セキマリエさんの書道系現代美術作品をいただく。



ART SHODO FESTA WEB Exhibitionで購入させていただいた、セキマリエさんの
書道系現代美術作品(書芸作品)が、ただいま東京の仕事場に届きました。

タイトルは土②

濃淡相見えた筆線の織りなす粗密と奥行きが、風通しのよい涼やかな世界を表出。
以前、国宝『松林図屏風』を表した長谷川等伯の墨絵の実物の数々を観た折に、
「書家は筆線にこだわりながら、果たしてこの等伯の草木1本の描写に匹敵する
だけの線を引いているだろうか?」と自問したことがあったという話は、
拙著『汚し屋 壮弦 俺の書でイケ!」にも書いた通りですが、本作品からは、
等伯の描く草木にも劣らぬ生命力が感じられるように思います。


セキマリエ 書道アート アート書道  書道教室 東京




私は作品を作品本位で見ます。タイトルやステートメントは二の次であり、
重要なのは、言葉を超えたところで、その作品と対峙して何が感じられるか

なのです。

よく言うことですが、作品を見て全くピンと来なかったのに、タイトルや
ステートメントを読んで、「なるほど、だったらすばらしい!」というのは
ちがうだろうというのが私の考えです。

ただその一方で、タイトルやステートメントを付けるとしたら、それは作品を識別
するための単なる記号ではなく、本体の一部として作品を表し、作品への理解を
深めるとともに、時に作品を生み出す原動力にさえなり得る重要なファクター
であるとも考えています。



今回のART SHODO FESTA WEB Exhibitionで購入させていただいたのは、
先に紹介させていただいた木原光威さんと、セキマリエさんの本作の2点。
それもこの2人の作家の作品を買おうとハナから決めていたわけではなく、
全出展作家の作品を隅々までつぶさに見せていただいた上でのこと。
結果、他にも面白い作品が見られたのですが、今回購入させていただくのなら、
この2作品だろうと。

ちなみにセキマリエさんはSOGEN書芸塾ARCに長年学んできた人で、

その成長ぶりを喜ばしく見せてもらっていますが、塾生だから奨励の意味で

買ったのはなく、ひとえに作品がよかったからであることを付記しておきます。


木原さんとセキさんの作品は、7月の書芸塾で塾生諸氏に実物を見せて鑑賞してもらった後、
SOGEN記念書芸館(十日町の実家W)に持ち帰って展示させていただこうと思います。


ということで、世界最高クラスの書芸アートがSOGEN記念書芸館にじわじわと
集結し始めてますぜ‼️😊

てか、オマエもがんばれや! ٩( ‘ω’ )وwww





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

サンタ・クリエイトさんの山菜Tシャツ👕🌿



着る山菜」をテーマとしたサンタ・クリエイトさん(新潟県十日町市)の
山菜Tシャツを、地元の方からプレゼントいただきました。しかも3着も‼️

写真右のTシャツは図鑑を見るように楽しめ、真ん中は墨絵のようにカッコ良く、

左のこごめのバージョンは、いちばんシンプルでお洒落なデザインとなっています。


新潟はもとより全国的にも人気のようで、東京でも宣伝させてもらったたところ、

ぜひ欲しいという人が続出!☆*。o(≧▽≦)o*☆


もうこの夏は、サンタ・クリエイトの山菜Tシャツでイクッキャない❣️٩( ‘ω’ )و



山菜Tシャツ サンタ・クリエイト 山菜図鑑Tシャツ 十日町 墨絵


山菜Tシャツ、山菜パーカーはこちらでゲット‼️

山菜Tシャツ/サンタ・クリエイト公式サイト

http://sansai-t.com/index.html






書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com











 
 

まつだい郷土資料館で、恩師中俣天游先生の襖書と出会う




(十日町弁でお送りしますW)

SOGENの故郷十日町滞在記、こいが一段落しねことには次に行かんねみてだすけ、
もうちっとと付き合ってくんねかの。



今回紹介さしてもらわんは、まつだい郷土資料館🕍
どこにあらんだと思ったら、ほくほく線のまつだい駅の裏手、『農舞台』のすんま隣だっと。

で、この資料館も『大地の芸術祭』のアート作品の中に入ってらんだと。
一級建築士で設計管理者の富井冨士子さんが、休館だったてがんに、わざわざ
町ん庶に頼んで開けて見せてもらって、ほんにまあ、ありがたかったて😊


なんでもよそにあったがんを壊して、そのまんま移して立て直したんだそうで、
そりゃあ新しく建てるよりよっぽど面倒なわけさね。よくまあ、そっけご〜ぎな
仕事をやり切ったもんだと。
こっけなボロいウチ、わさわざ移して立て直す意味あるんかい?てな声もあったげだけど、
地域の人たちの思いを受けて、富井さんが頑張ったんだこっつぉ。
建物の風情もハンパないし、昔の農具やら機織り機やら電化製品やらも飾られてて、
ほんにおもっしかった。上杉謙信の軍配や刀剣まであったんで、タマゲタて🗡

まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游
まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游



上杉謙信の軍配

まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游



キャワイイ・・・

まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游
まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游



オッパイやん・・・

まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游



2階に上がったら、襖張りの和室があって、その襖に書かれた書を見てまたタマゲタた‼️
よく見たら、オラが学生んときにお世話んなった、中俣天游(なかまた・てんゆう)先生

の書じゃねかね。
中俣兄弟は4人いて、みんな書の大家になって、新潟の書文化に大貢献されたことは、
新潟の書道関係者なら知らん人はいねーはず。いたらモグリだて。


オラ、学生んときに英語科だったんだども、大学2年のどきに中俣天游先生の
書道実習を受講さしてもらっての。そんどき先生から「北魏の快作はすでに
一家を成しているといっても良い熟達ぶりだ。」とまで評していただいた上に、
卒業後も先生が審査員長を務められた郡展で特別賞をいただくなど、エラい目を
かけていただいたんだて。


前にも書いたことがあるんだども、王羲之の書を極めた正統な書の大家である
天游先生が、よくオラみてに不器用で一見無様に見えるような書の中に、
何かしらを見出して奨励してくださったもんだと、今なお深く感謝してらんだて。
中俣4兄弟には皆さんから大恩恵を受けたんだども、ここには書き切れねすけ、
その話はまたの😉



まあとにかく、その大恩ある師の一人である中俣天游先生の襖の書を懐かしく
拝見したんだども、この場で、この歳になって、このタイミングで、天游先生の
書に出会わせていただけたのも、また、なんていうご縁かと・・・



ちなみにこの襖張りの部屋も、せっかく空いてらんだすけ、何か展示した方が
いやんじゃね?という話もあったそうなんだども、なんと台湾から何十人も
大挙して、この天游先生の襖の書を見に来た人たちがいたもんだから、みんな
タマゲて、ほしたらここは襖の書だけの部屋にして、何でも置かんどっか、
ということになったんだと。


書は国境を越えて感動を伝え合える、最高の芸術文化であるということを、
今は亡き恩師にあらためて諭していただいた気がしたて。



まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游
まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游

まつだい郷土資料館 松代 十日町 書家 中俣天游

天游先生、久々にお目にかかれて嬉しかったです❗️
この地に天游先生の書があることに、また不思議なご縁を感じております。
また会いに来ます``
てか、来年あたり書芸塾の合宿ツアーをやって、ここにもみんなを連れて来たい‼️😊




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com




 
 

富井冨士子さんと藤巻医院


コロナ禍に際し故郷新潟県十日町市に帰郷し、空き家となっていた実家を片付けて、

アトリエ兼、ギャラリー兼、書芸体験スペースとして復活させたことは、

先のブログでお伝えした通りです。


今回の故郷滞在では、恩師、教え子、同級生、友人、地域の子どもたちとの再会や

出会いの機会を数多くいただき、お陰様でこのような時期に、実に幸せな日々を
過ごさせていただくことができました。故郷のみなさんに心から感謝です。


その感動と感謝の日々についてはFACEBOOKの個人ページで紹介しておりますので、
よろしければどうぞご覧ください。

https://www.facebook.com/sogen.hirano




さて、今回の故郷滞在中にいただいたご縁の大トリが、地域創生コンサルタント会社・

富井富士子事務所 代表取締役の富井冨士子さんとの出会いです。


話は自分が子供の頃に遡りますが、十日町の実家から50Mほどのところに

藤巻医院というお医者さんがあり、地域の人たちから「藤巻さん」と慕われた、

オジイちゃん先生がおりました。診察が終わるといつもビスケットを3枚くれる、

とても優しい先生でした。

過疎地域の医療に大きく貢献され、救われた命も数しれず・・・

その後、初の名誉町民となり、昭和天皇にまで拝謁され、「妻有のシュバイツァー

とまで賞されます。


有形文化財となっていた、その藤巻先生の本宅兼診療所が解体の危機に瀕したため、

富井さんが引き取られ、自身が代表を務める「エコ・ヴィレッジ社会実験研究所

の施設にされていると伺い、懐かしさもあって、お願いして見せていただいてきました。


富井冨士子さん近影(2020.6.16 藤巻医院前にて撮影)


味わいある玄関ロビーと階段

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



うっわー、懐かしずぎる!

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



懐かしい藤巻先生の御尊影。

愛称「犬ゾリ先生」

過疎地の診療には犬ゾリで出かけ、何度も雪崩に合って死にかけたことがあるという。
ボロボロの鞄が、二代に渡り地域医療に人生を捧げた藤巻親子の足跡を物語る。


富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



風通し良く、実に気持ちの良い談話室

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員



なんと藤巻医院と書かれた昔の書が・・・

しっかりとした行書体で、相当な書き手の手になる書と見る。

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員




4月初旬にFACEBOOK で「東京は飛行路線が変わったようで、喧し過ぎてしんどい!」
とグチッたところ、「待ってますよ!十日町‼︎」とやさしい言葉を地元からかけて

くださった方がおられ、この時期、「東京から帰ってくるな!」という声が巷に
あふれる中、なんと優しい人が故郷にいたものか、と感動したのですが、それが
富井冨士子さんでした。

で、実際にお会いしてみたら、まさに観音菩薩のような、後光が射しているんじゃ

ないかと思われるような、田舎のカアちゃんには無い不思議なオーラをまとった方で、

一体何者なんだと、謎は深まるばかりでしたが、十日町法人だよりの紹介記事を拝読し、

なるほど、そういう方だったのかと得心。



富井さんは、初めてこの豪雪地域に来て ” ここから見えるものが本当の日本 ” と思ったと。
この地域の人たちがマイナスに思っているものすべてが宝であり、

自分が喜び、地域の人が喜ぶ仕事をこの地でしたいと思った、といいます。

そして、八面六臂のご活躍の中で、「持続可能な循環産業社会を作り、明るく平和な

未来を子供たちに贈りたい」という大きな夢に向かって、確実に歩を進めておられます。


夢を語る人は多くても、その実現に向けて実際に動き、カタチにしていく人は少ない。

それを可能にしているのは、富井さんの持って生まれた魂の輝きと心根に加え、

一級建築士として、様々な制約の中で折り合いをつけて、現実に建物を建てる
という頭脳と能力をも持ち合わせておられるから、なのではないかと思います。

こんなスゴイ人が故郷におられたとは、不覚にも存じ上げず・・・

が、それも今、だったんだと思います。



富井さんから、ご自身が設計管理されている施設もご案内いただきました。

それはまた稿をあらためてご紹介させていただきますので、どうぞおたのしみに``




富井冨士子さんの紹介記事(十日町法人だより)

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員


富井冨士子さんが代表を務める「NGOこめ」のパンフレットから

富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員
富井富士子事務所 ふるさと創生 地域開発コンサルタント NGOこめ 十日町 新潟 藤巻委員




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

㊗️SOGENの故郷十日町市の豪雪文化、日本遺産認定‼️🎊



SOGENの生まれ故郷でもある全国有数の豪雪地帯、十日町市の豪雪文化が、

このたび日本各地の文化や伝統を観光資源として国内外に発信する「日本遺産
に認定されたとのことで、おめでとうございます㊗️‼️


今年度は全国で合せて21件が認定され、このうち県内では、全国有数の豪雪地帯、
十日町市で育まれた、風雪から守るため梁を伸ばして深い軒先を作る「船ガイ造り」

などの建築様式や江戸時代から生産が始まった絹織物など着物文化にまつわる物語が、

新たに認定され、新潟県内の日本遺産登録は3件目とのことです。


十日町 日本遺産 豪雪 書道 芸術



画像はNHK NEWSよりお借り

https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20200619/1030012610.html?fbclid=IwAR0CMZKIOC2AQW_tgxeXtliqQMvNbj73elD8UvAh819smMPszlAldePWf_0



この受賞に対し、私の教師時代の教え子である、株式会社いせん社長の
井口智裕さんが、以下のような賛辞を送っています。


『十日町市が日本遺産に認定を受けました。全国有数の豪雪地帯である十日町市の
建築様式や着物文化にまつわる物語が認定された要因です。

十日町市では新しく博物館もオープンし、まさに雪国文化の発信拠点として
これからますます注目を受けることと思います。


日本遺産の認定はあくまで十日町市単体での取り組みではありますが、このニュースは
我がことのように嬉しく感じます。
私が経営するryugonは隣町ではありますが、「雪国文化を感じる宿」がコンセプト
でもあるので、十日町市の取組は確実に私達の宿の価値を高める要因に繋がります。


「競争から、共創の時代へ」スキーや食といった単体のコンテンツを売り込むだけでは、
連携も図りづらく、付加価値を高めることもできません。しかし地域文化を軸に
しながら広域でつながることで、それぞれの業種の特徴を生かした新たな可能性が
うまれてきます。これが地域ストーリーを軸とした広域連携の最大のメリットです。


「8000年前から雪と共存してきた雪国文化」を私は世界に通用する価値だと
思っています。この価値をそれぞれの立場(行政であれば社会資本や教育で、
民間であれば投資や事業で)で、なおかつ市町村の枠を超えて具現化していく
ことで新たな時代を作れるのではないかと思っています。


十日町市の関係者の皆様、ありがとうございました。私は自分の宿でそれを表現していきます。
これからもチーム雪国観光圏のメンバーとして引き続きよろしくおねがいします!!』




井口智裕さんは私から英語を習ったハンディーをもろともせず?、その後アメリカの
大学に留学し、世界を見てきました。
世界一流のサービスの提供を信条としたHATAGO井仙の経営に加え、近年、
かつて直江兼続も幼少期に学んだ雲洞庵ゆかりの老舗旅館『龍言』を再興。
自社のホテル経営にとどまらず、雪国文化は世界に通用する価値であるとの
信念の元、「雪国観光圏」を構想、豪雪地域の活性化に尽力中です。


「競争から、共創の時代へ」とは、実に素晴らしいスローガン。
まだ若くして、スケールの大きな構想力と実行力とに期するところ大。
雪国観光圏に輝かしい未来あれ‼️



雪国観光圏構想があるなら、雪国芸術文化圏構想ってのもありかもしれませんね!
まあ自分の場合は、「世界書芸文化圏構想」かな😁
豪雪地帯から芸術文化を世界に❗️ぼちぼちガンバロー♬





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com









 
 

SOGEN書芸塾ARC、再開‼️


SOGEN書芸塾ARC、再開しました‼︎

6月の教室では体験参加の方も見えられ、SOGENによるレックチャー、
持参作品の講評、自由制作と、大変充実した時間となりました。


レクチャーでは、SOGENの故郷新潟での書芸振興と、書芸アート専門ギャラリー
ART ROOM SHOWLを通した書芸プロモーションの世界的展望について語りましたが、

それだけで90分を要し、大学の講義並みの濃密な内容となりました。

今回、特に、書芸と現代美術との距離感やアーティストステートメントの

あり方について、討議形式で深められたのはよかったと思います。

語り切るにはあと90分は必要でしたが、書く時間が無くなってしまうことから、

残りはまたの機会に譲ることとし、持参作品の講評と自由制作に移りました。





書道教室 東京 新宿 アート書道教室


以前、大書道展で大賞を受賞された書家の方が見えられたことがありました。
行き詰まり、幾つもの書道教室の門を叩いてみたが、「あなたのような大先生に
教えることは何もありません」と、みな断られ、やっとSOGEN書芸塾に辿り着いたと。
で、「書けない、書けない・・・」と悩みながら、結局、暫くして見えなくなりました。
書けないのではなく、書けていたと思います。が、自分で自分にダメ出しして
諦めてしまったのではないかと。


書芸(書芸術をベースとした現代美術も含む)にとって、書道で得た技や知識は諸刃の剣。
そこをどう乗り越えて、文化としての書道とは異次元の現代の芸術に、いかにして

高めていくかが勝負。
長年にわたり書道の修練を積みながらも、書道界の常識を超え、書芸術の真を
求める人にこそ、諦めず、生涯を通して挑み続けてほしいと願います。


SOGEN書芸塾ARCは、書道初心の方も気軽に参加いただける、書芸術を通した

研鑽と交流の場であると共に、書芸アーティストへの登竜門でもあるのです。




〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC
http://www.sogen-arc.com



書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

SOGENインスタグラム



こちらSOGENインスタです。

色々な画像を一望いただけますんで、よかったらフォローください。


SOGENインスタグラム

https://www.instagram.com/sogen1919/



プロフィール写真が昔のもので、人相がよくなかったので(笑)、最近のものに変えました。

若いころは、ナメられてたまるかと、ツッパってたので、第一印象ワルかったと
よく言われましたがW、印象がだんだんワルくなるより、まだマシだったんじゃないかと😄




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com





 
 

星と森の詩美術館に、恩師藤巻秀正先生の彫刻を仰ぐ



故郷の星と森の詩美術館で、中学時代の美術の恩師、藤巻秀正先生の彫刻の放つ、
純然たる生命の息吹に触れる。そして、その奥底に潜む、静謐なる魂とに・・・


星と森の詩美術館 彫刻 藤巻秀正 十日町

星と森の詩美術館 彫刻 藤巻秀正 十日町

星と森の詩美術館 彫刻 藤巻秀正 十日町
星と森の詩美術館 彫刻 藤巻秀正 十日町


星と森の詩美術館 彫刻 藤巻秀正 十日町

彫刻家・藤巻秀正先生近影(2020.6.12撮影)


先生の存在と作品は、故郷はもとより、日本、世界の宝。




星と森の詩美術館:http://www.hoshi-uta-m.jp




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com








 
 

カリスマ書家、大渓洗耳さんの書に遭遇‼️



これまた節黒城址へのハイキングの帰り、方向音痴ぶりを発揮して、道をまちがえて

山を下った麓に、由緒ありげな神社あり。乗りかかった舟ならぬ、通りがった神社と思い、
参拝させていただき、名前の看板書を見上げて驚いた。「洗耳書」とある。
知る人ぞ知るカリスマ書家先生大渓洗耳(オオタニ センジ)氏の手になる書である。


大渓洗耳 日本の書をダメにした七人  カリスマ書道家 書道 書家 書道家



拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』にも書いたが、かつて大渓洗耳さんは
日本の書をダメにした七人』という著書を著して日展を頂点とした日本の
書壇のあり方を痛烈に批判し、カリスマ書家となった方で、真宗大谷派・榮行寺
という由緒あるお寺のお生まれ。このお寺は自分の実家から150Mほどの近所にあり、
母は小学校時代、氏と同級生だったという。

大渓洗耳 日本の書をダメにした七人 カリスマ書道家 書道 書家 書道家

大渓洗耳 日本の書をダメにした七人 カリスマ書道家 書道 書家 書道家



自分は大渓洗耳さんから書に関して何も影響は受けてはいないけれど、
拙著に書いた通り、人間的には実にオモシロい人だった。
そのあたりのくだりは書くと長くなるので、拙著『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』で、
ぜひ続きを`` けっこう笑えますぜW


ということで・・・

壮弦の本、まだしぶとく売ってもらってますんで、よろしくおねがいします‼️😜
https://www.amazon.co.jp/汚し屋・壮弦-俺の書でイケ-平野-壮弦/dp/4887151810




書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com






 
 

小嶋屋総本店(新潟県十日町市)




節黒城址までハイキングに行く途中、小嶋屋総本店さんを通過。


水車も元気に回って営業再開したようで、よかった!


「皇室献上」「へぎそば」「布乃利つなぎ」等、看板の書、けっこう書かせていただいてます。


小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書
小嶋屋 総本店 水車 そば 十日町 看板 書


小嶋屋総本店:http://www.kojimaya.co.jp





書芸家SOGEN/平野壮弦 関連サイト
http://www.hiranosogen.jp/(アート)
http://www.hiranosogen.com/(デザイン) 
http://sogen-arc.com/ (スクール)


書芸アート専門ギャラリー ART ROOM SHOWL
http://artroomshowl.com