筆、どう持って書いてますか?-執筆法考-🖌

 

 
あなたは筆で何かものを書く際に、筆をどう持って書いてますか?

 

 

筆の持ち方や運筆法は、バッティングホームと同じで、こうでなければならない
というものではなく、それぞれが自分に合ったフォームを身につければよい
というのが自分の考えです。
イチローのマネをしたからといって、イチローのように打てるわけではなく、
それぞれが独自のフォームを編み出すことが求められるのと同じ道理です。

 

特にファインアートおいては、表された作品がすべてであって、
たとえばピカソやバスキアの絵筆の持ち方や運筆法が問われる
なんてことはまずないでしょう。
(自分はそこに興味があるので、遺された制作風景の動画など
見る時には、そこをガン見するのですが)

 
 
自身のアート制作においては、もはや筆の持ち方や運び方が書法を超えて
変幻自在となっているいま、筆技筆法へのこだわりはないのですが、
書の基本を伝えるにおいては、最高と目される執筆法である
撥鐙法(はっとうほう)』を推奨することを旨とし、
また自身の書作にも取り入れています。

 

『撥鐙法』とは、四指を離して持ち、四点で筆菅を支えることで、
筆管を安定させ、筆力ある筆線を引くことを可能にする、
最も理にかなった優れものの執筆法。
昔の中国の周恩来や毛沢東といった為政者たちが条約締結の筆書サインを
入れる様を見ても、やはりこの撥鐙法をもって署名しているのが見て取れます。
日本のお習字で習うような釣り持ちでは、力強い書とならないのです。

 

 
で、今しがた海外の墨絵作家の人が、この撥鐙法をもって墨絵を
描いているところを見かけて感心。
好みや墨絵としての境地のほどは別にして、筆技筆法において、
なんとアメリカのおばちゃん絵師が撥鐙法を極めているではないか。
しかも左利きで!!
日本も訪れているようですが、よほど入れ込んで修練を積まないと、
ここまでの境地に至ることは出来ないでしょう。

 

ってことで、アート制作においては、どう筆を持って書こうが自由だけれど、
理にかなった執筆法を身につけることは、力ある書画を生み出す上で
大きな力になる
という好例として、シェアーさせてもらいました🙂

 

Chinese Orchid with Nan Rae Chinese Brush Painting
https://www.youtube.com/watch?v=5KihtyulUlw

 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

感涙して死ね♪!

 

 

みなさん、お盆はいかがお過ごしでしたか?

 

 

自分はこのお盆に交通事故を3つ目撃。
一つは死亡事故。
画像を載せて様子を書いたりすれば人目をひくのでしょうが、
それはちと不謹慎なので、ご冥福を祈りつつ置いといて、
この死者と向き合う期間でもあるお盆に感じたことを一つ。
 
若くして他界した友人や知人、いま現在、過酷な闘病生活を送っている
身内や友人がいます。
そういった人たちには、元気を取り戻してほしいと強く祈り願うわけですが、
その苦しみや哀しみは決して無駄なものではなく、縁ある人たちに、
命の尊さ、健康で生きていることの有難さを身をもって教えてくれている
ように思うのです。

 
そして遅かれ早かれ、人は皆、いずれは自分もその役割を担った果てに
宇宙に帰るわけで、そう考えると、生まれて死ぬということに関しては、
まさに万人が平等であると。

 

で、これは自分の願いなのですが、最期は感涙しながら死にたいもんだと。
というのも、歓喜を上回る『感涙』こそが、人間にとって最高に人間らしい、
至福の精神状態である
と思うからです。
まあ、実際はそんなこともなく、なんとなく死んじまうのかもしれませんがねW
しかし、感涙までいかずとも、ああ、生まれてよかった、自分の人生、
しんどいことも一杯あったけど、けっこうオモシロかったなぁ、有難や〜、有難や〜、
出来るならまたこの星に生まれたい!てな心持ちで地球にオサラバしたいもんだと。

 
そして、でき得るなら死ぬ間際だけでなく、生きているうちに感涙したい!
で、そのためには動くこと・・・頭と心を働かせ、カラダを動かすこと、なのでしょうね。
何もせずに動かなかったら、ツラい思いもしない代わりに感涙も有り得ないわけで。

 
で、いつどこで何に感涙するかは人それぞれ違うとは思いますが、
やはりそういった魂レベルでの高揚感は、自分一人だけでなく、
他者との関わりの中で生じてくるものなのだろうと。

そして、そんなチャンスを与えてくれる最も可能性があるものが、
自分にとっての『書芸』なのだと。

 
もちろん、書芸をはじめとした芸術芸道にかぎらず、ビジネスでも
スポーツでも恋愛でも、あるいは日常生活のふとしたことの中にも、
自分自身の関わり様一つで感涙に至る道があるわけです。
 
ってことで、ナマケモノの自分に贈る言葉・・・

 
感涙して死ね♪!

 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 
 




 
 

存在感を問う〜追悼 津川雅彦さん 昭和偉人伝〜

 
 
昨夜テレビで『追悼 津川雅彦さん  昭和偉人伝』を見る機会を得た。
http://www.bs-asahi.co.jp/ijinden/
 
 
みなさんもご存知の通り、津川さんは「マルサの女」をはじめとした
伊丹十三監督作品の常連で、実に存在感のある名優。

 

番組のインタビューの中で、津川さんが、伊丹十三監督との出会いで
大きく変わったことを明かしていたのが印象的だった。
中でも一番は、セリフを臓腑に叩き込むことを学んだことだという。
伊丹監督のディレクションは細かく、「そこでネクタイを直しながら喋ってくだい」
といったことを突然言われる。そうすると、ネクタイを直す所作に気を取られて
セリフが止まってしまうのだが、それではダメ。
頭で覚えて喋っているうちはまだダメで、何をやっていてもセリフがスラスラ
出てくるようになるまで臓腑に叩き込むすべを、そこで得たのだそうだ。

 
 
それに続く津川さんの言葉が、またさらに印象深いものだった。
臓腑に叩き込むと、演技が軽くなるんです

つまりそれは、演技が自然体に近くなる、ということだろう。

 

「うまくやればいいってもんじゃない。結局は存在感なんです。
で、普段どう生きるか、日常をどう過ごすかで、存在感は出てくるんです。」
と津川さん。
対して伊丹監督は生前、「津川雅彦は自分がヘタだと思っているところがいい。」
と語っているあたりが、また面白い。

 
そして、それはまさに、書芸をはじめとしたあらゆる芸術、芸道に通ずるものである
と強く共感。
書は人なりの言葉通り、すばらしい書には、「おまえ、ここに居るねー」という
存在感が感じられるのだ。問われているのは存在感。
しかもそれは、「どう? ワタシ、キレイでしょ、上手いでしょ」といった
ナルシスティックな自意識、自我を超えたところで、ただそこに居る、在るという、
宇宙的な存在感だ。

 

 
いまなお師風の受け売りと枝葉末節的な筆技の競い合いに終始している

日本の書壇に、もはやそのような存在感ある書の出現は望むべくも無く、

書芸術の本道本質は、むしろアウトローたちによって受け継がれ生かされていることを、

津川さんの追悼番組を見て、あらためて感じた次第である。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

書の妙味

 

 

ロゴ書の仕事をしながら、あらためて気づかされたことがある。
完璧に作りこんだつもりの書が、まったく生きていない。
自分が書いたものをお手本のようにして完璧を期そうとしても、

枝葉末節にこだわってしまい、肝心の根っこや幹が生きていない

ものになってしまう、などということが往々にしてあるのだ。

 
お習字でお手本を下に敷いて、それをなぞったところで、

まったく生命力の無い、似て非なるものになるのと同じ道理。

あまりに完成度にこだわって書き込み、作り込んでいると、

逆に目が塞がれてしまうところがあるのかもしれない。
 
これだけ長年やってきても、書にはわからないところがあって、
ほんとうに不思議で奥が深いものだとあらためて感じている。

 

 

フォントのように、幾何学的に完璧に設計された世界ではなく、
歪みながら均衡を保つのが書の妙味。

 
それって人生と似てるかも。
破綻だらけでも困るが、まったく破綻のない人生、
完璧なバランスの上に成り立つ人生なんてツマラナイ。
歪みながらもバランスを保つのが人間的であり、
また宇宙自然の摂理に即したイキ方なのだろう。

 

 

 

平野壮弦書・『字』/2009/H1300xW1000mm/画仙紙・墨

志賀高原ロマン美術館企画展『書Xデザイン 挑戦の系譜』出展作品

 

 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

世界を繋ぐ書芸 ON FACEBOOK

 

 
一体なにが起こったのか⁉😲
 
ここ半月ほど、FACEBOOKの個人ページに毎日、世界中から100人以上の
友達リクエストをいただき、いまも100人待ち。しかも大半が海外から・・・
アート作品、載せまくったせいだろうか?
 

平野壮弦 ON FACEBOOK
https://www.facebook.com/sogen.hirano
 
 

自分は受け身のSなもんでW、自分から友達申請をさせてもらったのは
最初の頃、しかもリアルな友達だけで、あとは受けるばかり。
で、こう見えてけっこう律儀なので、友達リクエストをもらうと、
その人のページを見せてもらい、国や内容を見て特に問題なければ
受けさせてもらっているんだけど、こう一杯になってくると、
さすがにちょっともうタイヘン・・・FACEBOOKから友達申請の
機能の使用が速すぎる、と何度もブロックがかかったほどで(汗)
しかもコメントやメッセージ、果ては電話までくれる人もいて、
うれしい悲鳴といったところです。
 
でも毎日、色んな国の様子や世界のアートの動向に触れることができて
オモシロイし、とてもいい刺激をもらってます。
こんな国、あったんかいなーとGoogleマップで調べたりと、
居ながらにして世界中を旅してるような気に・・・🚀

 
 
特に、自分が求める書芸の精神を宿したすぐれたアーティストが、
人種、国籍、思想信条の違いを超えて世界中にいることを知り、
今とてもハッピーな気分🧡
自分と近い感性を持ったアーティストは、アート市場でいえばライバル
ってことになるんだろうけど、自分にはそれがたまらなくうれしいのだ。
なんせ、自分の求める世界にまちがいは無いと信じつつも、書でも絵でもない、
なんなんだこれは?って長年理解されずにきたところがあるもんだから、
世界中にこんなにも作品を通して感じ合える人たちがいるのだと知って、
もうウキウキ・・・🌸‼🎵
 
作品も方向性も違うけど、そこはART SHODO TOKYOを立ち上げた
書家・現代美術家の山本尚志さんも、同じ想いなんじゃないかな。
だからいま、堰き止められていたダムが放出されるかのように、
そのエネルギーが溢れ出してきているわけで。
 

 
・・・ということで、いよいよ、書芸、書を源流としたアートが
世界に撃って出る時代到来の予感💥‼
人類がここにきて俄然オモシロくなってきたW
以前、世界中の人たちを10万人集めて書芸イベントをする夢を
見たことがあるけど、もしかしたら正夢か?!

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

「みんなちがって、みんなバカ!」🤪〜ART SHODO TOKYO〜

 

 

作品をバカみたいに書いてたら、これまで以上に

自分の求めている書芸というものの今日的な意義と、

その世界がハッキリと見えてきたところがあり、

やっぱり作品はつくってみるもんだとW

 
 
今朝、芸術やデザインについて考えながら寝たところ、

妙な夢を見た。

お釈迦さまのような得体の知れない大きな存在が現れて、

お前は未来に行き過ぎてるから、現代に戻りなさい」とW
で、超光速で現代に引き戻された。
以前、超光速で宇宙の果てまで引き上げられる不思議な

浮揚感を、夢の中で何度か体験したことがあるのだが、

今回はその逆?で、現代に引き戻されるという夢。

 

自分の未来のビジョンも見せられた。
ショップギャラリーのようなところで公開でアートを

制作をしてて、なぜかSOGENブランドのじゅうたんが

山積みにされて売られていた。
将来、 SOGENは世界で人気のアーティストになって

いるようだW

 

 
まあ夢なのだが、そこで得た教訓は、
お前のアートは時代の遙か先をいくものかもしれないけれど、

現実と関わることもしていかないと食いっぱぐれるから、

もう少し今の時代と関わることも考えろ、ってこと

なのかもしれないと(笑)

 

芸術は人智の及ばぬ世界を直感で探り表すものだから、

万人から「あらステキ♪」などと褒めそやされるような

シロモノではない。
だから、自分の表現世界と現実とのギャップに絶望する

芸術家も。
こんなノー天気に見える自分でさえ、これまでの人生で、

どれほど絶望の淵を乗り越えてきたことか・・・
芸術家も霞を食べて生きているわけにはいかないのだ。

 

そんな中で、4月に開催される、山本尚志さんプロデュース

によるART SHODO TOKYOは、書芸術を志す者にとっての

希望の星であるとともに、書をベースとした芸術が世界に

撃って出るための、一つの大きなチャレンジなのだ。

 

 
ART SHODO TOKYOは、4月28日(土)から30日(月)

までの日程で、三鷹市芸術文化センターにて開催されます。
 
「みんなちがって、みんなバカ!」🤪

 
ぜひ、世界の最先端をいくバカモノたちによる、

書芸アートの共演を、その目で目撃ください。

 

 
・・・って、さいごは展覧会の宣伝かよW

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内〜4.28-4.30 三鷹市芸術文化センターで開催!〜

 

 
書芸術による祭典『ART SHODO TOKYO』のご案内です。

 

会場:三鷹市芸術文化センター

会期:4月28日(土)〜4月30日(祝)

 

 
書をベースとした芸術作品を世界のアートに押し上げる

ための一大アートフェァー。おそらく世界の書芸術の

最先端をいく内容となるものと思います。

 

SOGEN書芸塾からも、SOGENはじめ6名の作家が

出展する予定です。
会期中は、ほとんどの作家が会場に詰める予定で、

SOGENも毎日、会場におりますので、ぜひみなさん、

見に来てくださいね🚀

 

 

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

世界で愛される日本酒!〜クイーン・エリザベス号御用達の銘酒『明石鯛』〜

 

 

世界で愛される日本酒、クイーン・エリザベス号御用達の
銘酒『明石鯛』
のご紹介をさせていただきます。

 
 
蔵元は兵庫県明石市にある明石酒類醸造さん。

全ての人に酒と笑いと幸せを」をモットーに、

日本国内のみならず、ヨーロッパを中心に世界各国で、

お酒の販売プロモーションに尽力されています。
 
江戸末期創業以来の伝統と革新の精神をもって、

世界に撃って出るチャレンジ精神には感服するばかり。
 
ホームページに載っていた、社長さんの

メタボだけどチャレンジャー!」のキャッチ
フレーズには、思わず笑ってしまいましたが・・・W

 

文化や制度、好みや趣向の異なる海外で勝負するのは、

ほんとうに並大抵のことではないはずで、

そのチャレンジ精神を見習わせていただきたいと思いました。

 
 
で、実際、お会いした社長さんはちっともメタボではなく、

実にダンディーな方でしたが、最近、ある方法で

スリムアップされたそうで、そこも見習いたいと!W

 

明石鯛は長年の尽力をもって、クイーン・エリザベス号

御用達の日本酒ともなっており、主にヨーロッパを中心に

販売されているとのことです。

 
 
先のブログでご紹介させていただいた、クイーン・

エリザベス号での『明石鯛』の鏡開きにおいて、

書芸アートパフォーマンス等のイベントを実現させて

いただくことができたのも、ラベルのリニューアルに伴い、

「明石鯛」の書を揮毫させていただいたご縁によるもので、

深く感謝しております。

 

 

『明石鯛』ミニ酒樽

 

『明石鯛』ボトル

 

 

 

 
 
ちなみにデザインはロンドンのデザイナーの方によるもので、

そのデザインと書へのこだわり様には驚くばかり!

書のディレクションも実にキビシく、コンマ数ミリ

レベルの線の太さの違いや、わずかな滲みまで指摘され、

ため息が出そうになりました(笑)。
 
が、最高のものをつくりタイ!という思いは同じ。

それによくよく考えてみると、自分の文字書をそこまで

穴の開くほど眺めて、あーだこーだと言ってくれる人など、

世界広しといえども他には居ない。これはもうほんとうに

有難いことだとW

 

もちろん筋違いなディレクションであれば、こちらも

率直な意見を述べさせてもらうところですが、そのイギリスの
デザイナーの方が、漢字の文字構造や書に精通している様子に
感心しました。

 
 
で、その結果がご覧のラベルデザインです。

和紙や印刷の色目にも徹底的なこだわりを見せ、

日本の印刷業者を泣かせたらしいのですが、

そこに応える力を持っているところがまた、

日本の職人ザワのスゴイところ。

 

 

最後に『明石鯛』のロゴ書についてひと言。

なんだ、これならもっと味のある書を書けるじゃないか、

と思われる方もおられるかもしれませんが、

これは様々なスタイルの書をプレゼンさせていただいた上で、

しぼりにしぼりつつ、さらにディレクションに

沿ったカタチで完成させたものであり、その点、

商品の特性やターゲットを最重視するデザイン書は、

一般の書道とは異なるという点にご注目いただけたら
と思います。

 

なお伝統書道では「明」はこのような崩し方をしないのですが、

鏡蓋のような丸みを持たせるために、あえてこのように

書いています。

 

 

 

そんなこだわりの中で、この『明石鯛』のラベルデザインは

生まれました。

海外でがんばっている明石鯛、ぜひ日本の名だたる銘酒

とともに、末長くご贔屓にしていただけましたら幸いです。

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

新生・SOGEN書芸塾のスタートにあたって〜宝物を探し出し、磨いていくための場〜

 

 
SOGEN書芸塾ARCは、4月から全クラスを統合し、新たな形で

スタートいたします。
 
内容は、これまで開いてきたフリークラスに準ずるもので、

伝統書道からデザイン書道、アートまで、何をやっていただいて

もよい、ますます自由な書芸術のアトリエと化していく予定です。

 

で、これまでのような全体レクチャー的なことは基本、行わず、
もちろんお手本を見ながら稽古するといったことも、これまで通り
行いませんが、書道、芸術、デザイン等について語り合ったり、

参考となるものをご覧いただいたり、デモンストレーションや

アドバイスをさせていただくことを通して、個々に応じた
アシストを行ってまいります。

 

 

書芸のいのちは生(き)の線にあり、人マネではない、

自分自身の呼吸で、自分の線を描くことが大切。

 

しかし一方で、好きなように書いたものが芸術作品として

値打ちを持つかどうかはまた別で、なんでもありですが、

なんでもいいというわけではなく、そこに芸術としての

深浅の差が生じます。

 

芸術は未知の世界への挑戦ですから、その評価はもちろん

安易に下せるものではありませんが、古今東西の名家による

書はもとより、世界の芸術作品に触れ、また自らも

世界的書芸家として書芸作品を世に送り出しているSOGENが、

それぞれの人の中に眠るお宝を探し出し、磨いていくための

アシストをさせていただくことが、SOGEN書芸塾の本旨と

なります。
 
 

これは先日の教室でのこと。

筆線による抽象作品を制作している塾生が、こんな作品を

書いておりました。

 

 

このたどたどしい感じが独自の持ち味となっており、これはこれでよい
ところがあると。

ただ、芸術作品としてはまだ弱く、物足らなさがあることも否めません。

 

そこで、デモンストレーションをご覧いただいた上、少しアドバイスを
させていただいたところ、こんな作品が生まれました。

筆ではなく、小さな木のヘラで書いてます。

 

 

これはもう、あそびのある、実に豊かな作品であると。

書道の素人である一般の方が、こんなものを、ほんの少しの
アドバイスで速攻で生み出してくるあたりは、ご本人の
柔軟な精神と学ぶ意欲の賜物であろうと。
まさに、芸術はみんなのもの、なのであります。

 

 
指導者のクセや好みを押し付けることなく、いかにその人の

持ち味を引き出し、磨いていくための手助けをさせていただくか・・・

SOGEN書芸塾では、今後とも、そこを大切にしながら、

よりすばらしい交感の場としていけたらと願っています。
4月からの、また新たな人々と作品との出会いにワクワクです♪

 

新生・SOGEN書芸塾ARCを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

新生・SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 

 

SOGEN書芸塾ARC主幹・SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

 




 
 

笠井瑞丈×上村なおかダンス公演「奇跡の星」を鑑賞

 

 

2月のSOGEN書芸塾ARCで『カラダで話す、カラダで聴く』と題した

スペシャルワークショップを行っていただいた、世界的ダンサー、

上村なおかさんが演出する『笠井瑞丈×上村なおかダンス公演〜

奇跡の星〜』を鑑賞。

 

超満員。

闇の中にスポットライトを浴びて浮かび上がる白装束のダンサーたちが、

まるでマリオネットのように舞い踊る・・・

そう、彼らはその時、自我という存在を超えて、神(宇宙)の手によって

操られるマリオネットのような存在と化しているのかもしれない。

だからその動きは人間の情動を保ちながらも、個人的な感情を超えた
ところで、さながら樹木や草花のように、天に向かって枝葉を伸ばし、
花開いていくかのようだ。

 

今回は総勢5名のダンサーによる共演であったが、5人一緒に踊る

時など、どこを見ているのか、自分でも分からなくなるような

不思議な感覚になってくる。

全体を見、一人のダンサーの動きを見、あるいは身体のある一部分を見、

といったように、見所も感じ方も無限。そしてその見方も感じ方も、
人それぞれ違っているだろうところが面白い。

ということは、彼らの踊りは、それを目撃する人の数だけある。

つまり、無限なのだ。

 

ダンスは静止する場面ももちろんあるけれど、常に動き、変化していく。

それを見ていると、一体、今を見ているのか、過去を見ているのか、

はたまた未来を見ているのか、分からなくなってくるようなところがある。

いや、過去、現在、未来のすべてを一挙に見ているということなのかも

しれない。

 

それにしても、スゴい公演だった。

指先の1本にまで気を通し続け、体力的には、プロボクサーが
15ラウンドをフルに闘ったくらいの消耗度なのではないか。

 

このようなダンスこそ、人類の過去、現在、未来を繋ぐ、日本発の

貴重な芸術文化財であり、守りゆくものだと思う。

 

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/