心と

社会の在り様にあるのではないか・・・
のどかな相模湖の景色を眺めつつ、たとえ嫌なことなど忘れてしまいたくとも、
この犠牲を無にしないためにも風化させてはならない出来事なのだと思いました。

 

2016.9.11

 

合掌

 

壮弦野人

 

 

 




 
 

アルパカ牧場 IN 山古志

 
 
このお盆は山古志にもいってきましたよ。
錦鯉牛の角突きで有名。
美しい棚田の風景と谷間に点在する家々の風情が、さながらアルプスのよう♪
中越地震でメタメタにやられたけど、見事復興!

 

芝浦工業大学の学生有志が、山古志の復興のためにつくったというアルパカ牧場

あったので寄ってみました。こういう試みはスバラシイね!

 
で、アルパカって初めて見たけど、もふもふで、大人しくて人懐っこくて、

メチャかわいいやんか♡

このもふもふの毛で書いたら、また面白いだろうなぁ・・・

 
1.888

 

山古志 アルパカ牧場のご案内

http://sp.jorudan.co.jp/zoo_aqua/spot_12544.html

 

 
書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

今日の中野界隈

 

今日は中野界隈を散策♪

 
いつも何気なく見過ごしていた町並みが、なんだか急に面白く見えてきたから不思議。
表通りから一歩入っただけで景色が一変するあたり、東京なんて住むところじゃないって言われるけど、
なかなかどうして、東京も味があって面白いんじゃないか?W

 

 

 

DSC07119 (304x456) DSC07121 (304x456)

DSC07134 (304x456)-BDSC07132 (304x456)

 

DSC07137 (456x304)-B DSC07142 (456x304)-B

DSC07144 (456x304)-B DSC07154 (456x304)-B

DSC07155 (456x304)-B DSC07161 (456x304)-B DSC07172 (456x304)-B

DSC07193 (456x304)-B  DSC07206 (304x456)-B

 

DSC07207 (456x304)-B DSC07209 (456x304)-B

DSC07213 (304x456)-BDSC07238 (304x456)

 

書芸家SOGEN公式ホームページ

 

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 




 
 

本栖湖畔の紅葉の中で書く!~SOGEN書芸塾ARC・秋合宿~

 
 

11月7日(土)、8日(日)の旅程でSOGEN書芸塾ARC・秋合宿に行ってまいりました。
会場は富士山麓の本栖湖畔のステキなホテル♡♪

 

あいにくの雨で富士山は拝めなかったけど、見事な紅葉と美味しい料理を満喫♪
もちろん書も書きましたよ!
湖畔で拾ってきた落ち葉やドングリや松ぼっくりなんかも使って自由に作品を制作。
ちょうど男女の数がピッタリ半々だったもんで、ペアーで作品を作るコラボワークも。
互いの筆線がくんずほぐれつ(笑)、なかなかエロいい感じにイッたんでねーか?!w

 
youtubeに合宿の模様をアップしましたので、どうぞご覧ください。
 

 
2015秋合宿作品

 

二日目に行った富士花鳥園では世界のフクロウと対面!

惚れたぜ、フクロウ!笑

ドデカイのからチッコイのまで、しかも顔もまるで中国の変面のように色々で、ほんとに面白い!

きっと昔の人は山や森でフクロウに会って、鬼や妖怪が出たと思い込んだんだろうな。

フクロウと鷹のバードショーも満喫♪

鳥好きにはたまらない富士花鳥園、お薦めです!

 

世界32種、100羽のフクロウと出会える「富士花鳥園」

http://kamoltd.co.jp/fuji/birds

 

bird_owlshow_main[1]

 

ちなみにSOGEN,書道パフォーマンスの仕事のため前日に車で伊豆に入り宿泊、

翌日に富士山を目指して爆走したものの、道に迷って伊豆で踊りまくりました。

富士山が目印ってのは、やはり無謀だったようで・笑

まあそれでも何とか辿り着けたのでよし!

どうもあらかじめ分かっている確かな道を行くのが苦手な性分が運転にも出ているようで・・・

ただそのおかげで、思わぬものが見れたり、思わぬ人と出会ったり、

といった楽しみもあるのだが。

まあ人生、急いでみたってしょうがない、適度に道草を食いながら歩いてイキましょう♪笑

 

ところで、東京までマイカーに載って一緒に帰る勇気のある者はいるか?と塾生たちに問うたところ、

一人の立候補者もなく、みなバスで仲良く帰りました。

めでたしめでたし♪

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)
 
 




 
 

広島の高校生が来訪~書芸家(書道家)SOGENの仕事場探訪~

 

 

世界のSOGENに、近場の広島の女子高生から、東京への修学旅行の仕事場探訪で、
書芸家(書道家)に会って色々と話を聴きたいとのことで、オフィスにオファーをもらう。
いいだろう、受けよう。

 

ネットで昨年の秋から書道や書道家のことを自分なりに色々と調べて、書芸に興味を持ち、
東京への修学旅行ではぜひSOGENに会って話を聴きたいとのことで、ダメ元で連絡を
くれたらしい。
SOGENに目を付けたのは見る目があるw もうその時点で将来有望だよ。

メールの文面も、大人以上にしっかりしてて感心。
こういう研修を許可する高校も太っ腹で素晴らしい。

 

 

やって来たのは女生徒一人と男子生徒二人。
男子諸君は書道をやっているわけではないが、未知の世界を見て見聞を広げたいのだと。

 

自己紹介、プチレクチャー、質疑応答などをフリーな感じで行ったあと、みんなに書を
書いてもらった。
意外にも、書をやっていない男子高生が自由にバンバン書きまくって、
書道の上手い女生徒は、色々と考えながら書いているところが面白かった。
が、書いているうちに女生徒もいい感じで壊れてきて・・・笑

 

 

JH-1

 

 

最期に半紙を繋げてみんなでコラボ制作♪

 

JH-2

JH-3

 

 

マジメにひたすら書道を学んでいる若者には、ちと困惑するような内容だったかもしれないが、
得ると同時に、捨てて壊していくことの大切さを感じてほしかった。

 

臨書をするのはどうなんでしょうか?」と聞かれた。
やればいい。自分も若い頃はトコトンやった。やりたければどんどんやって、借り物ではない
自分の血肉となるまで吸収し、あとは老廃物として捨てるのだ。
書道展も出したければ出せばいい。で、どうせ出すなら最高賞をもらって、さっさと卒業する

ことだ。

 

 

書を生業として生きていくに、大きく分けて3つの道があると思う。
 
1.書道塾や学校の書道の先生として、日本の書壇の中で生きていく道
2.伝統書道を土台としつつも、その枠組みを離れ、独自の書表現を生み出し、
  書のアーティストやデザイン書作家として生きていく道
3.書芸術をベースとしつつも、これが書か?!というような現代芸術家を志す道

 

そこに正解は無く、自分がどうしたいかだけなのだが、書芸術を愛する者の一人として
書の未来を想うとき、若い人たちにはぜひ、書は外国人にはどうせ分からないなどと
内にこもるのではなく、世界の芸術としての書の可能性を切り拓き、人種や文化、宗教のちがい
といったものを超えた、人間同士の、もっと言えば、宇宙の森羅万象との交感の力と
していってもらいたいと願っている。

 
しかもKさんは英語も出来るらしいから、ぜひ書芸術も含めた真の和の芸術文化を世界にむけて
発信していってほしいものだ。
えっ、オレ? そういえば前世で英語をやっていたような・・・
はい! 自分も若い人たちに負けないようにがんばります♪

 

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)
 

 




 
 

天才バカボンと、バカボンのお店で呑んだのだ!

 
 
天才バカボンと、バカボンのお店で呑んだのだ!
その人の名は、書家・ゲージツ家の山本尚志さんなのだ!
 
 

昨日、赤塚不二夫さんが常連だった中井の居酒屋「権八」で、
山本尚志(やまもと・ひさし)さんとお会いし、一献かたむけた。
昔一度、書展で言葉を交わしたくらいで、二人でじっくり話をさせてもらうのは
初めてのこと。
山本さんは天才なのだから、敬意を表して天才バカボンの店にご案内させてもらったのだ!
で、なんと夜中の2時まで6時間以上語り合い、それでも話が尽きず・・・

 

彼もまた書家を名乗りながら、まったくもってぶっ飛んだアーティストであり、
芸術家魂の塊のような人。
昔からその存在を聞き及んではいたものの、天才的なバカさ加減を感じるからこそ(笑)、
こんなバカボンにはヘタに近づかないようにしよう♪などとと思っていたところ、
御縁をいただき会うことに・・・
しかし、時はまさにいま、だったのだと思う。
山本さんが、ちょっと前だったらこの出会いにはなっていなかったと思う、
と言ったけど、自分も同感。
人と人との出会いには、相性だけでなく、タイミングというものもあるのだろう。
今回の出会いの縁をつくってくれた福の神、書人の菅原晋さんに感謝!
 
 
で、何を話したかって?
それはもう、あんなこと、こんなこと、エロエロとね・・・
いや、書くとタイヘンのヘンタイのタイヘンなのだ!ってことになるんで、
差し控えておくけど、山本さんが録音しておきたかったって言ったくらい、
実に濃厚な内容だったと思う。
誰も立会人はいなかったけど、これってもしかしたら、書芸術史上にのこるくらいの
ビップ対談だった、かもね?!笑
 
ただこれはまだ、事の始まりなのだろうと・・・
今回、今後のスパークから、台風の目が生まれてくる、なんてことになるかもね♪
 
書道、書道アート、アート書道、書家、書道家

山本尚志『マシーン』(2015.第七回天作会出品作)

 
 
山本さんにSOGEN書芸塾でのワークをお願いしたところ、快く受けていただいた。
今秋に1回、来春に1回の2回の特別講義&ワークをしていただく予定。
早速、プランを送ってくださったのだが、う~~む、これはもう、
大学でもどこでも聴けないような、超スペシャルな内容・・・
 
書芸術をこよなく愛し、世界のトップをゆく芸術家が、いま何を想い、未来に何を見ているのか。
 
この講義は、その一端を垣間見せてもらうものになるだろう。
自分が一番受けたい講義。いまから胸のワクワクが止まらない。
 
書、アートに関心のある、日本中、いや世界中の皆さんに、ぜひぜひ受講いただきたい。
山本さんの特別講義については、またブログでご案内させてもらいますので、
どうぞお見逃しなく!
 
 
山本尚志先生特別講義
 
第1回テーマ:魂の見える書とは
 
開催予定日:2015年9月19日(土)
 
〜内容〜
誰だって、書は書ける。では、何をどう書けば良いのか?
 
・書に於いて技術とは何を指すか?
・書にリズムは存在するか?
・書は余白の美なのか?
・書に構図は必要か?
・書のモチーフである文学や文字と自分との関係は?
・書の中の魂とは?
 
 
第2回テーマ:書の作品が、生まれるまで
 
開催予定時期:2016年春
 
〜内容〜
一人の人間が、書と出会い、創作に移るまでの心境を追う。
 
・作家にとって臨書は必要か?また、必要な場合はどこまで必要なのか?
・紙に向かう時の心境とは、どんなものか?
・モチーフと作家の関係とは?
・紙のサイズについて。
・誰のための作品なのか?展覧会は、何のために必要なのか?
・作品を選ぶということ。
・作品を残すということ。作品はどれだけ残すべきか?また、何のために残すのか?
 
 
SOGEN書芸塾の会員以外の方もご参加いただけます。
いずれも会場は加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホールを予定。
内容は変わる場合があります。

 
山本尚志先生特別講義、SOGEN書芸塾ARCへの参加お申し込みはこちらより
http://sogen-arc.com/inquiry/index.php
 
 
 
書道家・書芸家SOGENオフィシャルWebサイト

 

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)