五料庵



五料庵(マコー株式会社様保養施設)


群馬県安中市松井田町五料の山中に佇む、書院造りのすばらしい建物と贅沢な空間。
これより、こちらに飾っていただく書作品の制作に臨みます。


五料庵 書家 書道家 有名 掛け軸 作品 依頼



五料庵 書家 書道家 有名 掛け軸 作品 依頼
五料庵 書家 書道家 有名 掛け軸 作品 依頼
五料庵 書家 書道家 有名 掛け軸 作品 依頼



《備忘録》


いま思いついたのですが、色んな場所に色んな作家の作品を飾るのが定番ですが、
同じ場所に色んな作家の作品を取っ替え引っ替え飾って、空間がどう変わるかを
見るのもオモシロいんじゃないかと。
たとえばこの建物の床の間。アメリカの大学教授の友人は、狂草が合うと言った。
書家、現代美術家の山本尚志さんの新作「ナカマ」を飾ってもオモシロイかもしれない。
そうなると、場に合わせて作品をつくるというよりも、作品が場を仕切るカタチになりそうだ。

作品本位でつくるのと、飾られる場や空間を意識してつくるのでは、表れてくる
ものが違ってくるだろう。また飾られる時と場により、作品は違って見えてくるものだ。
つまり、作品自体も不変ではなく、飾られる時と場、鑑賞者により変化していく。
そういった変化も含めてたのしみ、味わうのが、アートなのかもしれないと。



あと思ったのが、デザインは、ターゲットとなる多くの人たちに、ある一定の同じ
イメージや印象を抱かせる役割があるのに対し、アートには、見る人ごとに異なる
イメージや印象を喚起させる働きがあるのだということ。だから一目見て、
うん、分かった、で終わりの作品や、あらステキとみんなが誉めそやすような
作品は、芸術としては浅く薄っぺらい。また逆にデザインにおいては、見る人ごとに
解釈や印象が異なるような多次元的な芸術性は、まずもって不要なのだということ。


建物の中に作品を飾るというのは、建物という人工物の中に、作品という人工物
(つまりアート)を飾るということで、どちらも「物」なわけですが、それらは
ただの物質ではなく、人の手が加えられ、人工的に生み出されたことで、人の精神性、
もっと言えば霊性が込められ、どちらも特有の波動を出しながら干渉し、響き合って
そこにある。それを人という霊性を宿した高等生物が目で見、肌で感じ取る。
それが、その時、その場で、人が芸術作品と出会い、芸術を味わう、ということ
なのではないかと。

所以、芸術の真髄は、ビジュアル的なオモシロさや奇抜さにあるのではなく、
その作品がいかなる霊性を蔵しているかにあると。





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

小千谷豪商の館 西脇邸、蔵ギャラリーへ



大看板の書を揮毫させていただいた、小千谷豪商の館 西脇邸へ


有形文化財に指定された素晴らしい建築と庭園を満喫させていただく。
錦鯉にエサをやって、プチお殿様気分♪


蔵ギャラリーに、制作させていただいた西脇邸ロゴ書のバリエーション作品を
飾っていただいています。
まだ邸内には上がれませんが、庭園と蔵ギャラリーはご覧いただけますので、
ぜひお運びください。特にこれから、紅葉の季節は最高ですよ‼️



西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉  ロゴ書 デザイン書
西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉 ロゴ書 デザイン書
西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉 ロゴ書 デザイン書
西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉 ロゴ書 デザイン書
西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉 ロゴ書 デザイン書
西脇邸 小千谷 豪商の館 錦鯉 ロゴ書 デザイン書




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

真剣にあそべ♪!




足らないのは気合ではなく、”あそび心”



依頼いただいている文字書の大作が、なかなかモノにならないワケが見えてきた。
人生も、書芸も、あそびだと言いながら、未だに書道的な気合いをもって、
なんとかソツなくカッコウを付けようとしていたのだ。が、そこからは驚きも感動も
生まれるべくも無い。
表すべきは、誰からも褒めそやされるような立派な書道作品、ではなく、
宇宙自然に通ずるあそびの極みなのだ。

もっと、真剣にあそべ!



書家,書道家,アート




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

書をナメるな



一発でキメられると思っていた作品が、いくら書いても出来ない。
今更ながら、書をナメていた。いや、だからこそ、書はオモシロイのだと。




※画像は大作の部分


書道家 書家
書道家 書家
書道家 書家



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)








 
 

『diffusion 〜拡散〜』ART ROOM SHOWL 書芸アーティスト、KYO SHIMOYAMA 新作アートのご紹介

shodo artshodo shodo art  アート書道 書芸 showl shogei

ART ROOM SHOWL 書芸アーティストKYO SHIMOYAMAの新作アートのご紹介。

diffusion 〜拡散〜』と題された本作品シリーズは、ソーシャルネットワーク等
による虚偽情報の氾濫(インフォデミック)に加え、コロナウィルスをはじめとした
細菌の爆発的拡散(パンデミック)の双方への作家の思念をベースとした、
タイムリーにして人類永遠の課題を扱った問題作となっている。


マイナス面での拡散をテーマに織り込みながらも、かくも美しい芸術作品と成り
得ているのは、作者の人類、宇宙自然への愛と、人類の未来への希望のようなものが
一筆一筆に織り込まれ、作品ごとに異なる全体像を浮かび上がらせているから
ではないかと。
『diffusion〜拡散〜』と題した本シリーズに見るKYO SHIMOYAMAの世界観の
膨張拡散は、現代への警鐘であるとともに、愛と希望の拡散でもあるのだ。

http://artroomshowl.com/ars/kyo.shimoyama-メインページ/




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

SOGEN緞帳アート



地元の方が、十日町新聞さんの朝刊記事を送ってくださいました。

そーげんさんの緞帳アートが載ってると。ありがとうございます😊

写真は「人にやさしいまちづくり」に向けた、十日町市総合計画審議会の様子。
ご苦労様です!


地元十日町市では、様々な場でSOGENの書を起用、ご紹介いただき、感謝です‼️

書芸 書道 アート書道 書家 書道家 十日町新聞




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

妻有新聞さんよりご紹介いただきました‼️〜「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家 平野壮弦さん」〜




妻有新聞さんが紹介してくださいました‼️
ほんにまあ、有難うございます!

「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家・平野壮弦さん」

故郷に、プチ書芸アートギャラリー兼、子どもからジッチ、バッパまで一緒に
あそんでもらえるような書芸体験スペースをこしゃいたいと思いますんで、
どうぞよろしくお願いします!(^ ^)/


妻有新聞 壮弦 書芸 書道 体験




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

セキマリエさんの書道系現代美術作品をいただく。



ART SHODO FESTA WEB Exhibitionで購入させていただいた、セキマリエさんの
書道系現代美術作品(書芸作品)が、ただいま東京の仕事場に届きました。

タイトルは土②

濃淡相見えた筆線の織りなす粗密と奥行きが、風通しのよい涼やかな世界を表出。
以前、国宝『松林図屏風』を表した長谷川等伯の墨絵の実物の数々を観た折に、
「書家は筆線にこだわりながら、果たしてこの等伯の草木1本の描写に匹敵する
だけの線を引いているだろうか?」と自問したことがあったという話は、
拙著『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!」にも書いた通りですが、本作品からは、
等伯の描く草木にも劣らぬ生命力が感じられるように思います。


セキマリエ 書道アート アート書道  書道教室 東京




私は作品を作品本位で見ます。タイトルやステートメントは二の次であり、
重要なのは、言葉を超えたところで、その作品と対峙して何が感じられるか

なのです。

よく言うことですが、作品を見て全くピンと来なかったのに、タイトルや
ステートメントを読んで、「なるほど、だったらすばらしい!」というのは
ちがうだろうというのが私の考えです。

ただその一方で、タイトルやステートメントを付けるとしたら、それは作品を識別
するための単なる記号ではなく、本体の一部として作品を表し、作品への理解を
深めるとともに、時に作品を生み出す原動力にさえなり得る重要なファクター
であるとも考えています。



今回のART SHODO FESTA WEB Exhibitionで購入させていただいたのは、
先に紹介させていただいた木原光威さんと、セキマリエさんの本作の2点。
それもこの2人の作家の作品を買おうとハナから決めていたわけではなく、
全出展作家の作品を隅々までつぶさに見せていただいた上でのこと。
結果、他にも面白い作品が見られたのですが、今回購入させていただくのなら、
この2作品だろうと。

ちなみにセキマリエさんはSOGEN書芸塾ARCに長年学んできた人で、

その成長ぶりを喜ばしく見せてもらっていますが、塾生だから奨励の意味で

買ったのはなく、ひとえに作品がよかったからであることを付記しておきます。


木原さんとセキさんの作品は、7月の書芸塾で塾生諸氏に実物を見せて鑑賞してもらった後、
SOGEN記念書芸館(十日町の実家W)に持ち帰って展示させていただこうと思います。


ということで、世界最高クラスの書芸アートがSOGEN記念書芸館にじわじわと
集結し始めてますぜ‼️😊

てか、オマエもがんばれや! ٩( ‘ω’ )وwww





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

木原光威さんの言葉書き作品をゲット‼️




キタ〜〜〜〜、木原光威さんの言葉書き作品‼️
ペン字の宛名書きだけでもヤバいな。



木原光威さんは、まちがいなく日本屈指の書家
高い書の技量を持ちながら、その技をまったく感じさせないような、かくも
ほどけた書を書ける書家は、世界広しといえどもそうはいないだろう。
本作品はまさに、その言葉通りの「尊く厳かに美しい」書であると思う。

木原さんほどの書き手となれば、いかなる構成の詩文書、いかなる文字フォルムの書も、
書こうと思えば自在に書けるわけだが、その構成やデフォルメの工夫さえ超えて、
あるがままの自然に帰しているところに、本書のすばらしさがある。


このたび、そのような傑作を、あり得ないようなお手頃価格で手にさせていただけたのは、
書家で現代美術家の山本尚志さんの書道愛と企画力によるもの。
ありがとうございます、山本さん!♪( ´▽`)/

この書もSOGEN記念書芸館(十日町の実家W)に持ち帰って飾らせてもらいます。
木原さん、ありがとう‼️



書家 書道家 新潟 木原光威 詩文書
書家 書道家 新潟 木原光威 詩文書
書家 書道家 新潟 木原光威 詩文書




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

一閑張り




書芸塾の塾生が、SOGENの書による一閑張りのオリジナル籠を作ってくれた。
うれしい❗️😊


好きなように使ってと、作品を十数枚渡していたものが、このような形に。

柿渋の風合いとともに、見る角度によって様々な表情が楽しめる逸品。

何をどこに持ってくるか、無限の選択肢があるのは着物の仕立てと同じで

センスの問われるところだが、何とも見事に❗️

筆線を生かした本作品は、書のインテリア、ファッションへの展開の好例とも言えるだろう。



なお柿渋は大気に触れて発色し、時が経つほどに色味が深まっていくという。
何だか使うのがもったいなくなってきたW

よ〜〜し、これもSOGEN記念書芸館(十日町の実家W)に持ち帰って飾るとしよう!♪( ´θ`)ノ



一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN
一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN


一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN


一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN


一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN


一閑張り 書芸 書道 書道家 書家 SOGEN




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com