ダンスは書芸に通ず〜笠井瑞丈、上村なおかダンス公演に想う〜

 

 

SOGEN書芸塾でもスペシャルワークを何度か行っていただいた

ことのある世界的ダンサー上村(うえむら)なおかさんと

笠井瑞丈(みつたけ)さん夫婦によるダンス公演を観る。

 
この二人のダンスは今まで何度か観せてもらい、そのたびに

鮮烈なカタルシスを憶えてきたが、今回は夫婦が夫婦を演じる

という趣向での3名の振付師による実にユーモラスな舞台で楽しめた。

 

 

 

 
ダンスは書芸に通ずる。
 
上村さんのダンスが好きなのは、こんなに身体が動きます

といった風に身体能力を見せ付ける部類のダンスではなく、

彼女が手足を少し動かしただけで場の空気が変容するほど、

深い精神性と魂とに根ざした自然にして必然の動きが

見て取れるからだ。

もちろんそれも、どんな動きも出来るように鍛錬した上での

ことであり、書の達人が線一本書いただけで場の空気が

変わるのと同じ道理だろう。

 
 
金沢出身の上村さんは、5歳でバレエを始めたが、

みんながすぐに上手くなるのに、自分はちっとも出来なくて、

それで長続きした、といったことを書芸塾で語ってくれた。

 

器用な人はすぐに出来てしまうから飽きも早い。

不器用な人のほうが、しぶとくやり続けることで

大成していくところがあるのだろう。

かく言う自分も不器用で字が下手クソだからこそ、
飽くことなく書を続けてきたところがあるように思う。

 

イチローが「若い頃の自分に、こうやればもっと要領よく

出来るのに、と教えてやりたい気もするけど、自分で

迷いながら試行錯誤してきたことが全て糧になって

今の自分があるんで、やっぱり教えないほうがいいと思う」

といったことを語っていたけど、それもまた同じだなと。

 

 
人から教えてもらったノウハウよりも、自分で気付き、

身に付けていったもののほうが、遥かに自分の血肉と

なっていくのは、なんの世界でも同じなのだと思う。

 

 

 

 

話が飛んだけど、笠井瑞丈、上村なおかのダンスは、

日本の、いや世界の宝であり、無形文化財。

観ることが文化財の保護と発展にも繋がる。
ということで、今回の公演は終わったけど、

今後ともぜひ、彼らの活躍にご注目いただきたい。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

ウクライナのアーティストからのメッセージ

 

 

おはよーございます。
今日も東京は雨模様☔
今年の酷暑がウソだったかのような寒さ。
 
 
先日の書芸塾関連の投稿、海外の人たちからも

いいねをたくさんいただいており、ありがたいかぎり。

 

昨夜、ウクライナのラブリーな女性アーティストから

あなたの生徒さんたちは、とても幸せですね

というメッセージが・・・いや、私が幸せですとW

 
アフリカ北端のチェニジアで、幼児のアート教育にも

関わっているステキな女性デザイナーからも、

山のようないいねとメッセージをいただき・・・

 
 
SNSは色々と問題もあるけれど、地球の反対側にいる

人たちとさえ知り合ってリアルタイムで交流できるん

だから、やはりスゴいもんだと。

 
日本はまた鎖国したほうがいいんじゃないか、なんて

いう人もいるけれど、鎖国したら余計なものも入って

こないけれど、そんな出会いもなく、世界のスゴい

もんも一生知らずに終わることになるわけでね。

アートもそう。何を捨てて、何を取るか・・・

 

世には常に表裏がある。
何事も諸刃の剣、生かすも殺すも自分次第、ということだろう。

 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

書道から書芸術へ

 

 
昨日の書芸塾はまた実に面白かった。

 
書芸塾では、伝統書道、デザイン書道、現代アートとなんでもありで、
好きなようにやってもらっている。古典臨書をしている人の脇で、
わけのわからないアート作品を作っている人がいたりと・・・W
たとえばこの作品。

 

 

 

昨年度まで開いていたデザイン書道クラスを1年間受けただけの
書道初心の人が、お習字用の小筆を使ってこんなものをサラッと書く。
こういったものは、お手本をひたすら習っているだけでは出てこない。

 

 
書道の世界では師匠のお手本を習わせるわけだが、それだと

いつまで経っても師匠を超えることは出来ない。

まだまだと思わせて長く続けさせるには実によく出来たシステム。

展覧会を開けば、名前を伏せれば誰が書いたかわからないような

似たり寄ったりの作品が並ぶのも道理。

 

が、どうしたって、そこから胸踊るようなオリジナルのアート

など生まれるはずもなく、自分が若き日に書壇を離れ、

一匹狼の道を選んだ理由もそこにある。
あ、ちょっとカッコつけた。一匹狼ならぬ、一匹牛🐮W

で、その後、「モ〜〜たいへん!」とか「モ〜〜イヤだ!」

とか言いながら、牛歩の如く歩き続けて今日に至る。

 

 

ART SHODO TOKYOは今回、ゆえあって辞退させてもらったが、

書を世界の芸術にしてイキたい」という思いは同じ。
10月12日より14日まで三鷹市芸術文化センターで開催予定の

ART SHODO TOKYO AUTUM 2018には、書芸塾から3名が出展の予定。
30名中3名だから、上出来だろう。

 

今回、力及ばなかった塾生や未出展の塾生の中にも、

本気で取り組んだらイケる可能性のある者も少なくない。

が、やるもやらぬもまた、本人次第。

チャレンジャーには今後とも全面的にアシストしていく所存。

 
 
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

明後日23日(日曜日)の書芸塾も、 ちょっとガンバリます♪( ´θ`)ノ

 

 

ちょっと本気を出した先日の書芸塾ですが、超オモシロ

かったので、明後日23日(日曜日)の書芸塾も、

ちょっとガンバローと😅

 

で、同じことをするのが好きでないので、欲張りなの

ですが、抽象アートに加え、デザイン書の最前線

お伝えしようと思ってます。
書芸塾の塾生参加者限定で、目下進行中のSOGENの

デザイン書ワークの実際を、マル秘資料を元に

レクチャーします。

 

先日の教室で、体験参加した人に向かってウチの塾生が、

そーげんセンセイはいつもヤル気無いんですよ。

たまに本気出すこともあるんですけどね」と。

いやあ、さすがに付き合いの長い塾生はよくわかってるW

 

ただ、ヤル気無いのも大事でね。
自分があんまりヤル気出してバリバリ教え込んでも、
本人の持ち味を封じてしまうおそれがあるもんで。
だから何も言わずに見守る方が、実は遥かに大変なのです。
しかしそうは言っても、書芸塾に通うからには、

SOGENから何かを学びたい、得たいと思って

来ているところがわけで、たまに本気出して

立ち向かうことも必要だと👍

 

で、そのへんの兼ね合いが中々ムズカシイのですが、

まあ突っ込みたかったら突っ込むでいいんじゃないかとW
ってことで・・・
明後日の書芸塾は、本気モードの第二弾、イキます🎵

 

 

SOGEN書芸塾ARC・2018後期のご案内

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

故郷、新潟県十日町市の女万灯「白百合」、 今年も大盛況‼️🎊

 

 

故郷、新潟県十日町市の女万灯(女神輿)「白百合」、
今年も大盛況だったようで‼️🎊✨
みなさん、おつかれさまでした!

 
ハッピの書を書かせていただいてから早7年目だそうで。
どうにも都合がつかず、ザンネンながらまだ一度も

リアル白百合を拝ませてもらったことがないのですが、

年々グレードアップしている様子で嬉しいかぎりです。

 

ハッピの地も最初は朱と紺だったのが、黒や白の

バージョンも表れて、どんどんグレードアップして

オシャレになっていっている模様。

さすがは十日町、小京都と言われた着物の町だけあって、

センスがいい上に美人揃い❗🌸

 

昨夜の打ち上げもご招待いただいたのですが、

ザンネンながら参加できず・・・

てか、まずリアル白百合を拝ませていただかないことには!
ということで、いつの日かリアル白百合を見て、

打ち上げも参加させてもらって呑んだくれるのが

目下の夢です🎵💫

 

 

 

 

 

(画像は白百合のFBサイトからお借り)

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

SOGENの書のあるホテルのご紹介とあれこれ〜スポーリア湯沢・マホロバ・マインズ三浦♨️〜

 
その昔、お世話になったスポーリア湯沢のS社長さんが、
健康になって死んでやる!」と語っていたという
話を先の投稿で書きました。
なんとも気骨のあるおばーちゃん社長さんで。

 

S社長さんは当時、スポーリア湯沢、
マホロバ・マインズ三浦
に加え、

金沢でもホテルを経営しているヤリ手の方でしたが、

聞けば若い頃は子供相手の学習塾をやっていたそうで。

それも弟さんがホテル事業を始めて、「おねーちゃん、

手伝ってくれ」と頼まれて始めたのだそうです。

 

で、その後、ご縁をいただき、スポーリア湯沢や

1000人収容できる巨大ホテル・マホロバ・マインズ三浦に

飾る書を、色々と頼んでいただいてます。
わたしゃ、絵よりも書が好きなのよ」と。

 

ホテルスポーリア湯沢
https://www.sporea.co.jp
 
スポーリア湯沢にはビートたけしさんも、たけし軍団を

連れてよく泊まりにきていたそうで、「たけちゃんは

私のことを、お母ちゃんみたいだ、って言ってね。」と。

 

 
「マホロバ・マインズ三浦を建てるときにはヤクザが

大挙して押し寄せて来てね、こんなとこにホテルなんか

建てるんじゃねーと。だから私、言ってやったのよ。

このホテルが建つことで、この地域がどんなに潤うことか。

1年後を見てらっしゃい❗と、みんな追い返したの」と。
うーむ。。。スゲー根性💥‼️
物事を成すにはそれくらいの気骨が要るのかもね。

 
マホロバ・マインズ三浦

https://www.maholova-minds.com/index.php

 
 

ちなみに当時、スポーリア湯沢の支配人をしていたKさんは、

クールで男前🤵
「S社長さんが、支配人のKは、ツーといえばカーで、

私の気持ちをみんな分かってくれている、とS社長が

言ってましたよ」と言ったら苦笑いしていたっけ。

まあ、色々あるんだろうなぁと(笑)

 

で、その支配人のKさんも、奥さんがやっている美容室の

ロゴ書を頼んでくださり。最初はちょっと冷たい感じが
したのです、実は大変な愛妻家であり、家族愛いっぱいの
心の温かい人だということを後で知ることに。
その美容室の内装屋設備は、自分の友人が勤めている

長岡市の美容室専門のプロデュース会社パロールさんが

担当とのことで、それもまた奇しき縁で・・・

 

ということで、色んなご縁をいただく中で、書を世の中に

送り出させていただいていることに改めて感謝しつつ、

今日も頼んでいただいている書を書きまくりマッスル👍

 

 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
 




 
 

目指せ!俊敏なデブ⁉️( ´ ▽ ` )

 

 

おはよーございます。
最近、早寝早起きで、朝投稿が多いです。

 

この夏は色々あって、いささか体調を崩してしまったので、
なんとか整えようと、最近、散歩や筋トレを始め、
味噌汁メインで過ごしているのですが、脂肪が板についたせいか、
体重がちっとも減りません(汗)

 

SOGENオフィスのスタッフからも再三しぼるように言われ、
そーげんさん、最終通告ですよ。これでダメなら、
もうデブキャラで売っていきますから!
」と言われてから久しい
のですが(笑)、もうこうなったらデブキャラ路線しかないか・・・🤪
同じデブでもカンナムスタイルみたいに俊敏なデブを目指したいところ
・・・ムリかW

 

そういえば昔、お世話になっていた、スポーリア湯沢の
おばーちゃん社長さんが、「わたしゃ、ワルいとこ全部直して、
健康になって死んでやろうと思ってんのよ。
」と言ってたけど(笑)
長年、不摂生をしてきた自分が言うのもなんですが、まずは医者
に頼らず、自己治癒力を高めてイクことだと。

 
まあ所詮、人間、生まれて食べてクソして死ぬだけなんでね。
悩みがあるから人間なわけですが、くよくよ悩まないことが
一番の健康法なんじゃないかと。・・・と、悩みながら書いている
わけですが(笑)

 
ってことで、これから散歩にいってきます。
どうぞみなさんも、爽やかな秋の好日をお過ごしください🎐

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

明日のSOGEN書芸塾、本気出します❗️😎

 
 
いつもヤル気なしですがW、明日の書芸塾はちょっびっとな、
本気出しますぜ😎
 

伝統書道をどう現代芸術へと結びつけてイクのか・・・
書道の古典から世界の抽象アート、幼児のアートに至るまで、
秘蔵の資料を元に、思うところを語ります。

 

 

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf
 
 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 
 




 
 

言葉の功罪

 

 

自分は言葉を信じないと言いながら、言葉の重みや力を

いつも強く意識し、感じている。言霊の力はデカい。

 

だから空虚な作品を書きたくないのと同じく、

空虚な言葉も吐きたくない。

もっとも、何が空虚で何が実のある言葉なのかさえ、

人それぞれの主観によるわけだが。

 

言葉により、人間は自分の思考を整理し、

未来を創造していくことができる。

また他者と想いや考えを分かち合うこともできる。
一方で、人を騙し傷付けることもできるわけで、

双刃の剣ともいえるだろう。

 
言葉には、物事をわかりやすく分類してくれる一方で、

人の感情や思考を制約してしまうところがあるように思う。
たとえば「ストレス」という言葉。
昔はストレスなど無かったのに、「ストレス」という

言葉が広まったことで、世の中はストレスだらけになった。
「セクハラ」もそう。昔はセクハラなど無かったのに、

「セクハラ」という言葉が広まったことで、世の中は

セクハラだらけになった。
「髪切った?」と聞いただけでセクハラ。

「〇〇ちゃん」とちゃん付けで読んだだけでも

セクハラになリかねない御時世だ。

 
十人十色の人間模様も、「それ、ストレスだよね。」

「それってセクハラだよね。」の一言で伝わるんだから、

便利になったものだ。
が、その言葉がなかった時代には、互いに心の

ヒダのようなものを感じ合い、駆け引きしながら

人間同士、付き合っていたわけで、便利さと引き換えに、

豊かな心情や語彙が、社会から次第に失われていって

いるように思われてならない。

 
大江健三郎さんの『 あいまいな日本の私』、ではないが、

曖昧な中にこそ、ほんとうの豊かさがあるのではないか。
現代アートもデュシャン以来、いまだコンセプチャル

アートが主流ではあるけれど、言葉では説明できない世界を

表すのが芸術であり、書芸もまた然りであると思っている。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

字が下手クソですみません!

 
 
こんにちわんだふぉー、壮弦です!
今しがた、落合郵便局から電話あり🏣

 

「先日ご依頼いただいた贈り物の伝票の字が、

あまりに達筆で読めないので教えていただきたい」と🤪
「そうげん」の「げん」が、弓偏なのか、人偏なのか、

不明なのだという。
しまった!ちゃんと読めるように書くんだった!
親からの遺言で、「郵便局にだけは迷惑をかけるな」

と言われていたのに・・・w

 
「字が下手クソですみません!」と言ったら、

「いえいえ、達筆過ぎて・・・😅」と一生懸命

フォローしてくださったのですが・・・ヘタなのです!
これからはご迷惑をかけないよう、ヘタクソなりに、

ちゃんと読めるように書くよう気をつけます❗

 

ところで、「そうげん」の「げん」は「弦」でございます。
あと、よく「荘弦」と間違えられます。

「そうげん」の「そう」は草冠無しの「壮」ですんで、

どうぞお見知りおきを!W

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf