雪壁に書く❄︎♬



豪雪に見舞われている十日町市の実家の除雪中、たまたまいい感じの雪壁が
現れたので、書いてみた。
氷柱で書こうとしたけど、折れてしまってダメだったので、筆で。
なんてことない、生きてる証を。

その昔、十日町雪まつりで、「壮弦、雪に挑む!」と題し、10Mの雪壁に特大筆で書く
というパフォーマンスイベントをしたことがあった。その時はあまりの大雪で
雪壁が埋まってしまい、雪の中を大筆を抱えて転げ回りながら書いた思い出が。

私たちが普段目にする様々な工業製品の白は、人工的に作られた白であって、
自然な白は雪の白だけなのだという。その真っさらな白を自由に汚す。
心踊らずにはいられない。


書家 書道家 書道パフォーマンス 依頼
書家 書道家 書道パフォーマンス 依頼
書家 書道家 書道パフォーマンス 依頼
書家 書道家 書道パフォーマンス 依頼



SOGENの新刊『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』好評発売中‼️

ご購入はこちらより
👉https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)





 
 

音と書に関する考察〜漢字的な音VS.アルファベット的な音〜



先に音楽が単音では成り立たず、様々な音の差異、一つの音から他の音へと移り変わる、

その変化の狭間にこそ、音楽の妙味があると述べた。


音程に差をつけぬ、棒読みに近いお経などは、あえて音楽の要素(人為的な音の操作)

を排し、発せられる言葉そのものの力に重きを置いたものと思われる。


たとえばスタインウェイの最高のピアノの鍵盤を一つだけ叩いて音を出したとすれば、

最高の音色には違いないだろうが、それだけでは音楽とはならない。

対して、鐘や太鼓などは、「ゴ〜〜〜ン」や「ド〜〜〜ン」といった音一発だけでも、

人の心に沁み込み動かすような、霊妙な音色を秘めていたりする。


これは一文字だけでも意味を成す、表意文字である「漢字」と、一字では意味を成さず、
複数の文字を組み合わせることで意味を持つ語句と成す「アフファベット」の
違いにも似ているようにも思われる。

つまり、一つの音にすべてを込めて伝えるような力を有する鐘や太鼓は漢字的であり、

ピアノやバイオリンやトランペットといった管弦楽器はアルファベット的である

とも言えるかもしれない。


そんな見方をした者は、人類史上、おそらく誰もいなかったと思うので、

この視点は我ながら、なかなか面白いんじゃないかと思っている。

先のブログで、「音も書も人も、単体ではなく、他と交わることで、らしさが際立ち、

響き合うことで、また新たな世界が開かれていくところがあるのかもしれない。」

と述べたが、それは他者との比較の中でしか個の魅力や存在意義鐘は見出せない

ということではなく、異質の存在同士の響き合いが個を際立たせ、より豊かな
世界を開いていくという可能性の話なのだ。


と同時に、何物にも比することなく、鐘や太鼓のように、自ら発する一発の音をもって、
未知なる世界の扉を開きゆく人や作品が存在することもまた、心に留めおきたいと思う。





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp(アート)
http://www.hiranosogen.com(デザイン)
http://www.sogen-arc.com (スクール)





 
 

『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』本日発売‼️



壮弦の本、本日発売‼️
よろしくお願いします!


壮弦 本 書芸家 十日町 新潟 門出和紙 書道家 書家 有名 滝沢印刷 文具館タキザワ
壮弦 本 書芸家 十日町 新潟 門出和紙 書道家 書家 有名 滝沢印刷 文具館タキザワ



『故郷〜魂のふるさとへの回帰 書芸家壮弦ものがたり』概要

■著者:平野壮弦

■発行者:滝沢重雄(滝沢印刷代表取締役)

■体裁:A5判 上製本 本文228頁 一部カラー印刷

■価格:1,800円(税別)

■ご購入方法

ご購入は、文具館タキザワ(新潟県内6店舗)でご購入いただくか、
文具館タキザワオンラインショップにてお取り寄せください。

文具館タキザワオンラインショップ
https://bungukan-takizawa.com/2020/12/19/書芸家壮弦ものがたり/


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


以下は出版元の滝沢印刷さんからのニュースリリースです。

株)滝沢印刷(十日町市)は2020年12月21日(月)、2002FIFAワールドカップ公式エンブレム
並びに公式ポスターの筆書制作 でも有名な十日町市出身の世界的書芸家平野壮弦氏の
自伝的書籍『故郷〜魂のふるさとへの回帰書芸家壮弦ものがた り』を制作・販売いたします。

■世界的書芸家平野壮弦がコロナ禍で見つけた魂のふるさと
世界を一変させた新型コロナウィルス。それを機に一時帰郷した書芸家平野壮弦が
ふるさとで見つけた自身の書芸 のルーツ。書芸家SOGENを育んだふるさと新潟県や
十日町の自然、文化、そして様々な人々。その自伝的書からは一介の 書道家が
世界的書芸家になる過程が感謝の言葉とともに丁寧につづられています。

■主要作品や商業作品はカラーで掲載主な書芸作品はもちろん、日本酒のラベルなど
商業作品はカラー印刷で掲載。世界のSOGENの軌跡を辿る作品集としても 楽しめます。

■未来に関する提言も書芸は自身の魂への回帰の術であり、書芸から生み出される線は
その人の魂の表出であるという。平野壮弦が魂のふるさ とでもある故郷十日町へ
帰郷して感じた、今なお残る豊かな自然と、それと共に生きる人々の暮らし。
それは現代の物質的 で理性的な価値観の中で我々が見失ったものであり、
それはコロナ禍の中でもがき苦しむ多くの現代人に未来へ向かう智 慧を示唆してくれます。

表紙は門出和紙(かどいでわし)
書籍をくるむ表紙は新潟県柏崎市高柳の門出地区で手作りで作り続けられている門出和紙。
自然と歴史文化に育まれたそ の紙は手にする読者に重厚な印象を与えます。

—————————————————————-

ということで、本日は豪雪の中、地元の新聞各社様より取材いただきました。
ありがとうございます。
なんともすばらしくご紹介いただいてますが、子ども時代の悪行三昧まで書いてます😅
表紙がすべて、日本酒久保田のラベルにも使われている、一点ものの門出和紙という
贅沢仕様、帯は筋肉少女泰のミュージックビデオ等で著名な映画作家の梨本諦鳴さん
(新潟県燕市/旧吉田町出身)が書いてくださいました。

この時期、このタイミングで、この本、というのも何かの縁。
すべて新潟仕様の、故郷に向けた感謝と希望の本となっておりますが、ぜひ広くお読み
いただけたならうれしいです。
ほんとうは、ご縁をいただいた皆さんお一人お一人に手渡しで謹呈させていただき
たいところですが、そうもいかないので・・・買ってください‼️(笑)
ということで、壮弦の本、どうぞよろしくお願いします!




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)




 
 

教育新時代:書芸テレワークに想う〜「いざない力」で「自決力」を高める〜

先のブログでも触れさせていただいた、千葉県市川市立新浜小学校、特別支援学級の

子供たちとの書芸テレワーク


事前打ち合わせの際に、クラス担任で授業企画者の伊勢太惇(いせ・たいじゅん)先生が、
紙を真っ黒に塗りつぶしてしまう子がいるので、時間を切ってやりたいと言われたので、
真っ黒に塗りつぶすのも芸術表現だから、塗りつぶしたいと思ったなら、

とことん塗りつぶせばいいし、次に行きたければ行けるように、紙を用意して、
各自に任せたらどうでしょうか、と提案させていただいたところ、ああ、何か

まだ教師サイドの都合で子供たちを動かそうとしていたことに気付かされました、と。

そこに気付く伊勢先生が、すばらしいなと。

今回は教育関係者の方が40人ほど教室で参観されるとのことで、そういった

研究授業となれば、なお、授業者としては緊張もするし、うまくまとめたいという

欲も出てくるとは思うが、子供たちは教師がうまく授業を進めるための駒ではなく、

主役であり、教師の役目は彼らの自由な活動をサポートをしていくことにあるのだと。


従来の学校教育では、子供を未熟者と捉え、その未熟な子供たちに対し、
これが正しいのだ、と指し示して導く「指導力」というものが重視されたが、

これからの時代に教師に求められるのは、そうした模範的なリーダーシップ以上に、
子供たちに選択肢を与え、自ら選び取らせていく「いざない力」なのではないかと思う。
人生は選択の連続であり、生きていくためには、自ら決めるという意味での
自決力」が必要である。

「いざない力」により「自決力」を養っていくことが、人類の進化発展を標榜する

現代の教育活動における最重要課題なのではないかと思うのだ。



私事だが、この10月3日で超煙一年を迎え(禁煙はマイナスイメージなので、

超煙と呼んでいる)、友人に「お祝いに葉巻でも吸おうかな。」とメッセージしたところ、

「超煙まる1年おめでとうございます(^_^) お菓子の葉巻売ってましたよ!」

という返事が返ってきた。お菓子の葉巻って、子供だましかいと思ったのだが(笑)、

その真意がジワジワと伝わってきて、感心感動した。

つまりこれは、「せっかく1年禁煙したんだから、葉巻なんて吸うなよ!」と
否定するのではなく、代替えの選択肢を用意し、伝えた上で、決定権は本人に
委ねるという高等戦術なのだと(笑)


否定することが必ずしも悪いわけではないが、こちらが正しいと思うこと、
良いと思うことを相手に押し付けることなく委ね、自ら考え、意志決定させて

いくことで、相手の人間的な成長に繋がる可能性は高まるというもの。

これは学校教育の現場にかぎらず、あらゆる人間同士の関係に当てはまることではないだろうか。

もちろん、いつもそうはいかないだろうけれど、相手の意思を否定し、自分に従わせよう
とするではなく、意思を尊重し合うことで、人類は進化し、よりハッピーな世界を
生み出していけるものと信じている。


今回のZOOMでの書芸テレワークは、伊勢先生の見事な「いざない力」のおかげで、

ピカソが見ても唸るだろうと思われるような表現世界が、子供たちの中から次々と

生まれ、驚かされた。
またあらためて、1点ずつ紹介させていただく機会があれば幸いである。



ソウル・ドローイング(魂の線描)である書芸をもって、世界の子どもたち、

世界の人々をどんどん繋げてイキたい・・・それが私の夢であり、願いである。

ZOOM テレワーク 小学校 書芸 書道 書家 書道家
ZOOM テレワーク 小学校 書芸 書道 書家 書道家
ZOOM テレワーク 小学校 書芸 書道 書家 書道家
ZOOM テレワーク 小学校 書芸 書道 書家 書道家





書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

ZOOM 書芸ワーク IN 新浜小学校



今日は千葉県市川市立新浜小学校の子供たちとのZOOMを通した書芸の授業に
参加させていただきました。


様々な用具を使って自由にあそび書く子供たちの姿と、立ち表れてくる作品の、

なんと素晴らしいことか・・・

子供たちの個性、命と魂の煌めきに出逢えた、至福の時間となりました。

ぜひ、この輪を世界に広げてイキたいと思います。


みんな、ありがとう! また一緒に遊びましょう♪(^ ^)


ZOOM テレワーク 書芸 書道 書家 書道家




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com


書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)






 
 

妻有新聞さんよりご紹介いただきました‼️〜「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家 平野壮弦さん」〜




妻有新聞さんが紹介してくださいました‼️
ほんにまあ、有難うございます!

「書の体験空間を十日町に 世界の書芸家・平野壮弦さん」

故郷に、プチ書芸アートギャラリー兼、子どもからジッチ、バッパまで一緒に
あそんでもらえるような書芸体験スペースをこしゃいたいと思いますんで、
どうぞよろしくお願いします!(^ ^)/


妻有新聞 壮弦 書芸 書道 体験




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

あそびま書芸体験ワーク、スタート‼️



みなさん、こんにちは。世界の書芸家、SOGENです♪

先日、地元十日町のこどもたちが実家に来て、書を書いてあそんでいってくれました。

地元のお母さんから、このコロナによる自粛生活の中、平野さんが今ご実家に

おられることを知り、ぜひ一度、子どもたちとあそびに伺わせていただきたいのですが、

との連絡をいただき、ちょうど家の片付けも終わり、ここを書を書いてあそんで

もらえるような場にもしていきたいと考えていた矢先だったので、
願ってもないことと、おいでいただいたものです。


名付けて、「あそびま書芸体験ワーク」❗️




今回、一緒に来てくれたのは、中一、小4、小3の三姉弟。
まず家に飾られた書道作品、アート書作品を鑑賞してもらった後、自由に書いて
あそんでもらったのですが、ほんにまあ、たまげましたての‼️
どっけスゴかったかは、画像を見てくんねかの。



で、同じ兄弟姉妹でも性格がまったくちがっているのが書によく表れていて、実に面白かったです。


お姉さんは、書く題材選びからして、とても慎重で、なかなか書き出しませんでしたが、
ついに筆を取って「令和」と大書。一画一画を心を込めて書き進めてゆく姿に、
書の王道を見る思いでした。書き上げた書も実に見事で、とてもピカピカの
中学一年生が書いた書とは思えない、書道家はだしの快作であると思います。


書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾
書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾



妹さんは芸術家肌で、用具の使い方からして斬新自在、表現も極めて芸術的。書く前に山本尚志さんのアート作品『チーズ』を見セて解説したせいかどうかは
分かりませんが、「チーズ、イヌ、アリ・・・」「チーズ、イヌ、アリ・・・」
と呟きながら、文字のようなものを書いた後、それを図形で囲っていたのには驚きました。
小4の女の子が、いきなりこんなものをあそび書くのですから、驚くばかりです。


書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾,アート書道
書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾



小3の弟さんの書には、お姉さん二人が持つ正統性や芸術性に加え、デザイン感覚も
感じられ、どのような方向にもイケる可能性があると。
「善」の大書を長鋒(穂の細い長い筆)を使って一瞬のうちに書き上げながら、
浮いた線が一つも無かったのも驚きです。


書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾
書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾,アート書道



そしてお母さんの書にもビックリ‼️
筆を持つのは子どものとき以来と言いながら、こ、これは・・・
1枚目に書いた「鬼」など、プロのデザイン書作家顔負けですし、「髪」は髪の毛の
イメージを表そうと、木の根っこを使って書くあたりは、玄人はだしの感性と表現力とが
感じられます。


書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾

書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾,アート書道
書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾

最後はSOGENも加わり、みんなでコラボ書き🎶


書芸,あそびま書芸,体験,書道教室,書道塾



You can see more pictures on instagram page bellow.
https://www.instagram.com/sogenarc/

やあ、今日はほんとに楽しかったです。

ありがとう! またあそびに来てください``




好きに、自由に書いていいと言われても、大人になるにつれて、なかなか書けなく
なるものですが、子どもたちにはなんの衒いも躊躇いもありません。つまりそれは、
誰かに褒めてもらうために書くのではなく、あそびそのものだからです。

大人になって、様々なことを経験し思索することで生まれてくる世界は当然あるわけで、
それがアートともなり得るわけですが、書芸のこころは、先にご紹介した朝焼けの如き
自然の有りようや、子どもが天真爛漫にあそぶ姿の中にあるのだと思います。


ということで、よかったらぜひみなさん、気軽にあそびに来てくださいね❣️

(注)年齢制限あり:0歳から200歳までW




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

ZOOMで書芸♫💐



書芸家SOGENと墨であそぼう♫



このたび、千葉県市川市立新浜小学校、特別支援学級主任、伊勢太惇先生による
新たな取組み、オンラインセンセイに出演させていただきました。


こういうのは苦手と思ってましたが、やってみたら、メチャ面白いじゃんと♪!😝
途中で熊蜂が乱入するといったハプニングも🐝W
これを見て、全国の子どもたちが書芸に興味を持ってくれたらうれしいです。
全国の小中高生のみなさん、この機に、ぜひ書芸であそんでみてください♫



オンラインセンセイ〜書芸編〜


伊勢先生曰く、「長い休校を前向きに捉え、新しいことを学ぶチャンスにつなげてほしい」と。
すばらしいね。
タイヘンだ、ムリだ、できっこないと諦めるのではなく、年齢に関係なく、
困難にチャレンジし続けてイクのが若さというものなのだろうと、
あらためて気づかされた思いでした。


たのしくできたのは、生徒役の伊勢先生の感性のすばらしさによるところも大きいと思います。

伊勢先生、ありがとうございました。

また書芸であそびましょう♪!




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)

書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

自分が自書自賛する理由




先に、『目指せ、世界超一流のギャラ』と題して、またずいぶんと生意気な
ことを書いた。

年明けの仕事始め1週間で、バイト代1年分くらいは稼がせてもらったと。

そう公言した直後に、また同じような仕事の山をいただき、今日もまた

SOGENにぜひ一筆、との問い合わせをいただいている。


こんなに儲かってます的なことを公言するのはヤボだし、妬まれるのがオチなのでW、
これまでそんな話はしてこなかったが、ここにきて敢えて公言したのは、

芸術としての書芸の価値に加えて、職業としてのプロの書芸家の力と可能性とを
公に示すためであり、また特に、5月にお披露目を兼ねた展覧会の開催を予定している、
書芸アート専門ギャラリーART ROOM SHOWLにぜひご注目いただきたい、
という想いからである。


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com



芸術の真価をお金に換算することはできないが、金を出しても欲しいという人が

ただの一人もいなかったなら、少なくとも今生では、それが芸術作品とはならない

のもまた事実。


私は自書自賛する。

SOGENはスバラシイー、SOGENこそ世界超一流の書芸家であると。


実はそうなるに至ったのには理由がある。

昔、ある名家の90歳を超えるオバアさんから、家宝にしたいので、掛け軸を一幅

書いて欲しいと頼んでいただいた。

書を納めさせていただいたところ、スバラシイと感激してくださったのだが、
「いや、そんな大したもんじゃないんで」と照れ笑いしていたところ、

伏した体を起こし、私の手を取り見つめながら「先生も褒めてください。
スバラシイじゃないですか。」と何度も何度も繰り返し・・・

そのオバアさんの言葉が、その後、耳について離れなくなり・・・

ほんとうに、私自身の口からスバラシイと言ってほしかったんだと。

おそらくもうご存命ではないと思うのだが、人生の最期に、自分にもっと自信と

誇りを持って生きよと諭してくれたような気がしてならない。


そんなことから、自分はアートでもデザイン書でも、自分の作品は世界最高である

と自負するようになった。

またそう自分に言い聞かせることで、SOGENの名で世の中に生半可なものは出せない、

常に超一流を目指すのだというというプレッシャーを、自分自身に与えている。


モハメド・アリも言っている。

なぜ私が偉大なのか分かるか?

自分で自分を偉大だと言い続けてきたからだ、と。


奥ゆかしさは素晴らしい美徳ではあるが、根っこにその強烈な自己肯定感が

無かったなら、大業は成し得ないだろう。

自分のダメさ加減、チッポケさとともに、それ以上に、自分のスバラシさ、

偉大さを認めつつ、未知の世界へと挑む中で、共に新たな価値を生み出していこう。





SOGEN書芸塾ARC代表 SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://www.sogen-arc.com



お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com







 
 

秋田県横手市立増田中学校さんの『夢講座』で、講演、書道パフォーマンス、書芸ワークショップを開催



11月26日(火)

秋田県横手市立増田中学校さんの新体育館の落成イベント『夢講座』で、

講演、書道パフォーマンス書芸ワークショップを行わせていただいてきました。


直前に、不覚にも自転車で転倒し、骨盤を骨折、ドクターストップでしたが、

松葉杖で出掛け、筆を杖代わりにリングに上がってまいりました。


ドクターからは、「全治3ヶ月の重傷、これで悪化させたら一生歩けなくなる

おそれもある。診断書も書くから」と止められましたが、それもまた自身の選択。

もちろん、そうなったら美談にもならない、ただのバカですのでW

そこは十分気をつけて行ってきました。


結果、行って本当によかったと。

怪我でご心配をおかけしたにもかかわらず、皆さん暖かく迎えてくださり、

お陰様で、共にとてもよい時間を過ごさせていただくことができました。

ご協力、ご尽力いただいた、校長先生はじめ諸先生方、生徒、保護者の皆さんに、

心より御礼申し上げます。

講演は言葉足らずであったと思いますが、何か一つでも児童生徒の皆さんの心に

残るものがあってくれたなら幸いです。




以下、今回の『夢講座』のご報告です。



イベント名:増田中学校新校舎・新体育館落成記念『夢講座』


■対象:横手市立増田中学校の全校生徒、増田小学校の5・6年生、教職員、保護者、地域の皆さん


■主な内容


①SOGEN講演

演題:『夢を描きながら生きる』


②SOGENによる書道パフォーマンス

小学生が選んだ「夢」と中学生が選んだ「道」の文字書による大書揮毫パフォーマンス


③書芸体験ワークショップ

筆を手に空中に文字を書くという、「空中書道」による書芸体験ワーク





一路秋田へ♪!

車両の半分は函館まで行きます。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



自然豊かにして凛とした秋田の大地

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



久しぶりに学校給食をいただいて嬉しかったです。



豊かな自然に囲まれた環境で、新校舎は気の温もりを感じさせるような温かみある風情。

新体育館は冷暖房完備の上、ウオシュレットのトイレ付き。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



書道パフォーマンスの模様

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



書芸ワークショップ〜空中書道の模様〜

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



増田中学校教育目標「磨光 和敬 創造」の書をご所望いただき、

書道パフォーマンスとは別に揮毫させていただきました。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼
書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



講座後、小学5年生、小学6年生、中学1年生、中学2年生、中学3年生の各学年の

代表生より、感想とともに御礼の言葉をいただいた上、全校生徒を代表して、

生徒さんより御礼の言葉とともに素敵な花束をいただきました。

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼



お土産にいただいた極上リンゴの山

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼


お土産にいただいた、宮内庁ご用達の稲庭うどん『八代目 佐藤養助』

コシつよく、歯ごたえ満点で流石に美味し

書道パフォーマンス 書家 書道家 依頼


共に素晴らしい時間を過ごさせていただいた上、花束や特産品のお土産まで頂戴し、

感謝の念に耐えません。

一層素晴らしい学び舎に変わられた増田中学校さんと近隣地域のご発展ならびに、

皆さんの今後ますますのご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

またいつかどこかでお会いしましょう!



感謝を込めて



2019年 11月29日

SOGEN 平野壮弦 拝





〜全国、全世界、行ける限り、どこへでも‼️〜
⭐️SOGENによる講演、書道パフォーマンス、書芸ワークショップのご案内

http://www.hiranosogen.com/kouen/index.html




書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL

http://artroomshowl.com

書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト

http://www.hiranosogen.jp/ (アート)

http://www.hiranosogen.com/ (デザイン)

https://www.facebook.com/HiranoSogen/(FACEBOOK)


〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜

SOGEN書芸塾ARC

http://sogen-arc.com/


お申し込み・お問い合わせ先

SOGENオフィス:office@hiranosogen.com