「書に魂を込める」とは



「書に魂を込める」とか「魂のこもった書」などと言われることがあるが、
言葉が醸し出すタダのイメージではなく、その真意はどこにあるのか? 


昨日のSOGEN書芸塾ARCでは、「書に魂を込める」をテーマに、そもそも魂
とは何なのか?といったところからディスカッション、さらにデザインとアート
の違いについて考察。 
その後、書芸塾主幹のSOGENが作品を制作させていただいている世界的な
研磨機メーカー、マコー株式会社さんのモットー『磨創人(まそうじん)』を
題材とさせていただき、デザイン性の高いロゴマークと、魂のこもったアート
作品という2方向で作品を制作するという、極めて実戦的な実習を行った。




魂は誰も見たことが無く、曖昧模糊としている一方で、誰もがその存在を認める
ものであり、すばらしい芸術作品にはすべからく、魂がこもっていると言えるだろう。


魂とは何か・・・そこに正解はなく、それぞれの人たちが、生涯を通して、
自身の魂に問いかけつつ、探っていくものなのかもしれない。
本時の体験を踏まえて、今後とも、ビジュアル的に格好の良い書を書くことに
とどまらず、魂のこもった書を生み出すべく、書芸塾の塾生と共に精進してイキたい。


書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂
書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂

書道教室,アート書道教室,東京,新宿,魂



なお、拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』までお読みいただき、体験参加された
方から、次のようなメッセージをいただいたので、ご紹介させていただく。

初めて参加させていただきましたが、こられている皆様の雰囲気も良く、
平野さんの授業内容は、発想力を引き出し、個人個人の個性を尊重し合える
プロジェクト。楽しい授業でした。
これでなくてはいけない!がない、何でもあり、自由さ。正にアートな授業ですね!
そして、最後には、平野さんの《磨創人》素晴らしい書を見せていただき、感激‼️

ありがとうございました😊
また来月お目にかかるのを楽しみにしています。


こちらこそ、有難うございました。

いきなりディープなテーマで体験いただきましたが、たのしんでいただけたようで

何よりです。今後ともたのしみにしております。





〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜SOGEN書芸塾ARC


公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/





 
 

宙を飛ぶ夢💫




おはようございます。
今朝は久しぶりに、宙を自由に飛び回る夢を見て縁起良し。


今日は二年前に他界した母の命日。(二年目が三周忌に当たるんだそうだ。)
オカンとオトンに毎朝お茶をあげ、味噌汁を作れば味噌汁をあげ、暑い夜にはビールをあげ・・・

あの世がどうかは知らねども、故人の魂はまちがいなく、今を生きる人たちの
中に生きている。人は一人ではない。


今日も佳い日を・・・



アート書道 書道アート 書家 書道家 SOGEN




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

滝と光



「こんなクソ暑い中で書いていたって、いい作品なんか出来るわけがない。
もっといい環境で書かなくちゃ。」と言って、友人がある山奥の神社を案内してくれた。


この猛暑の中でも、そこは避暑地のようにヒンヤリとして涼しかった。
古くから修験者が滝行を行ってきた霊場とのことで、滝の写真を撮ったところ、
カメラのせいなのかもしれないが、なにやら不思議な光が💫


明日はこの頂きにある神社の境内をお借りして書く。


神社 光 滝 滝行 書




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)







 
 

笠島海岸の夕映えに、書芸の極みを見る🌅



おはようございます。
今朝あたりは窓辺から射し込む陽もやわらかくなり、吹き入る風にも秋の気配が感じられます🎐


昨日はどうしても海と夕陽が見たくなり、仕事も何もウッチャッて、夕刻、柏崎まで
車を飛ばして行って来ました🚗🌊
子供のころ、海水浴に連れて行ってもらった鯨波🐳に行ってみたところ、
閑散としてまだ陽も高かったので、さらに上越方面に車を走らせていたら、
「笠島海岸」という標識が。当てどもなく彷徨って、オモシロそうな
方に行ってみるのが、良くも悪くも自分流。
そこで車一台やっと通れるような狭い崖っぷちの道づたいに車を走らせたところ、
開けた海岸に辿り着き、良さげなスポットだったので、そこで夕暮れを待つことに。

そしてドンピシャ、素晴らしい夕映えに会えました🌅
2時間ほど、さながら一本のパノラマ映画を見るかのように、天空が描く書芸世界を堪能。
これぞまさに、書芸の極み。


ここ、地球?いや、地球とは、かくも美しい天体なのだ。
じっと見ていると、空に雲で何か書かれているように見えてくる。「遊」かな?
もっと地球に遊べ、ってことかもね🤪


日本海 夕陽 夕焼け 夕映え 柏崎 笠島海岸 書芸
日本海 夕陽 夕焼け 夕映え 柏崎 笠島海岸 書芸

日本海 夕陽 夕焼け 夕映え 柏崎 笠島海岸 書芸




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

再生💐



お盆中の炎天下、お墓に飾って萎れ死にかけていた花を家に持ち帰り、

「カワイイなぁ・・・元気出せよ」と言いながら水をあげていたら、復活再生。

このコロナ騒ぎで萎れかけている人たちの心もカラダも、こんな風に再生して
いけたらいいと思う。


コロナ 再生 復活 花




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

真剣にあそべ♪!




足らないのは気合ではなく、”あそび心”



依頼いただいている文字書の大作が、なかなかモノにならないワケが見えてきた。
人生も、書芸も、あそびだと言いながら、未だに書道的な気合いをもって、
なんとかソツなくカッコウを付けようとしていたのだ。が、そこからは驚きも感動も
生まれるべくも無い。
表すべきは、誰からも褒めそやされるような立派な書道作品、ではなく、
宇宙自然に通ずるあそびの極みなのだ。

もっと、真剣にあそべ!



書家,書道家,アート




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)





 
 

書をナメるな



一発でキメられると思っていた作品が、いくら書いても出来ない。
今更ながら、書をナメていた。いや、だからこそ、書はオモシロイのだと。




※画像は大作の部分


書道家 書家
書道家 書家
書道家 書家



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)








 
 

妻有新聞さんよりご紹介いただきました‼️〜「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家 平野壮弦さん」〜




妻有新聞さんが紹介してくださいました‼️
ほんにまあ、有難うございます!

「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家・平野壮弦さん」

故郷に、プチ書芸アートギャラリー兼、子どもからジッチ、バッパまで一緒に
あそんでもらえるような書芸体験スペースをこしゃいたいと思いますんで、
どうぞよろしくお願いします!(^ ^)/


妻有新聞 壮弦 書芸 書道 体験




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

「有り難い」の本当の意味



この世界の森羅万象は、様々な物事の繋がりと積み重ねによって現れ、また引き起こされる
奇跡であり、ゆえにすべてが「有り難い」(有るのが難しい)ことなのだ。

つまり「有り難い」という言葉の原義は、「有ることが難しい」という客観的な
真理を示すものであって、主観的な気の持ちようを言っているのではない。


寄せては返す海の波もまた、宇宙創世から今に至る繋がりの中で現れては消える、
因果応報の表れであり、自然の織りなす美は、まさに有り難い奇跡なのだ。



では人為的な事象(人間が引き起こしたり生み出したりする様々な事柄)はどうなのか?

これまで自分は自然の有りようを愛する一方で、人間の作り出してきた社会を

疎みながら生きてきたところがあったように思う。

が、今日、散歩しながらふと気が付いた。

人間がこれまで成してきたことも、生み出してきたものも、すべてが自然と同じ、
有り難いことなのだということに。


つまり、心情的にはちっとも有難くない、酷い出来事であっても、様々な因果の果てに
それが起こっているということは、打ち寄せる波の様と同様に、やはりそれさえも
有り難い奇跡なのだということだ。

人は日々、奇跡を目の当たりにしながら生きている。
そう思えば、どんな些細な物事も面白く、それこそ有難く思えてきはしないか。


ただ、だからといって、すべての事柄を無条件で受け入れ感謝しよう、などと
言っているわけではない。その有り難い奇跡の中にも、自分が受け入れられることと
受け入れられないこと、美しいと思えるものと思えないものとがあるだろう。
それらを、自分という、これまた奇跡によって生まれた個体を通して感じ取っていく。
それが個を生きるということであり、その一個一個の個の有りようを認めることが、
本当の意味での「多様性を認める」ということなのではないかと思う。




有り難い 多様性 書家 書道家 アート書道




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

芸道の6段階〜本能の発露から主客合一まで〜




芸道(芸術表現)のステージを6つに分けて考えてみた。
※()内は、書芸に当てはめた場合の例


1. 本能のステージ
個体の生存戦略としてのエゴや欲望をも含んだ、本能による表現世界
(例:幼児のラクガキ)

2. 感情のステージ
喜怒哀楽、好き嫌いといった、感情による表現世界
(例;各種デザイン書作品)

3. 伝統文化のステージ

伝統文化を基盤とし、その引力圏内にある表現世界
(例:各種書道作品)


4.概念のステージ

このような考え(概念)の上にこれがあるという、概念に基づいた表現世界

(例:各種コンセプチャル書道アート作品)


5. 抽象のステージ
本能や感情を超え、もはや個々の意味さえ超えた、線、形、色、音等による抽象的な表現世界
(例:各種抽象書芸アート作品)

6. 合一のステージ
他者との境界が無くなり、主客合一され、「何も無いけれど、すべてが在る」という完全なる表現世界
(例:長谷川等伯『国宝・松林図屏風』)


そして1〜4が、肉体と命、感情と理性とに発したステージであり、5〜6が魂に
発したステージと見る。
すべての芸術作品が、これらのステージに明確に区分けされるということではなく、
いずれかの傾向を色濃く持つということ。




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com