鮮烈なる壁面アートコラボ/パク・シヒョン(唄)・呉旻俊(書)・平野壮弦(書)

 
SOGENソウル展の立役者、書芸家・呉旻俊(オ・ミンジュン)さんの仕事場にて。

個展のオープニング・パーティーで、見事な唄と踊りを披露してくださった、

韓国の歌姫、パク・シヒョンさんに、扇子への揮毫を所望され、一筆。

 

a-888x592
 

今回のソウルでの個展の成功は、ひとえに呉旻俊さんとご家族、韓国の仲間たちのおかげ。

個展の最終日、呉さんが自分の仕事場兼教室の白壁全面に何か書いて欲しいというので、

だったら一緒に書こうと♪
憧れの歌姫、パク・シヒョンさんに歌っていただきながら二人で白壁に戯れ書き。
ドッひゃーん!! 教室がまるでジャングルに・・・!W
生徒さんたちが来たらビックリ仰天してえまうんじゃないか?
呉さん、「朝起きたら知らないうちにこうなっていた」ってことにしょうと・笑

 

しかし、これ、マジヤバくね?
2000年後に古代人の壁画として発掘されるかもねw

 

1-888x592

3-888x592

6-500x888

 

呉旻俊さんは日本の大東文化大学・大学院に学び、帰国後は韓国の大學で教鞭をとる傍ら、

作家として精力的な活動を続けている韓国カリグラフィー界のホープ。

仕事場に図書館の書道コーナーの何倍もの蔵書が並んでいたのには驚いた。

書道を学問的にも技量的にも納め、達人の域にありながら、「百尺竿頭進一歩」

の言葉通り、書芸の真を極めようと、なおも一歩前へと歩み続けている。

自分が呉さんに教えたのは酒の飲み方くらいだが(笑)、なぜか恩師のように思ってくれて、

通訳をはじめ、さまざまな場面でいつも助けてもらっている。

今回、その呉さんと子どものような気持ちで一緒に大きな壁にラクガキできて、

ほんとうに楽しかったし、ここまで遊べるようになった呉さんの成長ぶりを見て、

心底うれしかった。
これからもっともっと、呉さんやみんなと、いのちの遊びをしてイキたい♪

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

韓国・大田(デジョン)大學でのSOGEN特別講義&席書揮毫風景/2016.10.31

 
 
ソウル個展の会期中、韓国・大田(デジョン)大學での特別講義のご依頼いただき、行ってきました。
対象は書道学部、建築学部、デザイン学部の計約100名の学生たちで、テーマは『人・都市・自然・宇宙』。

 

私のワケのわからないアートを見て憮然としていた書道学部の教授が、文字作品を見せたところ、

「なんだ、ちゃんとした書も書けるんじゃないか」てな感じでニッコリしたので可笑しかったです。

まあ人間、自分が分からない世界に対しては不安になり、分かる世界を見せられるとホッとする、

というところがあるのでしょう。

 

日本で大学での講義を頼まれたことはまだ一度もありませんが、韓国では一昨年も

圓光大學で講義を行わせていただくなど、大学からもよくお声がけをいただき、

ありがたいかぎりです。

私が喋っただけで感動して震えている女学生も居たりと・・・笑

これはひとえに、韓国を代表する書芸家の先生たちが、「SOGENセンセイは天才であり、

書芸界のピカソだ」といった風に若者たちに伝えてくれているおかげで、

「私たちが尊敬している先生が尊敬している先生」といった眼差しで接してくれるからに

ほかなりません。

 

特に書道学部の学生は、日本もそうですが、書道を仕事にするとしたら、学校の先生になる

くらいしか道がなく、将来に希望を持てずにいる者が少なくないのが実情。

そんな中で、書にはこんなにも可能性があるのだということを実例とともに伝えることで、

何かしら得るものがあればと願いつつ、お話させていただいています。

 

 

0-888x592

1-888x592

 

 

日本から一泊二日でソウル展を見に来てくれた書家・現代美術家の山本尚志さんのことも

紹介させていただきました。

 

2-888x592

 

記念揮毫を頼まれ、一筆。(作品は大學に寄贈)

 

4-888x592

6-592x888

9-592x888

 

いままで人前でパフォーマンスなどしたことはないという書道学部の70歳の大先生も

コラボレーションして書いてくださいました。

上から塗りつぶしてやろうかと思ったのですが、さすがにそこは・・・笑

こんど機会があったら、もっと学生たちと肌身で交感したいです。

貴重な機会を与えてくださった大田大學のみなさんに、心から感謝申し上げます。

またお会いしましょう!
 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン)
http://www.sogen-arc.com(スクール)

 

 




 
 

絵画&書芸アートワークショップ IN 高砂児童館

 

 

子どもたちのパワーにハンパなし!~子ども絵画&書芸アートワークショップ IN 高砂児童館~
 

みんなで大きな絵を描こう!

 
1 (362x543) 2月17日(水)

 
葛飾区の高砂児童館で開催された絵画と書芸による

アートワークショップに参加させてもらいました。

 

高砂地区の児童、約60名が参加。
絵はSOGEN書芸塾ARCでも特別講師をお願いしている、

画家・造形家の堀江和真さんが、書芸はSOGENが担当。

 

書芸のほうは、まずSOGENが特大筆でデモンスト

レーションを披露したのち、3本の大筆を使って

子どもたちが書いたのですが・・・
いやはや、なんともスゴイことに!

 
一面、墨の海となり、紙が木っ端微塵になっても

なおも書き続け、最後は足にまで墨を塗って・・・
絵のほうも、大筆の勢いに乗ったのか、

スザまじいアートの爆発となりました。

 

 

 

 

嵐の前の静けさ・・・?

 

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

 

一面が墨の海に!

 

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

 

つわものどもが、夢のあと・・・

 

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

 

子どもたちのパワーがスゴイとは分かってはいたものの、予想を遥かに超えた
異次元空間が生まれ、とても言葉では表せないような、実に豊かな時間となりました。

生涯の宝となるような素晴らしい時空を体感させていただいた想いです。

 

まさに子どもは国の、世界の宝であり、大人たちを導く芸術家であって、

地球に子どもたちがいるかぎり、この世界は決して捨てたもんじゃないと。

 

児童館の先生曰く、「今日はみんなで絵を描きます。」と言ったら、
「ヤダ~~!」と言っていた子たちがけっこういたのですが、
始まったらもう、みんなスゴく生き生きと楽しげにやっていたのでよかったです。
ふだん引っ込み思案の子が積極的に、楽しそうに参加していたのにも驚きました、とのこと。

終了後に先生が、「今日、楽しかった人~~?!」と聞いたら、
みんなが「は~~~い! またやりたーい!」と元気よく手を上げてくれました。

 

今回のワークに参加してくれた高砂地区の児童のみんな、ありがとう!
ほんとうに君らはみんな、素晴らしいアーティストだ!
これからも真っ直ぐに、元気に成長していってください。
 
 
最後になりましたが、このイベントに声をかけてくれた、画家の堀江和真さん、
たくさんの絵具を用意してくださった、ターナー色彩株式会社の油谷崇平さん、
そして、なんといっても、準備から後片付けまで大変なご苦労をいただき、
このすざまじいまでのアートワークを受け入れ、サポートしてくださった、
高砂児童館の先生方、スタッフの皆さんに、心より感謝と御礼を申し上げます。
ありがとうございました!
 
なお、こうしたアートワークの機会を、ぜひ今後ともさまざまな場で作って

いきたいと思いますので、みなさん、どうぞよろしくお願いします!

 

 

-追記-
明日20日のSOGEN書芸塾ARC・アートクラスでご報告させていただきますので、
動画や写真をご覧になりたい方は、どうぞご参加ください。

 

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

子ども絵画ワークショップ,児童館,書道教室

 

 

書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 

 




 
 

SOGEN特別授業 IN 大和中学校:『大筆で自由に書く』 /2016 1 29

 

 

毎年恒例となっている、新潟県南魚沼市立・大和中学校での書の特別授業の模様です。
本年は1月29日(金)、1年生の生徒全員を対象に開催。
SOGENによるトーク、大書揮毫パフォーマンスのあと、生徒全員が大筆によ­る揮毫を体験!
今年の抱負も書きました♪ みんなの筆線の力、素晴らしかったです。

 

youtubeに模様をアップしましたので、どうぞご覧ください。
生徒のみなさんのワークやSOGENによる大書揮毫風景をご覧いただけます。

 

 

 

《生徒の感想より》

 

書道パフォーマンスを見た感想
・想像していたものよりも、とても力強かったです。途中、少し重そうにしていたので、
墨を付けていると重いんだなと思いました。「自由」と大きく書かれているのを見て、
とても感動しました。
・すごく大きな紙に「自由」と大きく書いて、すごかったです。大きい筆を普通に持って
書いていてびっくりしました。

 

新年の抱負を書いての感想
私は「人間だ」と書きました。人間は人間なので、私は自分らしく自分のもっている
ものを発揮して、楽しめる1年を過ごしていきたいです。

 

大筆体験をした感想
・思っていたよりも重くて、思い通りに書くことができませんでしたが、貴重な体験が
できて良かった。

 

 

新潟県,大和中学校,書の特別授業,書道パフォーマンス,体験新潟県,大和中学校,書の特別授業,書道パフォーマンス,体験新潟県,大和中学校,書の特別授業,書道パフォーマンス,体験大和中-0.1111

 

新潟県民の新聞『新潟日報』さんよりご紹介いただきました。

 

 

新潟日報,新潟県,大和中学校,書の特別授業,書道パフォーマンス

大和中のみなさん、ありがとうございました!
これからもぜひ、字の上手下手にこだわらず、書に自由に親しんでいってください。
 
 
書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

特別解放クラス風景♪

 
 
特別解放クラス 2015.12.26.555

12月26日(土)に開催した特別解放クラス
年末の多忙な中にもかかわらずお集まり

いただき、ありがとうございました。

 

 

海外に留学中の子供さんが、外国人の名前を

漢字にして毛筆で書いてあげて喜ばれている

ので、自分も漢字と英文字を書いてみたい

という方がおられたりと・・・

実に楽しい書作のひと時となりました。

 

ケッサクが出来たので、額に入れて飾りたいという方がおられたので、こちらで

コーディネートして差し上げることにしました。や~~、たのしかったなぁ♪

 

何か教えてほしくて習い事に通われる方が大半だとは思いますが、今日足を運んで

くださった方々のように、自由に書作を楽しみたいという方もおられると思います。

ですので、またチャンスがあったら、こうした形の解放クラスも開きたいと考えています。

 

 

なお「いますぐやりたい!」という方は、ぜひSOGEN書芸塾の『フリークラス』にご参加ください。

こちらのクラスでは、毎月1回、自分のペースで好きな題材に自由に取り組んでいただけます。
フリークラス:http://sogen-arc.com/freeclass/index.html

※開催日時は第二土曜日の18時より20時までに変更になりました。
みなさんのご参加をお待ちしています。

 

SOGEN書芸塾ARCは、おかげさまで、今年は新規開講した『デザイン書道クラス』
『3ヶ月で学ぶデザイン書道講座』も含めた通常の教室のほか、8月に書芸展、11月に秋合宿

も開催し、みなさんとともに、たのしく充実した1年を過ごさせていただくことができました。
ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
 
それではみなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

~書芸術を通した解放と交感の場~
SOGEN書芸塾ARC
http://sogen-arc.com/

 

 




 
 

SOGEN書道パフォーマンスの醍醐味~いま、ここ、の書を表す~

 

 

このところ書道パフォーマンスのお問合せやご依頼をよくいただく。
美人女流書道家やイケメン書道家が数多くいる中で、やはり

書道パフォーマンスは世界のSOGENに!とのことでお声がけいただく
機会が増えているのは有り難いかぎり。

 
今年は海外からもお声がけいただいたものの、日程等合わず

実現に至らなかったが、条件さえ合えば世界のどこにでも出かけて、

SOGEN書芸パフォーマンスの真髄を披露させていただくつもりでいる。

 

 

書道パフォーマンスSOGEN書芸パフォーマンスは、書芸を一般の人たちにも

楽しんでもらえるエンターテイメントにしていきたという

願いとともに、`なんちゃって書道`ではない、書芸術の真に

触れていただき、一筆入魂の書芸作品が生まれる瞬間に

立ち会っていただきたい、との想いで行っている。

 

またパフォーマンスで揮毫した作品は、ご要望とあれば

記念に差し上げており、オフィスに飾っておきたいのでと、

装丁までご依頼いただくこともある。

 

 
以前なら、飾っていただくのであれば、もっと良いものを

作品として改めてお書きしたうえで差し上げたいと思ったものだが、
今はパフォーマンスで書いた書を差し上げることにためらいはない。

 

書は瞬間の芸術であり、いまここでSOGENが魂を込めて書いたのだから、それで良し、
いや、それこそが最高なのだ!

 
ところで、生涯で10億を超える書芸作品をつくることにした♪
芸術は金ではないけれど、書の作品がピカソの小切手のサインよりも安いってーのも悔しいんでね・笑

 
 
SOGENお宝パフォーマンス画像♪

 

書道パフォーマンス

書道パフォーマンス

 

1994長岡デザインフェスタ
書芸家としての道を歩みだして間もない頃のパフォーマンスの模様
畳30畳ほどの大紙の上を裸になって、女子高生たちの応援、いや、黄色い悲鳴を背に受けつつ、
転げまわりながら書いた。
見ていたおばあちゃんから「まあ、キレイなもち肌だこと!」と、書は褒められずに、
ムキムキ、いや、モチモチの肌を褒められ・・・

 

※この続きは、『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!』でお読みください♪

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887151810/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4887151810&linkCode=as2&tag=extensionjapa-22

 

SOGENが魅せる、究極の書道パフォーマンス

http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 




 
 

SOGEN書道パフォーマンス IN 伊豆

 

 
こんにちは、世界のSOGENです。

 

11月6日(金)、伊豆の伝統あるホテルで開かれた日本のトップ商社さんのパーティーで、
書道パフォーマンスを披露させていただきました。

 

僭越ながら世界的書芸家としてご紹介いただき、しばし書芸について語らせていただいたのち、
参加者の方々からのリクエストに応じて3点の書を席上揮毫。

 

また先にご依頼いただいたコーポレート・メッセージの書も会場でご披露させていただき、
幸いにも皆様から大変喜んでいただけて何よりでした。
 
会場が静まり返り、どうなることかと思いましたが・・・

「感動した!」と何人もの方からお声がけいただき、さらに作品を追加でご依頼いただいたりと、
入魂のパフォーマンスを披露させていただいた甲斐があったというもの。

 

パーティーに参加された皆さんがともに紳士淑女で、自分の拙い話にも真摯に耳を傾けてくださり、

また酒席であるにもかかわらず、パフォーマンスを食い入るように見てくださったことに

深く感謝しています。

 

また関係スタッフの方々にも大変良くしていただきました。

皆さん、本当にありがとうございました。

これを御縁に、今後とも宜しくお願いいたします。

 
(今回のパフォーマンス動画・写真については、また編集後にアップさせていただく予定です。)
 
 

書道パフォーマンス,書道家,書道

このところ書道パフォーマンスのお問い合わせやご依頼を

よくいただき、有り難いかぎり。

今後ともSOGEN入魂の書芸パフォーマンスを国内外で

繰り広げつつ、書芸の魅力を世界に伝えていきたいと

思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

 

SOGEN書芸パフォーマンス

http://www.hiranosogen.com/performance/index.html

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、書芸パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (SOGEN書芸塾ARC)

 

 




 
 

書を志す女子高生からのメッセージ~SOGENの仕事場探訪・後日談~

 
 
先日、世界のSOGENに修学旅行の進路研修で会いに来てくれた広島の女子高生から、
オフィスにご丁寧な御礼のメールをいただく。
 
修学旅行前は将来の夢について考えると不安になることが多かったのですが、
今回、書の素晴らしさや楽しさを改めて実感し、書の可能性が広がったことで、
今は希望に満ちています
、と。
 
あれ? おかしいなぁ・・・自分が本音100パーセントで書を語った日には、
夢を打ち砕くことになりはしないかと思ったんだけど?w 
いやいや、うれしいねー!!!
 
でもそういえば、昨年、韓国の圓光大学の書道科の学生を対象とした講演をやらせてもらった時も、
ある女学生が、「先生の話を聴いて、書道に対して何かもやもやしていた想いが消え去って、
とてもスッキリしました! 将来に希望が持てました。」と、嬉しそうに話しかけてきてくれたっけ。
さすが世界のSOGEN,なかなかヤルじゃん♪・笑
 

いつも思う。
世界の未来は若者たちの手の中、胸の内にあると。
この腐れかけたどうしようもない、しかしまた味わい深くもあるこの世界を、
一緒にちっとはマシな世界、面白い世界にしていきたいもんだ。

 
そういった意味で、また会えるかどうかは分からないけど、彼らはすでに同志のようなもの。
彼らはもとより世界の若者たちの人生に、光あれと願わずにはいられない。

 

 

広島の高校生が来訪~書芸家(書道家)SOGENの仕事場探訪~

http://www.hiranosogen.com/blog/?p=8410
 

 
 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)

 

 

 




 
 

広島の高校生が来訪~書芸家(書道家)SOGENの仕事場探訪~

 

 

世界のSOGENに、近場の広島の女子高生から、東京への修学旅行の仕事場探訪で、
書芸家(書道家)に会って色々と話を聴きたいとのことで、オフィスにオファーをもらう。
いいだろう、受けよう。

 

ネットで昨年の秋から書道や書道家のことを自分なりに色々と調べて、書芸に興味を持ち、
東京への修学旅行ではぜひSOGENに会って話を聴きたいとのことで、ダメ元で連絡を
くれたらしい。
SOGENに目を付けたのは見る目があるw もうその時点で将来有望だよ。

メールの文面も、大人以上にしっかりしてて感心。
こういう研修を許可する高校も太っ腹で素晴らしい。

 

 

やって来たのは女生徒一人と男子生徒二人。
男子諸君は書道をやっているわけではないが、未知の世界を見て見聞を広げたいのだと。

 

自己紹介、プチレクチャー、質疑応答などをフリーな感じで行ったあと、みんなに書を
書いてもらった。
意外にも、書をやっていない男子高生が自由にバンバン書きまくって、
書道の上手い女生徒は、色々と考えながら書いているところが面白かった。
が、書いているうちに女生徒もいい感じで壊れてきて・・・笑

 

 

JH-1

 

 

最期に半紙を繋げてみんなでコラボ制作♪

 

JH-2

JH-3

 

 

マジメにひたすら書道を学んでいる若者には、ちと困惑するような内容だったかもしれないが、
得ると同時に、捨てて壊していくことの大切さを感じてほしかった。

 

臨書をするのはどうなんでしょうか?」と聞かれた。
やればいい。自分も若い頃はトコトンやった。やりたければどんどんやって、借り物ではない
自分の血肉となるまで吸収し、あとは老廃物として捨てるのだ。
書道展も出したければ出せばいい。で、どうせ出すなら最高賞をもらって、さっさと卒業する

ことだ。

 

 

書を生業として生きていくに、大きく分けて3つの道があると思う。
 
1.書道塾や学校の書道の先生として、日本の書壇の中で生きていく道
2.伝統書道を土台としつつも、その枠組みを離れ、独自の書表現を生み出し、
  書のアーティストやデザイン書作家として生きていく道
3.書芸術をベースとしつつも、これが書か?!というような現代芸術家を志す道

 

そこに正解は無く、自分がどうしたいかだけなのだが、書芸術を愛する者の一人として
書の未来を想うとき、若い人たちにはぜひ、書は外国人にはどうせ分からないなどと
内にこもるのではなく、世界の芸術としての書の可能性を切り拓き、人種や文化、宗教のちがい
といったものを超えた、人間同士の、もっと言えば、宇宙の森羅万象との交感の力と
していってもらいたいと願っている。

 
しかもKさんは英語も出来るらしいから、ぜひ書芸術も含めた真の和の芸術文化を世界にむけて
発信していってほしいものだ。
えっ、オレ? そういえば前世で英語をやっていたような・・・
はい! 自分も若い人たちに負けないようにがんばります♪

 

 

 

書道家/書芸家SOGEN・平野壮弦 公式ウェブサイト
 
http://www.hiranosogen.jp/ (アート作品)
http://www.hiranosogen.com/ (デザイン書、講演、アートパフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)
 

 




 
 

書芸交感展『葉月のゆらぎ』ならびに記念パーティー御礼!

 

 

書芸交感展『葉月のゆらぎ』ならびに記念パーティー、おかげさまで無事終了しました。
感無量とは、こういうことを言うのだろうと。

 

展覧会にも大勢お運びいただき、呉旻俊先生によるハングル書道アート特別講義、
記念交流パーティーとも大入り満員となり、猛暑も凌ぐ、熱い交感の機会となりました。
 
え~~、想いが溢れて、マジに書くとレポート用紙20枚くらいになりそうなんで、
写真でご報告にかえさせていただきます!

 

 

大盛況の記念パーティー

 

書道教室,書道家,書道,デザイン書道,ハングル書道

 

書道教室,書道家,書道,デザイン書道,ハングル書道

 

大布にみんなで書いたよ♪!
実はこのアートパフォーマンスは超スペシャルなものになりました。
その秘密が知りたい方はSOGEN書芸塾ARCへ・・・w
 
書道教室,書道家,書道,デザイン書道,ハングル書道

書道教室,書道家,書道,デザイン書道,ハングル書道
 
 
韓国から参加のみなさん一人ひとりに、SOGEN直筆の書をプレゼント。(当日、徹夜で書いた)

11枚並べると1つの作品になるのだ。11いる! お?サッカー出来るにゃ♪

 

書道教室,書道家,書道,デザイン書道,ハングル書道

※写真、ほとんど横田敦氏
 
 
暑い中、ご来場、ご参加いただいた皆さん、呉先生はじめ韓国から参加

ご協力くださったみなさん、本当にありがとうございました!!!
こんな素晴らしい展覧会イベントになったのは、みなさんのおかげ。大感謝です!
また皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!
 
여러분, 감사합니다 !!! 또 만납시다!

 

 

 

書芸家/書道家SOGEN・平野壮弦 OFFICIAL SITE
 
http://www.hiranosogen.jp/(アート)

http://www.hiranosogen.com/(アート・デザイン書制作・書道パフォーマンス・講演レクチャー)
http://www.sogen-arc.com/ (書を通した解放と交感の場~SOGEN書芸塾ARC~)