三国志

いま歴史ドラマ『三国志』にはまっています。
超長編大型ドラマで全95話、これをYoutubeで3本くらい見ている間に墨が

磨りあがるので、ちょうどよく。

舞台から役者、日本語の吹き替えに至るまで、実に意を尽くした作りで、

この時代、さもかくあったであろうと。
劉備曹操の戦いを描いたドラマで、これまでの物語やアニメでは曹操が悪役で

描かれるのが常でしたが、このドラマでは曹操の奸雄振りもさることながら、

その人となりをも見事に描写しており、実に奥深く。まあフセインみたいなもんで、

実は国民みんなのことを考えて、すごくいいこともしていたという・・・
悪人さえも適材適所で生かして使うあたりも。

「ワシはこの世の俗なる道徳観念を遠に捨てたのだ。」
「人を恨んだところで何もならん。恨むくらいなら利用することを考えよ。」


そんなセリフの端々にも曹操の奸雄としての懐の広さが見て取れ、そこでの

人間関係の綾なす世界が現代の社会にも通じるようなドラマ仕立てとなっています。
まあ戦記ものなので女性に好まれるものではないかもしれませんが、

ほんとオモシロイので、よかったら見てください。

で、曹操と劉備に、軍旗とかにロゴ書を使ってもらおうと思って書いてみましたW

「曹」の書は、もっと悪辣に書いたほうが合うのでしょうが、「いや、そんな

悪辣ぶりは出さなくていいから」と曹操から言われそうな気がしたので、

これくらいにおさめておきましたW
いかがでしょうか? 曹操さん、劉備さん?😁

三国志 Three Kingdoms 第1話 曹操、刀を献ず【日本語吹替版】
https://www.youtube.com/watch?v=Z7KaVl5yV-c

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

4月のSOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。

以下、4月のSOGEN書芸塾ARCのご案内です。

4月テーマ: 一字書アート作品制作
4月20日(第3土曜日)14:30-17:30

SOGENが文字書アート作品を作る上での心得を伝え、様々な筆による表現技法を披露。

SOGENによる揮毫風景を間近でご覧いただける希少な機会となります。

新規塾生会員募集中‼️ 体験参加もいただけます。
お申し込み・お問い合わせ先
office@hiranosogen.com

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

SOGEN書芸塾ARC FACEBOOKページ
https://www.facebook.com/arctokyo/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

2019年度・SOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。SOGENです。
早くも4月、桜も見頃となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか🌸
年度はじめということで、何かと慌ただしい日々をお過ごしの方もおられると

思いますが、5月からは年号も改まることですので、また心機一転、

共に新たな書芸の世界を拓いてまいりましょう😊

以下に新年度の開催日程を掲載しましたので、どうぞご参照の上、ご参加ください。
なお先にお伝えした通り、新年度より毎月1回、第三土曜日の開催となります。
クラスをまとめた分、時間帯を14:30-17:30と1時間増やしました。

これまで通り、ご都合に合わせて、いつ来ていつお帰りいただいてもけっこう

ですが、講話やデモンストレーションも随時行ってまいりますので、特にご用の

ある場合を除き、フルで参加されることをお勧めします。
またクラスをまとめた分、少々手狭になりますが、よろしくお願いします。

月ごとにテーマを設けますが、こちらもこれまで通り、テーマに関わらず、

自分の取り組みたいテーマ、題材に自由に取り組んでいただいてけっこうです。
持参作品の講評も毎回行いますので、自宅で書いた作品を見てほしい人は、

遠慮なく持って来てください。

教室後の懇親会も随時開催しますので、ご都合のつく方は、どうぞお気軽に

ご参加ください。

《2019年度の開催日程と各月のテーマ》

4月20日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 一字書アート作品制作

5月18日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:落款印・自署サイン制作

6月15日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:擬音による文字書アート、音からのインスピレーションによる書芸アート作品制作

7月20日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:大布作品制作&アートTシャツ制作

8月17日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 写真からのインスピレーションによる書芸アート作品制作

9月21日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ: 抽象アート作品制作

10月19日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:大書による文字・抽象アート作品制作

11月16日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:彩書による灯り作品制作

12月21日(第3土曜日)14:30-17:30  
テーマ:絵文字による戯書アート制作

1月18日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:仮名、言葉書きによる書芸アート作品制作

2月15日(第3土曜日)14:30-17:30 
テーマ:英文字による書芸アート作品制作

3月21日(第3土曜日) 14:30-17:30
テーマ:漢字と英文字の融合による書芸アート作品制作

新規会員募集中‼️ 体験参加もいただけます。

お申し込み・お問い合わせ先

office@hiranosogen.com

それでは、新年度もどうぞよろしくお願いします‼️

SOGEN/平野壮弦

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

SOGENブログ
http://www.hiranosogen.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

2019.3月 SOGEN書芸塾ARC風景

2019.3月の教室風景より。

趣味として書芸に親しむ域にとどまらず、

書芸アートの真価を求める情熱が、銘々の中で、より一層の高まりを

みせ始めています。

4月からは新年度がスタート。

毎月1回、第3土曜日14:30より17:30まで、加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール

での開催となります。

ただいま新規会員募集中‼️

伝統書道の枠を超え、書を今に生かす、書芸アート、デザイン書の世界に興味を

お持ちの方は、どうぞ奮ってご参加ください。

SOGEN書芸塾ARC: http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

⭐️3月のSOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは。SOGENです。

早くも3月。窓辺を飛び交う野鳥の声も日増しに強くなり、春の訪れを感じさ

せてくれる今日この頃・・・

♬もうすぐ春ですね。ちょっと気取って見ませんか♬(キャンディーズ、古〜W)

以下、3月の教室のご案内です。


開催日時

3月16日(土)14:30-17:30(3H)

3月17日(日)15:30-17:30(2H)

テーマ:『漢字と英文字の融合による書芸作品の制作』     

※テーマに関わらず、何に取り組んでいただいてもけっこうです。

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール(加瀬ビル10F)

内容・自主制作・トーク・講評・デモンストレーション・持参作品の講評・プチ鑑賞会



最近、ブログにアート作品やデザイン書例を乗せてますので、よかったら見てください。

http://www.hiranosogen.com/blog/

4月から新年度がスタートします。

先にお伝えした通り、新年度は毎月1回、第3土曜日14:30-17:30の開催と

なりますので、ご了承ください。
SOGEN書芸塾ARC:http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf


それでは3月の教室で!

SOGEN

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

SOGEN文字書アート

SOGENの漢字一文字による書芸アートのご紹介。

こちらでSOGEN文字書アートを多数ご覧いただけます。どうぞご高覧ください``

https://www.facebook.com/pg/HiranoSogen/photos/?tab=album&album_id=2078538202201560&xts%5B0%5D=68.ARBYzrzbl7uA198npswuh-ESaQCRrCGjmA65uFptLtuDfFVatYPo1rW-CCCKbtHJmlPuu5jgEs6UgvgJm-sj9-xvKbm9KUDl7CTO2tzdj7mq-bh0Fd9KPHMLOUUnENPzKwpJz5XH52S8bLmRBj7kxWg8V8gaJfF-WOs9lwnqT7Y3Gz7kUfgPPP2D6jiBDg6trJN9faSpPPGL8hQhnXoyZFRZ0U6TllwiNLunp466M1tVbwOV-EF5EexdYsh9qtOb9Y1JfedVxy20w5ccoIrLulL14LxdIzWNIR87ij8olr7TJ3HxFSqk2JxsCZOKMxP9r5Bj3uekwYqSWAuBNirbmCeBVw43wl3AsaE4UvsSD_Zo91DBsLMomsJUclDYiouxEkjUYEWDP5cCuNigsb_U5QDcnZT4vRw3sF32JW5ybN2cGT6n5WxeMjAW6gBP0m9hkbmerbfa3vs_tJkfLLfs&tn=-UC-R

自分の中には王羲之もいれば顔真卿もいれば傅山もいる。
若いころに薫陶を受けた近現代の書の名家もいる。
なので、変わったことをしているように見えるかもしれないけれど、

実は根底のところでは、もっとも保守的であり伝統的なのかもしれない。
伝統は、ただ受け継ぎ守ろうとするだけでは廃れていく。
自身の血肉としつつ、今に生かしてこそ生かされていくもの。

若いころ、日展作家のエラい先生から、「あんたはなぜ普通にいい書が書ける

のに、あんな変わったことをするのか?」と聞かれ、逆に「あなたはなぜ、普通に

いい書が書けるのに、そこにとどまっているのか?」と聞き返したことがある。
若い頃からナマイキだったわけだが、本当に勿体無いと思って出た言葉だった。

あれから数十年・・・いい学校を出て、いい会社に就職することが一番の

幸せであるかのような、世の中の仕組みや風潮が相も変わらないのと同じように、

書壇という組織にもまた、大きな変化は見られない。

いや、維持していくだけでも大変なことなわけで、その点は大したもんだと。

そんな中でも、これまた今の世の中の流れとも相まってか、敷かれたレールから

はみ出し、新たな世界を切り拓こうとする人たちが、チラホラとではあるけれど、

現れてきたのは喜ばしいかぎり。

アートには、お酒を呑まない人にも「この酒、ぜったい旨いから、まあ一口飲めや!」

と勧める強さもまた必要であり、自分も「俺の書の海で溺れさせてやる!」くらいの

強い想いを秘めながら作品をつくっている。
ってことで、溺れたくない人は、逃げてねW

壮弦

SOGEN OFFICIAL WEB SITE
http://www.hiranosogen.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

顔真卿展

はい、見て来ましたよ、顔真卿。顔面神経ではないですよ。がん・しんけい!

中国は唐代の政治家にして書家。

為政者であるとともに、王羲之の本格の書に学びながらも、書法を超えた

人間的な情感溢れる書を成して、書の革命者とも言われた書人。

書道のルネサンスを起こした人、ってかんじでしょうか。

今回はその顔真卿の直筆である「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」が、

台北の故宮博物院より初来日とのことで、行って来ました。

平日にも関わらず、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザや、国宝となっている

空海の風信帖を見た時以上のとんでもない混みようで、「はい、間を開けずに

お進みください!」との係員の誘導で、鑑賞時間はなんと5秒!

幅数十センチの書簡だからね。あっという間でしたよ。

にしても、なんでこんなに顔真卿が人気なのか・・・

老若男女を問わず、こんなに書道好きな人いたの?ってかんじW

顔真卿がこの様を見たら、なんと思うだろうか?

「たしかに書には自負するところがあるにしても、祭姪文稿なんて、

弔文の草稿だよ? 書き直そうか、とも思ったけど、草稿だから、

ま、いっか、と思って、間違ったとこは塗りつぶして、そのまま勢いで

書いたんだけど、まさか後世、この書を一目見たいと、

こんな行列が出来ることになるなんて、夢にも思わなんだわ。

いや、メッチャうれしいんだけど、人類、だいじょうぶなのか?

千数百年も経っても、あんまし進歩してないってこと?」

なんて思ったりしてW

で、なぜ顔真卿が、かくも人気なのか。

ほんとに王羲之を超えるほどのスゴい書家なのか。

祭姪文稿の書としての真価はどうなのか、って話ですが、

書くと長くなるので、SOGEN書芸塾ででも、折をみて・・・``

顔真卿-王羲之を超えた名筆- 奇跡の初来日。

「王羲之を超えた」とか、「奇跡の初来日」とか、キャッチが上手い!W

並ぶの嫌い! もう帰ろうかと思った・・・W

なんやわからんけど、これだけ撮影可W

石碑もデカいわけだけど、よくこんな巨大な拓本をとったもんだと。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

ひたむきに書く中で何かが生まれる〜SOGEN書芸塾ARC・2019.2月風景〜

2月のSOGEN書芸塾より。
ひたむきに書く中で、また新たな何かが生まれ、広がり始めています🍀

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

⭐️2019.2月 SOGEN書芸塾ARCのご案内

みなさん、こんにちは😊
1月の書芸塾では、色んな筆の試し書きをして、たのしかったです♪

以下、2月の教室のご案内です。

開催日時

2月16日(土)14:30-17:30(※終了後、新年会)

2月17日(日)15:30-17:30

テーマ:『仮名・言葉書きによる書芸作品の制作』     

※テーマに関わらず、何に取り組んでいただいてもけっこうです。

会場:加瀬の貸し会議室・新宿中井駅前ホール(加瀬ビル10F)


《内容》

・自主制作

・持参作品の講評

・プチトーク

・プチ鑑賞会


以上、よろしくお願いします。

それでは2月の教室でお会いしましょう。

SOGEN書芸塾ARChttp://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf