共感欲求と解決欲求

仕事中に根気が続かず、ふと思ったことを書きまくる。

まあそれも仕事のうちですが・・・W

最近よく耳にする「承認欲求

他人に自分の想いや行いを分かって認めて欲しいという欲求で、SNSはその

承認欲求を満たすための場でもあるという。いいね!一杯もらってうれしい♪

みたいな・・・W

が、「承認欲求」というよりも「共感欲求」と言ったほうがしっくりくる気が

するのだが、どうだろう。

つまり、他人から認められたいというよりも、「共感したい」のだ、ということ。

日常の挨拶などもそうで、「暑いですね〜」「ほんと暑いですね」といった

些細な会話の中にもまた、共感欲求が見て取れる。

で、特にこの共感欲求は、どちらかというと男性よりも女性のほうが優っているように

思われるのだが、どうだろう。

女性の長話は何か解決したくて話しているというよりも、大概が共感し合いたいがため

にしているように思われる。

それに対し、男性は何かを解決したいという「解決欲求」が強く、たとえば

奥さんから何かグチられると、「だったらこうすればいいだろう」と、すぐに

結論に持っていこうとする。男は早く解決してスッキリしたいのだW

だが奥さんが求めているのは、解決よりも「共感」なので、そのスレ違いから、

夫婦間、男女間の溝が深まっていく、といったことも、ままにあるように思う。

女は共感欲求、男は解決欲求が優っているのだ、と互いに分かっていれば、

その溝も致命的なまでに深まらずに済む、かもしれないとW

ところで主宰するSOGEN書芸塾ARCは、女性会員の比率が圧倒的に高い。

それもアートというものが共感欲求を原動力としているところがあるから

なのかもしれない。

女性は美味しいケーキを一口食べただけでも幸せを感じられるところがあるように、

日常のささやかなことの中にも幸せを見出すことのできる天才である。

だからアートにおいても、他人に見てもらう以前に、つくること自体によろこびを

感じられるところがあるのだろう。お一人様を楽しめる上に、共感欲求も共感力も

男以上なのだ。

対して男性は、目標を掲げ、いま自分がしていることが一体何の役に立つのかを

常に考え、その目標に至るための解決策を求める傾向が強いように思う。

だから、どうぞあなたのお好きなようにやってください、という書芸塾は、

いまひとつ男性ウケしないところがあるのかもしれない。

さて、アートは共感欲求を原動力としているところがあると述べたが、

それをビジネスとして成り立たせていくためには解決欲求が要(かなめ)となる。

共感し合っているだけでは成り立たず、目標に向けて課題を一つ一つ解決していく

ことが求められるからだ。そこは自分の出番である。

新たに立ち上げたART ROOM SHOWLも、その一環である。

自分には女性的なところもあるが(笑)、そこはなんとか男気を出してイキたいW

なお、このブログもまた、共感欲求を原動力に書いてますW

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

あなたは何枚目?

仕事中になぜかふと、古畑任三郎で名を馳せた田村正和さんの顔が浮かんだ。
イケメンというより二枚目
なんで一枚目じゃなくて二枚目なのか。
調べてみたら、江戸時代の歌舞伎の看板名に由来するという。
以下、Wikipediaより

一枚目:主役:そのまま主役。「一枚看板」という用法もある
二枚目:色男:優男で色事担当
三枚目:道化:お笑い担当
四枚目:中軸:中堅役者 まとめ役
五枚目:敵役:一般的な敵役
六枚目:実敵:憎めない善要素のある敵役
七枚目:実悪:巨悪 ラスボス 全ての悪事の黒幕
八枚目:座長:元締め

なるほど。二枚目は優男で色事担当かぁ・・・W
ほかの看板も、浮世の縮図のようで面白い。
敵なんて居ないほうが世の中平和だけど、物語的には敵が居ないと

面白くないわけで、敵ってのは主役を際立たせる大事な存在なんだとW

そういえば友だちが、「私はこの世界で喜び担当なんです」と言ってた。

「みんなそれぞれ担当があるんですよ」と。
面白いことを言うなぁと感心したんだけど、「担当」とか思うと、

ほんと面白いね。この世という歌舞伎舞台で何を担当し、どう舞うか・・・

自分は八枚目、と言いたいところだけど、まあいいとこ四枚目ってとこかなW
さて、あなたは何枚目?W

(画像はネットよりお借り)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

美の料理人

芸術や美術には「」という言葉が使われている。思うにそれは忍術と同じく、

現象や心象に何の手も加えず、そのまま見せるのではなく、ドロロンパッと、

芸術作品、美術品に変換する「術」、ということなのだろう。

で、その術も含めて「芸術」であり、それを求めていくのが芸術家であり

アーティストなのだろうと。


では「料理」はどうなのか。

一流の料理人は食材をドロロンパッと最高の食べ物に変えるわけで、「美食術」

「美食家」と言ってもいいと思うのだが、「料理」と言い、「料理人」と言う。

調べてみたら、どうも「料理」という言葉は、最初は食べ物ではなく、

「お前なんか簡単に料理してやる」のほうの料理で、材料を理にかなった方法で

うまく処理することだったらしい。とすると、逆に美術家は「美の料理人」とも

言えるかもしれない。


料理は誰にでも出来る。が、家庭では出来ない、美味いと言ってお金を払って

もらうような料理を出すのがプロの料理人の仕事であり、食材を生かすも殺すも

料理人の腕次第。


そう考えると、料理が万人のものであるのと同じく、芸術もまた万人のもので

あり、皆が芸術家ではあるけれど、プロのアーティストというのは自分で料理

したものを一人で美味いといって食べているだけでなく、人様に美を料理して

差し出すのが仕事、ということになるだろう。


もちろん、人の好みは千差万別だから、人様の舌に一々おもねる必要はなく、

まずは自分が最高に美味いと思う料理を出せばよい。たとえその料理がキワモノ

だとしてもねW 世界に必ず、「これ、激ウマじゃん!」とか「微妙だけど、

クセになる」とか言って、食べてくれる人が居るはずだから。

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

黒、最強

色彩を使っていて思ったのは、
黒というのはすべての色を呑み込んだ、

最強の色であるということ。

黒はブラックホールのように、すべてを引き付け呑み込む

宇宙的なパワーを秘めている。


SOGEN Untitled 2010 490x400mm black ink on Japanese paper

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

斬り捨てる勇気

いまアートムービーを制作してます。
で、思ったのですが、これは書芸と同じく、コンマ1秒が勝負であり、

いかに削ってコアだけで見せていくかの世界なのだと。

勿体無くて捨て切れず、あれもこれもと詰め込むと、焦点がボケてしまい、

見た人が混乱するのは、書も絵も映像も、また文章も同じなのでしょう。

伝えたいことが山ほどある。すべてを分かってほしい。捨てるに忍びず・・・

そこをバッサリ斬り捨てるには勇気が要ります。が、斬り捨てたものはけっして

只のゴミではなく、表舞台に立つものを陰で支える立役者なのだと思います。

人もアートも、ゴミを出すことで純化していく
逆にいえば、ゴミ出さずして純化無し
そう思って、これからも無駄とも思える時を過ごしつつW、ゴミとも思える

作品をつくり続けてイキたいと思います。

~新規オープン~

ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

なぜ人は文字や言葉を書くのか?〜外道を征く〜

なぜ人は文字や言葉を書くのか?

歴史的に人が書く文字や言葉は、公的なものと私的なものとに大別される。

公的なものとは、歴史の記述、事務的な記録や通達といったものであり、

私的なものとは手紙、俳句、短歌、著述、論考、メモといったものだ。

そしてそのほとんどが、過去の事柄や思索の記録である。

もちろん、今の心情を表したり、未来につながってゆくものもあるわけだが、

あとで読めば、すべてが過去の出来事や思索の記録ということになる。

そして書かれた文字や言葉は、歴史的にも基本的に読みやすさが求められて

きたわけで、筆書そのものに人間性や芸術文化的な味わいやを求める書道は、

そこから派生し、歴史的に発展していったものであり、現代書道やデザイン書道

といったものも、その延長上にあると言えるだろう。

そして書芸術をベースとした現代アート作品に関して言えば、こうした書道史の

延長線上ではなく、別次元にあるというのが自分の考えである。

現代アートは世界観を表すものであり、書家の筆技筆法を見せるためのものではない。

ただ、その世界観を表すために、書芸術の持つ特異性を生かす、ということだ。

それもアーティストによって、汲み取り方や生かし方が違う。

ある人は文字や言葉を書くことに書道アートの本義を見い出し、またある人は

筆線の持つ力や間に着目し、またある人は墨の面白さに着目する。

そこに正解は無く、様々なアプローチがあってよい。

自分はこう思う、と互いに主張し合うのは大いにけっこう。

が、自分の考えこそ正しいという思い込みは、芸術を狭めてしまうことになるだろう。

それほど書芸術は幅広く、また奥深いものなのだと思う。

ちなみに自分は文字抽象にはこだわらない。

文字や言葉も書けば、筆線によるアートもつくる。すべてが『書芸』なのだ。

中でも文字や言葉によらない筆線アートが多いのは、そのほうが自分自身が楽で、

文字や言葉の意味や造形に制約されることなく自由に表現できるからだ。

ただ自由とは言え、何でもいいわけではなく、そこに芸術としての深浅の差が

生じる不思議に、いまなお苦しみ、またそれを楽しんでいる。

主宰するSOGEN書芸塾も何でもありだが、このところ塾生たちのつくる作品に

抽象表現が多く見受けられるようになってきているのも、そういった影響もある

のかもしれない。

道無き道を手探りで進むのは、心細かったり不安だったりするわけだけれど、

「これこそが正しい」と他人がつくった道をみんなでゾロゾロ行くのではなく、

一人一人が道を外れた芸術世界の冒険者であり開拓者たれと願う。

外道を、たのしもう♪

《追記》

「外道」というと、普通は人の道を外れた人や悪い行いを指すけれども、

ここで言う外道とはそうではなく、「これこそが正しい道である」と

指し示す人に何の疑いもなく付き従うのではなく、自分の道は自分で

拓いてイクのだということ。

時に大勢で同じ道を歩くのも、楽しければそれもまたいいけれど、

あくまでも主役は個としての自分なのだ、ということ。

~新規オープン~

ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf





 
 

どこでも書芸〜蝉の抜け殻で書いたよ♪〜

今日の『どこでも書芸

国際結婚をされた海外在住の2組のファミリーに、どこでも書芸体験を

していただきました。

お宅に伺うなり、5歳の坊やがハート型の葉っぱを持ってきて、

「これで書く!」と。

色々な用具で好きなように書いてもらっていたのですが、そのうち、

なんと蝉の抜け殻を持ち出して書き出したのにはビックリ‼️

おそらく蝉の抜け殻で書を書いた人は世界初でしょう。

子供の思いもよらぬ発想と行動には驚かされるばかりです。

色々な用具で書く♪


蝉の抜け殻で書く♪!


大人も参加〜親子でコラボワーク♪


そして生まれた傑作‼️

ママさんが、「これ、一人ではなかなか出来ないですよね。みんなで書くから

色んな線が混ざって面白くなる」と言っておられましたが、まさに!

筆線は魂の表れであり、その響き合いによる融合世界を生み出すところに

書芸のこころがあります。

書芸を通した素晴らしい交感のひと時を共に過ごしてくれた皆さんに感謝!

また一緒にあそびましょう♪

~新規オープン~

ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

なにものも、なぞらない

先日、ザイ・クーニン について書いたが、なぜ彼のパフォーマンスに惹かれる

のかを考えてみた。

で、そのわけは、彼が何ものもなぞっていないから、なのではないかと。

身体の動きで魅せるダンスは、ビジュアルとしてはインパクトがあるけれど、

「こんなイメージを表したい」というダンサーの意図が見えると、どうも

つまらなく感じてしまうところがある。つまりそれは、何かのイメージを

なぞっている分、表現が弱くなるからではないかと。

そしてそれは、あらゆる芸術表現に当てはまるように思われる。

書道でお手本を下に敷いて、なぞり書きすると、形はそれらしくなっても、

生命力のない形だけのものにしかならないのも同じ道理。

たとえ自分の中のイメージでさえ、なぞってしまったら弱くなる。

人を真似たり、なぞったりしたものは、何をかいわんや、である。

よく、SOGENさん、真似されてますよ、と忠告してもらうことがあるけれど、

自分はまったく気にならない。

いいと思うから真似をするのだろうし、真似は真似でしかないからだ。

ただ、願わくは、真似を超えて、自分自身の血肉としつつ、

独自の強い表現を生み出していってほしいと。

もちろん、今生を生きる限りは利害関係も生じるわけだけれど、

究極、めざすところは人類の精神的、霊的な進化なのだから。

-追記-


すばらしいと思うものは真似たくなる。

眺めるだけでなく、真似ることで得られるものがあるからだ。

だから「なにものも、なぞらない」は究極の理想。

幼児のアートが素晴らしいのは、なぞることをせず、対象と一体となって

いるからだと。

それこそが、何事においても基本にして究極の精神なのだと思う。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

トーストアート

今朝、パンを焼いたら真っ黒コゲに。
もったいないことをしたと悔やみ、もう1枚焼いたら、また真っ黒に。
あまりに悔しくて黒焦げのパンの表を削って作品?にした。

-作品ステートメント-
パンを2枚も黒焦げにしてしまった悔恨の念を表現

食パン トースト アート 書芸 書道 墨


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

ザイ・クーニン再び

 

 

斎藤徹さんと過ごす会で、思いもかけず、シンガポールのアーティスト、

ザイ・クーニンのアートパフォーマンスを久々に見る機会を得た。

 

飯を食べ散らかしながら練り歩くという、相変わらずわけの分からない

パフォーマンスであったがW、もはや彼の存在自体と一挙手一投足がアートであり、

その摩訶不思議な魅力にまたもや魅せられた。
小さな子どもが食いついて大喜びW
斎藤徹さんも、子どもは理屈ではなく、全身全霊で感じるのだと言って

おられたが、まさに・・・

 

 
ザイ・クーニン  アート シンガポール マレーシア 書 書道 書芸

 

 

ザイはマレーシャーマンの血を引く世界的なアーティストであり、その表現は、

平面、立体、インスタレーション、パフォーマンス、音楽と幅広い。というか、

彼の存在そのものが、もはやアートなのだ。

 

中に書のような表現もあるが、もちろんそれは書道ではない。表し伝えたい魂が

あり、その時に用いた表現が書的なものであったに過ぎない。
書芸術を志向する者にとっては、基本、用材は筆墨となるわけだが、ザイの芸術

に触れるにつけ、見せるのは書道の腕前などではなく、魂であり世界観なのだ

というところを忘れてはならないと。

 

そんなザイが、おまえのアートは好きだよ、と言ってくれる。
自分は不器用で表す術は書だけだけれど、それでも求めていったなら、ザイの言う

ように、暗闇の中に光を見出せるものと信じて、これからも進んでイキたいと。

 

 

歴史の「暗闇」に文化の「光」を見出す、ザイ・クーニンに聞く。
https://bijutsutecho.com/magazine/interview/341

 


ザイ・クーニンやスゥ・ドーホー、宇治野宗輝も。

次回の金沢21世紀美術館コレクション展は「アジアの風景」
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18725

 

 


ちなみにザイは、このたびの日本滞在中、宮城を訪れ、津波にまつわる

インスタレーションやアートパフォーマンスを行う模様。


REBORN ART FESTIVAL 2019
https://www.reborn-art-fes.jp/artist/zaikuning

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf