感情、心、魂

書芸』とは何か?

『書芸』とは、生(き)の線を通して、宇宙、生命のリズム、感情、心、魂の 有り様を

象形化するアートである。

と、そう言いつつも、感情、心、魂とは一体どういうものなのか、何か違うのか、

いま一つよく分からずにきたところがあるように思う。

で、このところ少し見えてきたものがあるので、そのあたりを書き留めておきたい。

「気が変わる」「心変わりする」という言葉があるように、感情や心は常に変化する

ものである。

対して、「魂を入れ替えて・・・」という言葉はあっても、「魂が変わる」とは言わない。

つまり、魂は変わるものではなく、「三つ子の魂、百まで」の言葉の通り、普遍的なものなのだ。

そう考えると、『書芸』には、書芸アートとデザイン書の両分野があり、

書芸アートは普遍的な魂を映し出すものであり、デザイン書は情感やイメージを表し、

人々の心に働きかけるものである、ということになるだろう。

一つ作品を例に取ろう。

私は国宝となっている長谷川等伯の『松林図屏風』を書芸アートの極みと見ている。

デザイン的なビジュアルではなく、まさに素の魂を写し出した芸術作品である

という点において。

等伯が表したかったのは、松林そのもの、ではなく、松林の姿を借りた自身の魂であり、

その魂を通して垣間見た心象風景だったのだと思う。

長谷川等伯『松林図屏風』

このような素っ裸の魂を表す書芸アートに対して、デザイン書(ロゴ書やインテリア

として飾られる書)においては、化粧もすれば着飾りもする。

つまりビジュアルで見せることを通して、人の心を掴み動かす働きと役割を持つのが

デザイン書である、ということだ。

とすると、現代の日本の書壇に見られる書の大半は、どっちつかずの中途半端で、

どうもツマラナイ、と言っては叱られるだろうか。

いや、書道は貴重な伝統文化であり、芸道であるから、これを求め極めていくことは

素晴らしいことなのだが、今の書壇では、ちょっとテクニックを身に付けると、

もう書道展での賞取り合戦に参加させられて、日々の地道な研鑽が疎かにされて

いるように思われてならないのだが、どうだろう。まあ、そうしないと書壇が

商売として成り立たなくなるから仕方ない、といったところもあるだろうが。

やっべ! 書壇のことはもうどーでもいいと思いながらも、またつついちゃったよW

いや、自分を育ててくれた親のようなもんなんでね。

しかし、書道の延長ではアートにはならない、というのが自分の考え。

書道とアートは次元が違う。どちらが上とかしたとかではなく。

むしろ、書壇にどっぷり浸かった人ほど、それが足枷となって、なかなかアートには

イケないところがある。いや、自分がそうだったもんで。

アートにいきたかったら、まずは習い覚えた書法、書道のテクニックにこだわらず、

素の魂を表す方向に舵を着ること。見せるのはテクニックではないということ。

もう一つ、以前のブログで、アートとデザインは近いようで対極にあると書いたが、

アートにデザイン性を取り込む、あるいは逆にデザインにアート性を取り込むことで

新たな世界が生まれる可能性があると見ている。

たとえばロゴ書一つにも、ビジュアルとしてのインパクトのみならず、そこに魂を

込めることで、普遍的な芸術性をも内包した、デザインとアートの融合による

新たな世界を創り出していく、といったように。

あるいはアートにデザイン性を加えることで、ビジュアルとしてのインパクトを

持たせ、より人々に伝わりやすく印象深いものにする、といったように。

感情、心、魂の違いを考えるところから、いささか話がそれたが、今後とも、

そんなことも心に留めながら、書芸アート作品、デザイン書作品の制作に臨んで

いきたい。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

耳の痛がゆい話👂

がグレた。

「耳ってのは、聴こえが悪くなることはあっても、耳タブが悪くなるってことは、

そうないよね」みたいな話をしていたところ、翼日から右耳が大きく腫れ上がって、

堪え難いほどの痛がゆさに・・・

思うに、耳はきっと、その話を聴いていたに違いない。

で、「いや、オレだって、こう見えてけっこう繊細で、一丁前に悪くなること

だってあるんだい!」ってな感じで、グレて見せたんじゃないかと😝

いや、おそらく何かの拍子に雑菌が入ったのだろう。

で、病院嫌いなもので、自力で治そうと放っておいたら、10日ほどで

機嫌を直して元に戻ってくれたのでよかった。

ところが・・・!

治ったと思ったのもつかの間、今度は両耳がかゆくなり、夜も眠れぬほどに。

それも自力でなんとかしたいと思い、半月ほど我慢してみたものの、

なかなか治らず、たまりかねて皮膚科の病院に行って塗り薬と飲み薬を

処方してもらったところ、立ち所に治ってくれたので助かった。

耳がかゆくないって、なんと幸せなことなのでしょう!W

薬の威力ってのはスゴいもんで、病院嫌い、薬嫌いの自分だけど、今度ばかりは救われた。

が、逆にいうと、薬ってのは怖いね。たった一粒飲んだだけで、病気を治してしまう

ような魔法の薬、つまり魔薬なわけで、使い方によってはヤバいことになるのも道理。

で、思ったよ。

こんなことを言うと顰蹙を買いそうだけど、病院や製薬会社ってのは、

病人が増えれば増えるほど儲かるわけで、みんなが健康になって、医者いらず、

薬いらずになったら、商売上がったり、なのだ。

だから人を癒し救う奇特な仕事である一方で、人の不幸をビジネスにしている

ところもあるわけだ。

つまり、みんなが健康であるなら医療の発展は無く、人々の不健康という

負の部分があり続けるおかげで、医療が発達し続けている、ということだ。

で、それはアートにも言えることなのではないかと。

つまり、みんなが精神的に満ち足りていたならアートは必要なく、

満ち足りないもの、病んでいるところがあるからこそ、

人間はアートを渇望するのだ、という点において。

いや、だから病気は無くならないほうがいいとか、精神的に病んでいたほうが

いいんだと言いたいわけではない。

ただ、マイナスの部分があるからこそ、それをプラスに変えていこうとする、

そのチャレンジの過程の中に、医療や科学技術、そして芸術も含めた人類の

進化発展もまたあるのではないか、と。

もし人々が生老病死のあらゆる苦難から解き放たれたなら、それはもう天国、

ということになるのだろうが、闇が強まるほど光も強まり、光が強まるほど

闇もまた強まるのが、陰陽をもって成り立つこの宇宙の道理なのかもしれない。

もっとも科学技術が発展し、世界の秩序が整備され、世の中が便利で小綺麗に

なっていくほどに、人々の心の闇もまた深まりを見せている今日、アートの世界は

もとより、人々がそれぞれの仕事や日々の生活の中で、闇中に光を灯す行い、

マイナスをプラスに変えていく業を行っていくことが、いま、いつの時代にも

増して求められているように思われてならない。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

ピクニック♪🍀🌈

今日はSOGEN書芸塾ARCの有志で、新宿御苑ピクニックをしてきてました。

なんと、ちょうど無料解放日でラッキーでした!

新宿御苑ではこれまで、野外教室を開いたり、フランス人留学生の若者たちと

書芸アートワークを行ったことがありますが、今回はただのピクニック♪

ただのピクニックなんて、書芸と関係ないのでは?

いいえ、大あり、なのです。

というのも、あそび心の中にこそ、書芸の本質があるからです。

書芸においては、書の作品をクソ真面目に書いているばかりでは大成を見ず、

人生における様々な経験や思索を通して熟成されていくもの。

かつて書芸塾に「アートクラス」を設け、現代美術家、画家、造形作家、デザイナー、

ダンサー、音楽家、写真家、映画監督といった異分野の錚々たる表現者の方々に

スペシャルワークを行っていただいたのも、そういった想いからで、

今それが、作品というカタチとなって、どんどん現れ始めています。

SOGEN書芸塾ARC-過去の開催クラス風景-

http://www.hiranosogen.com/blog/?cat=138

今日は少人数でしたが、新緑も芳しい野外で寛ぎつつ、皆でよもやま話に

花を咲かせ、実に有意義で楽しいひと時となりました。

ピクニック、たのしかったな〜❣️ さて、こんどは何してあそぼうっか?!😃

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

人間

いましがた山手線に乗ったら、目の前の優先座席に、めっちゃ人相の悪い

チンピラ風のオッサンが。
人生を遠い昔にどこかに捨ててきてしまったかのような、虚ろな冷たい目・・・
そこへ足の悪いお爺さんがヨボヨボと近づいてきた。
その途端、そのオッサン、こわばった顔をニコッリとほころばせ、お爺さんに

席を譲ろうと立ちかけた。
お爺さんが「いいよ、いいよ」と断ったので、オッサンの笑顔は一瞬にして

またゴルゴ13顔に。

思ったよ。
人と人の間と書いて「人間」とはよくいうけれど、ほんとうに人は人を人間に

するのだと。
弱いヤツ、劣ったヤツは生きていても意味がない、などというトンデモ思考で

起こるクレージーな事件が後を立たないけれど、みんなが強くなってみ? 

このオッサンが、こんな人間らしい慈愛にあふれた笑顔を見せることはないんじゃないか?

人間は面倒くさい生き物。ほかの動物や植物のほうが、生命体としてよほど

清々しく生きている、なんて思うこともよくあるけれど、やっぱり人は人を求め、

人と交わることで人間になるのかもしれない・・・

なんてことに気付かせてくれた、人生捨てた感満々のオッサン・・・

今日はどうもありがとう!

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 



 
 



 
 



 
 

忙中観桜

このところアトリエに籠り、花見がわりに?いきものがかりのSAKURAなど

聴きながら作品を書きまくっておりますが、今日は春の陽気に惹かれ、

花見がてら神田川沿いを散策してまいりました。

満開かと思いきや、まだ蕾も残っており、九分咲きといったところでしょうか。

かたや、すでに散っている花もあり、同じ樹に咲く桜も、すべて一斉に咲く

わけではなく、日をずらして開花するものと知りました。


不思議なのが、川沿いの桜がみな、なぜ、かくも見事に川面に向かって

枝垂れているのかということ。

これはこの種の桜の特性なのか、それともまさか桜が、

「お!下が空いてるじゃん。上は混んでるから、下に向かって

枝を伸ばしていこうか」とか思ってのこと、ではないですよね?W

それにしても、桜も含め、悩むことなく命のままに枝葉を伸ばし花咲かせる

植物の有り様は、悩み多き人間としては羨ましいかぎり。

書作に臨んでも、かくありたいと願います。

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト


http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf




 
 

SOGEN文字書アート

このところ文字書作品の制作に没頭し、その数500点余り。
すべてご覧いただきたいところですが、溺れられても困るので(笑)、

こちらで一部ご紹介させていただきます。
ちなみに「令和」はありませんW おそらく領収書に書き入れるが最初になるかと(笑)

SOGENの文字書アートは、漢字文化を礎とした地球の引力圏内でのあそび

とも言えるものです。

筆書文字は建築にも似て、地球の引力の影響を受けつつ、たとえどんなに歪ん

でも、倒れそうで倒れないピサの斜塔の如き構造性を有することが肝要です。
また点画の間に働く重力関係も重要となります。

それらに意を注ぎつつ、従来の書道文字が有する重力関係を超えたところで、

文字書としての均衡の美を創出していくところに、SOGENの文字書アートの

真髄があります。

と同時に、漢字が本来有している象形性を自身の感性を通して増幅させていく

中で、森羅万象の有り様を、人間としての喜怒哀楽の感情をも綯い交ぜにしつつ

筆線にのせて表していくところに、一般的なデザイン書道を超えた

SOGEN書芸アートの真価があると言えるでしょう。

対して抽象アートは、自分にとって無重力の宇宙空間でのあそびのようなもの。
いま暫くは地球でのあそびを堪能しつつ、宇宙に飛び立つ頃合いを見計らって

イキたいと思っています。




以下のFACEBOOK、SOGENアートファンページにSOGENの近作を多数掲載

しております。ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/HiranoSogen/

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf(スクール)