SOGEN揮毫、シェリー樽熟成酒『絲』のご紹介



先に本日発売の『東京盛』のご紹介をさせていただきましたが、

SOGENがロゴ書を揮毫させていただいたお酒をもう1品、
ご紹介させていただきます。


シェリー樽熟成酒『絲-ito-』(小山本家灘浜福鶴蔵)



現在、好評発売中のこの『絲』ですが、まずこの、ボトルデザインがスゴい!

このインパクトある文様は、江戸時代から400年以上に渡り受け継がれてきた

唐紙『雲母唐長』の板木によるものだそうで、伝統が今に生かされることで、
逆に最先端をイクような新鮮な印象を与える好例と言えるでしょう。


お酒は日本一の酒どころ灘五郷で酒造りをされている、小山本家酒造灘浜福鶴蔵によるもの。

この2つの伝統が掛け合わさることで、逆に最先端のものが生まれてくる。

そこに起用いただく書にもまた、伝統的な風格とともに、新気の気風が求められる
ことになるでしょう。


なお、書は「糸」が二つ並ぶ形のため、ともすると単調になりがちなところを、

篇と旁の風貌を変えつつ、違和感なく響き合う形で揮毫いたしました。



絲 日本酒 シェリー酒 浜福鶴 小山本家酒造 SOGEN デザイン書

以下、「絲 ito」公式ページの誕生ストーリーより

「日本の豊かな自然が育んだ醸造酒を、洋酒の樽で長期間熟成させたら、いったい

どんな個性を持つお酒が出来るのだろう」
「価値観が多様化するなかで、やがて日本酒を長期熟成させる時代が訪れるだろう」
「私たちが培ってきた技術の粋を集め、日本を代表する Japanese Speciality
Hard Liqueur をつくりたい。」
そんな想いの元、2003年にスタートした未知への挑戦が、技術者の研鑽もあって、
驚くほど「重厚な味わいの美酒」へと変化。

またその極みを、酒造りを通して “すべてをつなぎ、たくさんの人たちを幸せに
していきたい”との願いのもと「絲 ito」と命名し、ついにシェリー樽熟成酒
「絲 ito」を世に送り出すに至る。


以下の公式ページに、絲にかける想いや誕生ストーリー全文が紹介されておりますので、

どうぞご覧ください。SOGENのご紹介もしていただいております。


樽熟成酒「絲 ito」公式ページ

https://www.hamafukutsuru.co.jp/ito/main.html



ちなみに制作にあたり、試飲させていただきましたが、日本酒による熟成酒は、

洋酒では味わえないような独特な香りとコクとがあることから、おそらく

海外でも高く評価されるのではないかと。

そのうち、日本酒による熟成酒が、ワインのようにオークションにかけられ、

1本数十万、数百万といった値で落札されるような時代がくるかもしれません。

そうなれば、本来の日本酒の人気や値打ちも間違いなく上がることになるでしょう。

ぜひそうなってもらい、今後とも日本の酒造り文化が、未来永劫、受け継がれて
いってほしいと願っています。





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com








 
 

小山本家酒造『東京盛』、本日より出荷発売‼️㊗️



ロゴ書を揮毫制作させていただきました、小山本家酒造様の『東京盛

純米吟醸が、本日より出荷発売とのことで、おめでとうございます‼️



本日ただいま、お酒をご恵送いただきましたので、ご紹介させていただきます。
赤を基調としたマーク主体で、これまでの日本酒に無かったような、斬新で
インパクトあるラベルデザイン となっており、海外の人たちにお土産としても
喜ばれそうです。


もしお近くで見かけられましたら、ぜひお求めの上、ご賞味ください。

東京盛 小山本家酒造 日本酒 ラベルデザイン  書架 書道家 依頼

東京盛 小山本家酒造 日本酒 ラベルデザイン 書架 書道家 依頼

なお『東京盛』のロゴ書につきましては、オーソドックスなスタイルのものから

デザイン性の高いものまで、いくつかの方向でお書きし、結果、メインロゴとしては、
以下の読みやすく安定感のある、カッチリとした隷書体をご選定いただいたものです。


小山本家酒造さんとは20年以上前に『越乃雪椿』のロゴ書を揮毫させていただいて

以来のお付き合いで、書の力と価値をお認めいただき、引き続き書のご依頼を

いただいておりますこと、感謝の念に耐えません。

東京盛 小山本家酒造 日本酒 ラベルデザイン 書架 書道家 依頼


SOGENでは、仮に100年、200年とお使いいただいても遜色ない、
書的にもデザイン的にもすぐれたロゴ書をご提供させていただけるよう、
今後とも、心技を尽くしていく所存です。





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(デザイン)

http://sogen-arc.com/(スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com





 
 

㊗️越乃雪椿 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012-2019 8年連続受賞酒‼️



今日、たまたま東京・中野のスーパーに立ち寄ったところ、若かりし頃にロゴ書を
揮毫させていただいた越乃雪椿(新潟県・雪椿酒造)が、ワイングラスでおいしい
日本酒アワードの金賞受賞酒
として販売されていましたので、買い求めました。

2012年より2019年まで8年連続受賞とのことで、大変おめでとうございます‼️㊗️


四半世紀もの長きに渡り、ロゴ書を大事に使い続けていただき感謝です。

今回の金賞受賞酒のラベルは、雪肌を思わせるような和紙の風合いがまた良い感じで。

お酒は確かに華があり、ワイングラスで飲むのにピッタリといった感じ。

お見かけの際は、ぜひお買い求めの上、ご試飲ください。

雪椿,日本酒,ラベル,デザイン,書家,書道家,依頼
雪椿,日本酒,ラベル,デザイン,書家,書道家,依頼



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

自分が自書自賛する理由




先に、『目指せ、世界超一流のギャラ』と題して、またずいぶんと生意気な
ことを書いた。

年明けの仕事始め1週間で、バイト代1年分くらいは稼がせてもらったと。

そう公言した直後に、また同じような仕事の山をいただき、今日もまた

SOGENにぜひ一筆、との問い合わせをいただいている。


こんなに儲かってます的なことを公言するのはヤボだし、妬まれるのがオチなのでW、
これまでそんな話はしてこなかったが、ここにきて敢えて公言したのは、

芸術としての書芸の価値に加えて、職業としてのプロの書芸家の力と可能性とを
公に示すためであり、また特に、5月にお披露目を兼ねた展覧会の開催を予定している、
書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLにぜひご注目いただきたい、
という想いからである。


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



芸術の真価をお金に換算することはできないが、金を出しても欲しいという人が

ただの一人もいなかったなら、少なくとも今生では、それが芸術作品とはならない

のもまた事実。


私は自書自賛する。

SOGENはスバラシイー、SOGENこそ世界超一流の書芸家であると。


実はそうなるに至ったのには理由がある。

昔、ある名家の90歳を超えるオバアさんから、家宝にしたいので、掛け軸を一幅

書いて欲しいと頼んでいただいた。

書を納めさせていただいたところ、スバラシイと感激してくださったのだが、
「いや、そんな大したもんじゃないんで」と照れ笑いしていたところ、

伏した体を起こし、私の手を取り見つめながら「先生も褒めてください。
スバラシイじゃないですか。」と何度も何度も繰り返し・・・

そのオバアさんの言葉が、その後、耳について離れなくなり・・・

ほんとうに、私自身の口からスバラシイと言ってほしかったんだと。

おそらくもうご存命ではないと思うのだが、人生の最期に、自分にもっと自信と

誇りを持って生きよと諭してくれたような気がしてならない。


そんなことから、自分はアートでもデザイン書でも、自分の作品は世界最高である

と自負するようになった。

またそう自分に言い聞かせることで、SOGENの名で世の中に生半可なものは出せない、

常に超一流を目指すのだというというプレッシャーを、自分自身に与えている。


モハメド・アリも言っている。

なぜ私が偉大なのか分かるか?

自分で自分を偉大だと言い続けてきたからだ、と。


奥ゆかしさは素晴らしい美徳ではあるが、根っこにその強烈な自己肯定感が

無かったなら、大業は成し得ないだろう。

自分のダメさ加減、チッポケさとともに、それ以上に、自分のスバラシさ、

偉大さを認めつつ、未知の世界へと挑む中で、共に新たな価値を生み出していこう。





SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com







 
 

ART ROOM SHOWL お披露目展覧会を5月に都内で開催します‼️



SOGENが代表を務めます、書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
のお披露目を兼ねた展覧会を、2020年 5月19日(火)より24日(日)の会期で、
恵比寿にて開催します。

期日は未定ですが、レセプション・パーテイーも行う予定ですので、
みなさん、ぜひお運びください。

詳細につきましては、公式サイト、ブログ、SNS等を通じて、追って
ご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。


ART ROOM SHOWL Official Site:http://artroomshowl.com

よろしければFACEBOOKページとインスタグラムも、ご登録お願いします😊

FACEBOOK:https://www.facebook.com/artroomshowl/

Instagram:https://www.instagram.com/artroomshowl/






 
 

現代のゴッホを見出す〜ART ROOM SHOWL〜



なかなかこうして見ると、アートっぽいじゃないか!W


ART ROOM SHOWL ギャラリーより
http://artroomshowl.com/ars/sogen022-作品詳細ページ/


昨秋、都内の様々なギャラリーを見て回った折、たまたま立ち寄った
コマーシャルギャラリーで、ロートルのオーナーから声をかけられたときのこと。

新たに立ち上げた書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLの話をして、
書道界でも現代アートの市場でもないところで、新たな価値を創造していきたい旨、
伝えたところ、「無理無理! 今日び、芸大出たって食えない作家が五万といるのに、
一体誰がそんな無名の作家の作品を買うんだ」と言って追い出されたW
そりゃあそうでしょう、セザンヌとか扱ってる画廊さんからしたら。

以前、小山登美夫さんから作品を見ていただいた折に、「絵画として
現代アートに参入するか、書芸という新たなアートジャンルを自分で
つくるかだと思います。」と言われ、そのときは、書を源流とした

芸術も、世界のアート市場への参入を目指すとなると、絵画ということに
なるのか、と一瞬思ったのだが、いや、やはりこれは欧米の絵画とは異なる
特性を持った書芸術なのだと思い直し、ならば『書芸』という新たな
アートジャンルをつくろうと決意を新たにしたのだった。


そのSHOWLも今年からいよいよ本格的に動き出することになる。
まずは5月19日(火)より24日(日)の会期で、恵比寿でお披露目を
兼ねた展覧会を開催
するので、ぜひ多くの方々からご高覧いただきたい。


思うにSHOWLは、現代のゴッホを見出すような仕事。つまりそれは、
すでに価値が定まった過去のアート作品を右から左に移して儲けるのではなく、
新たな芸術的価値を見出すとともに、それを経済的にも担保していくこと。
もちろん、それは容易なことではないだろう。が、それもまたあそび。
やすやすとクリアーできるあそびではツマラナイ。ほんとうにクリアーできるのか
できないのか、その挑戦そのものが、あそびであり、人生なのだ。


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com


SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

台湾・麺屋千雲(ちくも) ON「非凡大探索」



ロゴ書を揮毫させていただいた台湾のラーメン店、麺屋千雲(ちくも)さんが、
非凡大探索」という台湾のテレビ番組で紹介されたとのことで、
おめでとうございます‼️


ラーメン開発の苦労話は伺っていましたが、大繁盛のようで、嬉しい限りです。
それにしても、ほんとに美味そう♪台湾に行かれることがありましたら、
ぜひお立ち寄りください``

ところで千雲の暖簾の書にモザイクがかかっているのは、なんかエロヤバいから
ですかね?😁




お店の画像(モザイク無しW)

千雲,台湾,ラーメン店,ロゴ書,デザイン書

千雲,台湾,ラーメン店,ロゴ書,デザイン書

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

越後銘酒『苗場山』御歳暮



新潟県津南町の苗場酒造さんから、越後銘酒『苗場山』の御歳暮をご恵送いただきました。

いつも有難うございます‼️


中央の大吟醸酒は、令和元年の全国新酒鑑評会、金賞受賞酒とのことで、大変おめでとうございます❗️㊗️

生貯蔵酒『kamosu mori』も気になります!

貴重なお酒、有り難く、ご賞味させていただきます。



苗場山,苗な酒造,日本酒,デザイン書,ロゴ書

『苗場山』ロゴ書:平野壮弦揮毫




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:㊗️十日町サッカー協会40周年🎊

以前、ロゴマークを揮毫制作させていただいた十日町サッカー協会さんが、このたび

目出度く40周年を迎えられたとのことで、記念ワイン地元の銘酒「松乃井」

ご恵送くださいました。有難うございます!!

お礼ならびにお祝い申し上げるとともに、十日町サッカー協会さんの今後益々の

ご発展をお祈りいたします。

十日町サッカー協会40周年記念ワイン&越後銘酒『松乃井」

ロゴ書 ロゴマーク ブランドマーク 筆文字 デザイン書道 十日町サッカー協会

十日町サッカー協会40周年記念ワイン

ラベルがカッコいい♪!

ロゴ書 ロゴマーク ブランドマーク 筆文字 デザイン書道 十日町サッカー協会

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:魂の走り!! ㊗️服部勇馬選手、東京オリンピック・マラソン出場内定

故郷の新潟県十日町市中里出身の服部勇馬選手が、東京オリンピックの

マラソンへの出場内定を決めたとのことで、おめでとう‼️

以前、『魂走(魂の走り)』という応援ノボリの書を書かせてもらったことが

あるんだけど、地元の陸上関係の人が、「壮弦さんに書いていただいたノボリ

のおかげです!」と・・・いや、もちろん、ノボリのおかげであるはずはない

けれど、地元からマラソンのオリンピック選手が出るとは嬉しいかぎり。

先日、夕方のニュース番組を見ていたら、チラっとそのノボリも映ったので、

ああ、こうしてちゃんと活かしてくれているんだなと。

ちなみに以前、母校の陸上部の顧問の先生から、部員が走り高飛びで全国大会に

出場するので、ぜひ「自分を超えろ!!」と書いて激励してほしいと頼まれ、

色紙に書いて差し上げたところ、なんと自己ベストを出して、全国大会で2位に

なったことがあった。

ってことは、もしかしたらもしかして〜♪

壮弦の書には、パワーを引き出す力がある、かもしれませんぜ!W



書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸アーティスト、デザイン書作家への登竜門〜

SOGEN書芸塾ARC

2019年度の教室のご案内



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com