自分が自書自賛する理由




先に、『目指せ、世界超一流のギャラ』と題して、またずいぶんと生意気な
ことを書いた。

年明けの仕事始め1週間で、バイト代1年分くらいは稼がせてもらったと。

そう公言した直後に、また同じような仕事の山をいただき、今日もまた

SOGENにぜひ一筆、との問い合わせをいただいている。


こんなに儲かってます的なことを公言するのはヤボだし、妬まれるのがオチなのでW、
これまでそんな話はしてこなかったが、ここにきて敢えて公言したのは、

芸術としての書芸の価値に加えて、職業としてのプロの書芸家の力と可能性とを
公に示すためであり、また特に、5月にお披露目を兼ねた展覧会の開催を予定している、
書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLにぜひご注目いただきたい、
という想いからである。


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



芸術の真価をお金に換算することはできないが、金を出しても欲しいという人が

ただの一人もいなかったなら、少なくとも今生では、それが芸術作品とはならない

のもまた事実。


私は自書自賛する。

SOGENはスバラシイー、SOGENこそ世界超一流の書芸家であると。


実はそうなるに至ったのには理由がある。

昔、ある名家の90歳を超えるオバアさんから、家宝にしたいので、掛け軸を一幅

書いて欲しいと頼んでいただいた。

書を納めさせていただいたところ、スバラシイと感激してくださったのだが、
「いや、そんな大したもんじゃないんで」と照れ笑いしていたところ、

伏した体を起こし、私の手を取り見つめながら「先生も褒めてください。
スバラシイじゃないですか。」と何度も何度も繰り返し・・・

そのオバアさんの言葉が、その後、耳について離れなくなり・・・

ほんとうに、私自身の口からスバラシイと言ってほしかったんだと。

おそらくもうご存命ではないと思うのだが、人生の最期に、自分にもっと自信と

誇りを持って生きよと諭してくれたような気がしてならない。


そんなことから、自分はアートでもデザイン書でも、自分の作品は世界最高である

と自負するようになった。

またそう自分に言い聞かせることで、SOGENの名で世の中に生半可なものは出せない、

常に超一流を目指すのだというというプレッシャーを、自分自身に与えている。


モハメド・アリも言っている。

なぜ私が偉大なのか分かるか?

自分で自分を偉大だと言い続けてきたからだ、と。


奥ゆかしさは素晴らしい美徳ではあるが、根っこにその強烈な自己肯定感が

無かったなら、大業は成し得ないだろう。

自分のダメさ加減、チッポケさとともに、それ以上に、自分のスバラシさ、

偉大さを認めつつ、未知の世界へと挑む中で、共に新たな価値を生み出していこう。





SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com







 
 

秋田県横手市立増田中学校さんの『夢講座』で、講演、書道パフォーマンス、書芸ワークショップを開催



11月26日(火)

秋田県横手市立増田中学校さんの新体育館の落成イベント『夢講座』で、

講演、書道パフォーマンス書芸ワークショップを行わせていただいてきました。


直前に、不覚にも自転車で転倒し、骨盤を骨折、ドクターストップでしたが、

松葉杖で出掛け、筆を杖代わりにリングに上がってまいりました。


ドクターからは、「全治3ヶ月の重傷、これで悪化させたら一生歩けなくなる

おそれもある。診断書も書くから」と止められましたが、それもまた自身の選択。

もちろん、そうなったら美談にもならない、ただのバカですのでW

そこは十分気をつけて行ってきました。


結果、行って本当によかったと。

怪我でご心配をおかけしたにもかかわらず、皆さん暖かく迎えてくださり、

お陰様で、共にとてもよい時間を過ごさせていただくことができました。

ご協力、ご尽力いただいた、校長先生はじめ諸先生方、生徒、保護者の皆さんに、

心より御礼申し上げます。

講演は言葉足らずであったと思いますが、何か一つでも児童生徒の皆さんの心に

残るものがあってくれたなら幸いです。




以下、今回の『夢講座』のご報告です。



イベント名:増田中学校新校舎・新体育館落成記念『夢講座』


■対象:横手市立増田中学校の全校生徒、増田小学校の5・6年生、教職員、保護者、地域の皆さん


■主な内容


①SOGEN講演

演題:『夢を描きながら生きる』


②SOGENによる書道パフォーマンス

小学生が選んだ「夢」と中学生が選んだ「道」の文字書による大書揮毫パフォーマンス


③書芸体験ワークショップ

筆を手に空中に文字を書くという、「空中書道」による書芸体験ワーク





一路秋田へ♪!

車両の半分は函館まで行きます。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



自然豊かにして凛とした秋田の大地

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



久しぶりに学校給食をいただいて嬉しかったです。



豊かな自然に囲まれた環境で、新校舎は気の温もりを感じさせるような温かみある風情。

新体育館は冷暖房完備の上、ウオシュレットのトイレ付き。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



書道パフォーマンスの模様

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



書芸ワークショップ〜空中書道の模様〜

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



増田中学校教育目標「磨光 和敬 創造」の書をご所望いただき、

書道パフォーマンスとは別に揮毫させていただきました。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



講座後、小学5年生、小学6年生、中学1年生、中学2年生、中学3年生の各学年の

代表生より、感想とともに御礼の言葉をいただいた上、全校生徒を代表して、

生徒さんより御礼の言葉とともに素敵な花束をいただきました。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



お土産にいただいた極上リンゴの山

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼


お土産にいただいた、宮内庁ご用達の稲庭うどん『八代目 佐藤養助』

コシつよく、歯ごたえ満点で流石に美味し

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼


共に素晴らしい時間を過ごさせていただいた上、花束や特産品のお土産まで頂戴し、

感謝の念に耐えません。

一層素晴らしい学び舎に変わられた増田中学校さんと近隣地域のご発展ならびに、

皆さんの今後ますますのご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

またいつかどこかでお会いしましょう!



感謝を込めて



2019年 11月29日

SOGEN 平野壮弦 拝





〜全国、全世界、行ける限り、どこへでも‼️〜
⭐️SOGENによる講演、書道パフォーマンス、書芸ワークショップのご案内

http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com





 
 

書道家/書芸家SOGENブログ:上田まりえさん

ネットで元日本テレビアナウンサーでマルチタレントの上田まりえさんの記事に遭遇。

上田さんは昔、日本テレビの『おは4ニューズライブ』という早朝番組の

プロファイル〜プロの仕事術〜」というコーナーで取材いただき、お世話に

なった方。


とても気さくな中に、いくばくか危うさのようなものも秘めた不思議ちゃんで、

新宿の仕事場で書いてあそんでいってくれたことが懐かしく思い出される。


その後、色々あったようだが、フリーとなり、結婚もされ、新たな事業を起こして

活躍されている様子を見せてもらい、嬉しく思っている。

まだ33歳と若く、これからもまた色々とあるだろうけれど、書を書き合った縁、

陰ながら彼女の人生に幸多かれと願う。

上田さん、機会があったら、ぜひまた書を書いてあそびましょう♪``


上田まりえ 書道 アート書道 アート書道家 出演

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com




 
 

書道家/書芸家SOGENブログ: SOGEN アートムービー:From Sexsual To Sacred 190730 Making Video

書芸家SOGEN/平野壮弦によるアート制作風景ムービーをアップしましたので、

どうぞご覧ください。布に様々な用具で書いています。


SOGEN ART MOVIE:From Sexsual To Sacred 190730 Making

 

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL(代表:SOGEN)

http://artroomshowl.com

 

 

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/arc.pdf

 

お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com

 




 
 

書道家/書芸家SOGENによる講演、書道パフォーマンス

ネットを見ていたら、以前、新潟県の大和中学校にお招きいただいた時の講演

書道パフォーマンスの動画に遭遇。

Youtubeにアップしたままだったが、意外にも多くの方々からご覧いただいて

いるようで。

おお、なかなかオモシれ〜じゃねーか♫! しかも坊主だしW

書き初めで「彼氏募集」と書いてた先生がいたけど、彼氏できたかな?``

若き日に中学校教師の職を辞し、二度と学校の敷居はまたぐまいと思った自分だが、

その後も学校関係からお声がけいただき、講演や書道パフォーマンス、

アートワークショップなどやらせていただき、ありがたいかぎり。

人生、芸術ともに未だ模索中で、エラそうに語れることは何一つ無いけれど、

未来ある若者たちの心に何か一つでも残ることがあればと願いつつ、

お声けいただいたなら何処へなりとも、老骨に鞭打ってW、行かせていただき

たいと思っている。

SOGENへの講演、レクチャー、ワークショップのご依頼

http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)




 
 

どこでも書芸

今日は『どこでも書芸』をやらせてもらってきましたよ。


海外在住の友人から、帰国中に、子どもに書を教えてほしいと頼まれ、

教えることは何もないけど、ではあそびにいかせてもらいます、ってことで。
てか、こっちがあそんでもらえるかの話でねW

で、最初は「なに、この人」ってかんじで敬遠されてたんだけど、

帰り際にはもう負んぶに抱っこで・・・(笑)
まあ、またあそぼうって言ってもらえてよかったです☺️

あ、半分は野球やってましたW

書道 書道教室 書道塾 東京
書道 書道教室 書道塾 東京
書道 書道教室 書道塾 東京

しかし、どうです?! この芸術的な筆づかい‼️🤪

まるで宇宙遊泳でもしているかのような書き振りで、ほかにも、こんな筆の使い方、

初めて見たっていうような衝撃的な書き方をしてて・・・

やっぱり子どもは天才なのだ〜


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)
https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

2019年度 SOGEN書芸塾ARCのご案内
http://sogen-arc.com/img/arc.pdf




 
 

書芸アートワーク ON クイーン・エリザベス

 

 
クイーン・エリザベス号船上イベントでの書芸アートワーク
の模様です。

 
 
書芸アートパフォーマンスを披露させていただいたあと、ダメ元で、

よかったら、どうぞ記念に一筆書いてください。

と観客のみなさんにお願いしてみたところ、なんとゾロゾロと
出てきてくださり・・・

靴を脱いでもいいの?」と、もう書きたくてウズウズしている

様子で・・・

 

東京から同行したウチのスタッフが言っていましたが、
「あれはもう、靴を脱ぎたくてたまらなかったんだと思います」と。
靴を脱ぐことで解放されたかったのではないかと・・・

 

 
・・・ということで、世界のセレブたちが靴を脱ぎ捨てて、

筆墨と自由に戯れる様は圧巻でした♪!

 

しかも、何の指示も出していないのに、みんなで筆線による

コラボアート作品を寄ってたかって創り上げたのには心底驚き、
また感動しました。

 
こうなると、SOGENのパフォーマンスなど前座のようなもので、
これこそがメインイベントだと!
 
 

まずは好きな用具を選んで・・・

 

 

 

さあ、イクよん♪!

 

 

なんのためらいも無く戯れ書くセレブたち・・・

 

 

自分も一緒に書いてあそばせてもらいましたが、

あるセレブ女性曰く、「あなたが筆を使うと全然ちがう!」とW

 

 

なんか聞かれた・・・W

 

 

 

みなさんと一緒に書いた作品を披露させていただいたところ、

満場から拍手喝采をいただきました♪!

 

観客の方々が、それぞれのコラボ作品の表現世界の違いを、

人種や国籍、言葉を超えて感知しているのに、ビックリ&感動!

 

 
 
「芸術はみんなのもの。みなさんが生み出す筆線は、みなさん自身の感情、
心、魂、いのちの表れであり、この宇宙で唯一無二の線なのです。
ぜひ機会があったら書芸を体験してください!」

 
そんな風に、イベントの冒頭の挨拶の中で語らせてもらったのですが、
その想いが通じたような気がして、ほんとうにうれしかったです。
自分が一番やりたいことは、自分のパフォーマンスを見てもらうことよりも、
まさにこういうことなのだと。

 
 

ところで、ワークに参加してくれたのは全員が女性で、

男性陣は微笑みつつ眺めているばかり・・・(笑)

女性のほうが男性よりも好奇心やチャレンジ精神が旺盛で、

しかも今を楽しむことができるのは、もしかしたら世界共通

なのかもしれませんね。
男もガンバってあそぼ〜!W

 
 
さて、最後になりましたが、このような貴重な機会をいただいた、
「メタボだけどチャレンジャー」の明石種類醸造の米澤社長さん、
企画進行にご尽力くださったスタッフの美保さん、
クイーン・エリザベス号の船長さんはじめクルーのみなさん、
乗客のみなさんに、厚く御礼を申し上げて、今回のイベントの
ご報告とさせていただきます。

みなさん、ほんとうにありがとうございました!!
 

もしまた機会がありましたら、こんどはぜひ着物で・・・``

 

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

銘酒「明石鯛」鏡開き ON クイーン・エリザベス

 

 
クイーン・エリザベス号の船上イベントで催された、

SOGEN揮毫の銘酒「明石鯛」の鏡開きの模様です。

 

クイーン・エリザベス号の船長さん、明石種類醸造の社長さんらと

共に、大樽の鏡蓋を割って、鏡開きを行いました。

鏡開きに参加させていただくのは人生で初めてのことで、

貴重な体験をさせていただき感謝です。

 

 

 

 
鏡開きの後は升酒が振る舞われて、みなさん大喜び♪!

 
実は小ダル(下の画像)を買い求めてくださった方にSOGENが
サインさせていただく予定でしたが、升にサインしてほしいと請われて
お一人にサインさせていただいたところ、我も我もといった感じで、
たちまちのうちに大行列が出来てしまいました。

 

 

30個はゆうに超える升にサインしたところで、

まだ並んでいる方々も大勢おられましたが、

タイムリミットとなり、打ち止め終了。

 

しかし、みなさん、ほんとうに喜んでくださって、

ヘロヘロになりながらもサインさせていただいた

甲斐がありました。参列くださったみなさんに感謝です!

 

 

 

船長さんに色紙作品を一つ贈らせていただいたところ、
大変喜んでいただき、船内に飾ってくださるとのことで・・・
また船長さんから「素晴らしい作品とアートパフォーマンスに
心から感謝します」と直々にお礼の言葉を述べてくださったうえ、

記念の壁掛けをプレゼントしてくださいました。

お返しをいただけるなど思ってもいなかったことなので、感謝感激でした。

 

 

 
またイベント終了後、レストランでフルコースのディナーを

ご馳走になったのですが、最後のデザートに至るまで

絶品の料理尽くしに、さすがはクイーン・エリザベスと感嘆!!

 

 

さて、クイーン・エリザベスのイベントのご報告は、

まだ終わりではありません。

実は最高に感動したメインイベントがまだ残っており、

それについては、また稿を移してお伝えしますので、
どうぞおたのしみに♪!``

 

 

 
書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

SOGEN書芸アートパフォーマンス ON クイーン・エリザベス

 

 

3月15日(木)花曇り

 
大阪港に入港したクイーン・エリザベスの船上イベントにおいて、
SOGENが、日本就航を記念した書芸アートパフォーマンス
を披露させていただきました。

 

なおこのイベントでは、SOGENが揮毫させていただいた、

クイーン・エリザベス号御用達の銘酒「明石鯛」

鏡開きが催され、乗客に樽酒も振る舞われて、大盛況でした。

 

 

海に浮かぶ超豪華ホテル、Ms.クイーン・エリザベスの威容

 

 

船内で一番豪華なホールでの、キャプテン、クルーも参列しての
一大イベント

 

 

 
SOGEN、書芸のこころを語る・・・
大勢の前で喋るのは苦手な上に、英語でのスピーチを請われ、
どうなることかと思いましたが、気合いで乗り切りましたW

 
え〜〜〜
 

 
あ〜〜〜
 

 
これって英語でなんて言うんでしたっけ?W
 

 
であるからして・・・
 

 
・・・ということなのであります!
 

 

 
さて、何とかご挨拶を終えて、いよいよ記念揮毫・・・
まずは明石鯛の鏡開きをお祝いして「鯛」の一字書を揮毫。

 
ちなみに後ろの壇上の右から2番目が船長さん。女性です!!

船長さんはじめクルーのみなさんが、起立して最敬礼で

見守ってくださいました。ありがとうございます!!

 

 

 
次に大紙に「海」のイメージ書を揮毫。

 

 
 
みなさん、興味深くも暖かく見守ってくださり、感謝です。

 

さて、実は本当のお楽しみはここから、なのですが、それはまた次稿にて!

 
 
 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

新生・SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/img/2018arc.pdf

 

 




 
 

クイーン・エリザベスにあそぶ

 

 

クイーン・エリザベスであそばせてもらってきました🚢🎵

 

いや、大阪港に寄港したクイーン・エリザベス号で、昨夜、
日本就航を記念した船上イベントパーティーが開かれ、
書芸アートパフォーマンスなど披露させていただいたものです。
 
 
 
まず、「なにアレ? ホテル?」と見まがうばかりの巨大な外観に
ビックリ‼😲
全長294m、2092人を収容できるそうだから、巨大ホテルを
2つ合わせたくらいの規模でしょう。
 

 
 

で、セキュリティー・チェックが空港以上に厳しかったのにも驚きました。
パスポートが必要なことはもちろん、空港にあるような
セキュリティーチェック用のマシーンを何度もくぐらされ・・・
クイーン・エリザベスは外国なのです。
 
ようやくOKが出て、中をご案内いただき、その豪壮さにまたビックリ!
まさに海に浮かぶ超豪華ホテルだ。

 
 
ここからは関係者以外、立ち入り禁止のスポットからの画像になります。
 

 

 
 
ようやく入れてもらい、中を案内していただきましたが、実に豪華なものでした。
 

 
 
ちょうど、船内でも一番豪華な作りであるというダンスホールで、
獅子舞が披露されているのに出くわして、何やら不思議な気持ち
になった。ココハドコ? アノヒトタチハ、ドコノクニノヒトタチ
デスカ〜?みたいなW

 

 

 

今回の書芸パフォーマンスはここで披露させていただくことに
なるのだが、果たしてどうなりますか・・・いや、もう終わって
るんで、どうなりましたか、ですが・・・W
いや、もうね、これ以上無いってくらい、メチャクチャたのし
かったですよん‼🎵

 

イベントの様子は、またご覧いただけるようでしたら、チラリとでも``

 
 

 
 

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)

 

SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com/